少女/女性漫画

「甘い罠に溺れたら」6話あらすじ・ネタバレ自然なやりとり

めちゃコミックで読める「甘い罠に溺れたら」6話のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前話のあらすじ

前回は、優悟に送り届けてもらった翌日のお話でした。

にやつく友里達に、優悟と一緒にいるところをみられたかと焦る沙耶。

そんなことはなく、新規で契約をとった優悟をすごいと騒ぐものでした。

話の中心にいる優悟の姿に、学生時代から変わらないと思う沙耶。

昔からの癖で、優悟が疲れていると感じた沙耶は、優悟の為にチョコや栄養ドリンクを購入し、そっと優悟の席に置きました。

席に戻った後は、水田と話す様子も描かれます。

最後は食堂で昼食をとる沙耶と友里のところに、誰かが相席を求めたところで終了しました。

甘い罠に溺れたら6話あらすじ・ネタバレ

同じ

相席を求めてきたのは優悟と水田で、食堂内はざわつきます。

一拍あけて友里が許可したので、沙耶は慌てました。

友里は「予約ではないのだから」と言って聞く耳をもちません。

友里の許可を得て、席に着こうとする2人。

優悟が沙耶にスペースを開けるよう頼むと、沙耶は「まさか自分の隣!?」と慌てます。

優悟は友里の隣に座ると思ったので、「なぜだ・・・」と思わずにはいられない沙耶。

優悟の昼食は、きつねうどんでした。

友里は優悟の昼食が沙耶と同じだったので、「一緒ですね」と話題を振ります。

自然なやりとり

優悟は昼食前にチョコを食べたらしく、「軽く済まそうと思った」と友里に答えました。

「メニューが沙耶と一緒とは思わなかった」と付け加えると、沙耶は急に名前を出されて勢いよくむせます。

優悟は慌てる様子もなく、「なにむせている」と言って水を差しだしました。

差し出された水を、嫌な顔で見つめる沙耶。

優悟が「まだ口をつけていないから意識するな」と笑うと、沙耶は「意識なんてしていない」と言い返しました。

友里と水田は2人のやりとりを、ぽかんとした様子で見つめます。

苦手

話に加わるように水田が、優悟に問いかけました。

「甘いものを食べるのですね」と聞かれた優悟は、「5年ぶりくらいだ」と答えます。

実は甘いものは苦手で、自分で買うことはないと続けると、友里は「なぜ5年」という部分に反応しました。

優悟の言葉を聞く沙耶は学生時代を思い出し、かつては美味しそうに食べていたはず・・・と疑問に思います。

昔話

友里の言葉に対して優悟は、当時好きだった女の子に話を合わせる為、本当は苦手なチョコを好きだと言ってしまったと話しました。

チョコは、その子といるときに食べていたと説明します。

友里は優悟の可愛い時代に笑い、水田は今の様子からは想像ができないと笑いました。

しかし、それを聞いて穏やかでないのは沙耶です。

過去の話をいい思い出のように話す優悟に苛立ち、準備があるのでと言って席を立ちました。

動揺

化粧室に入った沙耶は、鏡に映る自分の顔に悲しい気持ちになります。

別れたときよりも大人になったはずなのに、優悟の言葉や仕草に気持ちが揺さぶられる・・・。

しばらく鏡を見つめた沙耶は大きく息を吐き、切り替えるように独り言を言います。

もうすぐ大事な会議だから、しっかりして自分。

男に気を取られている暇はない。

化粧室から出て席に戻ろうとした沙耶は、廊下の曲がり角を曲がったところで優悟と出くわします。

第三者

優悟は開口一番で「やっぱりここにいた」と告げました。

今まで優悟のことで乱されていた沙耶は一瞬固まった後、頭を下げて優悟の横を通り抜けようとします。

しかし優悟は、沙耶の手を掴み止めました。

チョコは本当に嬉しかったと話し、食堂で過去の話を持ち出したことを謝罪する優悟。

沙耶は、学生時代も嫌いだったなら言えばよかったのにと返します。

優悟は、学生時代は沙耶に嫌われないように必死だったと説明しました。

そして、沙耶が今日コンビニで買ったチョコも全部食べたと伝え、感謝します。

沙耶は絞り出すように「無理しなくてもよかったのに」とだけ答えました。

優悟は沙耶の表情をみて安心したのか、ふっと笑って手を放し「会議頼むな」と言って去ります。

放された手には、沙耶のよく知る香りがついており・・・。

そんな2人の一部始終を、向かいのビルから水田が見ていたとわかるところで終了となります。

<前話 全話一覧 次話>

甘い罠に溺れたらを無料で読めるか調査した結果

「甘い罠に溺れたら」はめちゃコミ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「甘い罠に溺れたら」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

甘い罠に溺れたら6話を読んだ感想

優悟か水田の片方ではなくて、まさかの2人が登場でした。

これは予想外で驚きです。

隣に座られたときの沙耶の反応は、自然なものでしたね。

沙耶がむせたときの優悟の反応は、付き合いの長さを感じさせるものです。

水田でなくても、何か気づきそうに感じますが・・・。

優悟が部長になるまでの沙耶は、落ち着いて淡々と仕事をこなしているイメージだったので、優悟と声を荒げて話す様子に唖然としそうなものです。

5話では、沙耶の言葉から優悟はチョコ好きと思っていましたが、違いましたね。

苦手なのに、沙耶に合わせて好きと言っていたなんて・・・。

本当に浮気さえなければ、いい男に感じてしまいます。

沙耶としては、5年越しのカミングアウトに驚いたことでしょう。

化粧室での動揺も納得でした。

そして後半、化粧室からでた後は見どころです。

「やっぱりここ」と言って待ち伏せていた優悟。

付き合っていた頃にも、似たような場面があったのでしょうか。

少し気になりますね。

話すことはないと去ろうとする沙耶の手を掴んでまで何を話すかと思えば、チョコの感謝や大学時代は必死だったという話です。

今回の言葉だけ聞くと、当時の優悟は沙耶をかなり好きだったと感じますが・・・。

話が進むほどに、優悟が『なぜ』浮気をしていたのかが不思議ですね。

優悟とわかれた後、沙耶は手に残った香りを気にしていました。

もしかしたら、付き合っていた頃に沙耶が薦めた香水を、今でも使っているという感じの展開でしょうか。

次の話で、ぜひ解明してほしいところですね。

そして最後、これは冒頭で優悟と水田が登場したことよりも衝撃でした。

2人の様子を、水田がみています。

背景の描写から、中庭か何かのスペースをはさんだ先の窓から見ていたので、会話は一切聞こえていないはずです。

つまり水田視点からみると、優悟の横を通り抜けようとした沙耶を優悟が手を掴んでとめて、何か話し込む様子だけがわかっている状態・・・。

水田が沙耶に対して好意を抱いている点は、おそらく間違いないでしょう。

そう考えると、心中穏やかではないはずです。

過去の恋愛でざわつく沙耶と、今の恋でざわつく水田・・・。

今後、恋の行方がどこにむかうのか気になりますね。

次回はおそらく、大事な会議の様子が描かれると思われます。

そこでもひと騒動あるのか・・・そこはすっと流れて、他に何か起きるのか、先の展開を色々と予想しながら、次の話を待ちましょう。

甘い罠に溺れたら6話まとめ

こちらでは6話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

ここにタイトルを入力
  • 優悟と水田が相席を求めてきました。友里が許可して2人は座ります。友里は話題を振ります。
  • 優悟と沙耶の自然なやりとりを見て友里と水田は、ぽかんとした様子で見つめます。
  • 優悟は、本当は苦手なチョコを好きな女の子に合わせるために好きだと言ってしまったと話しました。それを聞いた沙耶は席を立ちました。
  • 化粧室に入った沙耶は、大きく息を吐き、落ち着かせます。席に戻ろうとした沙耶は、優悟と出くわします。
  • 通り抜けようとしますが、優悟は沙耶の手を掴み止めました。2人の一部始終を、向かいのビルから水田が見ていました。

<前話 全話一覧 次話>