少女/女性漫画

不細工の公女になりましたネタバレ36話!あらすじ感想!恥ずかしいシルビア

ピッコマ独占配信「不細工の公女になりました」。

不細工な公女に憑依主人公は私は静かに暮らしたかったのに・・

さっそく「不細工の公女になりました 36話」の展開・あらすじをご紹介したいと思います。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

前話のあらすじ

情報ギルドに依頼をしに行ったシルビア。

兄に手紙を届けてほしいということと、ペンダント使う集団がどこにあるのか?目的は何なのかを調べてほしいとお願いしました。

しかしギルドの人間から後をつけられて・・・!?

不細工の公女になりました36話のあらすじネタバレ

不細工の公女になりました 第 36話のあらすじをお伝えします。

シルビアが恥ずかしくなるくらい・・・!?

さあ約束通り行ってみようか?契約者?ニヤッと笑うシルフィード。

シルビアはゴクッとつばを飲み込みました。

また人間の姿に変身したシルフィード。

凄く楽しい~凄い刺激的だ!とテンションも高めです。

いろいろな料理を目にするたびに、これは何?これも食べてみたい!

あれもこれも、それも全部食べる!こんなに幸せを感じたことはなかったよ!

全部食べ尽くすよ!!両手に食べ物を掴みながらキャハハと笑っています。

周りにいた人たちが、あの男・・・一人で市場の料理を食べ尽くす勢いよ・・・どこかで長く監禁されていたのかね?

美男子なのに可哀想に・・・と噂されて、シルビアは一緒にいるのが恥ずかしくなってしまいました。

でも幸せそうでシルビアも嬉しいのです。

こんなに喜ぶと知っていたら、もっと早く連れて来たのに・・・これからはもっと食事にでかけないとだね。

コーヒーを飲んだシルフィード様が・・・!?

突然シルフィードが、契約者・・・あれは何だと尋ねるものが・・・それはコーヒーでした。

こんなファンタジーの世界にも、コーヒーが存在するとは・・・何か不思議。

そういえば4年後、何か独特な飲み物が流行っていたことを覚えているけれど、シルビアは全然興味がなくて、その飲み物が何だったかまでは記憶がなかった。

もしかしたら、その異国風の飲み物ってコーヒー?

シルフィールドは、コーヒーが黒くて熱そうだけれど、香りはすごくいいんだな・・・契約者はこれを飲んだことあるのか?と尋ねました。

もちろん!シルビアはほぼコーヒー中毒でしたよ・・・飲まないと生きていけないくらいと答えました。

ほお!そんなにおいしいのか!?決めた!私も飲んでみる!と宣言したものの、にがー・・・白目をむいているシルフィールド。

シルビアに向かって、これは本当に飲み物なのか?これはまるで毒だよと・・・。

コーヒーはそんなもんですよ…慣れてきたらその苦みが病みつきになるんですよ。

そう聞いてシルフィールドは、よし!私もこいつと仲良くしてみようと、一気に飲み干してしまいました。

それにしてもコーヒーって本当に久しぶりに飲むわ・・・全身にエネルギーが回る気分。

受験生の時に、本当にお水のように飲んでいたけれど・・・あの頃を思い出すわ。

け・・・契約者!なんか変だ・・・私の体が・・・体が変だよ・・・心臓がバクバクする!

それだけではない!お腹もちょっと変な感じ・・・めまいもする。

それはカフェインの副作用・・・シルビアが言おうとした時、待って、理由がわかったかも!という。

心臓がバクバクして、めまいがしてむかむかして・・・何だか顔も赤くなるのは・・・恋に落ちた時の症状だ!!

切なそうな表情でシルフィードが、契約者どうも私は君に恋した陽だ!と話すので、シルビアは唖然としています。

私が恋に落ちるなんて、私の人生にそんなことが起きるとは想像もできなかった。

でも悪くはない・・・私の契約者は優しすぎるところがちょっと気に入らないけれど、私に美味しいものをたくさんご馳走してくれるから、伴侶として悪くないと言えるだろう!

シルビアはていうか、私の良いところはそれしかないの?と思っています。

そんなシルビアの気持ちも知らず、どうしたんだ?告白の返事か?今すぐ答えなくてもいいよ。

私も人間たちが告白というのを、どれだけ大切にしているか知っているから、待ってあげよう。

シルフィード様の前の契約者

そうじゃなくて・・・というシルビア。

前の契約者いわく、女性に告白をしたら一週間ほど待たないといけないらしいからな。

その言葉に衝撃を受けるシルビア・・・ええ?前の・・・契約者?

私の前にもシルフィールド様を召喚した人がいたの?

だから契約者よ・・・私は君の返事を待ってあげるよ!と言うのです。

シルビアが落ち着いてください・・・あなたは今、私に愛を感じているわけじゃないですよと。

心臓がバクバクして、めまいがしてむかむかするんですよね?とたずねると、前の契約者が読んでくれた本にあった恋に落ちた時の症状そのものだと。

いいえ、それは単なるカフェインの副作用です・・・さっきシルフィード様ががぶ飲みされたコーヒーに含まれるカフェインという成分をたくさん取るといろいろ副作用が起こる。

初めてカフェインを摂取したので、その症状が強くはっきりと出ただけだというシルビア。

それは残念・・・一度くらいは恋もしてみたかった。

愛は人生に言い目的を与えると前の契約者が話していたというシルフィールド。

前の契約者は、いろいろ教えてくれた・・・美食の楽しみもね!

引き出しの中身が・・・!?

シルビアは、いくら精霊王でもあんなに長い期間を考えたら、1~2人くらいは契約できたと思うけれど、なんだか妙な気分です。

それは前の契約者を思い出すシルフィールド様の顔が寂しそうに見えたから・・・。

嫉妬ではないけれど…複雑な気分。

家に帰ってお風呂の準備をしてもらう間、情報ギルドでもらってきたビー玉を見つからないように隠しておこうとすると、引き出しの中が最後に見た時と違います。

一番奥に隠しておいたアカデミーの入学願書の写本が前に出ているのです。

他のものも散らかっていて、まるで誰かがこっそり見て、慌てて片付けたみたい。

その時ノックの音が聞こえて、誰かしらと思ったら・・・入ってきたのは妹でした。

 

不細工の公女になりました 第 36話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

シルフィードは本当に食べることが好きみたいですね。

前の契約者とは・・・?

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

不細工の公女になりましたがお得に読めるか調査しました!

「不細工の公女になりました」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「不細工の公女になりました」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

36話を読んだ感想

不細工の公女になりました 第 36話の感想をお伝えします。

シルフィードの食欲は恐ろしいものがありますね。

シルビアが恥ずかしいと思うほど、テンションが高くなっています。

時々食事に行っているうちに、この問題は解決しそうですね。

いつも食べられるならば、普通のことになるから。

 

それよりも怪しいのは妹です。

シルビアのいない間に机の中を探って、何をしようとしているのでしょうか?

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

不細工の公女になりましたネタバレ36話!まとめ

こちらではの36話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・

不細工の公女になりました 36話のまとめ
  • 沢山食べるの姿を見られ「美男子なのに可哀想に」と噂を・・一緒に居るシルビアは恥ずかしくなった。
  • カフェインの副作用と思ったけれどシルフィールドは恋に落ちた症状だと言い始めた。
  • 前の契約者を思い出すシルフィールド様の顔が寂しそうに見え、複雑な気持ちに・・。