少女/女性漫画

「カントリークラッシャー」9話あらすじ・ネタバレ 修羅場

めちゃコミ独占配信の「カントリークラッシャー」9話のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前話あらすじ

賢治の彼女が、愛美を訪ねてきました。

賢治は隠しきれず、彼女に白状してしまっていました。

二度と近づかないように忠告に来た彼女でしたが、逆に賢治の浅はかさやどうしようもないところを分からされて、泣き崩れてしまいます。

その姿に、愛美は過去の自分が重なりますが、もうそんな人生は送らないと腹を括ります。

そして家に帰ると、賢治が訪ねてきました。

彼女に隠せなかったことを謝りに来たはずが、最後にもう一度だけと愛美に迫りだします。

押し倒されて、抵抗をしていた時、タイミング悪く将生が家に帰ってきたのでした。

カントリークラッシャー9話あらすじ・ネタバレ

修羅場

おい、と声をかける将生に、二人は狼狽えます。

愛美は、しどろもどろになりながら言い訳をしますが、将生は何も言いません。

そして、ズカズカと土足で二人に近付き、賢治に思いきり殴りかかりました。

何をしているのか分かってるんだろうなと怒鳴りつけて殴り、血を吐いて倒れる賢治。

愛美は悲鳴をあげます。将生の怒りは収まらず、尚も立たせて更に殴ります。

愛美はやめてと頼み、暴力はいけないと強く注意をしますが、将生は一切聞いてくれません。

何も聞いてもらえず、血走った目で殴りつける将生に恐怖を感じる愛美。

どうしたらいいのか分からず戸惑っていましたが、葵の事を思い出し、助けを呼ぶ事にしました。

少し離れたところで葵に電話をかけると、すぐに繋がりました。

愛美は、上手くまとめて言えませんが、何とか、今家で将生が賢治に殴りかかっている事を伝えます。

葵は驚いた声を出しますが、すぐに状況を理解して、今すぐ行くから待っていてと愛美に伝えます。

愛美は、葵が来るまで、なんとか少しでも将生を抑えないといけないと思い、将生の元に向かいました。

鈍い音が響きながら殴り続ける将生の腕を抑えて、冷静になるように必死に呼びかけます。

血も出ている事を伝えて、これ以上はダメだと何度も伝えますが、将生はうるさい、黙っていろと愛美を思い切り振り払いました。

愛美は勢いよく投げ飛ばされ、壁に腕がドンッとぶつかって肩を痛めてしまいます。

強い痛みを感じて、心の中で葵に、葵に早く到着してほしいと願います。

事件の収拾

すると、チャイムが鳴り、ドアがドンドンと叩かれたかと思うと、勢いよく葵が部屋に入って来ました。

何をしているんだと間に入る葵に、将生は、賢治が自分の女房に手を出していた事を話しながら、賢治の胸ぐらを掴みます。

事情は分かったからと言う葵は、一旦落ち着くように大きな声を張り上げ、その場がなんとか収まったのでした。

一旦場がシーンとなる中、葵は愛美に、将生が言ったことが本当なのかを確かめます。

愛美は、襲われたといっても未遂で、何もされていないことを伝えました。

そして、目が合っていた賢治に強く睨み付けて、圧力をかけて余計なことを言わないように促します。

賢治はたじろぎながら、将生に謝り、結婚前で不安になってしまって愛美に迫ってしまったのだと言い訳をしました。

そんなことはどうだっていいと怒鳴る将生は、賢治に二度と俺に近付くなとガンを飛ばして怒鳴りつけ、賢治は何度も謝りながら逃げるように家を出ていきました。

この場は何とかなったと愛美は思いますが、まだ不安が残ります。

賢治に本当のことをバラされてしまったらと顔を青ざめる愛美の側で、葵は何かに勘づいていました。

葵は、愛美に大丈夫かを確認すると、将生にも落ち着いたかを確認します。

将生は、愛美にも、隙を作っているんじゃないと怒鳴りつける始末。

愛美は謝りますが、葵はため息をつきながら、そうじゃなくてまず愛美を心配しろと注意します。

そして、念の為に先に謝っておくと言って、愛美の作品を今度工房に紹介することになっている話を伝えておきます。

運搬をする為などで近日また将生の家を訪ねるけど、誤解をするなと忠告しておく葵。

下らないと言う将生は、気にしておらず、葵にも帰るように促しながら部屋の奥に入っていきました。

葵は去り際の将生に出ていく挨拶をして、二人きりになった愛美に小声で心配しないで大丈夫だと言います。

これ以上大事になることはないと思うと言う葵。

愛美はよく分かっていませんでしたが、葵は、賢治の彼女は結構臆病だからといってウインクをします。

愛美は気付かれていることが分かって、小さく驚いた声を漏らしますが、感謝と謝罪を伝えて葵が帰るのを見送りました。

愛美と将生はソファに座って、落ち着きを取り戻していました。

ズキッと痛んで腕を抑える愛美に、将生はさっきと態度が120度変わっていました。

大人しい態度で素直に謝り、腕が腫れている事を気遣ってくれるのでした。

<前話 全話一覧 次話>

カントリークラッシャーを無料で読めるか調査した結果

「カントリークラッシャー」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

カントリークラッシャー9話の感想

将生は、賢治をボコボコにするまで殴りかかりました。

愛美に興味がないのかとも思っていましたが、自分のものに手を出される事は許せないようでした。

葵が止めに入った時も、俺の女に手を出してきたと言い、愛美にもスキを見せるなと怒鳴っていて、結局愛美の事なんて何も考えていません。

挙句の果てには、愛美に近づくなとは言わず、俺の前に姿を現すなと言う始末です。

どこまでも自分の事だけな将生。

怒りに任せて暴力を振りまくって、妻にも怪我をさせて、そして後で落ち着くと異常に優しくなる様子は、まるでDV夫そのものです。

いくら後で優しくても、怒りを抑えられずやりすぎる時点で、身の危険もあって、もう一緒にいてはいけない相手だと思います。

ですが、落ち着いた後の将生よりも葵の方が優しくて、器の大きさの違いも垣間見れたような気がします。

将生は暴力を振るってしまった罪悪感などで愛美を気遣っているだけで、本気では愛美を心配している訳ではなさそうな気がしました。

次回の話でどうでるのか、話はどう進むのか、続きの展開が気になります。

今回は、葵が来てくれていなかったら警察沙汰になっていたかもしれません。

葵の対処能力の高さは相変わらず凄くて、やっぱり勘のいい男性でした。

ちょっとの間で、愛美と賢治の裏事情まで把握をしていました。鋭すぎます!

今後、家で愛美と二人で会うことも伝えておいて疑われないようにする辺りも、本当に策士です。

これで一つ、口実も出来ましたね。

葵は今後、工房の用事がなくても訪れることがありそうな予感です。

賢治の彼女が、ボコボコになった姿を見て大事にならないかと少し気になっていましたが、葵の発言を聞くに、どうやら大事にはならずに済みそうですね。

もしかしたら、前回の愛美とのやりとりも響いていて、賢治の側を離れるかもしれません。

おそらく今回も、彼女は事情を聞き出してはいそうなので…。

賢治はまた正直に答えていそうです。全部憶測ですが、実際はどのようになっているのでしょうか!?

賢治と彼女の今後も、作中で拝見したいです。

愛美を一人の人間として尊重してくれる葵と、妻をただ自分の物のように考えて扱う将生。

二人には雲泥の差がありますが、葵も決していい男ではありません。

浮気をして妻を裏切っていたり、愛美を悪い方向へ導いていったり、実は作中1番の悪い男なのかもしれません。

相変わらず葵の真意が気になるところです。

今回で、賢治の件は一旦落ち着きそうですが、義母等の件はどうなったでしょうか!?

そして愛美は次のターゲットに取り掛かるのでしょうか!?

次回の話もとても気になります!

カントリークラッシャー9話まとめ

こちらでは9話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

カントリークラッシャー9話まとめ
  • 将生は賢治に思いきり殴りかかります。血を吐いて倒れる賢治を見て、愛美はやめてと頼みますが将生は一切聞いてくれません。愛美は葵に電話をして助けを求めます。
  • 葵が来てくれて、その場をなんとか収めます。賢治は結婚前で不安になってしまって愛美に迫ってしまったのだと言い訳をしました。そして、何度も謝りながら家を出ていきました。
  • 愛美は感謝と謝罪を伝えて葵が帰るのを見送りました。将生は落ち着きを取り戻して、愛美の腕が腫れている事を気遣ってくれるのでした。

<前話 全話一覧 次話>