少女/女性漫画

不細工の公女になりましたネタバレ38話!aらすじ感想!二人でいる時は

ピッコマ独占配信「不細工の公女になりました」。

不細工な公女に憑依主人公は私は静かに暮らしたかったのに・・

さっそく「不細工の公女になりました 38話」の展開・あらすじをご紹介したいと思います。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

前話のあらすじ

エイリンがシルビアの部屋に花束を持ってやってきました。

黄色のフリージアを抱えきれないくらいたくさん・・・。

シルビアのことを考えながら摘んでいたらそうなってしまったと。

シルビアが倒れたと聞いて、花見ていると気分も良くなると思って持ってきたと話すエイリン。

初めはアカデミーを受験したことを、合格発表まで秘密にしようとしていましたが、話すことにしました。

エイリンは、シルビアがアカデミーを受験したことを知っていました。

それは一次試験の合格発表の時、シルビアを見かけていたからです。

前もって受けることを知らせてくれたのは寂しかったけれど、何か理由があるかと思って話をしてくれるまで待っていたのだと言います。

エイリンにお礼をしなくてはいけないとお花を選んでいましたが、なかなか決まりません。

街に出て何かプレゼントを買おうと思っている時に、テーヴに会いました。

シルビアがくしゃみをしたときに、心配して駆けつけてきたのです。

テーヴはシルビアに早く会いに来たかったのですが、しごかれてなかなか会いに来ることがて゛気なかったのでした。

不細工の公女になりました38話のあらすじネタバレ

不細工の公女になりました 第 38話のあらすじをお伝えします。

二人でいる時はこのままで・・・!?

テーヴはシルビアの体調がずっと気になっていたので、訓練に集中できなかった・・・耐えられないほどしごかれても、どうしてだろうと尋ねました。

それはシルビアが命を落としたら、仕事がなくなってしまうからと冗談めかして言いました。

テーヴはクスっと微笑みます。

会うたびに成長していてこれからが楽しみ・・・私の未来の護衛騎士様というシルビアに、これからはシルビアに気楽に接するのはやめようと思う・・・これからシルビアを護衛する騎士になるのに友達のように接するわけにはいかないから。

2人でいる時も礼儀正しくして敬語で話す・・・話そうと思いますというテーヴ。

 

しかしシルビアは距離を置かれるみたいで嫌だから、二人でいる時はこのままでいい。

周りの人には秘密にしてとお願いすると、テーヴの顔が明るくなりシルビアの希望通りにすることに。

シルビアを見下すエバデイン

情報ギルドから連絡が来るまで、ペンダントに関する記録があるのか本で探してみようと思っていたシルビア。

そこでエバデインに声をかけられます。

エバディンとその仲間たちは、シルビアのことを見下しています。

エバデインが1次試験を受ける前にシルビアと会ったことを皆に手紙で知らせたみたいですが、シルビアの1次試験の結果を見たならば、あんなことを言えないはずなのにどういうことかと考えていました。

シルビアに会いたくて引き受けたサント

エイリンは上位1%の成績に残って、アカデミーが直接合格証を渡しに来たらしいけれど、シルビアにはアカデミー関係者どころか手紙さえもらってないようだから、さぞ落ち込んでいるでしょうねと貶しています。

すると13201番だよねとサント様がエバデインを押しのけて現れました。

サント様はシルビアに会いたくてやってきたのです。

また会えてうれしい、話したいことが山ほどあるというのです。

首席合格おめでとう!というサンドの言葉に驚く周りの者たち。

サント様はシルビアに、エイリンとはどういう関係なの?と尋ねました。

エイリンは、シルビアが首席だと驚いています。

私の妹ですと答えると、本当に実の妹なの?

姉妹揃って素晴らしい成績で入学するとはね、ご両親も大喜びでしょう。

それにしても2人が姉妹でちょうどよかった・・・合格証と案内文を渡し、エイリンに全部説明したからわからないところがあれば、妹さんに聞いてね。

直接説明できなくて・・・仕事が溜まっていてまだ15ヶ所も回らなきゃならないの、日が暮れる前に終わるかどうか。

忙しいし大変だし、この仕事やりたくなかったけど、シルビアに会うために志願したというサンド。

測定器が壊れたのは信じていない

サントは2次試験の時に起きたこと、あの時マナ測定器が壊れたというのは信じてない・・・よくわからないけど、あなたは絶対に何か持っている、私の直感がそう叫んでいるから、あなたに会いに来たのよ。

あの時、あなたを取り囲んでいる何か別の力を感じた・・・今は少し薄いけどというサンド。

シルビアは、もしかしてシルフィード様の気配を感じたのかと驚いています。

サントに聞くわけにもいかないし、これからこの人には特に注意しないとと思っています。

とにかく入学は数か月後だから、次に会うまでしばらく待たないといけないけど・・・入学したら私がしょっちゅう邪魔しに行くから期待していいよ・・・ニヤッと笑うのでした。

それまで余暇を楽しんでと言い帰っていきました。

シルビアはエイリンに邪魔してごめん・・・私はもう帰るから友達と楽しんでといってその場を去ろうとしました。

するとエイリンは・・・いいえといった後、周りを見て・・・この人たち、友達じゃありませんと言い、困った顔でシルビアを見つめました。

 

不細工の公女になりました 第 38話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

シルビアは首席合格していました。

エイリンはどうして周りの人たちを友達ではないと言ったのでしょうか?

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

不細工の公女になりましたがお得に読めるか調査しました!

「不細工の公女になりました」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「不細工の公女になりました」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

38話を読んだ感想

不細工の公女になりました 第 38話の感想をお伝えします。

エバデインとその友人は、どうしてシルビアを貶めたいのでしょうか?

自分たちが合格しているかもわからないのに・・・。

シルビアは首席合格していて・・・シルビアと会うためにサントがやってきました。

シルビアを取り囲んでいる別の力というのは、何なのでしょうか?

シルフィードなのか、それとも他の何かなのでしょうか?

入学したサントにいろいろ巻き込まれてしまいそうですね。

シルビアも知りたいことを知ることができるチャンスかもしれません。

エイリンも優秀な成績で合格しましたが、周りの人たちを友達ではないと言ったりしてよくわからないところがあります。

シルビアの机の引き出しが変わっていたことも、まだ誰がやったのかわかっていません。

もしかしたらエイリンかもしれないとすれば、油断はできませんね。

姉妹だから大丈夫だとは思うのですが・・・。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

不細工の公女になりましたネタバレ38話!まとめ

こちらではの38話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・

不細工の公女になりました 38話のまとめ
  • 2人でいる時も礼儀正しくして敬語で話す・・・話そうと思いますと言うテーヴ。
  • エバディンとその仲間たちは、シルビアのことを見下している。
  • サントはシルビアに会いたくてやって来た。