少女/女性漫画

「悪役のエンディングは死のみ」41話あらすじ・ネタバレドナー夫人に怒った公爵は

ピッコマ独占配信の人気コミック「悪役のエンディングは死のみ」41話のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話のあらすじ

前回の40話で、エカルト家が狩猟大会に参加すると聞かされた主人公。

その話の最中に、出てきたデザートを運んできたのは、ドナー夫人でした。

ドナー夫人が嫌がらせの犯人だと気付いた主人公は、食器を床に払い落とし……。

悪役のエンディングは死のみ41話あらすじ・ネタバレ

おなかがすいて我慢できないと話す主人公

食器を払いのけると、公爵も兄たちも驚きました。

主人公は、スプーンがなくてデザートは食べられそうにないと話します。

話が終わったのなら、と食堂を出ようとする主人公。

しかし公爵は、久々の昼食だというのに、と答えました。

すると主人公は、おなかがすいて我慢できないと答えたのです。

子供みたいに食器の使い方が拙いのか食事が出来ない、と主人公は続けます。

主人公は、食事に手を付けていません。

使えない食器ばかりだったからです。

自分は食べていないから、使用人たちで食べられるだろう。

そう話すと、主人公は、エミリーにサンドイッチを用意してもらう、と言います。

他の家の子には、「石弓で殺す」とまで言ったペネロペ。

しかし家では、使用人たちにすら、やられっぱなしだったようです。

そんなペネロペに対し、主人公は「笑うことができない」と考えていました。

エミリーが運んできたものは……

部屋に戻ったペネロペですが、それほど空腹は感じていません。

気になるのは、兄たちの好感度です。

公爵の顔色をうかがうのに必死でした。

兄たちは攻略対象からは外しています。

死なない程度で維持できれば、と主人公は考えています。

ノックの音が聞こえます。

エミリーが食事を運んできたのです。

サンドイッチだけでなく、肉料理も用意されています。

それは、と聞くと、エミリーが、公爵の指示で作り直したのだと答えました。

また、執事長に頼んでおいた胃薬も、エミリーが運んでくれました。

ただし食事はしていないため、胃薬は不要です。

主人公は食事を下げるよう、エミリーに頼みました。

1日中、何も食べていない主人公をエミリーが気遣います。

すると主人公は、いまに始まったことではないと答えました。

今まで食べたもので、貴族の食事と言えるようなものなどなかったのです。

主人公も、やつあたりだとは分かっています。

エミリーのおかげで、今まで食事が出来ていたのです。

けっしてエミリーに不満があるわけではありません。

現実世界を思い出して暗い気持ちに

現実よりましなところなど、何もない、と主人公は考えています。

もとの世界でも、生活自体は豪華でした。

ただし、食事には、いつも不自由していたのです。

学校に行けば、食事をだめにされました。

家では家族と食事をしなかった主人公。

夜に冷蔵庫にあるものを食べようとしたところ、腐っていたこともありました。

ひとりで食べようにも兄が嫌がらせをしたのです。

いつも栄養失調と胃炎を抱えていたのです。

ペネロペのように一緒に食べていたら、空腹にはならなかったかもしれません。

それでもプライドから、家族と食事が出来なかったのでした。

暗い気持ちになった主人公ですが、気晴らしに散歩に行こうと立ち上がります。

ドナー夫人に怒った公爵は……

階段を下りていた主人公は、ペンネルに声を掛けられました。

イーストヒルに花火を見に行くのか、と聞かれます。

今年の花火は豪華なようですが、主人公は行かないつもりだと答えました。

するとペンネルは、公爵の指示で屋根裏部屋を片付けたと言います。

子供のころは、良く行っていた屋根裏部屋。

初めて来た年は、その部屋で花火を見たのです。

主人公は、屋根裏部屋のある3階には立ち入り禁止になっていると答えました。

それを聞いたペンネルは、ドナー夫人が解雇されたことを告げました。

ペネロペへの仕打ちに怒った公爵が、退職金もなく追い出したのです。

ただし、ドナー夫人は子爵家の出身。

それ以上の処罰は与えられていません。

それでも、公爵とデリックが雇用契約書と推薦状を燃やしたとのこと。

もう貴族の屋敷では働けないだろう、とペンネルは言い……。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

悪役のエンディングは死のみを無料で読めるか調査した結果

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

悪役のエンディングは死のみ41話を読んだ感想

テーブルに並んだ豪華な食事に、手を付けられなかった主人公。

それはドナー夫人からの嫌がらせでした。

ドナー夫人は、ペネロペが何も言わないと踏んでいたのでしょう。

ペネロペは食堂での嫌がらせに、ずっと耐えていたようです。

主人公の言う通り、余ったら使用人が食べられますね。

そのための嫌がらせだったのでしょうか。

随分と悪質なことをするものです。

そもそも使用人がすることとは思えません。

部屋に戻った主人公は現実世界を思い出しています。

現実世界でも食事には苦労していた主人公。

学校でも家でも食べられなかったとは。

あまりにもひどいですね。

現実世界での兄たちからのいじめが、最低だなと感じています。

せめて食事くらいさせてあげたらいいのに……。

思い出して気が沈むのも。無理はありません。

現実世界での主人公は1人暮らしを始めました。

そのため、戻っても食事は自由なはず。

とはいえ、過去を思い出すのは仕方のないことです。

出掛けないという主人公のために、屋根裏部屋を使えるようにした公爵。

やはりペネロペを気遣っているように見えます。

もちろん、ペネロペとの関係が悪い時期があったのも事実。

しかし、やはり変わってきているように感じます。

執事であるペンネルも、かなり態度が変わってきました。

最初の頃とは大違いです。

食堂での件で、主人公は直接的にドナー夫人を責めはしませんでした。

食器を使えない、おなかがすいた、と話しただけ。

しかし出てきた食器は調べればわかりますよね。

公爵とデリックはドナー夫人を解雇したようです。

しかも貴族の屋敷では、もう働けないとのこと。

これはかなり厳罰ですよね。

やはり以前より、家の人たちとの関係に変化があると感じます。

「ペネロペを信じない」ということがなくなったようです。

とても良い変化です。

少なくとも、食事での嫌がらせは減りそうです。

解雇と聞いたところで今回の話は終わりました。

主人公はどんな反応をするのでしょうか。

デリックやレナルドからの好感度も気になりますね。

食堂での事件によって下がっているのか、上がっているのか。

ドナー夫人を解雇したということはマイナスにはなっていないはず。

好感度がどう変化したのか、とても楽しみです。

悪役のエンディングは死のみ41話まとめ

こちらでは41話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

悪役のエンディングは死のみ41話まとめ
  • テーブルに並んだ豪華な食事に、主人公は使えない食器ばかりだったために手を付けられませんでした。それはドナー夫人からの嫌がらせでした。エミリーにサンドイッチを用意してもらうと言います。
  • エミリーがサンドイッチだけでなく、肉料理も運んできました。しかし主人公は食事を下げるように言いました。
  • 現実世界を思い出して暗い気持ちになった主人公は気晴らしに散歩に行こうとします。
  • ペンネルは、階段で主人公に声を掛けます。立ち入り禁止になっていた屋根裏部屋を公爵の指示で片付けたと言い、ドナー夫人が解雇されたことを告げました。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法