少女/女性漫画

悪女の定義ネタバレ126話!あらすじ感想!魔道具の使用記録が残っていた!

悪女の真骨頂を見せつける?「悪女の定義」。

別の人生を生きるってどんな感じ転生ものが好き

こちらでは「悪女の定義 126話」の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話のあらすじ

マスターシェルメロを味方に引き入れ、仲間になってもらうことにした皇太子とシャティ。

もしかしたらマスターは同じ人を捜しているのかもしれないので、その情報は自分たちが持っているから、簡単にみかたにできるのではと思ったからです。

マスターは快諾してくれて、さっそく魔道具を渡した人物に皇太子と会いに行くことになりました。

会いに行くと男はマスターを見て動揺して・・・!?

悪女の定義126話のあらすじネタバレ

悪女の定義 第 126話のあらすじをお伝えします。

マスターシェルメロの捜していた男は・・・!?

マスターは男を見ると、これは驚いた・・・私が捜していた男に間違いない。

魔塔からいにしえの魔道具を盗んだ者・・・さらにフェロン帝国にこのような害をもたらすとは、魔法士という名前に傷をつけてくれたものだな。

マスターの言葉に男は怒り・・・知ったような口をきくんじゃねぇ!と言いますが、何を知る必要がある?というマスター。

お前が罪を犯したということは間違いのない本当のことなのだから。

こんなことが起きてしまう前に私たちが捕まえなくてはいけなかったのに・・・本当に申し訳ないというマスター。

 

しかしこれで狩猟祭の、魔獣を操りシャティを襲わせたという事件は故意に起こしたことに相違ありませんと。

証拠ももちろんあるというマスター。

その証拠は、今もこの男が持っているのだと。

皇太子は、この男の持ち物は全部押収したのに・・・と言いますが、マスターは皮膚の下など体の中まで確認されましたか?

マスターシェルメロが皮膚の下から出すため、医者を待たせておいてほしいと皇太子にお願いしました。

少し出血する可能性があるのでということです。

 

シャティのもとに、皇太子とマスターシェルメロが帰ってきました。

マスターシェルメロは、自分の予感が当たっていたとでも言いますか・・・魔塔でも後を追っていた人物だったと・・・。

以前は魔塔の中にいた人間でしたが、古代の魔道具を盗んで逃げていたと。

盗まれていた魔道具

魔道具が盗まれたという話を初めて聞いたと少し怒ったように言うシャティ。

あの時は、シャティと皇太子がここまで深くかかわると思っていなかったと・・・。

はじめから私にすべての情報をくださったわけではないので・・・お互い様ということにしていただけませんか。

 

マスターシェルメロは、こちらを見てくださいと魔道具を出しました。

あの男が隠し持っていたもので、魔獣を操作することができる昔から伝わるものです。

狩猟祭の時システインがシャティを襲ったのは、この魔道具を利用してわざと殺害未遂をおこしたのです。

 

皇太子は心配層にシャティの肩に手をまわします。

シャティは恐ろしいですね・・・あんなにも大きな獣を操ることができるなんて・・・。

仰る通り・・・使い方によってはとても危険な道具なのです。

でもこれは魔獣にしか通じません。

魔獣に流れている血に効果のある魔法を利用したものなので、人間や一般的な動物を操ることはできません。

だからと言って公女の懸念を和らげて差し上げることはできないでしょうが・・・。

犯人が隠すつもりもなく自白したのだと言います。

 

でも話す内容の誇張が激しく、別の意味で信ぴょう性が低く、宮に戻る前に魔塔が運営する魔法研究室に立ち寄ってきたのです。

魔道具の使用記録も残っていた

さらに確実な証拠とは・・・この魔道具の使われたという記録です。

魔道具には使用の履歴が残るので、確認してみたところやはりはっきりと残っていたのです。

皇太子はそれだけでなく、ストラヴィンの命を奪った方法までわかったのだと言いました。

シャティは驚いて本当ですかと・・・。

 

第7皇子殿下が亡くなった原因は、水に足を取られたことによる溺死だと言われていますが・・・事件が起きたのはヨハラン別宮でした。

この別宮は「光り輝く渓谷」として有名で、第7皇子殿下もその美しい渓谷を見るために訪れていたのでしょう。

ルミランも操られていた・・・!?

しかしこの渓谷が光り輝く理由は、実はたいしたものではなくその場所がルミランの生息しているところだからです。

ルミランは、小さな魔獣で一般の人々には妖精だと思われています。

湖の微生物を食料として、人を攻撃することのないおとなしいものたちなのです。

ルミランの鱗は、夜になると色とりどりに光り輝きます。

そんな渓谷なので、夜の景色は本当に素晴らしいものだったでしょうね。

 

日中のルミランの鱗は、まったく色がなく透き通っているということです。

犯人は昼には姿が見えないルミランを操って、皇子殿下を水流の激しい場所へと押しやったのです。

おかしいとは思いませんか?

従者を何人も連れていたはずなのに、溺れてしまうなんて・・・。

皇子殿下を助けるために、渓谷の中に入った家来たちもたくさんいたはずです。

 

しかしルミランの群れに押しやられた皇子殿下は・・・激しい流れに・・・。

この首飾りには、ルミランを操った痕跡が残っていました。

時期も一致しています。

 

なので・・・と話を続けようとしたマスターに、ちょっと待ってください・・・つまり・・・これは決定的な証拠ではありませんか?

皇太子もそうなるな・・・裁判でとても重要な証拠として扱われると。

マスターは裁判所にこの事件を持ち込むことに驚き、交換条件を出しましたが・・・!?

 

悪女の定義 第 126話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

魔道具をつかった記録もあり、裁判では重要な証拠となることがわかりました。

しかしそのためにマスターシェルメロから交換条件が・・・!?

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

悪女の定義をお得に読む方法

「悪女の定義」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「悪女の定義」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

126話を読んだ感想

悪女の定義 第 126話の感想をお伝えします。

皇太子が捕らえていた人は、マスターシェルメロの捜していた人でもありました。

皇太子たちが捜してもわからなかった証拠は、マスターシェルメロにはすぐにわかり・・・皮膚の下に埋め込んでいたのです。

 

そして魔道具からはたくさんの証拠が押収されました。

それは皇太子たちが調べようとしても調べられないようなものです。

魔法使いでなければ、わからないことなのですね。

 

第7皇子殿下の命まで奪っていたとは、周りの人たちには事故だと思われていたのですね。

魔道具を使って恐ろしいことが、たくさん実行されていたのでしょう。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

悪女の定義ネタバレ126話!まとめ

こちらでは「悪女の定義 126話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとまとめると・・

悪女の定義 126話のまとめ
  • マスターは男を見て私が捜していた男に間違いないと思った。
  • シャティは魔道具が盗まれたという話に少し怒った様子。
  • 魔道具の使われた記録が残っていた。
  • 首飾りには、ルミランを操った痕跡が残っていた。