少女/女性漫画

「シンデレラを大切に育てました」ネタバレ39話!あらすじ・感想を紹介!脆い一面

ピッコマ独占配信の人気コミック「シンデレラを大切に育てました」。

「続きが気になる!」
「主人公はどうなる?!」

こちらでは「シンデレラを大切に育てました39話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

前回のあらすじ

前回は、仮面舞踏会用の仮装コスチュームの準備を終えたミルドレッドが、娘達に招待状の返事を書く練習をさせ始めました。

参加の意思を伝える返信用手紙をアイリスとリリーに任せる一方、不器用なアシュリーには文字を書く基礎練習から始めさせるミルドレッド。

二人はピッタリ寄り添いながら、字を書く訓練を楽しそうに続けました。

すると、突然怒り出したアイリスが席から立ち上がり、無言のまま部屋から出て行ってしまいます。

彼女がいきなりヘソを曲げてしまった理由がさっぱり分からないミルドレッドは、リリーとアシュリーを部屋に残してアイリスを追跡。

自室で母と二人きりになったアイリスは、他所の子であるアシュリーが自分を差し置いてミルドレッドに優しくされている所を見るのが耐えられないと、涙ながらに嫉妬心を打ち明けました。

シンデレラを大切に育てました39話のあらすじネタバレ

アイリスの不満

頭から毛布をかぶったアイリスは、自分達の生活がこんなに荒んでしまったのは全部アシュリーの父・フレッドのせいだと喚き始めます。

それなのに、母がアシュリーにばかり優しくするのは納得できない、と憤るアイリス。

しっかり者の彼女が駄々っ子のように泣きじゃくって文句をぶちまける姿を目の当たりにしたミルドレッドは、あまりの驚きで言葉を失ってしまいました。

気の強いリリーは昔からアシュリーを敵視して不仲な態度をとっていましたが、実際には表に出さなかっただけでアイリスの方が彼女に対して強い敵対心を秘めていたのでしょう。

困惑したミルドレッドは、アシュリーを可愛がっているからといってアイリスの事を大切に思っていないわけではないと慰めます。

「それは分かってます……でも……お母さんはどうしてあの子を可愛がれるんですか?」

「私達の暮らしが貧しくなったのは、アシュリーのせいじゃないからよ」

アシュリーがこの邸で犯したミスと言えば、せいぜいお皿を落として割ったりドレスを焦がしてしまったりした程度の粗相だけ。

バンス家の経済状況が傾いたのは決してアシュリーの責任ではない、とミルドレッドは強調しました。

「アシュリーのせいじゃないって事は私だって分かってます……!でも……お母さんはそんなにアシュリーの事が可愛いんですか!?」

小さく苦笑いを浮かべたミルドレッドは、泣き喚くアイリスの頬にそっと手を当て、これまで他の娘たちと平等にアシュリーと接してきた理由を語り始めました。

アシュリーの境遇

アシュリーは5歳の時に実の母を亡くし、心の通わない父親との閉ざされた生活を余儀なくされてしまった不幸な少女。

その悲惨な生い立ちを説明されたアイリスは、彼女が可哀想な境遇にある事は素直に認めました。

それでもアシュリーを受け入れられないアイリスに対し、「よく考えてみてほしい」とミルドレッドは問い掛けます。

「貴女が5歳の時に私と死別してしまった状況を想像してご覧なさい アイリス……5歳の時の貴女がどれだけ可愛かったか、貴女は知ってる?」

ミルドレッドの脳裏に、幼き日のアイリスの姿が浮かび上がります。

ゆりかごの中で泣きじゃくりながら、小さな手で母の指に縋るアイリス。
覚束ない足取りでよちよち歩きを始め、母の膝にしがみついて嬉しそうな笑うアイリス。
ピアノの椅子の上にちょこんと座り、母と一緒に無邪気に連弾するアイリス……。

その全ての思い出が、ミルドレッドにとってかけがえのない宝物でした。

アシュリーの実母は、世界で一番可愛くて大切な娘を残してこの世を去ってしまった。

娘の髪をすいてあげる事も、お化粧の仕方を教えてあげる事も、一緒に服を買いに行ってあげる事も、人生の教訓を伝えてあげる事も、もう彼女には二度と出来ない。

もしも自分がその立場だったら、アイリスの事が心配で耐えられないだろう、とミルドレッドは母の気持ちを語ります。

5歳の時に実母と死別し、17歳で実父まで失ってしまったアシュリーを、一体誰が愛してくれるというのか?

「もしもフレッドと一緒に私まで他界していたら、アイリスだってアシュリーのようになっていたのかもしれないのよ」

自分がアシュリーと同じ立場になった時の事を想像したアイリスは、胸を引き裂かれるような思いに駆られました。

ミルドレッドの想い

もしもアイリスが孤児になってしまったら、周りの人達にはこんな風にアイリスに接してほしいと思う事をアシュリーにしているだけだと諭すミルドレッド。

時には鬱陶しいと感じる事もあるけれど、家族の愛情はその子の人生の基盤になる宝物であり、どんな失敗をしても傍に居てくれる味方が居る事が大きな心の支えになる。

自分が幼い頃に両親から学んだ教訓を、今度は母の立場として娘たちに伝えたい。

ミルドレッドが抱いている温かい想いは、氷のように冷たく閉ざされたアイリスの心を優しく包み込みました。

「これはあくまで私個人の考えだから、アシュリーに優しくするよう貴女に強要する気はないわ でも、どうして私が他所の子であるアシュリーをアイリス達と平等に扱うのか、その理由だけは知ってほしかったのよ」

もちろん3人が仲良くしてくれたら嬉しいけれど、それは当事者同士の問題だから自分に口出しする資格は無い、と言って苦笑いするミルドレッド。

アイリスに自分の想いを伝えていくうちに、母として生きる人生の素晴らしさを自覚するようになっていました。

もしも自分が転生前の本当のミルドレッドだったら、「お母さんはそんなにアシュリーの事が可愛いんですか?」と聞かれた際に、「違う」と即答していたはず。

けれども、時間が経てば彼女もいつかきっと自分と同じ心境に至っていただろう、とミルドレッドは信じていました。

不器用な家族

「友達」と呼べるような大切な人がいるかと尋ねられたアイリスは、気まずそうな表情でリリーやリアンの名を挙げました。

どうしてもアシュリーを友達と呼べないアイリスの葛藤を察し、ミルドレッドは優しく彼女を抱き締めて話を続けます。

バンス家がこうなったのは、フレッドを伴侶に選んだ自分にも責任があると言って自虐的に笑うミルドレッド。

それを聞いたアイリスは「そんな事ありません!」と叫びながら顔を上げ、悪いのは全部フレッドであってミルドレッドは被害者だと力説します。

「そう言ってくれてありがとう」

明るく微笑んだミルドレッドは、両手でギュッと娘を抱き締めて感傷に浸りました。

自分の選択により、アイリスとリリーを悲しませてしまった事を心の奥底でとても後悔していた本当のミルドレッド。

自分ではなく本当のミルドレッドがこの言葉を聞いたら、彼女はどれだけ救われただろう、とミルドレッドはひそかに考えていました。

「……私も本当は分かってるんです……アシュリーも被害者だって事を……」

今すぐには無理かもしれないけれど、彼女と本当の家族になれるよう少しずつ努力してみる、とアイリスは約束しました。

「それだけで十分よ」

ミルドレッドはアイリスと添い寝しながら、彼女の繊細な気持ちを慮ります。

きっとアイリスは頭ではアシュリーの立場を理解していたものの、揺れ動く不安定な感情を抑えきれなかっただけ。

アイリスがアシュリーを憎むようになってしまったのは全て親のせいなのだから、二人が歩み寄れば彼女達の仲はすぐに良くなるはずだという確信がありました。

さっきまで別室で返事の手紙を書いていた事をふと思い出したアイリスは、デビュタントの時に出会ったマーシャとパトリシアにも手紙を書いて良いかと切り出します。

「もちろんよ 後で住所を調べてあげるわ」

人生において必要なものは、友達と少々のお金……。

あっ、あと健康も必要ね……。

ミルドレッドはアイリスをベッドの上で抱き締めながら、自分の滑稽な独り言に失笑を漏らしていました。

<前話 全話一覧 次話>

シンデレラを大切に育てましたを無料で読めるか調査した結果

「シンデレラを大切に育てました」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「シンデレラを大切に育てました」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

39話を読んだ感想

長女としてミルドレッドを献身的に支えてきた強いアイリスにも、意外なほど脆い一面があったのは驚きです。

バンス家を凋落させた継父・フレッドへの恨みが、あろうことか義妹のアシュリーに向かっってしまうのが何とも生々しくて切なくなりました。

アシュリーが悪いわけではないと頭では分かっているのに、心がどうしても彼女を拒絶してしまう。

理性と感情の不一致に苦しむアイリスの姿を見ていると、反抗期の頃の自分を思い出して胸が痛みます。

対人関係に悩むアイリスに対し、これまで3人の娘たちと平等に接してきた理由を丁寧に説明して諭すミルドレッド。

その光景は、継母への想いを打ち明けながら泣いていたアシュリーとのやり取りを彷彿とさせます。

平穏に暮らす中にも様々な悩みがあり、それらと向き合いながら前に進むのが人生というもの。

子供たちと本音でぶつかり合い、立派に母親を務めるミルドレッドの姿勢を、心から誇りに思います。

ひょっとすると、乗馬をこなすほど器用なアイリスは、精神的な面でアシュリーよりも不器用なのかもしれませんね。

似た者同士の二人なら、きっといつの日かお互いの立場を分かち合い、本当の家族になれるはず。

バンス家の4人が幸せに暮らせる日が訪れる事を願わずにいられません。

デビュタントの際はアシュリーがアイリスのドレスを焦がしてしまう事件が起きましたが、今回は仮面舞踏会を無事に迎えられるのでしょうか?

第40話の続きを読むのが今から楽しみです。

<前話 全話一覧 次話>

シンデレラを大切に育てました39話!まとめ

こちらでは39話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

シンデレラを大切に育てました39話のまとめ
  • 小さく苦笑いを浮かべたミルドレッドは、泣き喚くアイリスの頬にそっと手を当て、これまで他の娘たちと平等にアシュリーと接してきた理由を語り始めるのだった。
  • アイリスに自分の想いを伝えていくうちに、母として生きる人生の素晴らしさを自覚するように。そして本当のミルドレッドも時間が経てば彼女もいつかきっと自分と同じ心境に至っていただろうと信じていた。
  • アイリスがアシュリーを憎むようになってしまったのは全て親のせいなのだから、二人が歩み寄れば彼女達の仲はすぐに良くなるはずだという確信がある様子。