少女/女性漫画

甘い罠に溺れたら9話あらすじ・ネタバレ・会議室で2人きり

めちゃコミックで読める「甘い罠に溺れたら」9話のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前話のあらすじ

前回は、歓迎会のお話でした。

勢いよく酒を飲んでいた沙耶は気分が悪くなり、先に帰ります。

友里が一緒に帰ることを提案しましたが、沙耶は満の面倒を任せて1人居酒屋を後にしました。

店をでると酔いがまわり、しゃがみ込んでしまった沙耶。

そこに現れたのは水田でした。

水田は沙耶を心配しつつ、優悟との関係を尋ねる場面もあります。

2人がタクシーに乗り込み、優悟が慌てて居酒屋の外へ飛び出したところで終了です。

甘い罠に溺れたら9話あらすじ・ネタバレ

克服の一歩

優悟がエレベーターに乗っていると、閉りかけた扉に慌てて乗り込んでくる女性がいました。

ギリギリで間に合った女性は沙耶で、待ってくれた優悟に感謝します。

一方で優悟は、突然登場した沙耶にどきっとしました。

エレベーターの中、沈黙が続きます。

沙耶は今日、過去のトラウマを吹っ切る為に可愛い服を着てきたのです。

しかし、最初に出会ったのが優悟という現実に、ついていないと思いました。

勝利

ついていない以上に、気まずさに耐えきれなくなった沙耶は、優悟に話しかけます。

前の会議で指示のあったモデルに関して、追加で候補者がでたから確認してほしいという内容でした。

予算等の話を続けようとする沙耶ですが、優悟によって遮られます。

まっすぐ沙耶を見つめる優悟の瞳。

その瞳に、過去を乗り越えようと思う沙耶の心は揺らぎます。

しかし、いい加減に前に進むと思い直し、目を離さない沙耶。

少しの間見つめ合いが続いた後、優悟はふいっと視線を外し、モデルの話はデスクに着いた後で話そうと言うのでした。

目的の階に着き、先に降りていく優悟。

沙耶は、先に目をそらしたのは優悟だから、自分の勝ちだと喜びます。

しかし不安もあり、「これでいい・・・」と自分自身に言い聞かせるのでした。

契約

エレベーターでの一件があり、沙耶は自分と優悟が『上司と部下』という関係に戻ることができたと感じます。

しばらく日数が経過し、遂に続いていた交渉が実を結び契約へと至ったのです。

契約が締結となった後、満は「今日こそ祝杯?」と言って喜び、友里が「まだ水曜」だと言って窘めます。

沙耶と水田は会議室へと残り、資料の片づけをしていました。

しかし沙耶は「自分がやるから」と言って、水田を先に会議室から出します。

一人会議室に残って資料を片付ける沙耶。

沙耶は今回の仕事に満足していました。

全て1人で・・・というわけにはいかなかったものの、自分の力で契約を勝ち取ることができたからです。

手を貸してくれた優悟にもお礼を言わなければと思います。

2人きり

そのとき、「お疲れ」と言って沙耶に声をかける人物が現れました。

それは優悟でした。

今まさに「優悟にお礼を・・・」と思っていた沙耶は、いきなり背後から優悟に声をかけられたことにどきっとします。

振り返りつつ、いきなり声をかけられて驚いたと答える沙耶。

優悟の顔は少し複雑といった表情を浮かべており、沙耶は「何かありました?」と言って優悟に近づきます。

すると優悟は、「どうして最近、そんな顔を自分に向ける?」と言いました。

言葉の意味がわからず、聞き返す沙耶。

優悟は廊下を少しみた後、扉を閉めてしまいます。

会議室で2人きりとなる優悟と沙耶。

原因

優悟の行動に慌てる沙耶。

「いきなり何を・・・」まで言ったところで優悟の顔をみた沙耶は、彼が怒っているように感じました。

戸惑う沙耶に優悟は、「そんな顔とは作り笑顔のこと」だと話します。

優悟は、以前の沙耶は自分を憎むような目で見ていたと言葉を続けました。

優悟の剣幕に対して、怖いと感じる沙耶。

優悟は沙耶の様子は気にせず言います。

原因は、水田と付き合ったからかと・・・。

ひどい言葉

「水田と付き合った」という言葉に、沙耶は勢いよく「違います、水田と付き合っていません」と答えます。

沙耶の言葉を聞き、「往来で付き合っていない男性と抱き合う女になった」と言う優悟。

優悟は明らかに、歓迎会でみた沙耶と水田の後ろ姿を指しているのでした。

沙耶は「みられていた・・・」と思いつつ、ぐっと手に力を込めます。

手を握りしめ、「ひどい言い方ですね」と優悟に言い返して睨みつけたところで、終了となります。

<前話 全話一覧 次話>

甘い罠に溺れたらを無料で読めるか調査した結果

「甘い罠に溺れたら」はめちゃコミ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「甘い罠に溺れたら」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

甘い罠に溺れたら9話を読んだ感想

歓迎会の後、水田と沙耶のやりとり・・・もしくは、休日の様子でも描かれると思っていましたが、異なりました。

もしかしたら歓迎会の次の日は、普通に仕事だったのかもしれません。

元気ですね。

エレベーターで沙耶に会って、どきっとした優悟。

水田とタクシーに乗り込むシーンをみたからかとも考えましたが、シンプルに可愛い服装を着た沙耶に、どきっとしたのかもしれませんね。

沙耶のことを好き疑惑のある優悟なら、少し納得してしまう様子でした。

沙耶は沙耶で、形から入るタイプですね。

過去と決別する為に、まずは服装から変えていくスタイル。

友里はともかく満あたりは反応しそうですが、今回はそういった場面が描かれることはありませんでした。

今後、触れられる場面があるかもしれませんね。

エレベーターの中で見つめ合ったとき、先に目を背けたのが優悟でした。

些細なことですが、勝ったと喜ぶ沙耶の様子は可愛らしいものです。

エレベーターでの一件から、おそらく何日か経過して、遂に契約できました。

恋の行方とは関係ないですが、契約が上手くいったのはよかったですね。

祝杯と言って飲み会を開こうとする満は、言いそうだなと感じてしまいました。

会議室に沙耶と水田が残ったときは、何か始まるかも・・・と思ったのですが、何も起こりません。

水田は歓迎会終わりの一件以来、特にアクションを起こしていないようですね。

残念なような、ほっとするような感じがあります。

1人会議室で資料を片付けながら、自分の仕事に満足しつつ、最後は「優悟にお礼を言わないと」というところで、考えがまとまりました。

「優悟に認めてもらいたい」と過去の話で言っていましたが、沙耶の根底にはいつも優悟がいると感じさせる描写ですね。

だからこそ、会議室に登場した優悟には「きた!」と思ってしまいました。

何を言うかと思いきや「作り笑いよりも憎しみを向ける顔がいい」的な内容のことを話します。

今後の展開で正しいかはわかりませんが、優悟が浮気をした理由が判明したかもしれません。

優悟は沙耶のことが好きで、沙耶には何よりも自分のことを想ってほしいと考えていると仮定します。

そして、『想う』という気持ちは『好意』でなくてもよいとしました。

『浮気した自分のことを憎んで忘れない=自分のことを強く想ってくれている』そのように優悟が考えたと仮定すると、すべてが繋がる・・・気がします。

この予想が当たっていた場合、優悟はかなりこじらせてしまった危ない人と言わざるを得ません。

優悟の気持ちを予想しておいて変な話ですが、これは外れていることを祈りましょう。

最後は、沙耶がきっぱりと言い返したところで終了しました。

今までの沙耶にはなかった反応に思います。

これに対して優悟がどのような対応するのかが、次回は注目なポイントですね。

楽しみにしながら、次の話を待ちましょう。

甘い罠に溺れたら9話まとめ

こちらでは9話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

甘い罠に溺れたら9話まとめ
  • 沙耶は過去を吹っ切る為に可愛い服を着てきましたが、しかし、優悟に最初に出会ってしまいついていないと思いました。
  • 沙耶は、優悟に話しかけますが、優悟は沙耶を見つめます。優悟は目的の階に着き、先に降りていきます。沙耶は、優悟が先に目をそらしたのは、自分の勝ちだと喜びます。
  • 続いていた交渉が契約へと至ります。一人会議室に残って資料を片付ける沙耶は、手を貸してくれた優悟にもお礼を言わなければと思います。
  • 優悟が「お疲れ」と沙耶に声を掛けます。会議室で2人きりになります。
  • 優悟は、作り笑いよりも憎しみを向ける顔がいいと言います。原因は、水田と付き合ったからかと続けます。
  • 沙耶は、水田と付き合っていませんと答えます。付き合っていない男性と抱き合う女になったと言う優悟に対して、沙耶は言い返して睨みつけます。

<前話 全話一覧 次話>