少女/女性漫画

悪女の定義ネタバレ131話!あらすじ感想!皇妃殿下3人が挨拶にやって来た

悪女の真骨頂を見せつける?「悪女の定義」。

別の人生を生きるってどんな感じ転生ものが好き

こちらでは「悪女の定義 131話」の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話のあらすじ

裁判が終わった後、人々の態度が180度変わりました。

シャティと皇太子が仲良く過ごす時間も増え、船も間もなく完成に近づいています。

皇太子宮に向かうと、マルケル公爵が直談判に来ていて・・・。

悪女の定義131話のあらすじネタバレ

悪女の定義 第 131話のあらすじをお伝えします。

皇后はボレアス塔に幽閉されることに

皇帝はこれまでの捜査の結果を見て、皇后の殺人教唆は間違いないと判断しました。

今日付で、皇后としての全ての権利をはく奪して、内宮北側のボレアス塔への幽閉を決定したので、速やかに執行するようにと指示しました。

ボレアス塔・・・そこに幽閉された者は、生きたまま出たものは誰もいない。

皇后は一生ボレアス塔で、罪をかみしめて生きていくことになるでしょう。

マルケル公爵の訪問があったので、予想はしていたけれど・・・実際に今回の判決が下された時は、シャティは変な気分になりました。

シャティを脅かす相手がいなくなったことは嬉しいことだけれど、手放しで喜べるのかといえば、そういうことでもなくとても複雑なのです。

結局皇后は、自らの罪の代償を払うことになっただけなのだから、あまり深くは考えないようにしました。

正義のためなのだから・・・。

 

しかも

シャティには他にやらなくてはいけないことがたくさんあるのです。

皇妃殿下3人がシャティに挨拶に・・・!

その中でも今日は少し特別な日。

シャティの部屋に、皇妃殿下の皆様が来たという知らせが。

これまで沈黙していた皇妃たちが、シャティに挨拶をしたいとやってきたのです。どんな人たちなんだろう?

 

3人の皇妃殿下たちが訪れ。公女ではなく・・・ロイヤル・レジーナとお呼びすべきでしょうか?

ロイヤル・レジーナとは皇太子と結婚したレジーナのことなので・・・まだ成婚していませんからと答えました。

気が早すぎです。

しかし優雅に返されてしまいます。

何をおっしゃっているのですか?成婚は時間の問題でしょう?と。

そうですわね~と相槌を打っているのを見て、やっぱり普通の人たちではないと思うシャティ。

けれども3人はとても友好的に接してくれたので、シャティの気持ちは楽になりました。

とりあえずお座りください・・・お口に合うかわかりませんが、お茶菓子を用意しましたので・・・と勧めるシャティ。

会話は和気あいあいとした雰囲気で進みました。

皇妃たちは、本当に挨拶をしに来ただけで、他の意図はなさそうでした。

むしろシャティの方が会話をしながら皇妃たちの様子をじっくりと観察していました。

少し失礼かなと思いましたが、皇宮での生活というのはそういうものだから仕方がないのです。

皇妃たちから質問攻めにあうシャティ

シャティの観察では、ソリナ皇妃が3人の中では中心人物のようでした。

レジーナ出身の皇妃で、現在のように皇后がいない状況では皇后の役割は彼女が代行するのです。

ソリナ皇妃と比較して他の2人が皇妃となった経緯は少し特殊なケースでした。

皇妃という職位は、簡単に与えられるものではないためです。

 

皇妃になるためには普通、レジーナの競合で敗れたり…もしくは外交的な婚姻により皇室に入る場合だけれど、二人はそのどちらにも該当しませんでした。

それはソリナ皇妃を牽制するために皇后が手をまわしたということだけれど、3人の皇妃はとても仲良さそうに見えました。

おおらかな人柄のためなのか・・・それとも3人で力を合わせて皇后に対抗するつもりなのか・・・。

 

何か考え事をしていませんか?とシャテイは聞かれました。

それではもう少し面白い話をしましょうか?

最近皇太子殿下と仲がいいと聞きましたが、

宮中でもその噂でもちきりなんですよ。

シャティは、面白い話がその話とは思いませんでした。

質問攻めにあっているシャティ。

毎日会って一緒に過ごしいてるとか・・・。

あら!皇太子殿下にそんな一面があるだなんて!

仲が良くて本当に羨ましい限り・・・。

 

お恥ずかしい・・・シャティは目を回してフラフラになっています。

一度に聞きすぎてしまいましたね・・・あまりにも興奮してしまってごめんなさい。

何しろ、本当にとても珍しいことなので・・・というソリナ皇妃。

その言葉を聞いた瞬間、ある考えがシャティの頭をよぎりました。

3人の皇妃がこんなにも親しくなれたのは・・・器が大きいから・・・皇后という共通の敵がいるから・・・この2つも間違いではありませんが、ひとつの前提が必要でした。

 

3人とも皇帝と愛によっては結ばれていないということ。

皇妃たちが皇帝に向ける感情は様々でしたが、そこに恋愛感情はありません。

そのため自分の夫の夫人たちと、こんなふうに友情を分かち合うことができたのだと思われます。

むしろ彼女たちから見ると、シャティの方が信じられないのだと思います。

皇室で結婚する仲の二人が、お互い愛し合っているということ・・・これほど幸運で特別なケースが他にあるのでしょうか?

と考えると、この場所の常識として当然なことが・・・皇太子とシャティにも起こることがあるのでしょうか?




不安になるシャティ

帝国の利益のために…もしも皇太子が他の皇妃を迎えたとしたら・・・いや利益とは関係なく皇太子が望んでそうなったとしたら・・・いやだ・・・自分はきっと耐えることができない。

そこに皇太子がやってきました。

皇女に会いに来られたの?

もう会いたくなったのですかと言われると・・・会いたくて我慢ができず来てしまいましたと言い、シャティの額にキスしました。

3人の皇妃たちからキャーという声が・・・。

 

皇太子の訪問のためティータイムは少し早く終わり・・・二人は庭園に散歩に出かけました。

ソリナ皇妃が特に好意的だったと告げると、あの方はシャティのおかげで自由を得たようなものだ・・・何もかもシャティがいたからできたことだと・・・。

その後キスしようとする皇太子をシャティは避けていて・・・今はそんな気分になれないと話していると、カイラード殿下が・・・!?

 

悪女の定義 第 131話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

皇后の有罪が決まり、幽閉されることに。

シャティは皇妃たちに会い、自分の将来のことを不安になってしまいます。

カイラードはどうして庭園にいたのでしょうか?

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

悪女の定義をお得に読む方法

「悪女の定義」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「悪女の定義」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

131話を読んだ感想

悪女の定義 第 131話の感想をお伝えします。

皇后が2度と出て来られないので、一安心のシャティ。

しかし今度は3人の皇妃のことを考えて・・・まだそんなことが起きるかもわからないのに不安になってしまいます。

 

今が充実していて、とても幸せだからそう考えてしまうのでしょう。

自分たちが特別だから・・・。

 

でもいろいろなことを乗り越えてきたから今の皇太子とシャティなのだと思うので・・・皇妃たちと同じようにはならないと思います。

でもカイラードは気になります。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

悪女の定義ネタバレ131話!まとめ

こちらでは「悪女の定義 131話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとまとめると・・

悪女の定義 131話のまとめ
  • 皇帝は皇后の殺人教唆は間違いないと判断した。
  • 沈黙していた皇妃たちが、シャティに挨拶をしたいとやってきた。
  • 皇妃たち3人とも皇帝と愛によっては結ばれていないということに気がついた。
  • 皇太子の訪問のためティータイムは少し早く終わった。