少女/女性漫画

悪女の定義ネタバレ128話!あらすじ感想!大胆な方法で皇太子が皇后を告発

悪女の真骨頂を見せつける?「悪女の定義」。

別の人生を生きるってどんな感じ転生ものが好き

こちらでは「悪女の定義 128話」の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話のあらすじ

古代魔道具を返却してほしいというマスターシェルメロ。

シャティは魔道具を魔塔にさえ渡さなければどうなってもいいと思っていました。

マスターシェルメロに代案をいくつか提示しましたが・・・結局破壊してしまえばいいという案をシャティが出しました。

一人では決められないと、話を持ち帰ることに。

皇太子派、今日は遠くに離れていたので、とても会いたかったとシャティに伝えて・・・。

悪女の定義128話のあらすじネタバレ

悪女の定義 第 128話のあらすじをお伝えします。

造船工学を学んでおけば・・・!?

その後数日は平和だったので、シャティは鉄船開発業務に集中していました。

前世で造船工学を学んでおけばよかったとも考えましたが、船づくりに関してはシャティが深い知識を持たなくてもよかったのです。

そのようなことは実務に携わる者が知っていればいい事だから。

一緒に知恵を出し合って・・・それに役立つような前世の知識を伝えること。

無理な要求はしないで、仕事を滞りなく進行させる・・・シャティがすることはそのくらいでしたが仕事はおおむね順調でした。

 

きっとメンバーが優秀だから・・・シャティが選んだ人たちに間違いはありませんでした。

その日もここまでにしましょうと解散したのですが・・・部屋を出たシャティに侍女が慌ててやってきました。

大変ですというので驚いたふりをしましたが・・・以前から予想していたこと。

皇太子が皇后を告発したのです。

それもかなり大胆な方法だったので、高位貴族たちと皇帝のいるところでべんかいのよちもないほど・・・。

数時間前

皇位貴族たちは驚いていました。

そして皇帝も、皇太子の話していることを理解できないようでした。

皇太子はたんたんと、ストラヴィンが亡くなったのは事故死として処理されましたが、実際は殺害されたもので・・・その背後には皇后陛下が・・・ということだと。

 

貴族の中の一人が立ち上がり、そんなはずがありませんと言いました。

そんなふうに確信する理由があるのか?

私は明確な証拠があるのでこのような話をしている。

振り返ってよく考えれば、白昼堂々多くの従者が見守る中、あんな事故が起こるなんて・・・。

皇太子は陛下を見て・・・でもあれは事故ではなかった・・・ストラヴィンが無念の死に追いやられたならば、その真実を明らかにすべきではないのか。

陛下も聡明な第7皇子を亡くされてひどくつらかったでしょう。

この事件の真実をうやむやのままにしてはなりません。

 

暴露自体も重要でしたが、皇太子が力を入れていたのは皇帝を説得することでした。

この裁判を希望しない人があまりにも多くて、暴露が必ず裁判につながるように・・・いつも皇室のことを陥れようとしている貴族派や、新しい勢力によっては絶好の機会でしたが、それ以外の皇帝派の貴族たちと皇族にとっては・・・この裁判は希望しないものでした。

皇后のことを支持する貴族たちは当然裁判に反対するであろうし、皇室全体に打撃を与えるものなので、皇族たちも避けたがるのです。

 

場合により、暴露だけになってしまい裁判が開かれないことも考えられました。

その突破口は・・・今頭を抱えている皇帝の決定だけなのです。

裁判は開かれることに・・・!?

皇帝は皇太子の言うとおりだと言い、この事件をうやむやにするわけにはいかない。

皇太子の知っていることが違っていて、皇后に罪がないとしたら・・・それもまた裁判をすることによって明らかにある。

裁判の詳細は後日決めることとなり、解散しました。

皇太子の作戦は成功して、結局裁判を開くことに・・・。

想像していた通り、裁判が開かれるまでの間に貴族たちは、皇室と皇后と皇太子を批判しました。

 

シャティは元気づけたいと思っても頻繁に連絡はできませんでした。

裁判の前の行動は、注意しなければならないし・・・皇太子も忙しかったのです。

シャティはいろいろな方向から責められている彼のために、何もできないことが歯がゆかったけれど、彼はつたない慰めであっても微笑んで安心させてくれました。

裁判当日

第7皇子ストラヴィン・フェリ・フェレカロンとシャルティアナ・アティーゼ・カイロンのの命を奪おうとした疑いで、皇后ユラカリナ・イロム・フェレカロンを公訴提議しますと告げられました。

殿下はあまりにも無常ではないか・・・いくら何でも自分の母后なのに・・・告発するなんてという声が聞こえてきます。

きっとマルケル公爵家を貶めるつもりなのだろう・・・とシャティは相変わらず勝手なことを話していると思っていました。

 

陛下が、静粛に・・・裁判を乱すものはその代償を払うことになると言い、皇后に嫌疑を認めるかと尋ねました。

否認しますという皇后に・・・皇太子派証人がいますと言い・・・入廷してきた男はアイリーンに魔道具を渡した男です。

 

男は俺がやったんだよ・・・第7皇子の命を奪ったのも皇后から命じられたのも事実だと。

皇后はこんな男見たこともないと険しい顔で言いました。

拷問を受けた傷もあるので、脅されてうその証言をしているというと、男は不敵な笑みを浮かべて・・・もう何もかも終わりだぜ皇后・・・悪あがきをしたとしても意味があるとは思えない・・・だから正直に話してしまえ・・・というと男の全身に電気が走ったようになり、うめき声をあげました。

 

マスターシェルメロが来て大したことはありませんと告げると・・・!?

 

 

悪女の定義 第 128話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

皇太子に対して貴族派たちは非難をしています。

しかし皇太子は・・・!?

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

悪女の定義をお得に読む方法

「悪女の定義」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「悪女の定義」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

128話を読んだ感想

悪女の定義 第 128話の感想をお伝えします。

自分の母を訴えるなんてと非難されている皇太子。

うすうす母のことを疑っていた皇太子ですが、このままではシャティの命が危ないと訴えることにしたのでしょう。

 

陛下もおかしいと思ったことがあったので、裁判を開くことにしたのでしょう。

第7皇子のことなのでしょうね。

 

マスターシェルメロが第2の証人で・・・まだまだ証人がいるというのが驚きです。

何の事件についての証人なのでしょう?

それだけ罪を重ねたのに、わきが甘かったということでしょうか?

皇后の単独犯なのでしょうか?

全部ひとりで考えたとも思えないのですが・・・。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

悪女の定義ネタバレ128話!まとめ

こちらでは「悪女の定義 128話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとまとめると・・

悪女の定義 128話のまとめ
  • 皇太子が皇后を告発した。
  • 皇太子は、ストラヴィンが亡くなったのは事故死として処理されましたが、実際は殺害されたものだと訴えた。
  • 裁判が行われることとなった。
  • アイリーンに魔道具を渡した男が皇后から命じられ自分がやったと証言した。