少女/女性漫画

「シンデレラを大切に育てました」ネタバレ5話!あらすじ・感想を紹介!イケメン紳士・ウィルフォード男爵

ピッコマ独占配信の人気コミック「シンデレラを大切に育てました」。

「続きが気になる!」
「主人公はどうなる?!」

こちらでは「シンデレラを大切に育てました5話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

前回のあらすじ

前回は、足の傷の痛みがぶり返して歩けなくなったミルドレッドが路肩で休んでいると、偶然そこに通りがかったダビナという女性に声をかけられ、彼女の店内で膝の手当てをしてもらいます。

ダビナが洋裁師であることを知ったミルドレッドは、彼女の腕を見込み、貴族の社交界に着て行く娘たちのドレスの製作を依頼。

初めは恐れ多くて拒否していたダビナでしたが、ミルドレッドに説得されてやる気を取り戻し、腕によりをかけてドレス製作に着手します。

その数日後、ミルドレッドは娘たちのために素敵な殿方を見つけようと、義姉のサンドラの誘いを受けて自ら社交界の場に赴きました。

シンデレラを大切に育てました5話のあらすじネタバレ

肥満の原因

一旦サンドラと分かれて邸内を歩いていたミルドレッドは、実兄のゲリ・マーフィー伯爵とも再会します。

数年ぶりに会った兄は以前よりもでっぷりと肥えていて、思わず失笑してしまうほどの貫禄がついていました。

本人曰く、去年はダイエットに成功して痩せたものの、最近近所にできた新しいレストランの料理が美味すぎて再び太ってしまったとのこと。

ゲリは苦笑いを浮かべながら、「妖精の泉」というレストランがお勧めだと太鼓判を押しました。

その店名を聞いたミルドレッドはビックリ仰天。
数日前に出会った謎のイケメンも同名のレストランの存在を口にしていた事をすぐに思い出し、その店について教えて欲しいとゲリに尋ねました。

妖精の泉は一風変わった店名ではあるものの、オーナーを務めるウィルフォード男爵が商才に長けていて、オープンから短期間のうちに大人気のレストランに成長したそうです。

嬉々として語るゲリの話を聞いていたミルドレッドは、自ら汗水たらして働くことを毛嫌いする貴族がレストランの運営をしていることに強い違和感を覚えました。

さらにゲリは、ウィルフォード男爵の代母(キリスト教の洗礼式の場で証人として立つ人物)が前王妃であるという逸話も紹介します。

一介の貴族の洗礼式に王室の人間が立ち会うことなど通常ありえないので、そのウィルフォード男爵なる人物はただ者ではないと直感しました。

ウィルフォード男爵との再会

ミルドレッド達がウィルフォード男爵の話題で盛り上がっていると、彼女の背後に一人の男性が歩み寄ります。

「私の母が前王妃様と特別親しかったのですよ」

いきなり背後から話しかけられたミルドレッドがビックリして振り返ると、二度目の衝撃が彼女の脳天を貫きます。

そこに立っていたのは、数日前に市内で出会ったあの長身のイケメンでした。

見たこともない家紋の指輪をミルドレッドにプレゼントした紳士こそが、ウィルフォード男爵その人だったのです。

高級タキシードに身を包んだウィルフォード男爵は、「前回の無礼を挽回する機会が訪れて幸いです」と優雅に微笑みました。

しかも彼はミルドレッドの右手をそっと持ち上げ、「キスをしてもいいですか?」と大胆な質問を投げかけてきます。

呆れたミルドレッドがあぜんとした表情のまま固まっていると、やけに親しげに話している二人の姿を見たゲリが「知り合いなのか?」と首を突っ込んできました。

ウィルフォード男爵が「はい」と答えると同時に「いいえ」と叫ぶミルドレッド。

不思議そうな顔で自分を見つめる彼の視線に気づいたミルドレッドは軽く舌打ちし、数日前に市内で偶然会って互いに名乗ることなく別れただけだとゲリに打ち明けます。

二人がそれほど親しい仲ではないことを知ると、ゲリは改めて二人の紹介の場を取り持ちました。

「ミル こちらはさっき話していたダニエル・ウィルフォード男爵だ」

ゲリに紹介されたウィルフォード男爵は自分の胸に手を当て、うやうやしくお辞儀をしながら笑顔を向けます。

「ウィルフォード男爵 こちらは私の妹のミルドレッド・バンスだ 夫のフレッドが2年前に行方不明になってからというもの、しばらく社交界の場に顔を出していなかった」

ミルドレッドの素性を初めて知ったウィルフォード男爵は驚いたような表情を浮かべ、彼女を「バンス夫人」と呼びました。

ミルドレッドのときめき

いつまでも自分の右手を掴んで離さない彼の態度に業を煮やしたミルドレッドは、そろそろ手を放してもらえないかと切り出します。

しかし、ウィルフォード男爵は何らためらうことなく彼女の右手を握り続け、「キスをしてもいいですか?」と同じ質問を繰り返してきました。

その時になって、彼が紳士のマナーとしてレディーの手の甲にキスしようとしていることをようやく悟ったミルドレッドは、「もちろんです」と慌てて返答しました。

ゆっくりと体を折り曲げたウィルフォード男爵がミルドレッドの右手に優しく唇を添わせた瞬間、彼女の全身が不思議な高揚感に包まれ、心臓の鼓動が急激に高まりました。

「ダニエルと呼んでください」

澄んだ瞳でジッと見つめられたミルドレッドは頬を赤らめ、恥ずかしそうに視線を逸らしながら彼の手を振りほどきます。

「バンス夫人と呼んでください ウィルフォード男爵」

あえて彼のことを「ダニエル」ではなく「ウィルフォード男爵」と呼んでやることが、今のミルドレッドに出来る精一杯の抵抗でした。

おかしな人

出迎えの仕事があると言ってゲリがその場から立ち去ると、ウィルフォード男爵は自分の左腕をミルドレッドの横に差し出して、少し歩きながら雑談でもしないかと提案します。

ミルドレッドは少し迷ったものの、彼と腕組みして邸内を歩き始めました。

「妖精の泉というお店を運営されているそうですね」

さっきから気になっていた疑問を本人にぶつけてみると、「自分は運営には携わっていない」という答えが返ってきました。

「私は外国で食べた料理をこの国でも紹介したくて、訓練したシェフを雇ってレストランを開いただけです」

「それを運営というのではないですか?」とミルドレッドが反論すると、ウィルフォード男爵は「店の運営者は別にいます」と言ってはぐらかし続けます。

ミルドレッドの釈然としない表情に気づいたウィルフォード男爵は、「私が運営者でなくてガッカリしましたか?」と茶化しました。

するとミルドレッドは平然とした表情のまま、さっきお互いの名前を知ったばかりの間柄なのに何を期待することがあるのかと言い返します。

「もしかして妖精の泉に行かなかったんですか?」

「はい、指輪は売った方がマシだと思ったもので」

得意げに答えるミルドレッドの反応を見たウィルフォード男爵は、急に大声を上げて笑い出しました。

彼が笑い声をあげる度に逞しい筋肉がピクピクと痙攣するため、腕を組んでいたミルドレッドは急に恥ずかしくなって腕を振りほどきました。

「そんなにおかしいことを言ったつもりはありませんけど?」

ミルドレッドが不満げな表情を浮かべると、ウィルフォード男爵はなおも顔を綻ばせながら謝罪の言葉を口にします。

「あの指輪を店で換金するのは難しいと言ったじゃないですか」

もう一度ミルドレッドの手を握りしめたウィルフォード男爵は、優しい眼差しで穏やかにつぶやきました。

<前話 全話一覧 次話>

シンデレラを大切に育てましたを無料で読めるか調査した結果

「シンデレラを大切に育てました」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「シンデレラを大切に育てました」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

5話を読んだ感想

今回は、全く娘たちが本編に登場しないミルドレッドのメイン回でしたね。

久々に参加した社交界の場でサンドラの次に出会ったのは、ミルドレッドの実の兄・ゲリ。

恰幅の良い体つきとコミカルなちょびひげがスーパーマリオみたいで、初登場シーンを見た瞬間に思わず笑ってしまいました。

男運の無いミルドレッドに対し、サンドラという良妻を持つゲリは公私共に恵まれた生活を送っている模様。

同じ兄妹なのにここまで対照的な人生を送っていると、ミルドレッドは呪われているのではないかと勘繰りたくなってしまいますね。

伯爵一族の出でありながら転落人生を余儀なくされた彼女が、その悔しさをアシュリーへの虐待としてぶつけてしまった気持ちも分からないではありません。

自分の殻に閉じこもっていたミルドレッドが主人公の魂と入れ替わり、大きな世界に目を向けるようになったのは良い傾向でしょう。

人は一人でも自分の理解者がいると、それだけで救われたような気持ちになれるものです。

本来のミルドレッドも家に籠っていないで外に出るようにしていれば、意地悪な鬼母にならずに済んだのではないでしょうか。

そして、数日前に市内で出会った謎のイケメン紳士が、類まれなキャリアを誇るウィルフォード男爵その人だったとは驚きでした。

ということは、彼と一緒にいたハンチング帽の青年は、妖精の泉の運営者かシェフかもしれませんね。

彼が重要人物であるのは間違いありませんが、シンデレラと結ばれる王子様というよりは、ミルドレッドの味方になってくれそうなキャラクターのように思えます。

フレッドを失って未亡人となったミルドレッドに新しい伴侶ができれば、萎びた一家に爽やかな新風が吹き込むことでしょう。

初対面が最低な形だったため、ミルドレッドはウィルフォード男爵に対して一線を引いているものの、今後二人の関係がどうなっていくか実に楽しみです。

第6話以降の展開も見逃せませんね!

<前話 全話一覧 次話>

シンデレラを大切に育てました5話!まとめ

こちらでは5話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

シンデレラを大切に育てました5話のまとめ
  • 実兄のゲリ・マーフィー伯爵と再会。妖精の泉というレストランに通い太ってしまったとのこと。
  • ミルドレッドの素性を初めて知ったウィルフォード男爵は驚いたような表情を浮かべ、彼女を「バンス夫人」と呼ぶようになる。
  • 「ダニエル」ではなく「ウィルフォード男爵」呼ぶことが、今ときめいているミルドレッドに出来る精一杯の抵抗。