少年/青年漫画

【最新話】ブルーピリオドネタバレ49話!あらすじ感想!2週間で500枚

美術漫画「ブルーピリオド」。

あまり知らない世界が描かれているから面白い人間くさい感じが良い

こちらでは「ブルーピリオド 49話」のストーリーをご紹介していきます。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

前話のあらすじ

二年次最初のミーティングで新しい担任が紹介されました。

絵画科油画専攻2年生の担当は犬飼ですと初めに自己紹介しました。

一番最初の課題も、犬飼からです。

【無料で試し読み!】
2021年人気アダルト漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

マゾ狩り西野さん
青年
拘束具
言葉責め
クラスの同級生の西野さんは、美人で人当たりもよく浮いた噂など全く聞かない。……のだが、その本性は人を支配することに喜びを覚える狩人だった。「やっぱり、マゾだよね?」そう尋ねる彼女になすすべもなく屈服し、地面に頭をつけて忠誠を誓ってしまったが最後……彼女のおもちゃとしてあらゆる自由を奪われ、絶対服従の下僕にされてしまう。
71236

66347


図書館で勉強していたらいつも来るギャルJKに・・・
青年
ギャル
中出し
受験を控えた高校3年の夏休み。受験まで一年を切り、夏休みは毎日図書館にこもり勉強していた。最近、そこによくあらわれる謎のギャルJKが気になって気になって、悶々としていた。制服ミニスカ巨乳で受験生の僕には当然刺激が強すぎる…。
41182

38784


ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない
青年
フルカラー
ゾンビ
無事就職が決まり、春には県外に出ることが決まっていた主人公。いつものように寂れた神社に報告に行くと、倒れていた青年を発見する。体が弱く療養しに来たという青年の介抱をしながら、なんとなく放っておけない主人公は春まで青年のご飯を作りに来ることを約束する。
39124

24341

ブルーピリオド49話のあらすじネタバレ

ブルーピリオド 第 49話「悩みのデスループをクリアできる攻略サイトはどこですか」のあらすじをお伝えします。

2週間で500枚

2年生になった八虎の最初の課題は「500枚ドローイング」

「質」の次は「量」です。

ザワザワする中、世田介は考えていました。

500枚・・・1年時の猫屋敷先生の「東京」課題は、公表まで1か月。

課題出題~中間公表~講評という流れでした。

もしこの課題が、同じ製作期間なら30日間で500枚・・・単純計算で1日16枚。

ドローイングとはいえ、大変な枚数・・・だったら機関ももう少し長くとって・・・。

その時教授が、締め切りは2週間後と言いました。

終わるのか・・・これ?世田介は考えます。

ただし500枚すべてを張り出すわけにはいきませんので、展示は500枚の中から一部のみ、残りは展示場所からおいてください。

当日講評に1分でも遅れた場合、課題未提出とします。

また枚数が500枚に1枚でも達していない場合も、未提出扱いとなります。

では2週間後、楽しみにしております。

きねみは嬉しそうに笑って・・・フフ・・・!

2年最初の課題・・・スタミナ課題だと。

頭を使うよりも、身体を使うほうが得意だもん!と張り切っています。

コンセプトにこだわる・・・!?

購買で八虎は、コピー用紙が売り切れで落ち込んでいました。

一足遅かったのです。

コピー用紙が一番安いと思ったんだけれど、仕方がない、帰りにヨドバシで・・・。

その時購買の隅で交渉をしている男が・・・契約を検討するから紙が欲しいと言っています。

その男は八雲でした。

チラシの裏面を使う気らしく、恥ずかしくない程度にと注意されていました。

500枚・・・500枚か・・・1日1枚でも1年以上かかる。

課題として提出されている以上「ただ描く」だけでは多分ダメだ。

バラバラのものを描いたとしても、何か共通のコンセプトがないと・・・。

でも500枚も描ける「コンセプト」ってなんだ?

どういうコンセプトにしても50枚くらいで手が止まるイメージしかない。

八虎はそもそも2年生は絵から離れて制作しようと思っていたのに・・・すげー「描く話題」。

でも課題に振り回されるのはダメだと思う・・・自分の方に課題を引き寄せようとしなければ。

いっそ500枚であること自体をコンセプトに組み込んで・・・。

すると友人に八虎の顔をスケッチされていました。

とても悩んでいる顔です・・・八虎の表情のイメージではないみたい。

課題が多いという話から、そもそもドローイングって何?となりました。

八虎は建築だと「製図」っていう意味だし・・・「draw」って線画っていう意味だし線で描く感じなのでは?という意見もあります。

色を使ってはいけないのか・・・500枚出さないと単位が取れないのであれば、ドローイングの定義に一つでもはまっていなければやばいのではないか!?

詳しい八雲

チラシをたくさんもらってご機嫌の八雲に聞いてみました。

ドローイングって何?スケッチとかクロッキーとかは違うのか?

目的が全然違うという八雲。

このへんの用語は、国と分野によって変わるから・・・雑にメジャーな方法と比較するけれど・・・。

スケッチは人物とか風景を大まかに描写する方法・・・つまり要素を捉える。

クロッキーは主に生き物の「動き」「重心」を、素早く簡潔に捉えて線だけで描写する方法。

デッサンは「質感」や「明暗」や「位置関係」なんかを捉えて描写する方法。

エスキースは、作品のための着想とか構図を描写する方法・・・下絵のこと。

ドローイングは、作品未満エスキース以上・・・「絵づくり的な部分」も含めて「自由」に「即興的」にイメージを描き出していく方法です。

八雲さりげに博識と言うか。質問にきちんと答えられるのスゲーと思う八虎。

「ドローイング」はこの5つの中では、一番「自分主体」なやり方だと思う。

自分がしっかり来るなら、クロッキーぽくても、デッサンぽくてもいいのではないかという八雲。

今回は画材もサイズも支持体の素材も指定がなかったということは、ウオーミングアップだという八雲。

先生と夢崎が教授の部屋の前に立っています。

この扉をノックする緊張感は、学生の時から変わらない・・・流れがあるというのです。

部屋に入ると教授はタンクトップで筋トレをしていました。

1年生の資料を届けに来たと言って渡すと、1年生の進級制作ははっきり申し上げてパワー不足でしたねと。

しかし彼らだけに原因があるとは思いません。

槻木先生、盧生先生、猫屋敷先生の責任でもあると・・・。

ダイヤモンドを削る原石がもろかったら、一つのダイヤモンドすらできないという犬飼・・・。

楽しい方がよくない?

八虎はまだ悩んでいます。

コンセプト・・・一番関心があるのは「マゲンダー」ですが、描いてみると絵が受験の時よりも下手になっていました。

あの時は毎日2枚書いていたけれど、大学に入ってからは「手」よりも「頭」を動かす練習をしていたから・・・。

八雲はもう終わりそうな勢いです。

お昼を食べに学食に行こうとして、人にぶつかりました。

彫刻家のようで、桑名がへこんでいないか気になって入って見ました。

桑名が製作している姿を見て、八虎は動けなくなってしまいました。

八虎は結局食事も取らずに戻って、八雲にどうしてそんなにスラスラ描けるんすか・・・?と尋ねました。

八雲は描いてるから?八虎も描き始めたら、描けると思うぜ・

500枚見切り発車しかないかと八虎が考えていると・・・絵を描き始めた時もそんなこと考えてたわけ?

考えて納得いったから描き始めたわけ?俺は何も考えていなかったけど・・・5歳の俺とか。

まだごちゃごちゃしている八虎に何で?楽しい方がよくない?という八雲。

そそのかされた気分だけれど、八虎は電車に乗って人を描いていました。

描きながらこれでいいのか?と迷っていました・・・でもダメなら千枚描けばいい。

描いている時の方が、頭が働いている・・・違うか・・・これは脳みそに手がついている。

500枚は最初から考えて描ける枚数ではありません。

八虎の描いた絵を犬飼はじっと見つめていました。

 

ブルーピリオド 第 49話「悩みのデスループをクリアできる攻略サイトはどこですか」のあらすじをネタバレでお伝えしました。

攻略サイトを見なくても、八虎はクリアしたようです。

そもそもサイトはきっとありません。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

ブルーピリオドをお得に読む方法をご紹介!

「ブルーピリオド」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

49話を読んだ感想

ブルーピリオド 第 49話「悩みのデスループをクリアできる攻略サイトはどこですか」の感想をお伝えします。

ずっと絵を描いていなかったので、八虎は頭でっかちになっていたのでしょうか。

攻略サイトはなくて、ただがむしゃらに描くことでしかたどりつけない場所なのでしょう。

八虎は楽しく描くことができたのでしょうか?

マゲンダーが上手く描けなかったときは、きっと思ったよりもショックだったと思います。

それでも八雲という友人がいて、八虎がストレートに聞くことができたから、導かれて辿り着いたのではないでしょうか?

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

ブルーピリオドネタバレ49話!まとめ

49話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとをまとめると・・

ブルーピリオド 49話のまとめ
  • 2年生になった八虎の最初の課題は「500枚ドローイング」。
  • 何か共通のコンセプトを見つけようとするも、500枚も描ける「コンセプト」ってなんだ?と考える。
  • ドローイングは、作品未満エスキース以上・・・「絵づくり的な部分」も含めて「自由」に「即興的」にイメージを描き出していく方法。
  • まだごちゃごちゃしている八虎に何で?楽しい方がよくない?という八雲。