少女/女性漫画

ある日、お姫様になってしまった件についてネタバレ97話!あらすじ感想!

異世界ファンタジー「ある日、お姫様になってしまった件」。

予想と違った展開がお姫様も大変

こちらでは97話の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

前話のあらすじ

世界樹を使ったからといって、陛下が治るという保証はないから、まずは自分が研究してからというルーカス。

姫様は世界樹に教えてもらったというのですが・・・。

姫様の望みは大抵ルーカスがかなえることができるけれど、これだけは・・・もしも失敗したらオベリアは姫と陛下を同時に失う・・・そうなれば先帝とアエテルニタスがやりたい放題!?

その夜姫様は夢を見ました・・・それは予知夢なのでしょうか?

オベリアが全部炎に包まれていたのです・・・!

【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

ある日、お姫様になってしまった件について97話のあらすじネタバレ

ある日、お姫様になってしまった件について第97話のあらすじをお伝えします。

もしも姫様に何かがあったならば・・・!?

姫様はルーカスに、夢を見たの・・・首都が燃えて何も残らず真っ黒だったと言いました。

首都が?反乱でも起きたのかと尋ねるルーカス。

ただ・・・オベリアが全部燃えちゃったみたいだった。

パパの治療に失敗したら、先帝が戦争を起こすとか悪い予感がするの・・・もしかしてこれが予知夢かな?

だからといってオベリア全体に火をつけるか?自分が治める国なのに・・・。

それに先帝が実験を握ったなら、お前にも何か起きたってことだが、俺がいる限りそんなはずはねぇよ。

そんなはずはないけれど、もし姫様に何かあったら・・・腹が立って全員の命を奪ってやるとオベリア全体に、火をつけるかもしれないな。

この地に生きるものすべてを消して灰だけが残るように。

世界樹にこだわる姫様

姫様はルーカスにとにかく世界樹を使うねと言いましたが、ルーカスは反対します。

方法を探すから待ていうルーカス。

いつまで待てばいいのかと姫様はいい、ルーカスも実はこの方法しかないってわかっているのでしょう・・・だから私に枝を見せてくれたんじゃないの。

それなのに今さら反対する理由は何?

ルーカスはどうしちまったんだ・・・なんだか吐きそうなくらいにつらくなっています。

お前が命を失うかもしれないだろう・・・亡くなってしまったらすべて終わりだ・・・何も残らないんだぞ。

命を落としたくないと子供の頃から悪あがきしておいて、今さら全部諦めるのか?

あの時は必死だったけれど、悪あがきって・・・という姫様。

ジェニットに会いに行った姫様

ルーカスはジェニットについても尋ねます。

先帝の手の仮名にあるままでいいのかよ?

言われなくてもジェニットのところに行ってきたよという姫様。

けんかをしていただろうというルーカス。

ジェニットのところを訪ねて行った姫様。

今までジェニットに対して、間違ってきたことを謝りに来ました。

謝るとは・・・私があんな態度を取ったのに、会いに来てくださったので落ち着きないジェニット。

実は・・・デビュタントの時から私はジェニッとの正体を知っていましたという姫様。

ジェニットは驚いて、それは一体・・と。

ジェニットが入宮することになると、私の居場所が奪われると思い・・・それでとても怖かったんです。

私がそんなことを・・・!ジェニットが言うと、姫様はもちろんそんなことしないでしょう。

ジェニットを見ていればわかることです。

ジェニットが私のことをどれほど大切に考えているのか知りながら、ずっと騙してきたのは、私が怖がりだったからです。

今までだましていて本当にごめんなさい。

そう怖がりだった・・・私は元々何も持っていなかったから、期待すればするほどいつか失った時に。悲しみが増えるだけだから。

警戒しなければ、自分が傷つくだけだから。

だから全部他人事のように考えなきゃ。

ジェニットに情が移りながらも、ずっと警戒してた。

リリーやみんなが私にくれる愛情も、いつか失うかもしれないって思っていたから。

心の奥では受け入れたくなかった。

もうずっと前から、その愛情に浸っていたくせに・・・もう正直になろう。

これ以上逃げ出さない。

姫様の話に泣き出すジェニット

腹を立てられても当然ですが、本当に重要な話があります。

図々しく聞こえると思いますが、この話だけは最後まで聞いてくれたら・・・。

すると鼻をすする音が・・・。

ジェニット?なんで泣くの!?

ジェニットは姫様に謝りました。

姫様はそうやって一人で苦しんでいらっしゃったのに・・・私は何も知らずに姫様にワガママばかり言って・・・。

姫様は慌てて・・・どっ・・・どうして泣くんですか!?怒らないと!

姫様が苦しんでいるなんて考えもせずに、ひどいことを言いました。

陛下も苦しまれているのに・・・。

(いや、普通は今までだまされていたと、怒り出すべきじゃないの?)

(それなのに、私のことを先に考えてくれるなんて・・・)

姫様はジェニットをぎゅっと抱きしめました。

だから私はジェニットを、恨むことができなかったんだ・・・。

その話を聞いてルーカスは、なんだよ?

姫様のこの顔は、どういう意味だ!?と考えてしまいました。

 

ある日、お姫様になってしまった件について第97話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

姫様の夢は予知夢なのでしょうか?

それとも世界樹に見せられているのでしょうか?

そしてジェニットは・・・!?

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

ある日、お姫様になってしまった件を無料で読めるか調査した結果

「ある日、お姫様になってしまった件」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「ある日、お姫様になってしまった件」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

97話を読んだ感想

ある日、お姫様になってしまった件について第97話の感想をお伝えします。

姫様は世界樹に魅せられたのでしょうか?

きっと特別な世界だったのでしょうね。

何か奇跡が起こせるような気になったのかもしれません。

触れることができるなら、触れてみたいと思います・・・無理ですが。

姫様はジェニットに会いに行きました。

もちろんキメラについて話すことはありませんでしたが、自分の思っていることを素直に伝えたのだと思います。

ジェニットはもともと優しい子なので、姫様の話を聞いて泣いてしまいました。

自分よりも、姫様の方が大変なのにわがままを言ってしまったと・・・。

今のジェニットも、十分大変な思いをしていると思います。

突然父が現れたり、とても広い宮に住むことになったりしているのですから。

また以前のように話ができるようになったら、ジェニットも少しは落ち着くのではないでしょうか?

姫様もジェニットも優しいから、自分の事よりもまず他人のことを考えてしまうのですよね。

早く二人に普通の日々が戻って、穏やかに暮らすことができればいいですね。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

ある日、お姫様になってしまった件についてネタバレ97話!まとめ

「ある日、お姫様になってしまった件 97話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストリーをまとめると・・・

ある日、お姫様になってしまった件 97話のまとめ
  • パパの治療に失敗したら、先帝が戦争を起こすとか悪い予感がする・・もしかしてこれが予知夢だったのかと不安に思う。
  • 世界樹にこだわる姫様と、それに反対するルーカス。
  • ジェニットに会いに行った姫様は謝った。
  • 姫様は苦しんでいたのに私は何も知らずに姫様にワガママばかり言っていたと泣き出したジェニット。