少女/女性漫画

「悪党の母になりました」ネタバレ57話!あらすじ・感想を紹介!チェイド家の本当の家族

ピッコマ独占配信の人気コミック「悪党の母になりました」。

「続きが気になる!」
「ロゼリアはどうなる?!」

こちらでは「悪党の母になりました57話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

前回のあらすじ

前回は、深夜にロゼリアの部屋にやって来たアインが、いきなり大号泣し始めました。

「僕を嫌いにならないでください」と言いながら、体を震わせて弱々しく泣きじゃくるアイン。

その姿を見たロゼリアは、自分の努力が決して無駄ではなかった事に気づき、本当の家族になるためにもう一度やり直そうと決意しました。

その翌朝、久し振りに部屋を出たロゼリアは、アイン・カシウスと共に3人で朝食をとり、いつもの日常生活に戻ります。

アインが以前のように素直に心を開いてくれるようになった今、残る懸念は夫との関係のみ。

カシウスから「今夜部屋に行っても良いか」と尋ねられたロゼリアは、きちんと二人で話し合って誤解を解こうと決心し、彼の頼みをすぐに了承しました。

【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

悪党の母になりました57話のあらすじネタバレ

落ち着かない距離感

カシウスと約束を交わした日の深夜。

一人で自室のテーブル席に座って待機していたロゼリアは、久し振りに彼と二人きりで話をするからか、ひどく緊張してソワソワしていました。

しばらくすると、コンコンとドアを2度ノックする音が聞こえ、驚いたロゼリアの体が思わず強張ります。

「私だが……入っても良いか……?」

ドアの向こうから聞こえてくるカシウスの厳かな声。

ロゼリアは最大限の勇気を振り絞り、彼を室内に招き入れます。

扉を開けて入室してきたカシウスの表情は、ロゼリアと同じように若干強張っていて、緊張しているのが明白でした。

まるで照れ隠しのように今日の出来事の雑談をしながらテーブル席に歩み寄ったカシウスは、そのままロゼリアの正面の席に座ります。

以前なら手を取り合って隣同士の席に座っていたのに、今は他人行儀に向かい合って座っている夫妻。

手を伸ばしても届かない距離にいるカシウスを見て、ロゼリアは実際の距離以上にお互いの心が離れているような寂しさを感じずにいられませんでした。

カシウスの告白

落ち着かなくなったロゼリアはすかさず立ち上がり、無言のまま彼の隣の席に座って猫のように自分の体を寄り添わせます。

カシウスは妻の子供っぽい行動を見てクスッと笑うと、無理して自分に気を遣わなくて良いと切り出しました。

「私の事なら大丈夫だ 私はお前にどんな事も強要したくないんだ」

寂しそうにそうつぶやくと、カシウスはゆっくりとした口調で自分の胸の内を語り出しました。

今まで自分はチェイド家の当主として、数え切れないほど多くの人間の命を奪ってきた。
そしておそらくこれからも、その行為は際限なく繰り返されるはず。

ロゼリアがそれを怖がっている事もよく分かっている。
だから、もしも嫌なら遠慮なく言ってほしい。
出来るだけ辛い思いをさせないよう努力するから……。

カシウスの告白を黙って聞いていたロゼリアは、不思議な気持ちに包まれていました。

彼の話の内容は想像するだけで身震いしてしまうほど残酷な事なのに、カシウスの不安げな表情が気になって恐怖の感情が薄らいでいくのです。

何より、妻を慰めようとする彼の不器用な優しさが伝わってきて、心地良い安堵感すら湧いてきます。

カシウスの懺悔の気持ちを受け取ったロゼリアは、「大丈夫です」とつぶやいて彼の手をそっと握り締めました。

「今まではほんの少し戸惑っていただけです……だから……これからもこうやって一緒に居させてください」

いきなり甘えるように抱きついてきたロゼリアを見て、思わず驚きの表情を浮かべるカシウス。

しかし、すぐにクールな笑顔に戻ると、そっと妻の体を抱き締め返しました。

「ロゼリア……今の言葉、後悔するなよ……?後から逃げてもダメだからな……?」

「はい……私はずっと貴方の傍にいます……」

穏やかな微笑みを浮かべて見つめ合った二人は、優しく口づけを交わして互いの気持ちを確かめ合いました。

ロゼリアの出した答え

アインやカシウスの本当の姿を知ってから、ロゼリアは心の中で一つの「決意」を固めます。

チェイド家の後継者として生まれ育ったアインスパナが、今さら自分の生き方を根本から変える事は不可能。

悪党の人生を歩めば敵対勢力がどんどん増えていき、いずれ追い詰められて悲惨な最期を迎えるのは確実です。

だったら、それらの攻撃からアインを守れば良い、と。

幸い、原作の小説の内容を熟知しているロゼリアには、この転生世界の展開をある程度予測可能です。

アインが危機に陥りそうな時に予防策を講じれば、平穏無事な未来を実現して家族を守りきれます。

ロゼリア・チェイドとしてこの世界にやって来た当初は、後に悪党として覚醒する息子から始末されないよう自分の命を守る事が奈希の目標でした。

しかし、チェイド家の本当の家族になった今、彼女の目指すべきものは大きく変わりました。

命をかけて、愛息子・アインを守り抜く。

それこそが自分の使命だと確信したロゼリアは、強い覚悟を持って生きていく事を心に誓ったのです。

チェイド家の人間として

とはいえ、感情論だけで理想の未来を手に入れられるほどチェイド家の宿命が甘いものではない事は、ロゼリア自身も十分に分かっていました。

そこでロゼリアは、ある日カシウスとアインを部屋に呼んで、どうしても聞いてほしい事があると切り出します。

彼女の思いつめた表情を見た二人は、「これ以上チェイド家の邸で暮らしたくない」と言い出すのではないかと思い、顔面蒼白になって固まってしまいました。

しかし、彼女の口から飛び出したのは、誰も予想しなかった重大発表でした。

「実は私も……チェイド家の人間として毒の耐性訓練を受けようと思うんです!」

「……!!!」

幼い頃から訓練を積んできた二人に比べれば、今の自分はあまりにも弱すぎて足手まといになってしまう。

もっと強くならなければならないと思ったロゼリアは、少しでも二人の役に立つために毒物の免疫獲得から始めようと思い立ったのでした。

しばらく無言のままロゼリアの顔を見つめていたカシウスとアインは、大きく溜め息をついて肩を落とします。

「……もうこの話はやめよう」

カシウスは真剣な表情で妻と向き合い、ロゼリア一人を守れない家門など滅びても仕方ないと答えました。

父親の意見に賛同し、「どんな事があっても母上だけは必ず僕が守る」と息巻くアイン。

二人は声を揃え、毒を飲むなんて二度と言わないでほしいと切望しました。

予想外の返答を聞かされたロゼリアは、思わず声をあげて笑ってしまいます。

こんなにも私のことを大切に思ってくれる家族がいるなら、これ以上何も言えるわけがないわ……。

ロゼリアは毒の耐性訓練参加を取りやめる旨を二人に伝えながら、今まで抱えていた悩みが全て消えていくような清々しさに浸っていました。

<前話 全話一覧 次話>

悪党の母になりましたを無料で読めるか調査した結果

「悪党の母になりました」はめちゃコミ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「悪党の母になりました」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

57話を読んだ感想

ロゼリア毒殺計画に端を発したチェイド家崩壊の危機は、どうにか無事に乗り切れたようですね。

考えてみれば、今までチェイド家を包んでいた平穏な日々は全てアインとカシウスの芝居によって成り立っていた砂上の楼閣であり、いつ崩れてもおかしくない危うさがありました。

けれども、チェイド家の残虐行為から目を逸らし続けてきたロゼリアが彼らの宿命を前向きに受け止めた今、もはや3人の関係に一分の隙もありません。

まさに「災い転じて福となす」の結果に終わり、いろんな意味でチェイド家は貴族達との戦いに勝利したと言えるのではないでしょうか。

それにしても、毒物摂取などの危険な訓練をやめさせる事ばかり考えていたロゼリアが、チェイド家の一員として自分も訓練に参加すると言い出した時は本当にビックリしました。

夫が抱えている血まみれの袋を見ただけで震えていた昔の彼女なら、到底考えられない決断です。

自分の価値観を相手に理解させるだけでなく、時には相手の価値観を理解してあげる事も良好な人間関係の構築に不可欠な作業。

ある意味ロゼリアは、チェイド家のメンバーの中で最も成長した人物なのかもしれません。

彼女の悲壮な決意を聞いて、ロゼリアは必ず自分たちが守ると誓ったカシウス・アイン親子のリアクションも素敵でした。

二人の反応を見ていると、これまで積み重ねてきたロゼリアの努力がちゃんと彼らの心に届いていたのだと分かってホッとしますね。

運命の道筋を変えられなくても、未来の結末は変えられるはず。

ようやくチェイド家の本当の家族になれたロゼリアなら、これからどんな困難が待ち受けていてもきっと乗り越えられる事でしょう。

第58話以降の展開がますます楽しみになってきましたね!

<前話 全話一覧 次話>

悪党の母になりました57話!まとめ

こちらでは57話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

悪党の母になりました57話のまとめ
  • 手を伸ばしても届かない距離にいるカシウスを見て、ロゼリアは実際の距離以上にお互いの心が離れているような寂しさを感じずにいられない様子。
  • いきなり甘えるように抱きついてきたロゼリアを見て、思わず驚きの表情を浮かべるカシウス。しかし、すぐにクールな笑顔に戻ると、そっと妻の体を抱き締め返すのだった。
  • 二人は声を揃え、毒を飲むなんて二度と言わないでほしいと切望。予想外の返答を聞かされたロゼリアは、思わず声をあげて笑ってしまうのだった。