少女/女性漫画

悪女の定義ネタバレ137話!あらすじ感想!カイラードと皇太子の手合わせ

悪女の真骨頂を見せつける?「悪女の定義」。

別の人生を生きるってどんな感じ転生ものが好き

こちらでは「悪女の定義 137話」の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話を読んだ感想

カイラードに頼まれた房飾り・・・侍女はここまで不器用だとは・・・と指摘され、シャティは落ち込んでしまいます。

そして皇太子の分は作り直そうと決意して、作り直したのですがなかなか渡せずにいました。

【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

悪女の定義137のあらすじネタバレ

悪女の定義 第 137話のあらすじをお伝えします。

武闘大会

武闘大会の幕が開け、腕利きの騎士たちによる剣術の試合が始まりました。

観客たちは普段見ることのできない光景に、歓声を上げて場内の雰囲気は盛り上がりを増していったのです。

カイラードは素早い動きで相手を圧倒していきます。

剣が相手の喉元で止められ、カイラード殿下の勝利となりました。

しかし中には、一方的な展開となってしまう試合もあります。

シャティは、今のってユタだよね・・・?かわいそう・・・と思っていましたが・・・。

カイラードが出場する試合では、ことごとく彼が勝利を上げたためだ。

彼の剣術の実力は、圧倒的でした。

 

おお~話に聞いていた通り、素晴らしいですね。

優れた騎士たちが、これほど多いとは驚きました。

楽しそうなマスターシェルメロとコーゲン令息

マスターシェルメロも楽しんでいるようで、シャティのおかげでこのような貴重な行事を見物することができているのですから・・・乾杯といきましょう!

なみなみとついだお酒を持っているので・・・昼間から何をしているんですかとシャティに叱られてしまいます。

しかしマスターシェルメロの隣には、コーゲン令息がいて・・・シャティに断られてしまったと言いながら乾杯をしています。

コーゲン令息は、騎士たちの武運に乾杯しています。

 

シャティは二人の飲んだくれを見てないふりをしようとしています。

隣から視線を感じ、見ると皇太子がじーっと何か言いたそうに見つめています。

皇太子は武闘大会に興味もくれず、シャティに無言の圧力をかけ続けていました。

カイラードが活躍して、剣の房飾りが舞うたびに皇太子は、今にも目からレーザー光線を出しそうな勢いでシャティの方を睨んでくるのです。

早く事情を説明して房飾りを渡さないと大変なことになりそう・・・でもいくらなんでもここでは渡すことはできない。

あまりにも騒がしいし周囲の目も気になるし・・。

そんな中・・・カイラードの勝利が決定し、今回の武闘大会の優勝者はカイラード殿下に決まりました。

カイラードVS皇太子

シャティは 本当にカイラード殿下が優勝したと驚いています。

皇子だからといって特別扱いされたわけでもないのに、カイラードは数多くの実力者を相手に勝ち抜いて優勝を掴みとりました。

こんなに強かったんだと驚くシャティ。

隣で皇太子が立ち上がったので、どちらへと尋ねると・・・そろそろ下に降りなければならないからといいます。

優勝者は皇太子と手合わせをするのが習わしなのだと・・・。

シャティは そんな決まりがあるなんて聞いていませんでした。

まさか優勝した機種が次期皇帝に対する忠誠心を表す場ということなのか?

 

皇太子はまだ怒っていて・・・ この状況で手合わせなんて、カイラードが危険なのではないか・・・シャティは 心配でしたが 勝負をとめる方法はありませんでした。

ただ誰も怪我をしないことを祈るばかりでした。

皇太子とカイラードの戦いが始まり・・・皇太子はカイラードに、その房飾りはシャティが作ったものなのかと尋ねるとそのとおりだと答えました。

皇太子はカイラードに、お前にあらゆることをしてやりたいと思っている・・・お前は私のかけがえのない弟だからな。

しかし彼女はダメだ・・・というとカイラードはとても辛そうな表情をして・・・分っていますと答えました。

この房飾りは、兄上が考えられているような意味をもつものではありません・・・私はシャティと兄上のお2人の幸せを願っているのです。

その言葉を聞いて皇太子私もお前の幸せを祈ろう誰よりも心から・・・ だからと言いカイラードの房飾りを切りました。

未練など残すのとお前に伝えたいのだ。

みっともない姿をお見せしてしまいましたというカイラードに ・・・今のようにみっともない姿を見せているのは私の方だろう。

房飾り

皇太子の勝利で武闘大会は、無事に幕を下ろしました。

そして少し遅くなりましたが、皇太子に房飾りを渡しました。

皇太子はふっと笑い、本当に独創的なデザインだなと言いました。

からかわないでください とシャティが言うと、かわいいから言っているのではないかと・・・。

どっちにしろ下手だっていうことじゃないですか・・・。

それで残りはどこにあるのだ・・・前に来た時にはいくつか作っていたようだったが・・・。

 

見られていたのかと思うシャティ。

あれはすべて失敗作で、今差し上げたものが1番良くできたものなのです。

それでも皇太子は、あなたが私のために作ってくれたものに失敗も成功もない・・・全てを手に入れたいのだ。

結局皇太子は 私が作った房飾りを全て受け取り、それをまとめて自分の貴重な宝剣に付けて持ち歩くせいで、しばらくしばらく胃の痛い思いをしなければいけませんでした。

 

悪女の定義 第 137話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

カイラードは本当に強かったのですね。

皇太子と最後に戦い、シャティのことも話し合えて・・・皇太子もすっきりしたでしょう。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

悪女の定義をお得に読む方法

「悪女の定義」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「悪女の定義」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

137話を読んだ感想

悪女の定義 第 137話の感想をお伝えします。

シャティの作った房飾りが、ちょっとした事件?のようになってしまいましたね。

ギリギリにできたことと、渡せなかったことで・・・皇太子はイライラが募っていました。

 

カイラードは本当に強かったのですね・・・皇族だからという忖度もきっとなかったのでしょう。

最後には皇太子と一対一の対決となりました。

皇太子の方が強いとも思いませんでしたが・・・。

 

結局、武闘大会が終わってから、皇太子に渡すことになってしまいました。

それも失敗作もすべてです。

 

あの失敗作も欲しいと皇太子が話したことを、侍女たちが知ってしまったらどういうのでしょう。

ばあやなら…教育をし直しますといって、シャティをビシッと指導しそうですね。

 

でもそれでもダメだったので、今に至っているということでしょうか?

胃が痛くても、作ったものを喜んでくれるのは嬉しいですね。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

悪女の定義ネタバレ137話!まとめ

こちらでは「悪女の定義 137話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとまとめると・・

悪女の定義 137話のまとめ
  • 武闘大会が始まった。
  • 剣の房飾りが舞うたびに皇太子は、今にも目からレーザー光線を出しそうな勢いでシャティの方を睨んでくる。
  • 皇太子とカイラードの戦いが始まり、皇太子は房飾りを切った。