少女/女性漫画

悪女の定義ネタバレ154話!あらすじ感想!ストライキに賛同するものも・・

悪女の真骨頂を見せつける?「悪女の定義」。

別の人生を生きるってどんな感じ転生ものが好き

こちらでは「悪女の定義 154話」の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話のあらすじ

後宮を迎えるようにいわれて、ストライキを起こすシャティ。

独断でやったことでしたが、陛下も一緒にストライキをすることに。

シャティは貴族たちの「兆候」だと思い、この機会に調査をすることにしたのですが・・・。

悪女の定義154話のあらすじネタバレ

悪女の定義 第 154話「外伝7」のあらすじをお伝えします。

ストライキに賛同するものも・・・!?

シャティと陛下が揃って仕事を休み始めてから、すぐに直属の部下たちもその意図に気づきストライキに賛同しました。

まず誠実のアイコンであるシャリアン卿は、宮に出てこないで代わりに簡単な手紙を送ってよこしましたが、その手紙にはいきなり仕事を奪われたワーカーホリックの怒りが、余すことなく書かれていました。

筆圧まで強く、怖いと思うシャティ。

アルベルが率いる魔道工学特務チームも、団体で病気休暇を申請しました。

このチームはこの機会に、少し休むべきだと思います。

皇宮で・・・いやこの国全体でもっとも有能な人たちが揃ってストライキに入ってしまい、国務会議場では連日苦悩の声が響き渡っていました。

ダフアレン侯爵

ダフアレン侯爵も苦しい立場に立たされていました。

この事態の元凶が彼であることを、誰もが知っていたからです。

シャティは父と電話で話していました。

父はあの男、今にも泣き出しそうな顔をしていたぞ・・・明日あたりシャティのところへ謝罪をしに来るんじゃないか?

それは困るわというシャティ…もっと苦労してもらわないと、まだまだこの程度では許す気にはなれない。

確かにその通りだと笑う父。

シャティはパパに権限代行をお願いするかもしれないのだけどと話すと、いつでも歓迎だと快諾してくれました。

権限代行をすると、ストライキの効果がつぶれてしまうのではないか・・・カイロン公爵は有能だからという陛下。

わざと貴族たちの緊張を緩めてやるんです・・・緊張が解けた時こそ、余計なことを考えやすいものですから。

シャティのパパが権限代行に・・・!?

翌日からはシャティの父が、二人の権限代行を行うことになりました。

国務会議場にも、シャティに合わせてストライキを行っている人たちがいましたが、その代表格がパパとミハイル・シェドモン卿でした。

皇帝と皇后の権限代行として、この有能な二人が仕事をし始めると、国政は少しずつ回り始めました。

貴族たちはホッとしたような面持ちで、リアルタイムで増え続けていく仕事を少しずつ処理していきました。

そうして会議が一段落したころ・・・少し休憩を挟むことに。

貴族たちは、目が回りそうだと話しています。

ずっと仕事が停滞していたから・・・。

まったく信じられない話ですよ・・・両陛下がこんなに休まれるなんて。

ダフアレン侯爵の前で皆が話しています。

でも少しは事態が落ち着いたようで幸いですね・・・ところで考えてみればおかしくないですか?

権限代行を1名に正式任命してしまうなんて・・・カイロン公爵が必要以上の権力を持ってしまうような気がするのですが・・・。

皇后陛下の御父上ではありませんか。

これはカイロンの天下になるかもしれませんね。

するとダフアレン侯爵が、私たちがしっかり監視して牽制しなければ、これをチャンスとばかりにおかしなマネをされては困る。

ダフアレン侯爵の取り巻きのような人たちが、ダフアレン侯爵をさすが賢明ですねなどと持ち上げています。

そこに後ろを通っていたテイガン公爵が、まわりをはばかることもなく大声で危険な発言をされているようですな。

このような状況で、宰相であるカイロン公爵が乗り出すのは当然では?

カイロンの天下について危惧するのはあまりに性急だと思いますよ。

そ・・・それはそうですが・・・とダフアレン侯爵。

われわれがしっかり気を付けておかないと本当にそのようなことになる可能性もゼロではないでしょう?

それでもテイガン公爵は、もしもそうなればその時に批判しても遅くはないはずだと。

また後ほど会議場でと去っていくと、口うるさい奴めとつぶやくダフアレン侯爵。

テイガン公爵は、皇帝派ではなく中立なので、間違ったことは言ってはいない・・・口に気を付けて損になることはないのだから、我々も会議場に戻ろうと言いました。

ついに不正を働く者が・・・!?

貴族たちはそれぞれの思惑をさらけ出し始めていました。

一時的に権力を握った?シャティのパパへの不満を皮切りに・・・溜まった仕事による疲労と、もとからあった葛藤・・・少しずつ気のゆるみが出てきていました。

そしてそれらのことは全てシャティに報告されていました。

補佐官たちがシャティを訪れ・・・重要な報告があるときは時間を気にせずいつでも来るように話していたので、陛下も一緒に会いに行くことに。

陛下が不在の間に不正を働いた官僚たちを見つけたというのです。

ついに本性を現したわね・・・シャティは少し嬉しそうに言いました。

そのような者たちを捕まえるためのストライキですもの。

それに後々咎める際に、より厳しく責め立てることができますから、すべて記録して証拠も集めておいてちょうだい。

それ以外にも不正を働く者がいないかしっかり監視してねとお願いしました。

爆弾が1つずつ集まり出した・・・恥知らずのおじさまたち・・・楽しみに待ってなさい!と思うシャティでした。

 

悪女の定義 第 154話「外伝7」のあらすじをネタバレでお伝えしました。

シャティの思惑通りの展開になってきました。

悪い毒は出してしまわないといけませんから・・・。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

悪女の定義をお得に読む方法

「悪女の定義」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「悪女の定義」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

154話を読んだ感想

悪女の定義 第 154話「外伝7」の感想をお伝えします。

ストライキによって溜まっていた膿が出てきたのでしょう。

シャティの作戦通りですね。

何も言わなくてもストライキに賛同してくれる仲間がいることも頼もしいですね。

皆いつもは人一倍働いている人たちなので、非難もされないでしょう。

調査してくれる有能な部下たちがたくさんいるのも心強いです・・・人望でしょうか。

シャティのパパももちろん優秀なので、妬まれるかもしれませんがきっちりと仕事はこなしてくれています。

そろそろシャティの反撃が始まりそうですね。

きっと用意周到に、しっかりと裏取りもして徹底的に追求しそうですね。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

悪女の定義ネタバレ154話!まとめ

こちらでは「悪女の定義 154話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとまとめると・・

悪女の定義 154話のまとめ
  • シャティと陛下が揃って仕事を休み始めてから、部下たちも賛同した。
  • この事態の元凶であるダフアレン侯爵も苦しい立場に・・。
  • シャティの父が、二人の権限代行を行うことに。
  • 陛下が不在の間に不正を働いた官僚たちを見つけた、ついに本性を現したとシャティは少し嬉しそう。