少女/女性漫画

「悪党の母になりました」ネタバレ51話!あらすじ・感想を紹介!愛する妻のために

ピッコマ独占配信の人気コミック「悪党の母になりました」。

「続きが気になる!」
「ロゼリアはどうなる?!」

こちらでは「悪党の母になりました51話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

前回のあらすじ

前回は、カシウスやアインと本当の家族になりたいという思いに駆られるようになったロゼリアが、チェイド家の内情や歴史に関する勉強を始めました。

庭園のテーブル席に座って資料を読んでいると、授業を抜け出してきたアインが満面の笑顔で駆け寄ってきます。

二人で談笑しながらお茶を飲もうとした時、何故か突然険しい顔つきに変わったアインが彼女の持っていたコーヒーカップを叩き落としました。

「うっかり手が滑ってしまった」と言ってごまかすアイン。

しかし実際は、そのお茶の中に毒物が仕込まれている事に気づき、とっさに彼女をかばっていたのです。

邸内にロゼリアの命を狙う者がいる事を察したアインは、見えざる敵に対して強い怒りを燃やし始めました。

【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

悪党の母になりました51話のあらすじネタバレ

犯人探し

側近の侍女・レニシャを自室に呼んだアインは、この前ロゼリアと一緒に庭園でお茶を飲んでいた時、彼女の飲み物に一度でも触れた人間を一人残らず連れてくるよう指示しました。

尋常ではないアインの迫力に圧倒されたレニシャは、その命令の理由を恐る恐る尋ねます。

アインは氷のような冷たい眼差しでレニシャを睨み、ロゼリアのお茶の中に毒が盛られていた事実を打ち明けました。

毒物の耐性訓練を受けているアインと違い、一般人のロゼリアが毒入りのお茶を飲めば命にかかわるのは必至。

冷静沈着なレニシャといえども、その話を聞くとさすがに強いショックを受けずにいられませんでした。

「ただし、母上に気づかれないよう内密に行動するんだぞ」

「承知いたしました」

アインの命を受けたレニシャは、すぐに部屋を出て使用人達の待機所に向かいました。

室内で一人になったアインは、沸々と湧き上がる怒りを堪えながらクールな表情を保ち続けます。

犯人が何者であろうと関係ない……。

僕の唯一の幸せを邪魔しようとする者が邸内にいるのなら、二度と立ち上がれないよう徹底的に踏み潰してやる……!

端正な顔立ちとは裏腹に、少年の胸中にはおぞましい憎悪の念がみなぎっていました。

息詰まる対話

一方その頃、皇帝に呼ばれて皇宮を訪れていたカシウスは、皇太子ルーカスの育成にあたっているリズウィン侯爵と庭園の廊下で久々の再会を果たしていました。

「チェイド公爵……ご無沙汰しております」

緊迫した雰囲気の中、静かに会釈を交わす二人。

カシウスに冷たい視線を向けたリズウィン侯爵は、最近ベンゼン侯爵家が社交界の場に全く姿を現さなくなってしまった話題を切り出します。

その背景にチェイド家の関与があるのではないか、とリズウィン侯爵は疑いの目を向けました。

しかし、当のカシウスは知らん顔で「そうですか」とつぶやき、他の家門の個人的な事情など知る必要はないと答えます。

悪名高きチェイド家が他の貴族の顔に泥を塗るようなマネをする事を危惧している、と嫌味を漏らすリズウィン侯爵。

するとカシウスも、厚顔無恥な貴族の顔にこれ以上泥を塗る余地があるのか、と嫌味で返します。

その言葉を聞いたリズウィン侯爵の顔が、不快感によって僅かに引き攣りました。

「そう言えば私も面白い噂を耳にしました 最近、皇太子がいろいろな貴族と極秘裏にお会いしているそうですね リズウィン侯爵も彼の子守役でお疲れではないのですか?」

「私の事はともかく、殿下を侮辱する発言は謹んでいただきたい……!」

「侮辱だなんてとんでもない 私はただ……侯爵もいろいろと『お悩み』があるだろうと思っただけです」

不敵な笑みを浮かべたカシウスは、皇帝陛下との約束があるので先を急がせてもらうと告げ、静かにその場を去っていきました。

リズウィン侯爵のジレンマ

カシウスの後ろ姿を見送っていたリズウィン侯爵は、その口ぶりから彼が全ての「事情」をすでに把握している事を察しました。

汚れ仕事の対価として皇帝陛下から絶大な信頼を得ているチェイド家は、他の貴族連中にとって目の上のたんこぶ。

チェイド家を疎む貴族の中には、皇太子を利用して新たな権力体制を構築しようと目論む者も少なくないのです。

悪党一族を潰すために、皇室とチェイド家の関係を断とうとするのは当然の策略。

リズウィン侯爵もその事は十分に理解していましたが、ひそかに彼らの動向に対して嫌悪感を抱いていました。

皇太子ルーカスは幼い頃からずっと見守ってきた息子同然の存在であり、娘のエリシアも彼にほのかな恋心を抱いています。

ルーカスが皇帝として独り立ちするまで傍で仕えていたいという思いが強く、彼を権力闘争の道具にされる事は我慢ならなかったのです。

貴族達がルーカスを巻き込めば、彼の健全な成長に悪影響が出てしまう。

かと言って、ルーカスを利用しようとする貴族達を排斥するためには、現皇帝に反旗を翻さなければならない。

どちらの選択肢にも問題があり、いくら考えても現状を打破できる正解が見つかりません。

一体、私はどうすれば良いのだ……?

庭園で楽しそうにじゃれ合っているルーカスとエリシアの姿を遠くから見つめていたリズウィン侯爵は、一人でずっと葛藤し続けていました。

静かな戦争

ロゼリアのお茶に毒を盛られる事件が起きてから数日が経過した頃、チェイド家の邸内は物々しい雰囲気に包まれていました。

疑わしき使用人達全員と面談したものの、結局アインには犯人を特定できずじまい。

厄介なことに、あれからも謎の暗殺者は犯行を繰り返し、何度もロゼリアの命が奪われそうになっていました。

気を利かせたアインがロゼリアの口にする飲食物を徹底的に検査するよう使用人達に指示していたため、毒殺事件を未然に防げているのが唯一の救い。

しかし、さすがのアインにもそれ以上打つ手がなく、相手の正体を掴めないままアインVS暗殺者の静かな攻防戦が水面下で展開され続けます。

母に余計な心配をかけたくなかったアインは、使用人達を脅すような形で全ての作業をロゼリアに秘密で行っていました。

けれども、いつもと明らかに異なる邸内の不穏な雰囲気を見ているうちに、自分の知らない所で何か良からぬ事が起きている事にロゼリア自身も気づき始めます。

世話係の使用人の数が急に増え、あらゆる飲食物が事前に検査される異様な日々。

それなのに、何故か誰も現状の詳細を説明してくれない事が、ロゼリアにとって大きな不安要素になっていました。

立ち上がる悪党親子

そんなある日のこと。

カシウスが数名の使用人を伴って書斎でデスクワークをしていると、突然ノックも無しにドアが乱暴に開け放たれ、誰かが室内に乗り込んできます。

「ちゃんと仕事してるんですか?」

「……いきなり入ってきたかと思えば何の事だ?」

椅子に座ったまま視線を向けた先には、鬼の形相で父を睨みつけるアインの姿がありました。

ろくに仕事も片付けられないノロマだから、邸内で母の身に起きている事に気づけないのだと激しい口調で罵るアイン。

その言葉を聞いたカシウスはにわかに表情を曇らせ、「ロゼリアに何かあったのか?」と尋ねました。

「母上が毒殺されそうになりました……!しかもこのチェイド家の邸内でです!父上は本当に何も知らなかったんですか!?」

怒りに身を震わせるアインから衝撃的な事実が語られた途端、それまでクールだったカシウスの顔つきが驚愕の表情に一変します。

「毒を盛られた……だと?そんな重要な話が、なぜ私の耳に入ってこなかったんだ……?」

激昂したカシウスに睨みつけられた使用人達は、身を強張らせて黙り込んでしまいました。

「どうやら、最近の私は甘かったようだな……!」
拳を握り締め、ゆっくりと席から立ち上がるカシウス。

その顔つきにはロゼリアと共に過ごす平穏な日々の中で培われた優しい笑顔はどこにもなく、以前の彼を彷彿とさせる冷酷な悪党の形相に戻っていました。

<前話 全話一覧 次話>

悪党の母になりましたを無料で読めるか調査した結果

「悪党の母になりました」はめちゃコミ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「悪党の母になりました」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

51話を読んだ感想

ロゼリアを巡って展開される謎の暗殺者との攻防戦は、予想以上に長期化しそうな様相を呈してきましたね。

正体が見えない分、一切証拠を残すこと無く執拗にロゼリアをつけ狙う陰湿さが、非常に不気味に感じられてなりません。

すぐに尻尾を出すかと思っていましたが、チェイド家の邸内で大胆に犯行を繰り広げるだけあって、暗殺者も相当なレベルのプロなのでしょう。

ベンゼン侯爵家に買収された侍女程度の小物ではないとすれば、犯人を特定するのはかなり難儀な作業になりそうです。

久し振りに再登場したリズウィン侯爵のモノローグを見る限り、やはりチェイド家は多くの貴族から狙われている立場にあり、ロゼリアはそのターゲットにされてしまったのでしょう。

現時点ではベンゼン侯爵家が第一容疑者ですが、ひょっとしたら他の貴族が真犯人である可能性も捨てきれません。

息子のアインから衝撃的な真相を聞かされ、愛する妻のために再び悪党の人格に戻るカシウス。

その姿にはカッコ良さと同時に何とも言えない切なさが滲み出ていて、非常に胸が痛くなりました。

ロゼリアを救うために、彼女の望んだ平凡な日々を捨てなければならないのは、皮肉としか言いようのない状況です。

やはり残酷な運命は、チェイド家を悪の世界から脱却させてくれないのでしょうか?

そして、邸内で暗躍する謎の敵の正体や如何に!?

第52話の展開も見逃せませんね!

<前話 全話一覧 次話>

悪党の母になりました51話!まとめ

こちらでは51話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

悪党の母になりました51話のまとめ
  • 僕の唯一の幸せを邪魔しようとする者が邸内にいるのなら、二度と立ち上がれないよう徹底的に踏み潰してやる。端正な顔立ちとは裏腹に、アインの胸中にはおぞましい憎悪の念がみなぎっているのだった。
  • 一体、私はどうすれば良いのだ・・・庭園で楽しそうにじゃれ合っているルーカスとエリシアの姿を遠くから見つめていたリズウィン侯爵は、一人でずっと葛藤しているのだった。
  • 拳を握り締め、ゆっくりと席から立ち上がるカシウス。その顔つきにはロゼリアと共に過ごす平穏な日々の中で培われた優しい笑顔はどこにもなく、以前の彼を彷彿とさせる冷酷な悪党の形相に戻っていた。