少女/女性漫画

「カントリークラッシャー」2話あらすじ・ネタバレ大切なお皿

めちゃコミ独占配信の「カントリークラッシャー」2話のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前話あらすじ

愛美は夫ではない男性と、熱い情事を交わしていました。

悪女のような女性になってしまった愛美。

道を踏み外してしまったキッカケを、愛美は思い出すのでした。

夫の実家の田舎は、男尊女卑が色濃く残っている地域でした。

愛美は里帰りをした時、古い文化を目の当たりにしてうんざりしします。

ですが、夫の将生は優しくて気遣いのある夫です。

里帰りの間だけ我慢をすれば…と思っていた矢先、将生に田舎に戻って暮らしたいと土下座をして頼み込まれます。

最終的に、しっかりとサポートしてくれる約束の元、引っ越しをすることになりました。

ですが、引っ越した後の将生は、日に日に対応が悪くなっていくのでした。

ある日、片付けながら大切なお皿が見つからずに探していると、だいぶ酔った将生を二人の友人が連れて帰って来てくれました。

友人達と交流を交わす愛美。

翌日、将生は家に友人を上げたことに怒り出し、そして将生まで、男尊女卑の嫌な態度を見せ始めるのでした。

カントリークラッシャー2話 あらすじ・ネタバレ

実家に訪問

将生の実家を訪ねた2人は、(見た目は)優しそうな義母に出迎えられます。

将生には部屋で休むように伝え、愛美を台所に誘います。

予想していた愛美は、エプロンを持ってきてよかったと思うのでした。

台所には義兄嫁の由紀恵もいて、3人和やかに進めていきます。

ふとしたことから占いの話に花が咲き、男達の待つ部屋で配膳をしながら、占いの結果を楽しそうに話してくれます。

話を聞いていた義兄は、馬鹿にするように笑いますが、義姉は平然と受け答えをし、義母は義父に支度が整ったのを伝えて食卓に呼びこんでいました。

愛美は、全く何もしない男達に心の中でため息をつきます。

食事は感じよく進むのですが、途中、義兄は義姉にスッと茶碗を差し出し、義姉は喜んで受け取る光景がありました。

日常的な様子にげんなりしていた時、義兄夫婦の赤ちゃんが泣き出したので義姉は慌てます。

愛美が代わりにおかわりを引き継ぎ、義兄に手渡すと、義兄は自分の子供に対しても暴言を吐きます。

子供にまでと心を痛めていた時、今までは自分でよそっていた将生まで同じように茶碗を差し出してきました。

内心イラつきながら将生のご飯をよそっていると、義母が用意していたおつまみの器を見て、自分のお皿だと気がつく愛美。

ずっと探していた大切な皿は、将生の実家に届いていたようでした。

大切なお皿

お酒を飲みながら男達は、愛美の陶芸の趣味やお皿の出来を和気藹々(わきあいあい)と語り合います。

だいぶ酔っていた将生が、お皿をよく見せようと持ち上げた時、手を滑らせて大事なお皿を割ってしまいました。

手が滑った事を謝りますが、それだけの将生。

義母は義父達の心配をし、愛美にも妻ならまず旦那の心配をするべきだと言い出します。

誰一人お皿にも自分にも気にかけてくれないことに消沈しながら、お皿を黙々と片付ける愛美。

大切なものが壊れてしまってショックを受けている愛美を、将生は皿くらいで大袈裟だと大笑いするのでした。

愛美は涙を浮かべ、自分の父と将生の言動が重なります。

機嫌が悪いと周りの物を壊し、怖がる母子を笑っていた父。

自分もその内、母親の時のように殴られるのではないかと思い始めます。

父親に傷付けられる毎日の中、母と姉妹で一緒に作った、大切な思い出の、宝物だったお皿。

どうして将生に壊されないといけないのかと、愛美は激しい負の感情に駆られました。

将生の提案

夫がそんな人だとは思いたくない愛美は、お皿の事を将生と話し合います。

言い訳をしながらも、謝る将生。

限界に近い愛美は、頻繁に今日のようなことがあったら、きっと無理だと告げます。

将生は、配慮して実家に行く機会を減らす提案をしてくれて、静かに話は落ち着きます。

そんな中、将生は愛美に、パートで働くのはどうかと勧めてきました。

息抜きになったり、友人も出来るかもしれないと、もう一つ提案をしてきたのでした。

<前話 全話一覧 次話>

カントリークラッシャーを無料で読めるか調査した結果

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

カントリークラッシャー2話を読んだ感想

こんな旦那の実家、ホントに嫌です!!

古き良き時代ってこういう男尊女卑じゃなくて、女は一歩引いて歩けど、根底はお互いがお互いを人として大事に想いあってて、女が困った時は男は身を挺(てい)して助けるような世界の話なんじゃないの!?と思ってしまうんですけど、違います!?

こんな、女性の心を一切考えないなんて、古い価値観とかやなくてただの差別虐待ですよ(泣)

愛がなさすぎます!

愛美じゃないけど、誰のサポートのおかげで整った生活を送れてると思ってるんだか、とか、全員愛想尽かされちゃえばいいのに、とかめっちゃ愚痴りたくなります。

昔って、本当にこういう世界だったのかな。

そうやって、酷く扱われてきた女が働いて自立しだして、男の言いなりにならなくても生きていけるようになっていったのでしょうか。

よくわからないけど、今じゃレディファーストも当たり前のようになってきたところもありますが、こんな、女を見下してバカにするような事がなければ、男を立てて、女は後ろから支えるような姿はとても素敵だとも思うのですけどね。

ご飯を嫁がよそったりとかも、個人的には全然気にならなかったりします。

今の時代だと、台所に入るのは義母が言うのではなく、嫁が後から自分で手伝いに行くイメージですが。

傷付けても平気になってしまったら、信頼も人間関係も何もなくなってしまうと本当に思います。

受け流すことも大事とは言うけど、義母や義姉は一体夫のどこが良かったんだろうとばかり思ってしまいます。

子供を産んで育てるのが女の務めとか、そういう事なのでしょうか。

実家の男どものいいところ、あるなら早く見せてみろって言いたいです(汗)

将生はこの男尊女卑が当たり前の中で育ってきたから、本来は将生も完全にそういう人なんだろうと思います。

東京ではそれでは生きていけず、引っ越す前までは気遣いのできる将生を演じていたんだろうな。

約束を全然守らないどころか、実家にいると本性出まくりで酷すぎる将生。

無理かもしれないじゃなくて、もう無理でしょ(汗)

夫の事を信じようとしながら、ギリギリのところまで来ている愛美。

パートの話は確かに良さそうに思うけど、あの田舎で無事にやっていけるのでしょうか…。

ずっとフルボッコな愛美だけど、そろそろなにか救われて欲しいです!

カントリークラッシャー2話まとめ

こちらでは2話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

カントリークラッシャー2話まとめ
  • 将生の実家を訪ねた2人は、義母に出迎えられます。愛美を台所に誘い、義兄嫁の由紀恵もいて、占いの話に花が咲きます。自分のお皿を見つける愛美。ずっと探していた大切な皿は、将生の実家に届いていたようでした。
  • 将生が、手を滑らせて大事なお皿を割ってしまいました。ショックを受けている愛美を、将生は大袈裟だと大笑いします。
  • 将生は、配慮して実家に行く機会を減らす提案をしてくれて、愛美に、パートで働くのはどうかと勧めてきました。

<前話 全話一覧 次話>