少女/女性漫画

「エンドレス離婚」ネタバレ10話!あらすじ・感想を紹介!新たな火種

広告で大人気の「エンドレス離婚~もしも結婚生活をやり直せたなら~」。

「続きが気になる!」
「主人公はどうなる?!」

こちらでは「エンドレス離婚10話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

エンドレス離婚の前回のあらすじ

前回は、聡の発案により、結婚記念日前日の6月19日に家族みんなでディズニーランドに行くことになります。

ところが、何故か聡は6月19日に丸一日意識を失ってしまい、気づいた時には翌日の6月20日になっていました。

大慌てで皆をディズニーランドに連れて行くものの、きららが楽しみにしていたパレードはすでに終了。

またしても自分のミスで紀子を悲しませてしまい、聡は絶望の涙を流して家族に謝り続けます。

しかし、ダメな自分を変えようと努力していた聡の気持ちの変化に紀子は前々から気づいていて、今回の失敗を笑って許してくれます。

紀子との信頼関係が完全に回復したことで、聡は悪夢の無限ループからようやく抜け出せたことを確信しました。

エンドレス離婚10話のあらすじネタバレ

少年の意地

岩井家の4人は、園内のいろいろなアトラクションを満喫していました。

時間を忘れるほど夢中になっているきららたちの笑顔を見ていると、聡の胸中に幸福感が込み上げてきます。

俺はやっと家族との幸せを掴めたんだ……。

無間地獄からの脱出に成功して気を良くした聡は、「せっかくだし、もっと遊びたいよな!」と叫んで虎太郎の肩を抱きました。

さっきから一人だけ全くはしゃいでいない虎太郎は、「別に……」と冷静につぶやきながら嫌そうな顔をします。

しばらくすると、一つの看板を指さしたきららが「あれに乗りたい!」と言い出しました。

その看板には「キラキラプリンセス」と書かれていて、ピンクの装飾が施された可愛らしい乗り物が並んでいました。

いかにも幼女向けと言わんばかりのキュートなアトラクションを見てドン引きしてしまった虎太郎が、「あんなのやだよ……」とつぶやきながら下を向いてしまいます。

聡は虎太郎の考えていることをすぐに察し、紀子ときららにアトラクションに乗るよう勧めると、虎太郎と二人で別行動をとることにしました。

「分かるぞ、虎太郎~ あんなアトラクション恥ずかしくて嫌だよな~ 男ならやっぱりアレだよな!」

息子の方に向き直った聡は、自分の後方にそびえる巨大なジェットコースターアトラクションを指さしてニヤリと笑いました。

虎太郎は上空のジェットコースターを見上げると、かすかに顔を引きつらせ、あれには乗りたくないと答えます。

「なんだ、お前~!もしかして怖いのか~?」

聡に茶化された虎太郎はムッとした表情に変わり、「別に怖くないし」と言ってジェットコースターの入場口に向かいます。

「よっしゃ!それでこそ男だ!」

虎太郎に付き添いながら、聡は満面の笑みを浮かべました。

拒絶反応

キラキラプリンセスから出てきた紀子は、きららの手を取りながら聡たちを探していました。

ちょうどそこに、「ごめん、ごめーん」と叫びながら聡が駆け寄ってきます。

「貴方、どこ行ってたの?」

「待ってる間、虎太郎と二人でジェットコースターに乗ってたんだよ」

聡はニコニコしながら、キラキラプリンセスの体験談を語るきららと談笑し始めました。

一方その頃、少し離れた所に一人で立っていた虎太郎は、顔面蒼白になって口元を抑えていました。

虎太郎は生まれつき、乗り物酔いしやすい体質。

その事を知っている紀子は、息子の傍に歩み寄ると酔い止め薬を差し出して、彼の体調を親身に気遣いました。

すると、突然怒り出した虎太郎が「これぐらい平気だよ!ガキ扱いしないでよ!」と怒鳴り、紀子の手を強引に振り払いました。

横でそんなやり取りが行われていることなど露ほども知らず、のんきに次のアトラクションへ向かう聡ときらら。

少し遅れて、虎太郎もフラフラな足取りで二人の後を追います。

後に残された紀子は、親に対して反抗的な態度をとる息子の後ろ姿を悲しげな眼で見つめていました。

俺は行かない!

次にきららが乗りたいと言い出したのは、コーヒーカップのアトラクションでした。

ほんわかした雰囲気の施設の前に猫のマスコットキャラクターが立っていて、きらら達に優しく手を振っています。

聡たちがアトラクションの入場口に向かおうとすると、嫌悪感を丸出しにした虎太郎が悪態をつき始めました。

「あんな猫どうせ作り物だろ?くだらない!俺は行かないからな!」

岩井家の3人は、急変した虎太郎の態度を見て困惑してしまいます。

聡はとっさに苦笑いを浮かべ、「おいおい、何だよ~ 家族一緒の方が楽しいだろ?」と茶化しながら虎太郎の肩を抱き、彼を強引にアトラクションに乗せようとしました。

しかし虎太郎は父親から顔を背け、意地でもコーヒーカップに乗ろうとしません。

この野郎……!
せっかく無限ループを乗り越えられそうなのに、余計な事するなよ……!

聡は心の中でイラっとしましたが、父親として平静を保ちながら息子の説得を続けました。

「あのコーヒーカップ、女向けに見えるけど思いきり回したら男でも楽しめるんだぜ 超回るしスリルがあって楽しいんだぞ~」

その言葉を聞いた虎太郎は、さっきのジェットコースターの感覚を思い出して再び嘔吐しそうになります。

「俺は絶対行かねぇ!」

虎太郎は大声を張り上げて、父親の手を乱暴に振りほどきました。




親子喧嘩

その瞬間、堪忍袋の緒が切れた聡は「わがまま言うな!」と息子を大声で怒鳴りつけました。

「ここにはお前一人で来てるんじゃない!集団行動なんだから少しは我慢しろ!」

叱られた虎太郎も父親を睨み返して、「うるさいな!」と応戦。

「俺は一人で回るから、もうほっといてよ!」と叫ぶと、本当に一人でどこかに行こうとし始めます。

アトラクションの前で喧嘩を始めた親子の周りに、いつの間にか大勢の人だかりができていました。

紀子はとっさに虎太郎の後を追いかけると、彼の肩を掴んで呼び止めました。

頭に血が上っていた虎太郎は、「うるせぇ!」と叫びながら振り向きざまに右拳を突き出します。

すると、その拳が運悪く紀子の心臓を直撃してしまい、顔を真っ赤にした紀子が苦悶の表情を浮かべてその場に倒れ込んでしまいました。

辺りが騒然とする中、とんでもないことをしてしまった事に気づいた虎太郎が、真っ青な顔で呆然と立ち尽くします。

次の瞬間、虎太郎は歯を食いしばりながら、全速力でその場から逃げ出しました。

「待て、虎太郎!」

聡の必死の叫び声は、パニック状態に陥った少年の耳にはもはや届いていませんでした。

<前話 全話一覧 次話>

エンドレス離婚を無料で読めるか調査した結果

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

10話を読んだ感想

無事に紀子との関係が修復されたと思った矢先、今度は息子の虎太郎が新たなトラブルの火種になってしまったようですね。

年相応にはしゃぐきららに比べると、虎太郎は小学生とは思えないほどクールで大人びている少年。

家族で一緒に家の中にいる時も、彼だけはどことなく他の3人と距離をとっているような印象を受けていましたが、大勢の人達の前でこんなに反抗的な態度をとったことに非常に驚かされました。

おそらくその切っ掛けになったのは、嫌がる虎太郎を挑発して無理やりジェットコースターに乗せた聡の行動でしょう。

乗り物酔いしやすい体質の虎太郎は、意地を張ってジェットコースターに乗ったせいで体調不良に。

しかし、自分の弱さを親に見せたくない性格が勝り、強がっているうちにどんどん家族内で孤立していったように見えました。

小学生に反抗期を迎える子供は決して珍しくありません。

親の言うことに逆らって勉強しなくなる多感な時期ですが、虎太郎の場合はちゃんと勉強して優秀な成績を取り続けているから不思議です。

彼の反抗的な態度には、何か別の要因が隠れているのかもしれませんね。

少なくとも、聡は父親として息子の体質ぐらいは事前に把握しておくべきでした。

はたして、思わず母親を殴ってしまった虎太郎はどこへ行ったのでしょうか?

そして、虎太郎は両親と仲直りできるのでしょうか?

暗雲が立ち込めてきた第11話以降の展開が気になります。

<前話 全話一覧 次話>

エンドレス離婚10話!まとめ

こちらでは10話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

エンドレス離婚10話のまとめ
  • 離婚を回避したと確信している智は、虎太郎にジェットコースターを勧め、明らかに母を引きつっているのをみて茶化していた。
  • きららが乗りたいというコーヒーカップ。たら太郎は乗りたくないというが強引に乗せようとする聡が。
  • 聡と虎太郎が揉めてしまう中、虎太郎が振りかざした手が紀子の心臓部分に当たってしまい、その場は騒然。虎太郎はその場から逃げ出してしまう。