少女/女性漫画

「カントリークラッシャー」10話あらすじ・ネタバレ 作品を取りに来た葵

めちゃコミ独占配信の「カントリークラッシャー」10話のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前話あらすじ

愛美を襲った賢治は、帰ってきた将生に見つかり、ボコボコに殴られてしまいます。

必死に愛美も止めに入りますが、将生は一切話を聞きません。

困った愛美は、電話で葵に助けを呼びます。

すぐに駆けつけてきてくれた葵によって、その場は事なきを得ました。

賢治に二度と俺の前に現れるなと怒鳴る将生に、賢治は怯えて、謝りながら逃げ帰りまし
た。

落ち着きを取り戻して部屋の奥に入ろうとする将生に、葵は今度、愛美の作品を取りにお邪魔することを前もって伝えておきます。

そして愛美には、賢治との関係を分かってる上で、これ以上大事にはならないと思うから、安心して大丈夫だとこっそりと伝えるのでした。

この喧嘩で将生に怪我させられた愛美は、腕に痛みを感じます。

そんな愛美を、さっきとは違う態度で気遣い、将生は心配をしてくるのでした。

カントリークラッシャー10話あらすじ・ネタバレ

将生の価値観

将生は心配そうに、愛美の腕を気遣います。

ですが、愛美はすっかり冷めていました。

申し訳そうな表情をしたり、手を添えたりする将生を、冷たい目で見ては悪態つきます。

ふと考えた愛美は、将生に、さっきの賢治とのことは違う事を前提にして、もし自分が浮気をしていたらどうするのかと聞いてみました。

将生は、何言っているんだといったような声を漏らして、そんなアバズレな女なら離婚をすると、険しい顔をして言います。

でもそう言う将生は、浮気をしていました。

愛美は困惑しながら、そしたら将生は浮気をしていたのだから、私が望めば離婚をしてくれるということなのかと確認すると、将生は大きな声で、そんな事では離婚をしないと言い切ります。

かなり矛盾した答えに戸惑って返答しようとすると、将生は愛美を引き寄せて、強引なキスをしてきました。

そしてそのまま愛美を押し倒されて、将生は身体を重ねはじめました。

望んでいたはずなのに

ついこの間までレスをずっと悩んできた愛美です。

将生に求められることをずっと望んでいたはずでしたが、今は不思議と何も感じていませんでした。

愛美は将生にされながら、色々な事を考えます。

将生はこうする事で、自分を繋ぎ止められているのだと思っているのだろうかと思ったり、全部有耶無耶(うやむや)にしたいだけなのかもしれないと思ったり、ただの独占力なだけなのだろうかと思ったり…。

愛美はもう、将生の愛が分からなくなっていました。

そして、夫婦という存在がとてもちっぽけに感じました。

こんなに簡単に壊れてしまうものなのだと思いながら、愛美は将生の行為を受け続けました。

作品を取りに来た葵

パートの仕事終わり、愛美は葵と待ち合わせをしていました。

珈琲店の裏口出口で待っていてくれた葵は、出てきた愛美にお疲れ様と声をかけます。

急に作品が必要になった為、急遽お願いをしてしまった事を謝る葵。

愛美は、自分こそ待たせてしまって申し訳ないと謝ります。

葵は全然構わないといい、仕事をしている愛美に見惚れていたら時間があっという間だった事を伝えました。

愛美はまたそんなことを言ってと言いながら、静かに照れるのでした。

葵と一緒に、愛美は家に帰ってきました。

早速、作品を取りにいこうとする愛美でしたが、葵も一緒に見たいと希望して、一緒に奥の作品のある部屋まで向かいます。

部屋に着いた愛美は、どんな作品がいいかを葵に確認します。

大きいものがいいのか、凝ったデザインのものがいいかなどを聞きながら作品を取り出そうとしますが、葵は何も言わず、そっと愛美の後ろに近付いてきました。

そして一言、ねぇ、と声をかける葵に、愛美はドキッと頬が赤くなります。

作品を借りるためだけに、ここまで来たとは思ってないでしょ?と囁く葵は、愛美の後ろからそっと抱きしめます。

そして首に口付けをする葵。愛美は思わず声を漏らしてしまいました。

段々と愛美をはだけさせながら、葵は、ここで将生とも寝て、賢治とも寝ていたんだねと言葉でも攻めていきます。

荒い息になりながら愛美は、葵に翻弄されて、それで…と、葵の愛撫に必死に耐えながら答えます。

そんな愛美の様子に、葵はそそると呟き、立ったまま二人は熱い情事を交わすのでした。




将生の帰宅

そしてしばらくして、作品を選び終わった葵は、部屋から作品を持って出ようとします。

選んだお皿は結構な量になり、重たくないかを心配する愛美。葵は全然持っていけると伝えます。

そんな時、将生が帰ってきました。

玄関にまた男物の靴があることに逆上する将生は、また大声を張り上げました。

将生の前に現れた葵は、冷静に将生を諭します。

前もって話しておいたことを改めて伝えて、今日その作品を取りにお邪魔をしていたのだと伝えました。

それを言われても、将生は疑った眼差しを向け続けます。

そんな時、チャイムが鳴り、誰かが家を訪ねてきたのでした。

<前話 全話一覧 次話>

カントリークラッシャーを無料で読めるか調査した結果

「カントリークラッシャー」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

カントリークラッシャー10話の感想

将生は、相変わらずのスーパー男尊女卑精神ですが、幼稚な精神もしているのだと感じました。

自分は浮気してもよくて、なのに妻には一切許さないという事を平然と言うところが、将生は逆にほんとに凄いです。

揉めそうになった時の解決法が、強引に身体を重ねる事というところも、とことん女性をばかにする将生らしい行動でした。

愛美に愛があるのかはよくわかりません。

ですが、おそらく気持ちはないのではないでしょうか?

ただ、愛美という女性をとことん見下して、驕り高ぶっていて、人に取られそうになると自分のものとして取り戻したくなったり、自分に従わせたい独占力や傲慢さに狩られているだけなんだと思います。

反抗期の幼稚園児よりタチが悪いように思います。

前回の話では、前もって葵が伝えていた時は興味がなさそうでしたが、実際に取りにくると疑いの眼差しを向ける将生。

野生の勘なのかもしれませんが、これまで同じことがあったせいか、自分の家に自分の女と男が二人で一緒にいる事を極端に嫌っているようにも思います。

相手が葵だから尚更かもしれませんが。

訪ねて来た人は一体誰なのでしょうか?また上手くこの場を乗り切れると良いのですが…。

そして葵は、やっぱり危険な男でした。

部屋の奥に上がるやり方も巧みすぎます。信用出来る相手なら問題ないと思いますが、葵みたいな危険なところのある男の場合、少しは警戒して断ったりしないといけませんでしたね。

ですが、今の愛美には、貞操を守りたい大事な人がいない状態で、少し惹かれている葵が相手だと、受け入れるどころか、少し期待をしてしまっていたのかもしれません。

やり手の葵に翻弄される愛美は、どこまで落ちていってしまうのでしょうか!?

そして、将生と愛美はこの先どうなっていくのでしょうか!?今回、将生と身体を重ねた事で、将生への気持ちが完全になくなっていた事を愛美は実感したように思います。

この先、離婚に向けて進めていくのかもしれませんね。

ですがおそらく愛美は、これで遠慮なく将生への復讐を遂行していきそうな予感です。

さて次回、愛美はまたなにか動き出すでしょうか!?

カントリークラッシャー10話まとめ

こちらでは10話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

カントリークラッシャー10話まとめ
  • 将生は自分は浮気してもよくて、なのに妻には一切許さないという事を言います。愛美が将生の浮気を指摘すると、強引なキスをしてそのまま愛美を押し、身体を重ねはじめました。
  • 将生に求められることをずっと望んでいたはずでしたが、何も感じていませんでした。将生の行為を受けながら色々な事を考えていました。
  • 葵と一緒に、作品を取りに行くために愛美は家に帰ってきました。葵は、愛美の後ろからそっと抱きしめます。そして、立ったまま二人は熱い情事を交わすのでした。
  • 葵は、部屋から作品を持って出ようとします。将生が帰ってきました。玄関の靴を見て逆上する将生ですが、葵は作品を取りにお邪魔をしていたのだと伝え将生を諭します。そして、チャイムが鳴り、誰かが家を訪ねてきたのでした。

<前話 全話一覧 次話>