少女/女性漫画

「シンデレラを大切に育てました」ネタバレ16話!あらすじ・感想を紹介!前夜のトラブル

ピッコマ独占配信の人気コミック「シンデレラを大切に育てました」。

「続きが気になる!」
「主人公はどうなる?!」

こちらでは「シンデレラを大切に育てました16話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

前回のあらすじ

前回は、自宅の王宮に戻ったリアンが変装用の茶髪のカツラを外し、威厳に満ちた本来の王子の姿に戻ります。

リアンはウィルフォードからバンス家の人々の繊細な心の機微を学びますが、なぜ彼が人妻であるミルドレッドにやたらと親切にするのか、その理由を聞くことが出来ずにいました。

一方バンス家では、デビュタントの2日前になってようやく完成したダビナ作の高級ドレスが届き、3人の娘たちが試着していました。

生まれて初めて社交界用の高級ドレスを着て、まぶしい笑顔を見せるアイリス・リリー・アシュリーの3人。

母としてその姿を優しく見守っていたミルドレッドは、彼女たちが無事にデビュタントを突破できることをひたすら祈り続けていました。

シンデレラを大切に育てました16話のあらすじネタバレ

デビュタント前夜の悲劇

美容パックを済ませたバンス家の4人がそれぞれの寝室で就寝していた頃、深夜の邸内にアシュリーの悲鳴が響きました。

驚いたミルドレッドはすぐにベッドから飛び起き、声の聞こえた方に駆け出します。

広間に着いたミルドレッドの目に、異様な光景が飛び込んできました。

部屋の中央付近にはひざまずいて号泣しているアシュリーがいて、その正面には鬼の形相で彼女を睨みつけているアイリスがいます。

アイリスは今にもアシュリーに掴みかかろうとしかねないほどの怒りをにじませており、必死に姉を抑えているリリーが部屋に駆け付けたミルドレッドに困り顔を向けました。

「どうしたの!?何があったの!?」

ミルドレッドが3人の所に駆けよると、両眼から大粒の涙を流して震えているアシュリーが母の腕にすがりながら、「ごめんなさい……ごめんなさい……」と謝り出します。

アシュリーは完全にパニック状態に陥っていて、とても話を聞ける状態ではありません。

困ったミルドレッドは、3人の中で一番冷静な様子のリリーに何が起こったのか尋ねました。

するとリリーは、アイリスのドレスのシワを伸ばそうとしたアシュリーが姉のドレスを破損させてしまったらしいと説明しました。

「絶対許さないから!全部そいつが悪いのよ!」

怒り狂ったアイリスが大声をあげると、アシュリーは頭を抱えてブルブルと怯え出します。

もともと気の強い性格とはいえ、ハーリングでヘマをやらかしたアシュリーをかばうほど妹思いのアイリスがここまで強い口調でアシュリーを罵倒する様子を見て、ミルドレッドは大いに困惑しました。

「アイリス!怒るのは構わないけど、妹に向かって『そいつ』なんて口のきき方はやめなさい」

「そんな奴、私の妹じゃありません!」

アイリスは完全に頭に血が上っていて、母親の注意すら聞こうとしません。

もうデビュタント前日だというのに、予期せぬ姉妹喧嘩によって険悪な空気に包まれてしまったバンス家。

ミルドレッドはこの悲惨な状況を何とかするために、とりあえずアイリスのドレスを見せてほしいと言いました。

不器用な善意

アシュリーが破損させたというアイリスのドレスを広げてみると、所々がかすかに濡れていて複数の小さな焦げ穴が付いていました。

それを見たミルドレッドは、アイリスのドレスに水を吹きかけたアシュリーが暖炉の前で乾かしてシワを伸ばそうとしたことがすぐに分かりました。

おそらくアシュリーは、純粋な善意から姉のドレスのシワを伸ばそうとしてあげたのでしょう。

しかし、世間知らずで不器用な彼女は暖炉から火の粉が飛ぶことに考えが及ばず、アイリスのドレスに誤って焦げ穴を付けてしまったのです。

ドレスをジッと観察していたミルドレッドがふと顔を上げると、眉間にしわを寄せたアイリスが歯を食いしばって悔し涙を流していました。

偶発的な事故ではあるものの、みすぼらしく破損したドレスはとてもデビュタントに着て行ける代物ではありません。

アイリスの気持ちが痛いほどよくわかるミルドレッドは、彼女を優しく抱き締めながら、「お母さんが何とかしてあげるから大丈夫よ」と慰めます。

とは言ったものの、アイリスのドレスに付いている焦げ穴は一つや二つではなく、ダビナに修繕を依頼しても翌日に迫っているデビュタントにとても間に合いません。

十代のアイリスには不釣り合いなデザインですが、自分用のシックなドレスを代わりにアイリスに着せようかともミルドレッドは考えました。

すると、自責の念に駆られたアシュリーが、デビュタントを辞退するので自分のドレスを代わりに着て欲しいと泣きながらに懇願します。

彼女の悲壮な決意を聞いたミルドレッドは3人の娘たちを傍に呼び集め、全員が笑顔でデビュタントに行けるようドレスを直してみせると約束しました。

ミルドレッドの妙案

「でも、今からじゃ直してる時間が……」

アイリスが悲嘆にくれた表情を浮かべていると、隣にいるアシュリーが「ドレスの穴に花を挿してみたらどうですか?」と提案します。

それを聞いたアイリスは再び怒り顔に変わり、花はすぐにしおれてしまうから意味がないと反論しました。

二人のやり取りを聞いていたミルドレッドは一つの名案を思い付き、「貴女のおかげで良いアイデアが浮かんだわ」とアシュリーに優しく微笑みかけました。

ミルドレッドはまずリリーに対して、アイリスのドレスに付いている焦げ穴の数を正確に数えるよう指示します。

次にアイリスに向かって、夜が明けたらダビナのお店に行ってドレスより濃い色の布を買ってくるよう指示しました。

「当て布をするなら同色の方が良いのでは?」

アイリスが困惑の表情を浮かべて聞き返すと、ミルドレッドはニッコリ微笑みながら、当て布ではなく花を作って穴を隠すのだと説明しました。

布製の装飾花をドレスにあしらえば、何時間経ってもしおれる心配はありません。

その方法なら短時間でドレスを直せると確信したアイリスは、涙を拭って決意に満ちた表情に変わりました。

立ち上がったアイリスが部屋から出て行こうとすると、しゃがみ込んでいたアシュリーもすぐに立ち上がって彼女の後を追います。

「お姉ちゃん……本当にごめんなさい……」

弱々しい声で懺悔するアシュリーの姿を、アイリスは力強い眼差しでジッと見つめます。

「謝罪は服が直ってから聞くわ」

アイリスはそれ以上アシュリーを責めようとはせず、静かに部屋を後にしました。




運命の転機

東の空に日が昇りかけたばかりの早朝の街中を、馬に乗ったアイリスが疾走していました。

まさか、幼い頃に習った乗馬のテクニックがこんな形で役に立つとは思わなかったわ……。

アイリスは苦笑いを浮かべながら、静まり返った無人の街を高速で移動し続けます。

ダビナの店が近づいてきた時、ハンチング帽をかぶった一人の男性が直進路の先に立っているのが見えました。

「すいません!そこ、どいてください!」

アイリスに呼びかけられて振り返った男性の正体は、一人で早朝の街を歩いていたリアンでした。

こんな所にリアンがいることに驚愕の表情を浮かべるアイリス。
馬に乗ったアイリスがいきなり接近してきたことに驚愕の表情を浮かべるリアン。
お互いあぜんとした表情で予想外の再会を果たします。

とっさにアイリスが手綱を引っ張って制止すると、ぶつかりそうになる間一髪のところで馬がストップしました。

「リアン!大丈夫!?」

ビックリしてしゃがみ込んでしまったリアンは、馬上からアイリスに話しかけられ、ゆっくりと立ち上がります。

「あ……ああ、大丈夫だ」

「ごめん!今、急いでるから今度ちゃんと謝るわ!それじゃ!」

アイリスは早口でそう言い残すと、再び馬を走らせて直進路の奥に姿を消しました。

嵐のように過ぎ去っていったアイリスの後ろ姿を呆然と見送っていたリアンは、何が何だかさっぱり分からずその場に立ち尽くします。

巨大な馬が突然突っ込んできたことへの驚きで、否応なく高鳴る心臓。

そして同時に、初めて見たアイリスの凛々しい横顔が脳裏に焼き付いて離れず、不思議な高揚感が彼の胸をさらに高鳴らせます。

何故こんなに胸がときめくのか、初めて体験する身体の変化にリアン自身も大いに戸惑いを覚えていました。

<前話 全話一覧 次話>

シンデレラを大切に育てましたを無料で読めるか調査した結果

「シンデレラを大切に育てました」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「シンデレラを大切に育てました」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

16話を読んだ感想

3人の娘たちが何事もなくデビュタントを迎えられますように、という母の願いもむなしく、前夜になってとんでもない事件が起きてしまいましたね。

邸内にアシュリーの悲鳴が響いた時は何事かと思いましたが、まさかの姉妹喧嘩勃発!

わざとではないとはいえ、自分の一張羅をアシュリーに破損されてブチギレるアイリスの表情が非常に印象的でした。

これまでアイリスがアシュリーに対して密かに抱いていた鬱憤が、一気に爆発したような感じですね。

母の手前、表面上は仲の良い姉妹を演じていても、やはり心の中ではどんくさい義妹にいろいろと思う所があったのでしょう。

義姉の役に立ちたいと思うアシュリーの気持ちが純粋であるからこそ、この事故を見ていてとても切ない気持ちになりました。

童話シンデレラの中では、他の家族にいじめられていたシンデレラは着るドレスが無くて舞踏会に行けませんでした。

デビュタントを辞退して自分のドレスを差し出そうとしたアシュリーの行動はある意味筋書き通りですが、ミルドレッドが装飾花を作ってドレスを補修すれば、その運命が変わることになります。

家族みんなで力を合わせて困難に立ち向かう展開は、非常に清々しくて勇気づけられますね。

そして、偶然にもアシュリーの行動によって、もう一つの運命も変わろうとしています。

本来はシンデレラと結ばれるはずの王子・リアンが、華麗な乗馬を披露するアイリスと運命的な再会を果たし、彼女の方に心を惹かれつつあるようです。

このまま二人の間にフラグが立てば、アシュリーは結果的に二人の関係を取り持った恋のキューピッドと言えるのかもしれません。

しかしそうなると、今度はアシュリーが誰と結ばれるのか分からなくなってくるのが皮肉的です。

はたして、デビュタントに参加した3人の娘たちは、一体誰と社交ダンスを踊ることになるのでしょうか?

第17話の展開から目が離せませんね!

<前話 全話一覧 次話>

シンデレラを大切に育てました16話!まとめ

こちらでは16話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

シンデレラを大切に育てました16話のまとめ
  • もうデビュタント前日だというのに、予期せぬ姉妹喧嘩によって険悪な空気に包まれてしまったバンス家。
  • ミルドレッドは3人の娘たちを傍に呼び集め、全員が笑顔でデビュタントに行けるようドレスを直してみせると約束した。
  • 胸のトキメキ。初めて体験する身体の変化にリアンは大いに戸惑いを覚えていた。