少女/女性漫画

悪女の定義ネタバレ129話!あらすじ感想!マスターシェルメロと召使の証言

悪女の真骨頂を見せつける?「悪女の定義」。

別の人生を生きるってどんな感じ転生ものが好き

こちらでは「悪女の定義 129話」の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話のあらすじ

貴族たちは皇太子の話すことを理解できないようでしたが、陛下が皇太子の言うとおり、この事件をうやむやにするわけにはいかないというのでした。

そして裁判が開かれることになり・・・。

悪女の定義129話のあらすじネタバレ

悪女の定義 第 129話のあらすじをお伝えします。

マスターシェルメロの証言

マスターシェルメロが証人として登場すると、城内は驚きに包まれました。

証言台に向かう途中、殺害犯に余計なことを話させないように口をふさぐ様子は・・・さすが凄腕と言われるようにスムーズでした。

マスターシェルメロはあの男が犯人だということは事実なので、ここで証拠を見せましょうといい魔道具を出しました。

魔道具を提示し、犯人はこの魔道具を使って皇太子殿下を殺害し、カイロン公女を危険に陥れたのだと告げました。

あまり知られていない事実ですが、魔道具には使用したひとの跡が残ります。

魔塔で調べてみると、この男が犯人だということがわかりました。

 

陛下は・・・だそうだが何か言うことはあるかと皇后に尋ねます。

ふん!マスターの話すことであれば、なにもかも本当のことだというのでしょう。

マスターは最近ずっと皇宮にいて、シャティと何回も会っているので、その間、買収されたという可能性も考えられるのではないか?

シャティは私までひきずりこむつもりなのか・・・いよいよ追い詰められてでたらめなことを言い出したと思っています。

マスターシェルメロは怖い目つきで、私は本当のことしか話していません・・・きっぱりと宣言しました。

召使の証言

皇太子は、証人は他にもいます・・・入れと言いました、

入廷してきたのは、皇后宮で長い間めしつかいをしていた人です。

8年前、皇后宮で侍女たちを大幅人数を増やしたことがありました。

皇太子の即位式のためだという名目でしたが、それは建前で・・・本当は皇后宮の召使たちを全部別の人たちにしようとするために人を増やしていたのです。

皇后は話すのはやめなさい・・・召使のような卑しい身分のものが言っていいと思っているの!恐ろしい顔で恫喝しました。

証人はしなければならないことをしているだけなので、証人に圧力をかけることは許されないという陛下。

続けろ・・・ただし事実のみを話さなければならないことはわかっているな。

 

皇太子・即位式終わり仕事に比べて召使の数が多くなって・・・その時に宮を出ることになったのは、なぜか以前から働いていた召使たちでした。

増員以前から働いていた召使たちはほぼ全員解雇されたと言ってもよいでしょう。

陛下はしかしお前は20年以上皇后宮で働いてきたのではないか・・・。

自分は出宮された第2皇女のおかげで宮に残ることができた。

縁があって・・・皇女様が私のために手をまわしてくれて・・・自分の家は貧しく必ず働き続ける必要があるのですが、ちょうど新しく入ってきた召使のうち同姓同名のものがいたため、その者と入れ替わったのです。

宮を出た召使の訃報が届く

第2皇女に感謝しながら、さらに一生懸命仕事をしていました。

宮に長くいたため、一緒に働いていた者たちとも仲が良く・・・彼女たちが宮を出てからもたびたび手紙のやり取りをしていたのですが、いつからか1人2人と返事が来なくなり始めて・・・そして・・・召使の手がガタガタと震えました。

 

皇太子が代わりに、訃報が届いたそうですと告げました。

そ・・・そのとおりでございますと召使が話すと、傍聴席はざわざわします。

宮を出た知り合いの召使たちは、皆亡くなりました。

陛下はため息をついています。

皇后は声を荒げ、わたしとは関係のない話です!

宮の召使が多すぎたため人数を減らすよう命じたことは事実ですが、どの召使をやめさせたのかまでは知りません。

陛下は普通そういう場合は、増員するものを期間雇用するはず。

皇太子が皇太子宮へ住まいを移すので多くの召使が必要になると思いましたが、皇太子は慎ましい人柄であったため、宮を移った後も召使は以前の人数で充分でした。

 

だから残った侍女に仕方なく暇を出したのです。

陛下は、なぜ以前からいた召使を解雇したのだ?と聞くと、名簿を作ったのは当時の侍従長なのでわからないと。

侍女長と召使長は仲が悪かったので、侍女長が長い間働いてきた召使たちを追い出そうとしたのだと思います。

陛下はそれならばその侍女長に聞いてみればよいなと言いますが、すでに年老いて亡くなっていました。

 

シャティは皇后のことを、思ったよりはるかに頭が回る人物だと思いました。

もっともらしい理由を並べ立てて、すでに亡くなった前侍女長の名を出すことによって証明することを不可能にしたのです。

この証言はこのまま言い逃れられてしまうのかな?

亡くなった召使の調査

そう思った時、皇太子が亡くなった召使たちを1人ずつすべて調査してみれば良いでしょう。

わたしが直接調査した結果宮を出た召使たちは、たった1人この証人と同じ名前の者以外は、全て人員を増やす前から働いていた者たちであり、宮を出てから数か月以内に全員死亡しています。

陛下は立ち上がって皇后にこれは一体どういうことだと。

もっとも重要な話がまだ残っています。

召使が殺人犯を指し、私はあの男を8年前に皇后宮で・・・当時畑から宮へ戻る途中に確かに見た・・・8年が過ぎた今でも覚えているのは顔にあるその傷のせいです。

はっきりと言い切ったため証人には意思も感じられた・・・周囲は大騒ぎとなりました。

皇太子示した証拠や証人が、皇后がやったことだということを示しています。

皇帝は怒りを押さえきれないようで、8年前の出来事に対しての悲しさが変化したように。

そして皇后を皇后ではないところに軟禁して、皇后宮は全て調べられることに・・・。

 

悪女の定義 第 129話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

皇后の悪事が次々と明らかにされていきます。

聞けば聞くほど恐ろしい・・・。

このまま放って置いたら、みなどうなっていたことでしょう。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

悪女の定義をお得に読む方法

「悪女の定義」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「悪女の定義」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

129話を読んだ感想

悪女の定義 第 129話の感想をお伝えします。

皇太子は皇后に知られないように調査するのは、どれだけ大変だったのでしょう。

皇后の悪知恵が働くことを知っているからこそ、調べ尽くしているのだと思います。

皇帝も自分の息子が亡くなったことにも絡んでいるので、怒りが強く湧いて来ているのかもしれません。

皇后が破れかぶれにならなければいいのですが。

このまま何事も起きずに、上手くいくことを願っています。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

悪女の定義ネタバレ129話!まとめ

こちらでは「悪女の定義 129話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとまとめると・・

悪女の定義 129話のまとめ
  • マスターシェルメロは魔法具の使用歴の説明をした。
  • 他の証人として、長い間皇后宮で召使として働いていた人がやってきた。
  • 手紙の返事の代わりに訃報が届いたと震える召使。
  • 皇后宮は全て調べられることになった。