少女/女性漫画

「悪役のエンディングは死のみ」44話あらすじ・ネタバレ・料理長が食事を作り

ピッコマ独占配信の人気コミック「悪役のエンディングは死のみ」44話のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話のあらすじ

前回の43話で、屋根裏部屋に花火を見に来た主人公は、レナルドに責められました。

ペネロペは、子供時代に「イヴォンが戻らないように」と願っていたというのです。

公女や妹のように扱ってみたらというと、レナルドの頭上にある好感度が瞬き……。

【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

悪役のエンディングは死のみ44話あらすじ・ネタバレ

好感度が落ちて死んでも構わない

妹のように扱えば真似をするかも、という言葉にレナルドが表情を変えます。

主人公は、ただ思ったことを言っただけだと続けました。

嫌いな気持ちは、お互い様なのです。

主人公も、レナルドに対して良い感情は持っていません。

公爵家でも飢えることになるなら、公爵にはついてこなかったと主人公は言います。

何にレナルドが驚き、怒っているかなど主人公には分かりません。

いずれにせよ、もう、うんざりだと考えています。

「無一文で母親の葬儀も出来ずに飢えていたら、一緒に暮らそうと言われた」

「腐った死体の隣で雨水を飲んだことはあるのか」

「生きるために生ごみ同然のものを食べたことはあるのか」

そう主人公はレナルドに言います。

食べ残しでもいいから食事がほしいと願う日々には戻りたくなかったのだと主人公は説明します。

ただしゲームで詳細な説明があったわけではありません。

主人公は、口を閉じる気も、謝るつもりもありませんでした。

レナルドの頭上にある好感度は、すでに4パーセントにまで下がっています。

それでも「好感度が落ちて死んでも構わない」と主人公は考えていました。

それは行き場のない中で育ったペネロペのためでもあります。

主人公の言葉に動揺するレナルド

ペネロペ、とレナルドが名前を呼びました。

そこまで大変な思いをしてきたとは知らなかった、とレナルドが言います。

主人公の話を聞いたレナルドは、明らかに動揺していました。

「公爵をそそのかしてこの家に入ったと考えたんだろう」と言われた主人公。

そんなレナルドに「今からでも理解してほしい」と主人公が言います。

レナルドからネックレス泥棒に仕立て上げられたとき、ペネロペはまだ12歳の子供。

平民で、まだ字すら満足に読めなかったのです。

この家で追い出されても、また平民に戻るだけの話でした。

大きな花火が上がりました。

部屋の中は、花火の光で照らされています。

システムからの通知

そのとき、システムからの通知が届きました。

レナルドと「祭り見物」のクエストを達成したという知らせです。

まだ祭り見物のイベントが続いていたようです。

好感度は3パーセント上がりました。

さらに次のエピソードで石弓が支給になると知らされます。

レナルドの頭上にある好感度は17パーセントにまで上昇していました。

さきほどまでと、レナルドの表情が大きく変わっています。

「レナルドは自分を奴隷以下のごみくずのような気分にさせる」

そう言い残すと、ペネロペは屋根裏部屋を出ました。

レナルドが呼び止めますが、主人公は後ろを振り返りません。

死ぬ覚悟だったものの、結果的には好感度が上がりました。

ゲームに出て来ないペネロペの過去など知る訳もなく、でたらめです。

料理長が食事を作り……

ペネロペの前には、暖かい食事が並んでいます。

「早朝から料理長が直接作った」のだとエミリーが説明しました。

しかし、それでは、今までは別な人間が作っていたと聞こえると主人公は答えます。

その返事に、エミリーが戸惑っています。

しかし主人公は、エミリーを責めているわけではありません。

今まで自分のために頑張ってきてくれたのだろう、と主人公はエミリーに言いました。

味方は大切にするし、褒美も与えると主人公は続けます。

褒美など願っているわけではないとエミリーは答え、涙を流します。

そんなエミリーに、主人公は、食事が終わったらペンネルを呼ぶように言いました。

少し気になることがあるのです。

主人公は、イクリスのことを考えていて……。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

悪役のエンディングは死のみを無料で読めるか調査した結果

「悪役のエンディングは死のみ」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「悪役のエンディングは死のみ」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

悪役のエンディングは死のみ44話を読んだ感想

激怒しているレナルドに、ついに主人公は我慢の限界が来たようです。

主人公は怒鳴り散らすわけではなく、冷静に言い返していました。

ペネロペの詳細な過去など、主人公はまったく知りません。

そのため子供時代のペネロペの話については、でまかせです。

本当のことなど誰も知らないため問題はないでしょう。

貴族のレナルドは、食べるものに困った経験などありません。

しかし主人公は、現実世界では食事にさえ苦労していました。

ペネロペも、メイドの策略で食事は満足にしていません。

「この家でも満足な食事が出来ない」

その話は、昼食の件があった後だけに、かなり説得力があります。

平民の苦労を知らないレナルドには、衝撃的な話だったようです。

いきなり好感度が大きく上がりました。

苦労してきた、というところが良かったのかもしれません。

「死体の隣で雨水を飲む」

そんなことを聞かされては動揺してしまいますよね。

「もう死んでも構わない」とまで主人公は考えていました。

それも無理はないと感じます。

レナルドは顔を見るたびに攻撃的なのです。

現実世界の兄もレナルドのようなところがあります。

腹が立ってしまいますよね。

今回でレナルドとのクエストは達成となりました。

隠しアイテムは、なんと石弓です。

狩猟大会で使うことになるのでしょう。

レナルドは石弓で他の貴族令嬢と揉めた話をしていました。

石弓など入手して、大丈夫なのでしょうか。

また面倒なことにならなければ良いですね。

今度は豪華な食事が出てきたので、安心しています。

食べ物での苦労は、しばらくはしなくても良いでしょう。

主人公は、執事長のペンネルに話があるようです。

思い出していたのは、イクリスのこと。

レナルドは厳しい訓練をさせていると話していました。

ペンネルに確認を取るつもりなのでしょうか。

1人だけひどい扱いを受けているなら改善が必要ですよね。

しかしもともとイクリスは、かなり強いはず。

もう訓練ではなくペネロペの警護をさせても良さそうです。

イクリスとは全く接点がない日が続いている主人公。

このままでは好感度を上げることはできません。

そろそろ好感度を上げたいところですよね。

主人公はペンネルに何を話す気なのでしょうか。

悪役のエンディングは死のみ44話まとめ

こちらでは44話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

悪役のエンディングは死のみ44話まとめ
  • 主人公は、現実世界では食事にさえ苦労していたので食事がほしいと願う日々には戻りたくなかったのだと主人公は説明します。
  • 主人公の話を聞いたレナルドは、動揺していました。平民の苦労を知らないレナルドには、衝撃的な話だったようです。
  • 大きな花火が上がり、システムからクエストを達成したという通知が届きます。石弓が支給されます、レナルドの好感度は17パーセントにまで上昇していました。ペネロペは屋根裏部屋を出ました。
  • ペネロペの前には、豪華な食事が並びました。料理長が直接作ったとエミリーが説明しました。主人公は、食事が終わったらペンネルを呼ぶように言いました。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法