少女/女性漫画

「シンデレラを大切に育てました」ネタバレ19話!あらすじ・感想を紹介!逸脱する筋書き

ピッコマ独占配信の人気コミック「シンデレラを大切に育てました」。

「続きが気になる!」
「主人公はどうなる?!」

こちらでは「シンデレラを大切に育てました19話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

前回のあらすじ

前回は、ウィルフォードの手配した馬車に乗って、バンス家の4人がついにデビュタントの会場に赴きます。

焦げ穴を隠すためにミルドレッドが作った布製の花飾りが功を奏し、アイリスは場内で一際注目される存在となりました。

バンス家の4人がゲリ・サンドラ夫妻と談笑していると、ウィルフォードも6人の会話に参加してきます。

馬車を用意してくれた彼にうやうやしくお礼を言うアイリス達の姿を見て、ミルドレッドは立派に育ってくれた娘たちを誇りに思いました。

シンデレラを大切に育てました19話のあらすじネタバレ

王子、登場

ミルドレッド達がのんびり談笑していた時、突然ホール内に勇壮なラッパの音が響き渡りました。

驚いたミルドレッドがホールの中央に目を向けると、周りの貴族達が一斉に通路の両端に集まってざわつき出します。

「お母さん、王子様だそうです!」

期待に瞳を輝かせたアシュリーが、アイリス・リリーと共に人混みの後ろに並びました。

やがて、ホール中央の通路に王・王妃・王子の3名が現れ、ゆっくりと場内を歩き始めました。

しかし残念なことに、背の低いバンス家の4人は大勢の人だかりに阻まれ、肝心の王子の顔を全く見ることが出来ません。

かろうじて4人の目に映ったのは、王妃と同じ神々しい金髪をなびかせる青年の後ろ姿だけでした。

無邪気にはしゃいでいる3人の娘たちの姿に笑みがこぼれるミルドレッドでしたが、その胸中には一つの不安もありました。

ここは童話シンデレラの物語の世界であり、シンデレラであるアシュリーと王子様が結ばれるのはすでに決定づけられている運命です。

アイリスとリリーが王子に対して叶わぬ恋心を抱き、悲しい結末を迎えてしまうのは、母親の立場としてはどうしても避けたい事でした。

何故なら、一般人がどんなに頑張っても「シンデレラ」には勝てないのだから。

仲良さげに集まっている3姉妹の後ろ姿を遠巻きに見守っていたミルドレッドは、アシュリーと他の二人の間に存在する絶対的な待遇差に心を痛めずにいられませんでした。

ガラスの靴は何処に?

人混みの最後尾に立っていたミルドレッドは、転生前のミルドレッドも王子の素顔を見たことがないことに気づき、どうにかして王子の顔を見られないものかと懸命に背伸びを続けます。

ミルドレッドの滑稽な姿を横から興味深げに見ていたウィルフォードは、「王子のことがそんなに気になりますか?」と尋ねました。

「もちろんですよ カッコいいっていう噂ですから」

「カッコいいから見たいんですか?」

真面目な顔をしてとんちんかんな事を言い出すウィルフォードを見て、ミルドレッドはすっかり呆れてしまいました。

そりゃ教育係のあんたは毎日王子に会えるでしょうけど、一般人は顔も知らないんだから興味を持つのは当たり前でしょ……。

会話の相手をするのが面倒くさくなってきたミルドレッドは、ウィルフォードから目を逸らして再び王子の方に視線を向けます。

人混みの中にいるアシュリーは、自分が将来王子様と結ばれるシンデレラであることも知らず、夢見る少女のようなピュアな表情を浮かべていました。

こんな雑踏の中でも、アシュリーは本当に王子と出会えるのかしら……?

魔法使いの妖精のおばあさんだって現れなかったし、このままじゃ肝心のガラスの靴が無いじゃない……!

それとも私が知らないだけで、すでにアシュリーは妖精のおばあさんから貰ったガラスの靴に履き替えているのかしら……?

気になったミルドレッドが思いきりつま先を伸ばしてアシュリーの足元を見ようとすると、バランスを崩したミルドレッドの体が大きく傾きます。

「あっ!倒れる!」と思った瞬間、横から伸びてきた長い腕がとっさに彼女の体を支えました。

「大丈夫ですか?」

気が付いた時には、ミルドレッドはウィルフォードの腕に抱かれる体勢になっていました。

ウィルフォードに窮地を救われたことに気づいたミルドレッドは、とっさに「ごめんなさい」と謝りながら体勢を立て直そうとします。

しかし、何故かウィルフォードはミルドレッドを抱き締めたまま、彼女を離そうとしません。

数秒ほど真剣な表情で見つめ合うと、ウィルフォードは彼女の耳元に顔を近づけ、「いい匂いがしますね」とキザなセリフを吐きました。

その言葉を聞いた瞬間、顔から火が出そうなほど赤面したミルドレッドが、突き飛ばすようにしてウィルフォードから離れました。

上流階級の貴族が用いる香油は高すぎて手が出なかったため、その代わりにハーブを浮かせた油を3人の娘たちに塗ってあげたミルドレッド。

そのついでに自分の体にも油を多少は塗っていましたが、試しに自分の腕を嗅いでみてもそんなにいい匂いだとは思えません。

ミルドレッドは不思議に思いながらも、イケメンに甘い言葉を囁かれたショックで胸の鼓動が激しく高鳴って全く落ち着きませんでした。

ずれ始める筋書き

そうこうしているうちに、通路の両端に立っている貴族達の間で拍手が巻き起こります。

王の挨拶が終わったのなら、次は社交ダンスの時間です。

ミルドレッドは再びアシュリーの方に視線を向け、これから起こるであろう出来事を具体的にイメージしました。

社交ダンスの音楽が流れ始めたら、ホールの中央に下りてきた王子がアシュリーをパートナーに選ぶはず。

たとえガラスの靴が無くても、母親であるミルドレッドがお膳立てをすれば、二人は晴れて結婚することができる。

アシュリーが皇族に嫁いだら、現在暮らしている無駄に大きいだけの古びた邸を売って、どこか静かな所でゆっくり暮らせば良い。

家を売ったお金を結婚資金にあてれば、アイリスとリリーにも素敵な貴族の男性を見つけてあげられるはず。

童話シンデレラのように意地悪な継母と義姉が追い出されることはなく、全員無事にハッピーエンディングを迎えられる。

これが、ミルドレッドの描いていた理想の結末でした。

ところが、挨拶が終わったにもかかわらず、いつまで経っても王子がホールの中央に下りてくる気配がありません。

それどころか、まだアシュリーと踊っていないのに、王子がこのまま王宮に帰るらしいという話が口々に伝わってきます。

困惑したミルドレッドは教育係であるウィルフォードに向かって、王子の身に一体何があったのかと尋ねました。

しかし、ウィルフォードにも詳しい事情が分からないらしく、「胃がムカムカしてるんじゃないですか?」などと適当な事を言ってごまかす始末です。

デビュタントの会場から去って行く王子の後ろ姿を黙って見つめていたミルドレッドは、まさか自分のせいで何か良からぬことが起ころうとしているのではないかという強い不安を抱かずにいられませんでした。

気まずい3姉妹

しばらくすると、ウィルフォードの知り合いであるジェシー・バートンがやって来て、バンス家の4人と初対面の挨拶を交わします。

高級ドレスをまとった3人の娘たちに順番に視線を走らせたジェシーは、最後にアシュリーの所で視線を止め、爽やかな笑みを浮かべて言いました。

「アシュリー嬢 私と一緒に踊っていただけませんか?」

「……え!?」

彼の発言を聞いて一番驚いたのは、他でもないミルドレッドでした。

ダンスパートナー選びののけ者にされ、悲しそうな表情を浮かべているアイリスとリリー。
二人の姉を差し置いて自分が選ばれてしまった事に困惑の表情を浮かべているアシュリー。

さっきまで仲良く連れ添ってお喋りしていた3姉妹の間に、冷たい空気が広がっています。

案の定、嫌な予感が的中してしまった……。

デビュタントでの最初の社交ダンスは、参加者達の人生を大きく左右する重要なイベント……。

将来結ばれる王子ならまだしも、こんなチャラ男が割り込んできたせいでアイリスとリリーが心に傷を負ったらたまらないわ……!

ミルドレッドはのんきにニコニコ笑っているジェシーを横から睨みつけながら、「この険悪な雰囲気をどうにかしなさいよ!」と心の中で罵倒しました

<前話 全話一覧 次話>

シンデレラを大切に育てましたを無料で読めるか調査した結果

「シンデレラを大切に育てました」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「シンデレラを大切に育てました」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

19話を読んだ感想

デビュタントが開幕し、いよいよ王子の入場!

王子の正体がリアンであることを知った時のバンス家の4人の反応やいかに……と思いきや、まさか顔が見えなくてスルーされる展開になるとは予想外でした。

確かに、リアンは普段カツラをかぶって変装しているので、遠目に見たら知り合いでも気付かないかもしれません。

それにしても、王子の正体がリアンであることを誰よりもよく知っているのに、ミルドレッドの前で平然とすっとぼけているウィルフォードはかなりの曲者です。

あるいは、ミルドレッド達をからかって楽しんでいるのでしょうか?

早退の詳しい経緯は不明ですが、リアン王子とバンス家との衝撃的な再会はもう少しおあずけになりそうですね。

一方、偶然とはいえ、転倒しかけたミルドレッドをウィルフォードが支えて二人が急接近する展開は、王道ラブコメみたいで微笑ましかったです。

娘たちの成長を祝うためのデビュタントなのに、まるで母親であるミルドレッドの方が恋のヒロインみたいな扱いになっているのが笑えます。

アシュリーとダンスするはずの王子が会場から姿を消してしまったように、この世界の運命は少しずつ本来の筋書きから逸脱しつつあるのでしょう。

こうなってくると、誰と誰が結ばれるのか全く予想できません。

一つだけ確かなのは、ルックスに長けているアシュリーが男たちの目を引いてしまうせいで、これからどんどん3姉妹の仲が気まずくなってしまうだろうということ。

ジェシーが年功序列の鉄則を無視してアシュリーをダンスパートナーに選んだ時のアイリスとリリーの気持ちを思うと、女社会のドロドロした嫉妬や怨嗟を想像して嫌な気分になりました。

恋は戦争という言葉がありますが、バンス家の人々が男を取り合って不仲になるのはあまりにも辛すぎる話です。

アイリスやリリーにも、恋のチャンスが等しく訪れることを願わずにいられません。

はたして、王子が去って行ったデビュタントは今後どんな展開を見せていくのでしょうか?

第20話以降も要チェックですね!

<前話 全話一覧 次話>

シンデレラを大切に育てました19話!まとめ

こちらでは19話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

シンデレラを大切に育てました19話のまとめ
  • アイリスとリリーが王子に対して叶わぬ恋心を抱き、悲しい結末を迎えてしまうのは、母親の立場としてはどうしても避けたい事だと思ミルドレッド。
  • デビュタントの会場から去って行く王子の後ろ姿を黙って見つめていたミルドレッドは、まさか自分のせいで筋書きが変わっているのではという強い不安を抱かずにいられない。
  • 二人の姉を差し置いて自分が選ばれてしまった事に困惑の表情を浮かべているアシュリー。さっきまで仲良く連れ添ってお喋りしていた3姉妹の間に、冷たい空気が広がっていた。