少女/女性漫画

「悪役のエンディングは死のみ」63話あらすじ・ネタバレ・狩猟大会を決行する理由

ピッコマ独占配信の人気コミック「悪役のエンディングは死のみ」63話のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話のあらすじ

前回の62話で、主人公は人々を救ったために公爵から「自慢の娘だ」と言われました。

そんな主人公が怪我をしていると気付きレナルドが薬を付けてくれます。

ありがとうと主人公はレナルドにお礼を言い……。

悪役のエンディングは死のみ63話あらすじ・ネタバレ

魔物騒ぎがあっても狩猟大会を決行する理由

お礼を言われたレナルドは顔を赤らめました。

礼なんかいらない、とレナルドは言います。

そのままレナルドは立ち去ってしまいました。

チカチカと好感度が瞬き、31パーセントに上昇。

狩猟大会に向かう主人公の服装を見て、エミリーが驚いています。

主人公は狩猟服を着たのです。

参加はしなくても一応狩猟大会なのだと主人公は答えました。

石弓も持っていくつもりです。

昨晩の事件で無理をした主人公を、エミリーは心配しているのです。

主人公は、女性・子供向けに小動物を放ったエリアに行く気でいました。

お茶会に参加するだけではつまらないのです。

……朝食の席でのこと。

昨晩の事件があったのに狩猟大会が開催されると聞いて主人公は驚きました。

他国からの客人もいます。

大会を中止したとなると、帝国の威信に傷が付いてしまうのです。

公爵は、些細なことを気にしすぎると軽く見られるのだと言いました。

さらに遅くまで取り調べをしたデリックをねぎらいます。

ドロテア伯爵夫人からペネロペあてに使いが来たとのこと。

開会式の時に開かれるお茶会へのお誘いです。

そろそろ主人公も、同年代の友達を作るべきだと言うのです。

「勇敢な姿に惚れた男たちの獲物により、クイーンになるかも」

そう公爵は続けました。

狩猟大会のルールとは?

ノーマルモードではくわしい話が登場しません。

しかし主人公はメイドから話を聞いていました。

狩猟大会は性別に関わらず参加が可能。

最終日に「獲物の数と種類」で点数を付けて優勝者が決まるのです。

ただし自分が獲った獲物以外も点数になります。

そこで男性たちは気に入った女性に、自分の獲物を捧げるのでした。

求愛の一種とはいえ生々しい、と主人公は感じています。

するとデリックが公爵を制しました。

期待して調子に乗ると騒ぎを起こしかねないと言います。

やっと人間らしくなったのに、というデリック。

しかし主人公は、クイーンになど興味がありません。

ウサギくらいは、と考える主人公

お茶会とはいえ森の中でドレスを着たくはない、と主人公は考えています。

賞金をもらってかえるとイクリスに約束したことから、ウサギくらいは……と考えていました。

公爵たちが主人公を待っています。

しかし狩猟服を着ている主人公に公爵が驚いています。

着飾ってくるよう公爵が話していたからです。

小動物の狩場を確認したいのだと主人公は答えました。

デリックのせいだと気付き、公爵は咳ばらいをします。

改めて公爵は自分の話を覚えているかと主人公に耳打ちしました。

腹が立ったら人目に付かない場所で石弓を撃てという話です。

もちろん、と主人公は笑顔を見せました。

……森の中にいってみると、そこにはドレスを着た女性ばかり。

考えてみれば女性用の狩猟服もない世界なのです。

ペネロペからの贈り物に嬉しそうな公爵

狩猟大会が始まり、公爵が最前列へ。

やはり序列が優先されるようです。

公爵の隣にいるのは、なぜかヴィンターでした。

美形であるヴィンターは周囲の噂の的になっています。

昨年は参加していなかったとのこと。

そんなヴィンターは、最前列にいる公爵に声を掛けました。

久々だと言われたヴィンターは、狩りは性に合わないのだと笑顔を見せます。

公爵はヴィンターに結婚はまだなのかと聞きました。

ヴィンターの父親は、公爵の親友だったのです。

若いのに侯爵家を支えるヴィンターのことを公爵は気に掛けています。

そんな公爵に、ヴィンターは「特別な贈り物」をもらったようだと答えました。

主人公が贈ったアミュレットのことです。

褒められた公爵は嬉しそうに笑うと「娘は見る目がある」と主人公を褒めました。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

悪役のエンディングは死のみを無料で読めるか調査した結果

「悪役のエンディングは死のみ」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「悪役のエンディングは死のみ」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

悪役のエンディングは死のみ63話を読んだ感想

今回ようやく狩猟大会のルールが明らかになりました。

男女問わず参加が可能で、最終日には獲物の数と種類で優勝者が決まります。

その獲物は自分が獲ったものでなくても構わないとのこと。

「狂犬」とまで言われたペネロペに贈り物が来るかは不明です。

ただし今回は活躍しているため、誰かから贈り物があるかもしれませんね。

レナルドは相変わらずです。

前回の狩猟大会で、ペネロペは騒ぎを起こしました。

そのため警戒しているように見えます。

中身が違うことは知らないのです。

そう考えると無理はないかもしれません。

主人公とは違い、周囲の女性はドレスで着飾っています。

自分で狩りをすることはないのでしょう。

ドレスと宝石が好きだったというペネロペ。

ペネロペも、同じように着飾っていたのかもしれませんね。

公爵からもらった石弓の玉は特別なもの。

魔法が掛かっていて、当たると相手には電撃が落ちて記憶を失います。

皇太子以外には使う理由もないはずですが……。

ペネロペほどではないものの、主人公も比較的短期です。

そう考えると、もしかしたら石弓を使うかもしれませんね。

今回新たに登場した事実が、もう1つ。

ヴィンターの父親は、公爵の親友だったとのこと。

公爵のエピソードが出てくるのは珍しいですね。

もうヴィンターの父親は亡くなっているようです。

独身のヴィンターを公爵は気に掛けていました。

そんな公爵が身に付けたアミュレットに、ヴィンターが気付いています。

アミュレットをもらったのが、公爵はよほど嬉しかったのでしょう。

ここ数回、公爵はかなり主人公に優しいと感じます。

もちろん名声も関係しているはず。

しかし最初は怖いだけの公爵が、かなり変わりました。

この調子で公爵との関係が、ますます良くなると良いですよね。

なぜヴィンターが、イヴォンを連れてきたのか、ずっと気になっていました。

「父親の親友である公爵の娘だから」と考えれば納得は行きます。

ヴィンターは、きっとハードモードでもイヴォンを探しているのでしょう。

もしかしたら既にイヴォンを見つけているのかもしれません。

イヴォンが登場するのはペネロペが成人する日。

その日までに主人公は、ゲームをクリアできるのでしょうか。

悪役のエンディングは死のみ63話まとめ

こちらでは63話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

悪役のエンディングは死のみ63話まとめ
  • 魔物騒ぎがあっても狩猟大会を決行されると聞いて主人公は驚きました。ドロテア伯爵夫人から開会式の時に開かれるお茶会に誘われます。
  • 狩猟大会のルールが明らかになります。しかし主人公は、クイーンになど興味がありませんでした。
  • お茶会に狩猟服を着ている主人公に公爵が驚いています。小動物の狩場を確認したいという主人公でしたが、そこにはドレスを着た女性ばかり。
  • 狩猟大会が始まり、公爵はヴィンターから身に付けているアミュレットのことを話すと、嬉しそうにして主人公を褒めました。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法