少女/女性漫画

悪女の定義ネタバレ160話!あらすじ感想!2人の子供、レオシャイナの誕生

悪女の真骨頂を見せつける?「悪女の定義」。

別の人生を生きるってどんな感じ転生ものが好き

こちらでは「悪女の定義 160話」の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話のあらすじ

シャティも自分たちに似た子供が欲しいと思うようになりました。

後宮問題もなくなったことですし・・・。

ハリエンとデニーが結婚の報告に来た時、シャティも家族が増えると二人に告げ・・・!?

悪女の定義160話のあらすじネタバレ

悪女の定義 第 160話「外伝13」のあらすじをお伝えします。

レオシャイナ

寒さが和らいで、暖かな風が吹いてくる頃シャティは無事に娘を出産しました。

自分なりに準備をして出産に臨んだつもりでしたが、身体の変化のせいで苦労も多かったのです。

でもその度に、陛下がまるで自分のことのように世話を焼いてくれました。

大勢の人が温かい祝福の言葉をかけてくれ・・・知らせを聞いた帝国民たちも大喜びで、皇女の誕生祝の祭りには、数えきれないほどの人々が押し寄せたのです。

子供は「レオシャイナ」と名付けられました。

陛下とシャティは、レオシャと片時も離れようとしなかった。

最も多くの時間を子供と共に過ごした皇帝と皇后として、歴史書に記録されるかもしれない。

もちろん育児を受け持ってくれる乳母が、当たり前に存在する環境ではありましたが、あまりにも可愛くて愛らしくて我慢できなかったのです。

2人目の計画

レオシャは明るくおませな子に育ちました。

よちよち歩きが始まるなり、皇宮中をかき回し・・・また賢い子で何でもあっという間に覚えてしまいました、

彼女が成長していく姿を見るのは不思議でもあり、幸せでした。

レオシャがある程度大きくなり、シャティたちは2人目の計画を立てはじめました。

元々子供は2人産もうと話していたためで、この場所の基準では少ない方ではありますが、シャティ自身が1~2人を産んで育てることの多い現代日本社会になれているし、皇后の仕事が忙しいので3人以上は難しいと思ったのです。

そして陛下はいつものように、シャティの決定を尊重してくれました。

その間に宮の増築工事も終わり・・・2人目の子は歴史に残るこの建物で生まれることとなるはずだったのに・・・。

このままでは一人っ子になってしまう

夜はレオシャが本を読んでとせがんでいたりするので、どうしたものかなかなかチャンスが巡ってきません。

次の日も・・・その翌日もレオシャがママと寝るぅ~と部屋にやって来て、真ん中で寝てしまうのです。

陛下はこのままではレオシャが一人っ子になってしまうかもしれないなというので、シャティは大げさですよと笑いました。

大げさだなんて・・・もうこれで何度目の失敗になるか・・・。

大丈夫ですよ、明日は必ず!と励ますシャテイ。

 

そう約束した翌日、陛下はまだ早い時間からシャティに・・・しかしすぐに皇女殿下がいらっしゃいましたと侍女に告げられます。

シャティは早く来たのね・・・レオシャもう眠たいの?と尋ねると、早く寝たら大きくなれるんだって!レオシャ大きくなるの!と言うのです。

陛下はどんよりとしていて、早く来れば成功すると思って急いできたのに・・・と落ち込んでいます。

今日はレオシャも早く来てしまいました。

今日だけは譲れん

今日だけは譲れん!と言い出す陛下・・・。

レオシャイナ、自分の宮に戻りなさいと真顔で告げると、レオシャイナはショックを受けています。

シャティは小声で陛下に、子供が傷ついたらどうするんですか!

今はレオシャが悪いことをしたわけでもないじゃないですか!と言います。

しかし陛下はしつけが必要な時もあるんだと腕を組んで言い譲りません。

いやっっ!ウギャーッ!叫び声をあげて絶対にいやだというレオシャ。

陛下はレオシャイナ!パパのいうことを聞きなさい・・・次期皇帝になる身としてわがままは許されないぞ!と言い聞かせます。

いや!!パパ嫌い!!とレオシャに言われた陛下は胸が痛くなっています。

それでもだめなものはダメだと言い張る陛下。

レオシャはうわああんと泣き叫んで、なんでなんで!?ママと一緒に寝るの!!と暴れています。

シャティは陛下に黙っていてくださいとくぎを刺して・・・そうね皆で一緒に寝ましょうとレオシャに言いました、

シャティに抱き着いているレオシャ。

まったくうちの御姫様は甘えん坊なんだから。

いたたまれない様子の陛下に、こっちへ来て横になってください・・・明日は必ず成功させましょうというシャティ。

陛下は大きくため息をついて、わかったと言い・・・ベッドのシャティの隣に入ってきました。

反対側のベッドは広く空いているのに、どうしてこっちに・・・?と話すシャティにべそをかきながら、このくらいは許してくれというのです。

それでシャティはレオシャに、パパが今日はこっちで寝たいんだって・・・レオシャはパパが隣にいなくても大丈夫?と尋ねました。

レオシャは笑顔で頷き、ママがいるもん!といってから・・・でもパパが泣いちゃうかな・・・ヒソヒソ声でシャティにパパに大好きって伝えてくれる?と言いました。

シャティはキューンとして・・・可愛い・・・!わが子ながらまさに天使だわ!

わかったわ、心配しないでと伝えると、陛下の方を向いて大好きと言いました。

真っ赤になる陛下に・・・とあなたの娘が伝えてくれですってというシャテイ。

そのシャティが可愛すぎて・・・そんな可愛い真似をしておいて私に背を向けるのかと抱き着く陛下。

仕方ないじゃないですか、もう寝ましょうというシャティ。

陛下はやっぱり自分の宮に戻りなさい・・・パパとママは二人ですることがあるんだというので、レオシャの叫び声が響き渡りました。

 

悪女の定義 第 160話「外伝13」のあらすじをネタバレでお伝えしました。

レオシャの兄弟のために、何とかしようとしている陛下。

しかしレオシャは・・・ママと一緒がいいのは仕方がありませんね。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

悪女の定義をお得に読む方法

「悪女の定義」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「悪女の定義」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

160話を読んだ感想

悪女の定義 第 160話「外伝13」の感想をお伝えします。

陛下はシャティの気持ちをくみとって、妊娠中も子育ても参加しているのですね。

この時代ではきっととても珍しいことなのでしょうね。

二人目のことも、シャティとレオシャのことを考えてのこと。

とても大切なことかもしれませんが、微笑ましくて笑ってしまいます。

愛情をたくさん陛下とシャティから受けて育っているレオシャは、次の皇帝になっても優しい皇帝になるのではないでしょうか。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

悪女の定義ネタバレ160話!まとめ

こちらでは「悪女の定義 160話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとまとめると・・

悪女の定義 160話のまとめ
  • 「レオシャイナ」という名の娘を出産した。
  • 2人目の子供を考えるがなかなかチャンスが巡って来ない。
  • 陛下はしつけが必要な時もあるんだ譲らず、パパ嫌いとまで言われてしまった。