少女/女性漫画

悪女の定義ネタバレ127話!あらすじ感想!シャティが新たな提案を!?

悪女の真骨頂を見せつける?「悪女の定義」。

別の人生を生きるってどんな感じ転生ものが好き

こちらでは「悪女の定義 127話」の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話のあらすじ

皇太子が捕らえていた男とマスターシェルメロが捜していた男は、同一人物でした。

その男は魔塔にいましたが、古代の魔道具を盗んで逃げていたというのです。

彼が魔道具を使って魔獣を操っていたことは間違いないというマスターシェルメロ。

シャティと皇太子派は、裁判を起こそうとしていることを告げ、協力してくれないかとお願いしました。

悪女の定義127話のあらすじネタバレ

悪女の定義 第 127話のあらすじをお伝えします。

古代の魔道具をどうするのか・・・!?

マスターシェルメロは裁判に協力することを条件に、古代の魔道具を返却してほしいと申し出ました。

でもこの魔道具はもともとは魔塔の財産ですが、内部のものによって盗み出されたのち、犯罪に使われたものです。

重大な犯罪に使用された魔道具たちが、フェロン帝国の厳重な管理のもとに置かれる必要があるので、マスターシェルメロはそこに勝負の一手を投げかけたのです。

 

それだけ私たちが彼の助けを必要としていると判断したのだと思う。

でもこの頼みは受けいけることはできない。

そんな危険なものを、また魔塔に返す訳らはいかない・・・むしろ無くしてしまった方がいいのではないかと思った時・・・思いつきました。

シャティにとっては魔道具は必要のないものだと言えます。

魔塔にさえ渡さなければ、どう処理されても関係ありません。

それならばなくしてしまった方がマシだと考えて、少し強気に出てみようと思いました。

シャティの新しい提案は・・・!?

そして代案をいくつか提示して・・・その中から選ばせればいいと思い・・・残念ですがそれはできませんとマスターシェルメロに伝えました。

他でもない皇族が殺害された事件にかかわるものですので・・・。

マスターシェルメロは承知しているから、誠心誠意お手伝いさせていただくと・・・。

 

そしてその過程で魔塔が負う損害はかなりのものです・・・古代の魔道具の存在が世の中に知られると、すごい騒ぎになるでしょう。

魔塔も批判されることになるでしょうし、それによって被る被害を少なくするチャンスをいただけないかと言っているのですよ。

 

シャティは新しく提案をしました。

帝国がこのまま魔道具を管理しますが、その代わり魔塔の研究者たちが宮を訪れて研究できるようにしましょう。

そうすればこのまま魔道具を研究資料として使うことができるでしょう?

あまり気乗りしないようにみえますが・・・魔道具が帝国の管理下にあること自体が気に入らないようです。

 

たしかに魔塔の立場ではそう考えるのも仕方がないですが、いっそ魔道具をすべて破壊してしまう方法もあると提案しました。

危険物なので・・・そうすれば魔塔でも気にしなくても良くなるのではというシャティ。

難しい問題だ・・・学者としての私は破壊だけは絶対に避けるべきだと考えていますが、魔塔の指導者としては破壊も悪くないと思う。

どちらにしても自分一人で決定することはできないので・・・魔塔には自分以外人のマスターがいるからというマスターシェルメロ。

このまま別れるのは名残惜しい

裁判の件は了承したのでまた次回の会議でお会いしましょう・・・皇太子がもう少し残っていくというと、微笑みながら素敵な夜をお過ごしくださいと言って帰っていきました。

シャティは殿下、まだ何か話すことがありますかと聞くと、ただこのまま別れるのが名残惜しくて・・・と。

シャティは真っ赤になってしまいます。

 

皇太子は今日は一日中会えなかったからと言いました。

普段会えない日はあるのに、今日に限ってどうしたのかと尋ねると、今日は遠くまで行ってきたから・・・。

確かに、牢獄まで行ってきたのでした。

何かあれば連絡をくださるとおっしゃっていましたが、幸い何事もなかったようですねというと、皇太子はそなたに会いたかったと・・・。

 

宮にいればいつでも会えるから直接会えずとも寂しくないのだけれど、遠く離れているとやはり違うものだなと・・・そのせいで普段よりももっと会いたかったのだ。

皇太子がじっと見つめながら告げてきたので、シャティは真っ赤になって照れています。

裁判のための準備は・・・!?

もともとそういうことを言う人ではあったけれど・・・急にそんな殺し文句を言ってくるのは反則だと思うシャテイ。

1日は慣れていただけでそんな大げさな・・・皇太子はしゅんとしてしまい・・・本気だぞというのです。

そう言ってシャティに顔を近づけてきて、一瞬動きを止めました。

シャティにいやなら抵抗してもいいとでもいうように・・・でもシャティには拒む理由がありませんでした。

 

気が付けば皇太子は、すっかり心の中に入って来ていました。

いつの頃からかはわかりません。

あずま屋で愛の告白をしたときからかとも思いましたが、その頃はまだ怖かったのです。

皇太子がシャティのためにすべてを手放すと話した時からかもしれないけれど、もっとずっと前からだったような気がします。

 

いろいろなことを二人で乗り越えてきたから少しずつ・・・。

今では本当に大切な人で、このまま不安なく過ごすことができればと願うのでした。

これからもしっかりと準備を進めていくという皇太子ですが・・・!?

 

悪女の定義 第 127話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

魔道具をどうするのかはこれからの課題となるのかもしれません。

マスターシェルメロに助けてもらうことはできそうですね。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

悪女の定義をお得に読む方法

「悪女の定義」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「悪女の定義」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

127話を読んだ感想

悪女の定義 第 127話の感想をお伝えします。

古代の魔道具を返却してほしいと言われて、シャティは考えました。

マスターシェルメロもシャティの新しい提案を悪いものだとは思っていないようです。

なぞは知りたいけれど、保管しておくには恐ろしすぎるものだからではないでしょうか?

でも裁判への協力は取り付けました。

 

シャティは駆け引きが上手で、機転もきくのですね。

皇太子はシャティがいなければだめな感じになっています。

 

本当にたくさん二人で乗り越えてきたことがあるから、信頼関係もしっかりできているのでしょう。

ただ、相手はラスボス皇后です。

用意周到にしておかないと、足をすくわれてしまいます。

念には念を入れて準備した方がいいでしょう。

味方もたくさん増えているので、大丈夫だと思いますが・・・。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

悪女の定義ネタバレ127話!まとめ

こちらでは「悪女の定義 127話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとまとめると・・

悪女の定義 127話のまとめ
  • マスターシェルメロは裁判に協力することを条件に、古代の魔道具を返却してほしいと申し出た。
  • 帝国がこのまま魔道具を管理しますが、その代わり魔塔の研究者たちが宮を訪れて研究できるようにしましょうと提案した。
  • 皇太子はシャティに会いたかった気持ちを伝えた。
  • 気が付けば皇太子はシャティ心の中に入って来ていた。