少女/女性漫画

「悪党の母になりました」ネタバレ52話!あらすじ・感想を紹介!犯人の正体とは

ピッコマ独占配信の人気コミック「悪党の母になりました」。

「続きが気になる!」
「ロゼリアはどうなる?!」

こちらでは「悪党の母になりました52話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

前回のあらすじ

前回は、チェイド家の邸内に潜む何者かがロゼリアの命を狙っている事に気づいたアインが、犯人探しに乗り出しました。

事件当日にロゼリアのお茶に接触した者全員を呼び出したアインでしたが、結局暗殺者を特定するには至らず。

しかも、姿なき敵はその後も執拗に毒物混入の犯行を続け、ロゼリアを巡るアインVS暗殺者の壮絶な攻防戦が水面下で繰り広げられます。

業を煮やしたアインは父・カシウスの書斎に乗り込み、ロゼリアの命が狙われている事に気づいていないのかと憤慨。

息子の話を聞いたカシウスは、平穏な生活に慣れてすっかり鈍くなっていた自分の甘さを悟り、以前のような冷酷な悪党の顔つきに戻ってしまいました。

悪党の母になりました52話のあらすじネタバレ

チェイド家の弱点

ある日の深夜。
とある邸の一室に、複数人の男女が集結して密談を交わしていました。

彼らは、チェイド家に対して強い反感を抱く貴族派の人々。

チェイド家を潰すために皇太子を抱き込む計画を展開している彼らは、今夜その進捗状況を確認し合う作戦会議をしていたのです。

依然として皇太子ルーカスの意思は明確でないものの、チェイド家を快く思っていない事は間違いないだろうと語る一人の男性。

チェイド家に全幅の信頼を寄せている皇帝の息子ではあっても、父親とは全く立場が違うので、皇太子が我々と手を組んでくれる可能性は高いはずだ、と貴族男性は持論を展開します。

別の貴族男性は、最近ベンゼン侯爵家が領地に戻ってしまったらしいという話題を切り出し、子息のグレックはアインにどんな報復をされたのだろうかと眉をひそめました。

すると、会議の参加者の一人であるウィンステル侯爵がおもむろに口を開き、現在内密に進めている計画があると語り出します。

「私は遂に見つけたんです チェイド公爵の唯一の弱点を!」

「なんですって!?弱点!?」

ウィンステル侯爵の発言を聞いた参加者達は、一斉に驚愕の表情を浮かべました。

誰もが想像だにしなかったチェイド公爵の弱点、それは彼の妻の「ロゼリア夫人」だとウィンステル侯爵は主張します。

チェイド家の中で毒殺不能なのはカシウスとアインスパナだけで、単なる一般人であるロゼリアに毒物に対する免疫がないのは明白。

彼女を始末するため、すでにチェイド家の邸に部下を潜伏させて少しずつ毒を盛っているところだとウィンステル侯爵は説明しました。

その話を聞いた参加者達は、自分達に何の相談もせずにそんな危険な作戦を実行した彼に対して怒りをあらわにします。

もしも計画がバレたら絶対にタダでは済まない、と声を荒げる参加者たち。

ウィンステル侯爵は落ち着いた態度で一同をなだめ、低リスクでチェイド家に攻撃を仕掛けられる最高の作戦だから心配いらないと笑いました。

「その言葉……私達は本当に信じて良いのですね?」

「ハハハ、もちろんですよ!良い知らせが届くのを気長に待ちましょう」

余裕綽々の態度で高笑いを響かせるウィンステル侯爵。

しかし、その頃チェイド家の邸内では、結託したアインとカシウスによって怒りの逆襲が始まろうとしていました。

青ざめるロゼリア

アインとカシウスはロゼリアを守るため、彼女の口にする物を事前に検査するよう使用人達に厳しく言付けていました。

小腹が空いた時に何かを食べようとしても、必ず横槍を入れてくる侍女たち。

ここ最近になって、急に周りの雰囲気が物々しくなった事に気づいたロゼリアは、自分の知らない所で何かが起きているのではないかと不安でたまらなくなります。

ある日、我慢できなくなったロゼリアは一人の侍女を捕まえ、どうして飲食物をいちいち確認するのかと尋ねました。

まるで毒でも盛られているようではないかと詰め寄るロゼリア。

その言葉を聞いた侍女は即座に顔をしかめ、無言のまま気まずそうにうつむいてしまいました。

まさか、私は本当に毒を盛られてるの……?
一体いつから……?

彼女の態度を見て全てを悟ったロゼリアは、この前アインと一緒に庭園でお茶を飲んだ時から皆の態度が一変した事に思い至ります。

あの時アインは、コーヒーカップを落としてしまった私と違って、確実にお茶を飲んでいたわ……!

息子の身が心配になったロゼリアは顔面蒼白になり、即座に彼の部屋に向かって駆け出しました。

たとえ毒物への免疫があるといっても、耐性訓練を中止した現状で大量の毒を摂取すれば生命にかかわるのは確実。

ロゼリアは自分の事よりも、愛するアインの体の方が心配でたまりませんでした。

「アイン!居ますか!?」

ノックも忘れ、けたたましい勢いで息子の部屋に飛び込むロゼリア。

しかし、無人の室内に彼の姿はなく、水を打ったような静けさだけが辺りに広がっていました。

悪魔の報復

一方その頃、邸内の毒の保管所に、ひどく顔色の悪い二人組の男の姿がありました。

彼らは、ウィンステル侯爵の命令によって使用人の振りをしてチェイド家に潜伏したスパイ。

周囲に気付かれないよう、ひそかにロゼリアの飲食物に毒物を混入させてきた犯人です。

アインからの報告によってロゼリアの命が狙われている事を知ったカシウスは、ただちに全使用人の身元を徹底調査し、この二人がウィンステル侯爵の部下である事を看破しました。

しかし、即座に彼らを拘束するようなマネはせず、彼らの飲食物に少しずつ混ぜた毒を摂取させて放置するという対応をとります。

スパイたちは体中に激痛が走り始めた頃になって、ようやく自分達が踊らされていた事を自覚。

ロゼリアと同じ目に遭わせる報復行為に気づいたスパイ達はパニックになり、フラフラの足取りで毒の保管所に置かれている解毒剤を取りに来たのでした。

「あ……あったぞ……解毒剤だ……!」

「早くこれを飲んで逃げなきゃ……!夫人を始末する前に俺達がやられちまう……!」

カシウス達に盛られた毒はすでに全身に回っていて、スパイたちは激しく息を荒げながら壁際に置かれている解毒剤のボトルをやっとの思いで手に取ります。

「何を飲んでいるんだ?」

解毒剤を喉に流し込んでいたスパイたちは、いきなり背後から話しかけてきた冷たい口調の声を聞いて体を強張らせます。

振り返った先には、邪悪な笑みを浮かべたアインの姿がありました。

アインはスパイたちを嘲笑しながら、二人が飲んだ物は解毒剤ではなく自分が耐性訓練を行う際に使用している猛毒だと暴露。

ショックを受けた二人は口から大量の血を吐き、その場に倒れ込んでしまいます。

「マヌケだな……勝手に人の部屋を漁るからバチが当たったんだ……」

胸を掻きむしりながら命乞いを続けるスパイたちのか細い声は、もはや冷然と見下すアインの耳に届いていませんでした。

目撃

吐血したスパイたちが苦悶の表情を浮かべて床の上でのたうち回っていると、そこにカシウスがやって来ます。

「心配するな ここでお前たちを始末する気はない」

カシウスは二人を見下しながら、淡々とした口調で「お前たちにやってもらいたい事がある」と告げます。

「ウィンステル侯爵に伝えるんだ……『待っていろ』とな……!」

その場にしゃがみ込んで至近距離からスパイたちを睨みつけるカシウスと、その後ろで腕組みしながら仁王立ちしているアイン。

二人の父子の冷酷な眼差しには、最愛の人の命を狙ったウィンステル侯爵に対する猛烈な敵意が宿っていました。

「わ……分かりました……その前に……解毒剤を……」

一人のスパイが縋り付くようにして手を差し出すと、ゆっくり立ち上がったカシウスが無表情のままその手を踏みつけます。

「うるさい そんなに解毒剤が欲しいなら、私の言葉を伝えながら侯爵におねだりしろ 運が良ければ間に合うかもしれないぞ」

まるで虫ケラのようにグリグリと手を踏みにじられたスパイの口から、助けを求める悲鳴があがりました。

「アイン……?カシウス様……?」

その時、部屋の片隅から突然女性の声が聞こえ、アインとカシウスの表情が凍りつきます。

「これは一体……どういう事ですか……?」

そこに立っていたのは、真っ青な顔で震えているロゼリア。

カシウスがスパイたちを拷問している光景を目の当たりにしてしまった彼女の中で、穏やかな生活を営むチェイド家の虚像がもろくも崩れ去っていきました。

<前話 全話一覧 次話>

悪党の母になりましたを無料で読めるか調査した結果

「悪党の母になりました」はめちゃコミ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「悪党の母になりました」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

52話を読んだ感想

ロゼリアの命をつけ狙っていた犯人の正体が、遂に明らかになりましたね。

てっきりアインに恨みを抱くベンゼン侯爵家の差し金だと予想していましたが、チェイド家壊滅を目論む貴族派の計画だったのは意外でした。

いくらチェイド家を目の敵にしているとはいえ、一般女性であるロゼリアを平然と抹殺ターゲットに仕立てるウィンステル侯爵はなんと恐ろしい男なのでしょう。

これではどちらが真の悪党なのか分かったものではありません。

血で血を洗うような惨たらしい抗争は、どちらか一方が全滅するまで永遠に終わらないのでしょうね。

カシウスとアインが結託してウィンステル侯爵のスパイに制裁を加える中、自分の命が狙われている事にとうとう気づいたロゼリア。

勘の良い彼女なら、アインが自分に黙って毒物耐性訓練を続けている事も察するはずです。

何より、優しい父子だと思っていたカシウスとアインが残酷な拷問を展開している光景は、ロゼリアにとって最も受け入れがたい悪夢のシチュエーション。

今まで自分が信じてきた平凡な家族像が崩壊し、大きなショックを受けたことでしょう。

そして、それはカシウスとアインにとっても同様。

一番見られたくない場面をロゼリアに目撃されてしまい、凍りついた二人の表情がとても印象的でした。

はたして、チェイド家の残酷な真実を目の当たりにしてしまったロゼリアは、これまで通りの生活を続けられるのでしょうか?

第53話の続きの展開が気になります!

<前話 全話一覧 次話>

悪党の母になりました52話!まとめ

こちらでは52話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

悪党の母になりました52話のまとめ
  • 彼女を始末するため、すでにチェイド家の邸に部下を潜伏させて少しずつ毒を盛っているところだとウィンステル侯爵は説明する。
  • けたたましい勢いで息子の部屋に飛び込むロゼリア。しかし、無人の室内にアインの姿はなく、水を打ったような静けさだけが辺りに広がっているのだった。
  • 真っ青な顔で震えているロゼリア。カシウスがスパイたちを拷問している光景を目の当たりにしてしまった彼女の中で、穏やかな生活を営むチェイド家の虚像がもろくも崩れ去ってしまう。