少女/女性漫画

「甘い罠に溺れたら」3話あらすじ・ネタバレ追いかけてきてほしかった

めちゃコミックで読める「甘い罠に溺れたら」3話のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前話のあらすじ

前回は、沙耶が過去に抱えたトラウマの原因がわかる話でした。

沙耶をサークルへと勧誘した優悟は優しく、2人は付き合うようになります。

初めての彼氏であった優悟に対して、沙耶は身も心も捧げました。

しかし、幸せは突然終わりを告げます。

ある日、沙耶が家に帰ると見知らぬ女性が家を訪れていました。

部屋に入ると、優悟が他の女性と浮気している現場に遭遇です。

優悟は反省するでもなく、沙耶は数ある人の1人だと告げました。

過去のトラウマを思い返した翌日、沙耶の部署には新たな部長が就任します。

その人物が、沙耶にトラウマを植え付けた優悟本人だと発覚したところで終了しました。

甘い罠に溺れたら3話あらすじ・ネタバレ

動揺

衝撃を受けた沙耶とは対照的に、満は予想以上のイケメン登場に喜びます。

若くして部長になるエリートだと、優悟に対して高評価です。

沙耶は、なぜ再び優悟が自分の前に現れることになってしまったのかと焦ります。

二度と会うことはないと思っていたからです。

沙耶が動揺していると、満に声をかけられました。

課長が呼んでいると伝えられて、はっとします。

慌てて電話中であると答えた沙耶は、電話に戻りました。

電話の最中、過去の自分ではないと意気込み、動揺していないフリをすると心に決めます。

弱いところはみせないという想いでした。

なぜ

電話が終わり、課長の元にいく沙耶。

落ち着いた様子で、優悟に自己紹介を行いました。

それは、いかにも『初めまして』という挨拶です。

優悟は何かに気づいたのか、ふっと笑い挨拶を返しました。

互いの自己紹介が終わると、課長は沙耶にしばらくの間、優悟のアシスタント的な業務を依頼すると告げます。

一瞬驚き、冗談じゃないと思う沙耶。

なぜ自分が選ばれたのか課長に問います。

課長は笑って、他の女子社員では仕事にならないだろうと答えました。

課長の目線の先にいる女子社員は、こぞって目をハートにしています。

元凶

課長は大勢の女子社員をみた後で話を沙耶に戻し、沙耶ならば恋愛には興味ないだろうからと告げました。

課長の言葉を聞きながら、恋愛に興味がなくなった元凶が優悟だと心の中で叫びます。

沙耶の心境とは裏腹に、優悟は爽やかな様子で沙耶に「しばらくお願いできるかな?」と聞くのでした。

沙耶は優悟を「読めない男」だと思いつつ、しぶしぶ了承します。

文句

話が終わり自席に戻った後、改めて沙耶は冗談じゃないと呟きました。

隣では満が、沙耶を「羨ましい」と言って騒いでいます。

友里は、沙耶が普段吐くことのない毒を言っているので意外だと言いました。

騒いでいた満も同意して、友里は普段から文句ばっかりだと補足します。

「どういう意味か」と問い詰める友里と満のやりとりに、少し気が紛れて笑う沙耶。

思い出す

3人が話していると、優悟が沙耶に話しかけてきました。

「さっそく聞きたいことがある」と言う優悟に対して、「30分待ってほしい」と伝える沙耶。

優悟は沙耶に話しかけながら、机をトントンと叩きました。

その様子をみて、沙耶は過去の出来事を思い出します。

大学時代のとある日、同じ優悟と同じ講義を受けていた沙耶は机をトントンと叩く優悟を見ました。

視線に気づいた優悟は「どうした?」と沙耶に問います。

沙耶が教科書を忘れたと伝えると、一緒に見ようと言って教科書を共有したのでした。

偶然

忘れたい記憶を思い出し、沙耶は重い気持ちになります。

休憩にコーヒーを飲んでいると、優悟が話しかけてきました。

優悟は「まさか同じ会社にいたとは」と言い、また会うとは思っていなかったと続けます。

沙耶は自分のセリフだと思いました。

一生会いたくないと思っていた人物です。

沙耶が「この会社にいるとは知らなかった」と伝えると、優悟は「そうなの?」と驚きます。

その様子をみて少し苛立ち、まさか自分を追いかけてきたとでも思ったのか問いました。

優悟は沙耶に顔を近づけ、「追いかけてきてほしかった」と答えます。

優先度

その言葉に苛立ちが募る沙耶。

浮気現場での言葉を思い出し、聞き入れることができるわけがないと思います。

そして話がしたかったのなら、なぜ必死に自分を引き止めなかったのかと強く思いました。

強く引き止めなかった理由を、沙耶はこう考えています。

自分よりも浮気相手の方が、優悟にとって大切であった。

言葉の続き

過去を回想した後、沙耶は机を叩いて優悟に告げます。

昔のことは、いまさらどうでもいいという内容でした。

そして自分達は、少しの間を一緒にいただけの関係だと告げます。

優悟は少し間をあけて「お前は・・・」とだけ呟いた後、結局何も言うことなく去っていきました。

沙耶は、必死に優悟のことを忘れようとして生きてきたのです。

そこにいきなり登場した優悟。

優悟が最後に呟いた言葉の続きが気になり、なぜ突然現れて自分の心を乱すのだと思わずにはいられませんでした。

頼る

出来事から数日後、18時で定時の時間です。

沙耶が「終わらない」と呟くと、側にいた友里と満が声をかけてきました。

友里は沙耶が残業ばかりしていることを心配し、満は何か手伝いましょうかと提案します。

沙耶は2人に感謝した後、申し出を断りました。

今対応している仕事だけは自分の力だけで成功させたいのだと伝えます。

2人は顔を見合わせた後、友里が注意しました。

時には人に頼ることも大切で、何かあれば自分に言うように言います。

友里の言葉に改めて沙耶が感謝したところで、終了となりました。

<前話 全話一覧 次話>

甘い罠に溺れたらを無料で読めるか調査した結果

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

甘い罠に溺れたら3話を読んだ感想

沙耶の気持ちを考えると、おおよそ最悪な状況です。

何も知らない満は盛り上がっていますが、どこかのタイミングで沙耶の過去を知る日はくるのでしょうか。

友里は『過去のトラウマ男=優悟』とわかれば、強い味方となってくれる気がします。

一番辛い展開としては、何も知らない満が優悟に好意を寄せ、警告する沙耶と仲違いするという展開でしょうか。

まさか予想通りの展開になるとは思いませんが、想像すると辛すぎます。

この展開はないことを祈りましょう。

課長の命令で、優悟のアシスタントとなりました。

沙耶自身も言っていましたが、なんで自分が・・・と思いますね。

課長の言い分は理解できるのですが、沙耶がそうなった元凶が優悟だと知っている身としては、課長に対して「なんてことを命じてくれたのだ」と言わずにはいられません。

優悟に対して、動揺しているとみせまいと振る舞う沙耶は健気でした。

前回は、優悟が沙耶のことを覚えているか否かを予想していましたが、やはり覚えています。

仕方ないことですが、覚えているのか・・・と思ってしました。

沙耶の考えを読み取り、初対面のように挨拶をした辺りは空気が読めると感じます。

優悟の元から離れて友里達と話す場面では、友里と満の言葉から普段の沙耶の働き方を垣間見ました。

愚痴を言うことなく仕事に取り組むとは、すごいことですね。

そこに登場した優悟。

彼のしぐさに、過去の思い出がフラッシュバックする沙耶。

今後も優悟のしぐさや言葉で、幸せだった日々を思い出す場面があるでしょう。

その度に、最後は裏切られた瞬間を思い出すという最悪なセットです。

沙耶には是非、次の恋へと進んで優悟のことは忘れてほしいと思います。

それなのに、優悟は意味深な言葉を呟いて去っていきました。

沙耶でなくても「続きを言ってから去れ!」と思わずにはいられないでしょう。

浮気をしていた優悟にも、何か言い分はあるのかもしれません。

浮気の時点でアウトだとは思いますが・・・。

最後は優悟関係なく、友里が素敵な友人だと思えて終了します。

沙耶は優悟のアシスタント的な役割をもったので、次回も優悟は登場するでしょう。

どこかのタイミングで、少なくとも友里は沙耶と優悟の関係を知ると思われます。

次回がそのときなのか、もっと先で知ることになるのか・・・。

そのあたりを楽しみにしつつ、次を待ちましょう。

甘い罠に溺れたら3話まとめ

こちらでは3話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

甘い罠に溺れたら3話まとめ
  • 満は予想以上のイケメン登場に喜びます。沙耶が動揺していると、満に声をかけられました。
  • 課長が呼んでいると満は沙耶に伝えます。
  • 互いに自己紹介をします。課長は沙耶に優悟のアシスタント的な業務を依頼すると告げます。
  • 理由を聞くと課長は、沙耶ならば恋愛には興味ないだろうからと告げました。沙耶はしぶしぶ了承します。
  • 優悟は沙耶に話しかけながら、机をトントンと叩きました。沙耶は過去の出来事を思い出します。
  • 休憩時間に優悟が話しかけてきました。優悟と沙耶は同じ会社にいたとは知らなかったと言いました。
  • 過去を思い出した後、沙耶は自分達は少しの間を一緒にいただけの関係だと優悟に告げます。
  • 残業ばかりしているので友里と満は手伝おうと言いますが、沙耶は断ります。時には人に頼ることも大切だと友里が注意しました。友里の言葉に改めて沙耶が感謝しました。

<前話 全話一覧 次話>