少女/女性漫画

「悪党の母になりました」ネタバレ55話!あらすじ・感想を紹介!歯止めの効かない合戦

ピッコマ独占配信の人気コミック「悪党の母になりました」。

「続きが気になる!」
「ロゼリアはどうなる?!」

こちらでは「悪党の母になりました55話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

前回のあらすじ

前回は、ロゼリアの前で全ての真相を告白したアインが、愛する継母との決別を果たしました。

ショックを受けたロゼリアは、自室に引きこもって外に出てこなくなってしまいます。

その日以来、アインは人が変わったように冷酷になり、まるでロゼリアと過ごした日々など最初から存在しなかったかのようにチェイド家の後継者としての訓練にのめり込んでいきました。

一方のカシウスも、今まで抑え込んでいた悪意の感情を一気に爆発させ、ロゼリア毒殺計画に関与した貴族達全員に毒をばらまく残虐な報復を開始。

あまりの惨事に、皇帝が仲裁を持ちかけるほどの状況に陥ってしまいます。

誰の言葉にも耳を傾けることなく、貴族達への復讐を展開し続けるカシウス。

意気地になっている自分の行動をひそかに客観視していた彼は、この最悪の現状を打開できる可能性を秘めた唯一の存在であるロゼリアの復帰をひたすら願い続けていました。

悪党の母になりました55話のあらすじネタバレ

義憤に駆られるルーカス

カシウス達のばらまいた毒によって帝国内に混乱が広がる中、その経緯を聞いた皇太子ルーカスはチェイド家に対して強い怒りを覚えていました。

ある日、険しい表情で王宮に乗り込んだルーカスは、「父に会わせろ」と怒鳴り声を張り上げて皇帝の間へ向かいます。

しかし、皇帝とチェイド家の蜜月を熟知している使用人達は、ルーカスの介入によって皇室の基盤が揺らぐ事を恐れ、懸命に彼をなだめようとしました。

チェイド家の顔色をうかがって皇太子の命令に逆らう部下たちの醜態を見て、ますますイラ立ちを募らせるルーカス。

いかに絶大な権力を握っているとはいえ、一介の貴族であるチェイド家のせいで帝国全体が危険に晒されているのを黙って見過ごす事は出来ない。

義憤に駆られたルーカスは決意の表情で使用人達を睨み、強い口調で彼らに告げました。

「止めようとしても無駄だ 俺を父上に会わせろ」

困惑した使用人達は互いに顔を見合わせた後、やむなく彼を皇帝の間へ案内し始めました。

皇帝VS皇太子

実の父である皇帝と二人きりで対峙したルーカスは、「今回の件は度が過ぎる」と主張しました。

チェイド家を猛然と批判する息子の意見を聞いて、「非があるのは先に毒を盛った貴族達の方だ」と反論する皇帝。

「それなら皇室に裁判を要請すれば良いのに、毒をばらまいて都全体を脅かすのは筋違いだ」と言い返すルーカス。

エスカレートしていくチェイド家の凶行をいつまで放置するつもりなのかと、次第に怒りの矛先を父にも向け始めます。

「チェイド公爵はこれまで一度として皇室をないがしろにした事など無い 我々が彼を抑えつけなければならない理由がどこにある?」

ルーカスがチェイド家の危険性を説いても、皇帝は頑として彼の言葉に耳を傾けようとしません。

それどころか、今回の件で大変な目に遭ったチェイド家こそが被害者だと言って、その行動をかばう始末。

呆れたルーカスは、「このまま彼らに振り回されても良いのか」と問い掛けました。

「一体誰が振り回されているというのだ?報復されているのは計画に関わった貴族のみで、それ以外の者は何の影響も受けておらぬではないか」

今回の件に関しては、皇室が干渉する事は一切ない。
分かったら余計な真似は慎め、と息子に対して冷たい眼差しを向ける皇帝。

正論を言われたルーカスには返す言葉がなく、頭を垂れながら父の命令に従うしかありませんでした。

全面戦争の始まり

自室に戻ってからも、ルーカスはずっとしかめっ面をして強い怒りを燃やし続けていました。

帝国内に平然と毒をばらまく邪悪なチェイド家。
そして、腹心の部下である彼らの機嫌をうかがって、その行動を見て見ぬ振りする皇帝。

彼らの行いが絶対に間違っているという確信を抱いていたルーカスは、やがて「自分がチェイド家を倒すしかない」という考えに至りました。

その日の夜。
反チェイド家の貴族派・ノルウェイン公爵を招いたルーカスは、自室で彼と密談を行います。

日に日に過激になっていくチェイド家の行動を誹り、「平穏な日常を取り戻すためには彼らを排除しなければならない」と真剣な表情で説くノルウェイン公爵。

彼の話を聞いていたルーカスは、「元はと言えば貴族達が先に毒を盛ったのが原因なので、彼らが苦しんでいるのは自業自得ではないのか」という違和感を少しだけ覚えます。

しかし、チェイド家の暴走で帝国全体が窮地に陥っている現状を見過ごすわけにはいかないという思いのほうが強く、貴族達との共闘を心に決めました。

「俺が皇帝になったら、まずはチェイド家を根絶やしにしましょう」

「我々は殿下のご意志に従いますよ」

ノルウェイン公爵はルーカスの言葉を聞くと、ひそかに不気味な笑みを浮かべました。

葛藤するロゼリア

アインの衝撃的な告白を聞いて以来、ロゼリアは毎日自室に引きこもって一歩も部屋から出ない生活を送るようになっていました。

時折、扉の向こうから呼びかけてくる夫の声も無視し、ひたすらベッドの上でうずくまり続けるロゼリア。

整理できない感情が頭の中をグルグル回り続け、気が狂いそうになるほどの絶望感に押し潰されそうになっていました。

この世界の未来が原作の小説の筋書き通りに進む運命なら、もはやロゼリアには打つ手がありません。

今までの努力が全て無意味だったのだと悟ったロゼリアは、全身の力が抜けていくような虚脱感にさいなまれていました。

目を閉じると、3人で一緒に笑い合っていた楽しい日々が蘇ってきます。

少なくとも、あの時のアインは純粋な子供だと思ってた……。
カシウスだって、私に隠し事なんてしてないと信じてた……。
これじゃ、バカみたいじゃない……。

ロゼリアは偽りの幸福に浮かれていた自分の愚かさを恥じる事はあっても、二人の行動を責める気にはなれませんでした。

現実世界からこの世界にロゼリア・チェイドとして転生してきた事をずっと秘密にして生きてきた奈希には、自分だって二人を騙していたようなものではないのかという葛藤があったのです。

私が本当のロゼリアじゃないから、バチがあたったのかな……?
もう何をしたらいいのか分からない……。
いっそ何も考えなければ楽なのに、二人の事が忘れられなくて辛い……。

ロゼリアはベッドの上でうずくまった体勢のまま、声をおさえて一人泣き続けました。

深夜の来訪者

その日の夜。
静まり返った室内で寝ていたロゼリアは、ふと喉の渇きを覚えて真夜中に目を覚まします。

水を一杯飲もうと思ってベッドから体を起こすと、扉の前に誰かが立っている事に気づきました。

「……誰かいるの?」

ロゼリアが恐る恐る声をかけても、その人物は全く反応しません。

薄暗い闇の中で直立し、ジッとこちらを見ています。

ロゼリアは勇気を振り絞って、謎の来訪者の正体を確認してみる事にしました。

扉の前にやって来たロゼリアは、その人物の顔を視認した瞬間に驚愕の表情に変わります。

そこに立っていたのは、寝間着を着たアインだったのです。

アインの顔はひどく泣き腫らして目の周りが充血しており、一言も喋らないまま悲しそうな眼差しをロゼリアに向けていました。

<前話 全話一覧 次話>

悪党の母になりましたを無料で読めるか調査した結果

「悪党の母になりました」はめちゃコミ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「悪党の母になりました」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

55話を読んだ感想

チェイド家VS貴族の報復合戦が、いよいよ歯止めのかからない段階にまで発展してきましたね。

カシウス達の凶行に強い怒りを覚え、チェイド家への制裁を求めて皇帝と熱い議論を交わすルーカス。

同じ親子でありながら、正義感の強い皇太子と現実主義者の皇帝の意見が悲しいほど全く噛み合わなかったのが非常に印象的でした。

自分の地位を確保するためにチェイド家に汚れ仕事を押し付けてきた負い目があるため、皇帝がカシウスの肩を持つのは当然の話。

理想を追い求める若き後継者は、非情な父の言葉にさぞかし失望したことでしょう。

チェイド家を殲滅すべく暴走し始めたルーカスを見ていると、闇落ちするアインの生き様にどことなく似ているような気がして胸が痛くなりました。

いつの時代も、戦争というものはこうやって些細な人間関係の齟齬から始まるのですね。

自分達の方から先に手を出したくせに、まるで被害者面してルーカスを戦争に巻き込む貴族達こそ、真の外道と言えるのではないでしょうか。

チェイド家の包囲網が少しずつ強まる中、依然として失意に沈んだまま立ち上がれないロゼリア。

現実世界からロゼリア・チェイドとして転生してきた主人公が、これまでの生活を振り返って、「私だって彼らを騙していた」と述懐していたのがとても悲しかったです。

彼女は何一つ間違った事はしていないのに、どうしてここまで自責の念にさいなまれなければならないのでしょう?

あらゆる努力が踏みにじられてしまうこの世界の運命は、あまりにも残酷でやりきれません。

表面上は強がってロゼリアと決別したアインも、きっと彼女が傍にいない生活に耐えられなくなったのでしょう。

ボロボロに泣きはらした顔には、彼の絶望が表れているように思えました。

はたして、深夜にロゼリアの前に現れたアインは、愛する継母に何を伝えようとしているのでしょうか?

第56話の展開から目が離せませんね!

<前話 全話一覧 次話>

悪党の母になりました55話!まとめ

こちらでは55話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

悪党の母になりました55話のまとめ
  • いかに絶大な権力を握っているとはいえ、一介の貴族であるチェイド家のせいで帝国全体が危険に晒されているのを黙って見過ごす事は出来ない。義憤に駆られたルーカスは決意の表情で使用人達を睨み、強い口調で彼らに告げた。
  • 私が本当のロゼリアじゃないから、バチがあたったのかな。ロゼリアはベッドの上でうずくまった体勢のまま、声をおさえて一人泣き続けていた。
  • アインの顔はひどく泣き腫らして目の周りが充血しており、一言も喋らないまま悲しそうな眼差しをロゼリアに向けていた。