少女/女性漫画

「甘い罠に溺れたら」5話あらすじ・ネタバレ優悟の大切な写真

めちゃコミックで読める「甘い罠に溺れたら」5話のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前話のあらすじ

前回は、沙耶と優悟の2人が中心のお話でした。

沙耶が1人での仕事に拘るのは、優悟に認められたいという想いからだったと発覚。

疲れがたまっていた沙耶は立ち上がった際に倒れそうになり、側にいた優悟が家まで送ることになります。

始めは1人で帰ると言い張っていた沙耶は、結局家の前まで優悟に送ってもらうことになりました。

最後は優悟が沙耶に、ゆっくり休めと伝えて去っていくところで終了します。

甘い罠に溺れたら5話あらすじ・ネタバレ

振り返る

ベッドで横になり、優悟のことを思い浮かべる沙耶。

昔とは違う・・・そう思いつつも、昔のことを思い出します。

帰り道、優悟が自分を下の名前で呼んだことを思い出し、名前を呼ぶなと思いました。

優悟は自分を裏切ったのだ・・・そう思いつつ、眠りにつくのです。

翌日、沙耶が会社に行くと友里と満が笑顔で挨拶してきます。

にやにやとした2人の様子から、優悟と一緒にいるところをみられたのではないかと心配する沙耶。

満が「実は・・・」と言うと、沙耶はぎゅっと目をつぶります。

心配は杞憂でした。

優悟の話ではあったものの、内容は優悟が部長に赴任して早々、契約が難航していたグローバルフーズという企業と新しく契約をとったという内容です。

思っていた話題と異なる内容で、きょとんとする沙耶。

満は「若くして部長というだけでもすごいのに」と言って盛り上がっています。

すると友里が、優悟について聞いた話をだしました。

実は、優悟が親会社の関係者だというのです。

沙耶は知らなかった真実に、驚きました。

友里は「噂だけど・・・」と言ってまとめますが、満はやっかみで変な噂がたっただけではと疑い気味です。

メッセージ

噂話がひと段落すると、満の興味は沙耶にうつりました。

話を切り出した時の沙耶の様子がおかしかったことを指摘して、くいつきます。

沙耶は「驚いただけ」と誤魔化して、朝礼が始まると話を打ち切りました。

仕事にもどり、メールを確認する沙耶。

添付ファイルを開くと、内容は自分がやりかけていた企画書でした。

思った通りに仕上がっていると不思議に思いつつ読み進めると、ファイルの末にはメッセージが入っています。

「無理はしないように」。

それは優悟からのメッセージでした。

優悟は沙耶を送り届けた後、会社に戻り企画書を進めていたのです。

なぜそんなことをしたのか疑問に思う沙耶。




盛り上がりの中心

沙耶が疑問に感じていると優悟が会社に着いたようで、社員が新しい契約の成立に盛り上がっています。

優悟を中心に盛り上がる様子に、沙耶は大学生の頃を思い出し、あの頃と同じだと思いました。

しばらく様子を見ていると、優悟は首の裏をかきます。

それを見た沙耶は、疲れているときの癖だと思いました。

忘れたいと思いつつ、優悟の仕草や言動で過去を思い出す沙耶。

お礼

休憩でコンビニに来た沙耶は、とある商品に目がとまりました。

それはチョコレートで、優悟が学生のときに好きだったものです。

学生の頃、優悟は食事を忘れるほどに写真に熱中していました。

そして今は、それを仕事にまでしているのだと思いながら、沙耶はチョコレートや栄養ドリンクをカゴにいれます。

会計の際、なんで自分が優悟を心配して色々買うのかと呟くのでした。

会社にもどり、沙耶はコンビニで購入したチョコや栄養ドリンクを、そっと優悟のデスクに置きます。

様子がおかしい

席に戻り、さっきのはただのお礼だと自分に言い聞かせる沙耶。

そこに、水田が話しかけてきました。

水田は、オンライン会議の準備は大丈夫かと沙耶に聞きます。

沙耶は大丈夫と言って、今は資料の最終チェックだと説明しました。

水田はじっと沙耶を見つめると、優悟との仕事で無理をしているのではないかと心配を口にします。

前日の帰りが遅かったことも指摘して、顔色が悪いと伝えました。

沙耶は慌てて「大丈夫」と答えます。

水田は、それならいいけど・・・と言いつつ、優悟と話すときの沙耶は雰囲気がいつもと異なると印象を伝えました。

どきっとする沙耶は、気づかないうちに優悟に対して変な態度を取っているかもしれないと焦ります。

沙耶が焦る様子は顔にでており、水田は「そんな顔しないでほしい、余計に勘繰りたくなる・・・」と呟きました。

呟きが聞こえた沙耶は、どういう意味か聞こうとしましたが、水田は話題を変えます。

大切な写真

沙耶のパソコンに写った写真を指して、いい写真だと褒めました。

水田は「部長が撮ったらしいね」と話し、それを知らなかった沙耶は驚きます。

水田は「確か・・・長野で撮った大切な思い出の写真らしい」と、聞いた話を伝えました。

「大切」という言葉で、沙耶の頭には優悟から告白された夜景の綺麗な場所が思い浮かびます。

なぜあのときの写真を大切に思っているのか・・・答えは見つからないままでした。

相席の誘い

写真の謎が気になり、沙耶は心ここにあらずという状態です。

友里と一緒に昼食を食べていた沙耶は、友里から「会議を控えて緊張しているのか?」と心配されました。

沙耶が答えを濁すと、友里は「最近沙耶の様子が変だ」と指摘します。

そして、悩みがあるなら自分に聞かせてほしいと頼みました。

沙耶が友里に全てを打ち明けようとしたとき、誰かが相席を求めてきたところで、終了となります。

<前話 全話一覧 次話>

甘い罠に溺れたらを無料で読めるか調査した結果

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

甘い罠に溺れたら5話を読んだ感想

否定しつつも、優悟のことをずっと思っている沙耶です。

忘れようと思って、逆に強く思い出に残るパターンですね。

翌日、友里と満がにやにやしていたときは、沙耶と同様に前日の様子を誰かに見られていたと思いました。

違ったみたいですけど、そのうちありそうな気もします。

今回は噂レベルではあるものの、優悟が親会社の関係者説が登場しました。

実力はあるのでしょうが、若くして部長というポジションも鑑みると、ありえる気もしますね。

話は変わって、企画書です。

優悟が少しかっこよく思ってしまいました。

沙耶を送った後、会社に戻って企画書を仕上げています。

沙耶の家に着いた時点で0時をまわっていましたから、夜中に作業したのですね。

最後のメッセージがにくいけど、かっこいい・・・。

コンビニで文句を言いながら、チョコや栄養ドリンクを買う沙耶は可愛かったです。

今にはじまったことではないですが、優悟のことをかなり覚えていますね。

全てを捧げてもいいと思った恋人ですから、当然かもしれないですが・・・。

そして最後は、でました水田先輩。

1話で女性社員から騒がれていましたが、完全に優悟に話題を持っていかれたイメージのある水田です。

相変わらず爽やかな印象を抱かせる人ですね。

正統派なイケメンという感じがします。

沙耶のことをとてもよく見ていますし、むしろ沙耶に対して好意がありそうな感じが強いです。

優悟と付き合っていたことといい、沙耶実はもてますね・・・。

水田が言った「勘繰りたくなる」というセリフ、わざと聞こえるように呟いたとしたら、かなりあざといです。

実際のところはわかりませんが、あざといのか水田・・・気になります。

誤魔化された先で話題に上がった写真は、沙耶にとっても思い出の写真でした。

ちらほらと、優悟が沙耶との思い出を大切に思っていそうな描写があることは気になります。

最初はただ、優悟が最低な男という印象が強かったですが、もしかしたら何か事情があったのかもしれない・・・そんな風に変わってきた気もするのだから驚きです。

水田はあざといのか、優悟の浮気には事情があったのか・・・色々とキャラクターの心情を予想しながら、次の話を待ちましょう。

甘い罠に溺れたら5話まとめ

こちらでは5話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

甘い罠に溺れたら5話まとめ
  • ベッドで横になり、昔のことを思い出します。否定しつつも、優悟のことをずっと思っている沙耶です。
  • 友里が、実は、優悟が親会社の関係者だという噂話をします。
  • ファイルの末には優悟から「無理はしないように」。とメッセージが入っていました。沙耶を送った後、会社に戻って企画書を仕上げていました。それを疑問に思う沙耶でした。
  • コンビニで沙耶は、チョコレートを見て、優悟が学生のときに好きだった事を思い出します。会社にもどり、チョコや栄養ドリンクを、そっと優悟のデスクに置きます。
  • 席に戻り、水田が話しかけてきました。仕事で無理をしているのではないかと心配します。
  • 水田は沙耶のパソコンに写った写真を褒めました。水田は部長が長野で撮った大切な思い出の写真らしいと伝えます。沙耶は優悟から告白された場所が思い浮かびました。
  • 友里は「最近沙耶の様子が変だ」と指摘し、悩みがあるなら聞かせてほしいと頼みました。

<前話 全話一覧 次話>