少女/女性漫画

悪女の定義ネタバレ133話!あらすじ感想!皇太子からのプレゼントだった

悪女の真骨頂を見せつける?「悪女の定義」。

別の人生を生きるってどんな感じ転生ものが好き

こちらでは「悪女の定義 133話」の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話のあらすじ

カイラードが突然訪ねてきて、皇太子と一触即発の雰囲気になり、シャティが二人を取りなすことに・・・。

やんわりとカイラードに、大切なのは皇太子の方と告げたつもりです。

船が完成したと知らせが入り、小さめな船で進水式を行うことになりましたが・・・。

悪女の定義133話のあらすじネタバレ

悪女の定義 第 133話のあらすじをお伝えします。

進水式当日

夏になって、進水式当日なのに…シャティはまだ船がどんなふうに出来上がったのか見せてもらっていないのよ・・・ヒドイと思わない?と言ってもどうせ今日ご覧になるじゃないですかと、答えに誠意がこもっていません。

皆、武闘大会の準備で忙しいのです。

武闘大会というのは、皇室で開かれる夏の行事で・・・騎士たちが武芸を競う試合が開かれるのです。

もちろん国民たちにとってはお祭りも同然で、狩猟祭で弓矢にハンカチを結んであげたように、武闘大会では直接作った房飾りを渡して愛情を表現します。

問題は房飾りを作るのが難しすぎるってことだけど・・・ハンカチは結ぶだけでよかったのに・・・。

シャティへのプレゼントだった船

その時皇太子が来て、進水式に行くことに・・・。

進水式はレオナ夫人の別荘があるマニ湖で行われました。

アルテミルのパーティーが開かれた場所です。

前回のパーティーは冬だったから、湖の風景までは楽しめませんでした。

今日はきっと絶景が見られるだろうと期待していました。

 

馬車の中でシャティは、いくら何でも責任者である私が進水式まで一度も船に乗らないだなんて・・・おかしいのではありませんか?

シャティがどんな反応をするか見たかったんだ・・・会場には私たちが一番乗りで到着することになっているから、機嫌を直してくれと言いました。

馬車は湖の近くで止まりました。

馬車から下りるなり、大きな船が目に入りました。

そしてようやくレオが、なぜ私の反応を見たがっていたのか理解できました。

こ・・・こんな船を見るのは初めてです!というシャティ。

船は単純な鉄船の縮小版ではありませんでした。

材料は確かに鉄で、動力装置も同じものを使っているのだろうけれど、船上パーティーにとてもよく似合う美しい円形が、今日のために作られた船であることを実感させました。

シャティはとても喜んでいますが、皇太子にさっそく乗ろうと言われて戸惑っています。

まだ皇帝陛下がいらっしゃっていないのでというと、皇太子は本当に気にしなくていい・・・この船はシャティのものだからと・・・。

皇太子からのプレゼントで、これまでのシャティの苦労に対する報いになればいいのだが・・・というのです。

シャティは私のもの・・・こんな豪華な船が・・・。

しどろもどろになりながら、ありがとうございます・・・本当にうれしいですと伝えました。

パーティーも釣りもできそう・・・!?

船のデザインは全体的に曲線が多用されていて、側面も丸みを帯びていて、甲板の後ろ側には大きなドームまでありました。

ドームには黒水晶も使われているようでした。

真夏でもこの下にいればきっと涼しいに違いありません。

ドーム内に宴会場があるのですね…普段もこのように使えばよさそうだというと、皇太子は笑って・・・早くもどう活用しようか考えているのか?と言いました。

もちろんです!船上パーティーもいいですが、釣りなんかも楽しそうですし・・・船の名前はどうしましょう。

皇太子は釣りの意味も分からないようでしたが、シャティが喜んでいるので嬉しそうです。

下の階にも・・・と皇太子がいうので、階段を下りていきました。

自分の気持ちを表現したシャティ

下の階はガラス張りの空間で、まるで海の中にいるようでした。

青く澄んだ水の中を魚たちが泳ぎ回り、水草が揺らめく様子を目の前で見ることができました。

美しい光景に、時間が経つのも忘れて外を眺めていました。

わたしが外の様子に見とれることを予想していたのか、柔らかなソファーまで用意されていました。

ため息が出るほど素敵です・・・どうやってこのようなことを思いつかれたのですか?と尋ねると、有能な臣下のおかげだという皇太子。

降り注ぐ太陽の光がまるでカーテンのようです。

本当に美しいと皇太子も言いました。

 

こうしているとあの日のことを思い出す・・・ビスナテフのあずま屋も同じように美しかったな。

皇太子の言うとおり、あの時は幾筋もの月の光が私たちを照らしだして・・・今は頭上で太陽の光がゆらゆらと踊っている。

ふと彼がどれだけまっすぐに愛情を伝えてくれているかが、頭に浮かびました。

あの時も今も・・・もっとも美しい時間と場所を選んで・・・。

それなのに私は?

彼の気持ちを受け入れてから、恋人として過ごしているけれど・・・彼に対する自分の気持ちをはっきりと言葉で表現したことはなかったのです。

今こそ・・・言葉にするべきなのだと思いました。

シャティはまだこの言葉を伝えていませんでしたね・・・愛しています。

皇太子もそう言い、どちらからともなく唇を合わせました。

 

水中の景色はそれ以上目に入りませんでした。

そうしてどれだけの時間が流れただろうか・・・船がガクンと動き出しました。

今なんだか揺れたような気がした・・・船が動いたということは。進水式が終わったということ。

シャティはわたしたち抜きで進水式が行われたと驚いています。

正しくは私たちが参加しなかったと皇太子は訂正しました。

最後まで顔を出さないと何を言われてしまうかわからないから、上に戻ろうと・・・。

 

悪女の定義 第 133話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

進水式の船はシャティへのプレゼントだったのですね。

シャティはようやく自分の気持ちを伝えることができました。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

悪女の定義をお得に読む方法

「悪女の定義」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「悪女の定義」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

133話を読んだ感想

悪女の定義 第 133話の感想をお伝えします。

どんな船なのか当日まで教えてもらえないと話していたシャティですが、まさかシャティへのプレゼントだとは思いませんでした。

 

大きなガラスを作る技術もあるのかなと思うほど、素晴らしい景色でした。

内緒にしていて驚かせたい気持ちもわかります。

 

シャティは自分の気持ちを皇太子に伝えました・・・前回の悩んでいたことも今は全く心配なさそうですものね。

 

釣りはこの世界にはなかったのでしょうか?

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

悪女の定義ネタバレ133話!まとめ

こちらでは「悪女の定義 133話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとまとめると・・

悪女の定義 133話のまとめ
  • 皆、武闘大会の準備で忙しくシャティの船の話を聞いてくれない。
  • 船は皇太子からのプレゼントだった。
  • 皇太子はシャティの喜んでいる姿が嬉しい様子。
  • シャティは今まで伝えていなかった気持ちを皇太子に伝えた。