少女/女性漫画

ある日、お姫様になってしまった件についてネタバレ84話!あらすじ感想

異世界ファンタジー「ある日、お姫様になってしまった件」。

悲運の御姫様!?夢みたいな世界じゃないの

こちらでは「ある日、お姫様になってしまった件 84話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

前話のあらすじ

アナスタシウスは、ジェニットのブレスレットに魔法をかけて、陛下に更なるダメージを与えようとしています。

何も知らないジェニットは、そのままいつものようにアタナシアと陛下とお茶会を・・・。

泣きながら帰ってきたジェニットにアナスタシウスは・・・!?

ある日、お姫様になってしまった件について84話のあらすじネタバレ

ある日、お姫様になってしまった件について第84話のあらすじをお伝えします。

陛下に付き添うアタナシア

アタナシアは陛下にずっと付き添っていました。

陛下の容体も落ち着いたようなので、部屋で休むようにいうフィリックス。

リリーも心配そうにしていますが・・・ここにいるというアタナシア。

陛下が目覚めたらすぐにお伝えするので、少しでも休まれたほうが・・・。

その時ノックの音がして、ルーカスが入ってきました。

 

ルーカスはアタナシアに、姫様・・・私が部屋までお供します・・・行きましょう、姫様と言いました。

アタナシアにだけわかるように、「話があるからついこい」と話しかけました。

フィリックスは毒や魔法の痕跡もないそうですが、いったい何があったのでしょう・・・とつぶやいています。

ルーカスの塔に侵入した者が・・・!?

廊下を歩きながらアタナシアは考えていました。

いつも通りのティータイムだったのに、突然パパが血を吐いて倒れてしまったのです。

ルーカスはいきなりこれほど状態が悪化するはずがない・・・何かが介入したんだと考えています。

 

皇宮の魔法使いは何の痕跡もないって言ってたけれど・・・というアタナシアに。あいつらはまぬけだからだよ・・・かすかに魔力の波長が残ってたんだというルーカス。

アタナシアは驚いて、誰かの仕業って事なのかと尋ねます。

暗殺計画・・・皇帝ならば珍しいではないとルーカスは答えます。

 

犯人はまだわかりませんが、ルーカスの塔に侵入してきたやつと同じだと思うと・・・る

ルーカスの塔の魔道具をすべて壊して魔力を吸い取って言った・・・アタナシアとアタナシアのパパの世話があったから無視をしていた。

捕まえたらただじゃおかねぇ・・・目的はわからないけれど、ひょっとしたらお前の魔力の暴走も関係しているかもしれない・・・やり口が似てるんだというルーカス。

 

アタナシアは、何なのよ・・・暗殺だなんて理由は?

ルーカスも気づけないなら、またこういうことがあるかもしれないということなの?

何とかしなきゃ・・・そうじゃなきゃパパが・・・わなわな震えるアタナシア。

俺が守ってやるから・・・!?

ルーカスはそんなアタナシアをじっと見つめて、心配すんな・・・俺が守ってやるからといいました。

俺の塔だけに用事があると思っていたのに、泣いているアタナシアをみて・・・こうなると腹が立ってきたなと思うのです。

お前のパパは俺が見守っているから、とりあえず寝ろよ・・・寝てないだろとアタナシアのおでこにトンと指をつけました。

 

いや私も・・・と言ったアタナシアですがそのまま眠ってしまいます。

ルーカスは魔法であっという間に着替えさせいてアタナシアをベッドに寝かせて・・・おやすみと言って部屋を出ました。

動揺するロジャーにアナスタシウスが・・・!?

アルフィアス邸では、ロジャーが険しい顔をして聞き返していました。

「今、なんとおっしゃいましたか?」

クロードの命がもうすぐ尽きるから、入宮の準備をしろと言ったアナスタシウス。

 

ロジャーは混乱して、今なんと・・・と尋ね返します。

同じことを何度言わせるつもりだ?といわれて・・・何から聞けばよいのかわかりませんが・・・まずどうして突然陛下が亡くなるというのか・・・。

ジェニットに呪いを仕込んだ・・・死に至らせる呪いを・・。

ロジャーは呆然としています。

 

そして、そんなことが・・・できるのですか?

(今陛下を弑逆したと言っているのか?)

しかしなぜ今・・・あの時はなぜされなかったのですか?

王位継承権を争った時のことを思い出して言いました。

 

アナタシウスは、あの時はクロードも健康で・・・つけ込む弱点も・・・。

そこまで話した時、病で弱ったダイアナを思い出しました。

皇太子殿下・・・クロードを憎まないでくださいとお願いされたのです。

アナスタシウスはダイアナを見下ろして・・・何をしている早く殺せ・・・力を貸してやるから・・・またためらっているのか?と話しかけてきました。

 

どうせ亡くなるというのに、わざわざ俺の手を汚す必要はないだろう?と答えたのです。

同化が足りなくてからも弱かったのだと。

ロジャーは同化?と聞いていったいどういうものだと質問しようとしましたが、大切なのはそのことではないと気が付きました。

 

ここは話しておかなければいけないと決心したのか、ロジャーは一気に話し始めました。

入宮の準備といいましたが、陛下が突然亡くなって混乱している時に皇宮に入って正体を明かすということですか?

もしアナスタシウスの話が事実であれば、私は本当に謀反に加担したことになる・・・身体が回復していないから大丈夫だと思っていたのに・まさかここまで狂った行動をするとは・・・!

 

亡くなった人が生き返ったと誰が信用しますか?

それにどのようにしてあなたを皇族だと証明を?

アタナシウスの瞳がきらりと光り・・・・!?

 

ある日、お姫様になってしまった件についてネタバレ84話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

アタナシウスはジェニットを道具のように使い、今度はロジャーまで・・・!?

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

ある日、お姫様になってしまった件を無料で読めるか調査した結果

「ある日、お姫様になってしまった件」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「ある日、お姫様になってしまった件」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

84話を読んだ感想

ある日、お姫様になってしまった件についてネタバレ84話の感想をお伝えします。

まさかジェニットのブレスレットのせいで・・・陛下が吐血したとはれも思っていません。

アタナシアは心配で、ずっと看病していました。

 

ルーカスも心配をして・・・アタナシアのことも・・・陛下のこともです。

自分の塔だけならまだしも、陛下のことは命に係わる事なので相当怒っています。

ルーカスはアナスタシウスの存在を知っているのでしょうか?

もしも知っているのであれば、きっと疑っているのでしょうね。

 

ロジャーはどうなってしまうのでしょうか?

アナスタシウスに対して、何か決意したように怒っていましたよね?

それはジェニットのことも関係ありそうですね。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

ある日、お姫様になってしまった件についてネタバレ84話!まとめ

「ある日、お姫様になってしまった件 84話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストリーをまとめると・・・

ある日、お姫様になってしまった件 84話のまとめ
  • ルーカスは「話があるからついこい」と話しかけた。
  • ルーカスはいきなりこれほど状態が悪化するはずがない事から、何かが介入したんだと考えている。
  • アタナシアをじっと見つめて、心配すんな・・・俺が守ってやるからと言ったルーカス。
  • クロードの命がもうすぐ尽きるから、入宮の準備をしろと言ったアナスタシウスにロジャーは険しい顔をしている。