少女/女性漫画

悪女の定義ネタバレ132話!あらすじ感想!皇太子をライバル視するカイラード

悪女の真骨頂を見せつける?「悪女の定義」。

別の人生を生きるってどんな感じ転生ものが好き

こちらでは「悪女の定義 132話」の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話のあらすじ

ボレアス塔に幽閉されることになった皇后。

その後に皇妃殿下が3人、シャティの元を訪ねてきました。

果たしてシャティは同じ立場の人が現れたとしてなかよくすることができるのだろうかと思ったのです。

悪女の定義132話のあらすじネタバレ

悪女の定義 第 132話のあらすじをお伝えします。

皇太子をライバル視しているカイラード

カイラードが嫌がっているレディーに無理やり抱き着くなんて、紳士として許されない振る舞いです。

兄上は他の人の模範となられるべき方なのに、そんな方がなぜそのようなことをなさるのですか?

シャティはカイラードが誤解をしているようだ・・・そこまで深刻な状況ではなかったのに・・・と思っていました。

皇太子も、これはシャティと私の二人の間のこと、カイラードが割って入るような問題ではないと言います。

だからと言って知らないふりをすることなどできません・・・私の目の前でレディーが醜行を受けている光景を見て・・・と告げたのです。

醜行だなんて言葉が過ぎるのではないか?という皇太子に、間違ったことを言ってはいないとカイラードが言うので・・・このままじゃ大変なことになりそうだと思うシャティ。

お願いしたことを忘れていたシャティ

皇太子の前に出て挨拶をしました。

そしてここへはどうしてこられたのですか?と尋ねました。

カイラードはこの前お願いされた件できたと言いますが、シャティは何を頼んだのか思い出せません。

 

優しい性格でおとなしい雌馬を見つけたのです・・・実はかなり前に見つけておいたのですが・・・最近公女の周りでいろいろなことがあってお忙しそうだったでしょう。

乗馬を楽しまれる余裕がないのではないかと思い、お話しする機会を待っていたのです。

(そうだ狩猟祭の後確かにそんなことを話していた)

シャティは思い出して、お気遣い感謝しますと言いました。

あの日軽い気持ちで私が乗馬に興味があると話をしたら、馬を見つけて直接教えてくれると話していた。

その時はただの親切だと思っていたけれど、その後で髪の毛にキスされたりしたので・・・。

今までいろいろなことがあり過ぎたことは本当だけれど、わざとカイラードのことを避けていたのです。

 

皇太子は何の話だと言い、

2人で乗馬することにしたのかと怒っている様子です。

やきもちを焼いているのでしょう。

そしてカイラードに、わざわざお前の手を煩わせることはない、私が教えようというのです。

兄上は政務でお忙しいではありませんか?

皇太子は、カイラードも騎士団の仕事で忙しいはずだが?

兄上ほどではありません・・・それに公女は私に頼まれたんです。

二人はメラメラと一触即発の気配・・・。

 

ここは私が何とかとしないと・・・シャティはお二人ともお忙しいのですから、乗馬は専門の教師を呼んで学ぶことにするといいました。

そしてカイラードに、自分のお願いを聞いてもらったお礼を言い、馬を見に行きたいのはやまやまですが、今は皇太子との先約があるのでとやんわり断りました。

カイラードは自分が突然訪ねてきてしまったのだから気になさらずと言いました。

シャティは自分のスケジュールは変則的なので、これから訪問されるときは、先に約束をしていただけると嬉しいと告げると、悲しそうな顔をして聞いています。

これからは必ず事前に連絡すると言い、カイラードは帰っていきました。

 

殿下は本当に私が教えていいんだぞと言いますが、シャティは遠慮しておきますと答えました。

去っていくカイラードの後姿を見て、これで少しは伝わったかしら・・・シャティの中の優先順位が皇太子の方が上だという事実が・・・。

言い方は丁寧だけれど、これでもう何回目かの拒絶です。

カイラードもそろそろ諦めるべきだと思ってくれるかもしれない。

長い時を経ると以前のように気軽に会うことができるかもしれないけれど・・・。

船の完成

いろいろ考えるうちにあっというまに時間が過ぎて、今日は海務省で業務を行うことになっている日です。

コーゲンたちが出迎えてくれて、なんだか二人とも嬉しそうです。

嬉しい知らせがある・・・船が完成したそうです。

ビオゲル造船所から連絡が届きました・・・映像も一緒に送ってくれたので、お見せします。

本当に素晴らしいですよとコーゲンは言いました。

 

アルベルが映像具をつけると、完成された鉄船の姿が浮かび上がりました。

すでに簡単な試運転を終えた状態だそうです。

船は設計のとおりとてもスムーズに動いたとの報告でした。

この世界では初めて誕生した鋼鉄の船。

造船所でも大喜びで、まるでお祭りのような雰囲気だそうです・・・このような映像をいくつも送ってくれました。




進水式用の小さな船

マスターシェルメロが、帝都で進水式を行なおうという話が出ていると言います。

シャティは、船をここまで運ぶ必要があるということですか・・・そうなったらどれだけ時間がかかるか・・・と心配するシャティをマスターシェルメロは笑って違いますよといいました。

進水式用の小さな船をすでに作っている・・・宴会と遊覧の用途として。

皇太子の指示だったようです。

 

皆船の完成に心が弾んでいました。

まだ誰も知らない手に入れたばかりの成果を満喫しています。

シャティももちろんうれしく、この船が海を渡り始めたら、この国は・・・この世界はどのように変化するのでしょう。

 

悪女の定義 第 132話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

カイラードは何度かシャティに断られているのに、まだ気づいていないのでしょうか?

世界初の鉄でできた船、進水式が楽しみですね。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

悪女の定義をお得に読む方法

「悪女の定義」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「悪女の定義」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

132話を読んだ感想

悪女の定義 第 132話の感想をお伝えします。

カイラードはシャティに乗馬の馬の話をしに来ていたのですね。

シャティはすっかり忘れていました。

 

やんわりと何度か断っているのに、カイラードは諦めていません。

今度こそ納得してくれたでしょうか?

 

世界初の鉄舟の完成…皆びっくりすることでしょう。

鉄なんて重いものが浮くなんて・・・。

 

進水式の小さい船は普通に小さくしたものなのでしょうか?

宴会用というので、普通の船とは形が違うのでしょうか?

実際に浮かべてみると、感動するのでしょうね・・・とても楽しみです。

貿易の役にも立ちそうですね。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

悪女の定義ネタバレ132話!まとめ

こちらでは「悪女の定義 132話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとまとめると・・

悪女の定義 132話のまとめ
  • そこまで深刻な状況ではなかったのにカイラードは誤解をしている。
  • 乗馬に興味があると話をしたら、馬を見つけてくれた。
  • 船は設計のとおりとてもスムーズに動いた。