少女/女性漫画

「エンドレス離婚」ネタバレ11話!あらすじ・感想を紹介!最悪のディズニーランド

広告で大人気の「エンドレス離婚~もしも結婚生活をやり直せたなら~」。

「続きが気になる!」
「主人公はどうなる?!」

こちらでは「エンドレス離婚11話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

エンドレス離婚の前回のあらすじ

前回は、岩井家の面々がアトラクションを楽しむ中、虎太郎だけが冷めた反応を見せていました。

聡に無理やりジェットコースターに乗せられて体調を崩した虎太郎は、酔い止め薬を差し出す紀子の手を振り払うほどの反抗的な態度をとります。

皆でコーヒーカップのアトラクションに乗ろうとすると、「くだらないから俺は行かない」と言って、なおも虎太郎は集団行動の和を乱します。

怒った聡との口論の末に、虎太郎は一人で園内を回ると言い出しました。

紀子が止めようとした時、頭に血が上った虎太郎は思わずカッとなって母親を殴ってしまいます。

虎太郎のパンチをまともに胸にくらった紀子は卒倒。

真っ青になった虎太郎は、その場から全速力で逃げ出しました。

エンドレス離婚11話のあらすじネタバレ

父の知らない息子の姿

胸を殴打された紀子が意識を取り戻すと、岩井家の3人は園内を駆け回って虎太郎を探しました。

しかし、虎太郎の名前を何度呼んでも返事は無し。

辺りのキャストに聞いても手がかり一つ掴めず、3人は途方に暮れてしまいます。

せっかく全部うまくいってたのに、何て事してくれるんだよ……!

聡は紀子ときららと一緒に自動販売機の前で一旦休憩すると、声を荒げて虎太郎への怒りをあらわにしました。

「大人しいと思ってたのに、まさかあいつがあんな癇癪持ちだったなんて……!もっと協調性ってやつを教えてやらないと……!」

わなわなと震えながら眉間にしわを寄せる夫を見て、紀子が困惑の表情を浮かべます。

「貴方……実は虎太郎はね……」

紀子が聡に何かを伝えようとした時、近くの人混みの中から「うるせぇな!」と叫ぶ子供の声が聞こえてきました。

「親のとこなんて行かねーよ!」

声の聞こえる方に目を向けると、そこにはキャストに腕を掴まれている虎太郎の姿がありました。

子供は保護者同伴で施設を利用するのが園内のルール。
一人で歩いていた虎太郎は迷子と判断され、キャストによって強制的に保護されているようでした。

鉄拳制裁

「放せよ!ほっといてくれ!」

虎太郎はキャストの手を強引に振りほどくと、「待ちなさい!」という指示を無視して再び逃げ出しました。

その時、虎太郎とぶつかった一人の高齢者が、顔をしかめて転倒しそうになります。

他人を突き飛ばした事などお構いなしに逃げ続ける虎太郎。

慌ててその場に駆け付けた紀子は、「子供にどんなしつけをしてるんだ!」と憤る高齢者に対して必死に頭を下げ続けます。

「待て!虎太郎!」

全力で虎太郎の後を追いかけた聡は、息子の腕を掴んで自分の方に振り向かせると、思いきりビンタをくらわせて彼を転倒させました。

「いいかげんにしろよ!こんなに迷惑かけやがって!母親を殴るってのは男として最低の行為だ!父さんはお前が恥ずかしい!」

聡に大声で叱られた虎太郎は、瞳に涙を浮かべながら父親を睨み返します。

その場に遅れてやって来た紀子は、後ろから聡の肩に手を置き、二人の喧嘩を止めました。

「貴方……ここじゃ迷惑になるから、今日は帰りましょう……」

いつの間にか岩井家の周りにたくさんの人だかりができていて、聡たちを白い目で見ています。

いたたまれなくなった聡は、家族3人を連れて足早に駐車場に向かいました。

家族旅行の結末

その日の帰り道、岩井家の4人を乗せた車内は重苦しい雰囲気に包まれていました。

みんな険しい顔をしたまま押し黙っていて、誰一人口を開く者はいません。

夫婦の結婚記念日……夢の家族旅行……。

楽しい一日になると思っていたディズニーランド旅行は、予想だにしなかった最悪の形で終わりを迎えてしまいました。

後部座席に座っている虎太郎の様子をバックミラー越しに見てみると、虎太郎は頬杖をついたままずっと外の景色を眺めています。

気が付けば、虎太郎はもう9歳。

ちょっと前まで赤ん坊だった息子も、そろそろ反抗期を迎える年頃にまで成長したのだと聡は悟りました。

岩井家の長男であり、出来の良い息子を溺愛して育ててきた聡と紀子。

今日の虎太郎の生意気な態度を思い返してみた聡は、これまで息子を甘やかしすぎていたのかもしれない、と心の中で反省せずにいられませんでした。




心を閉ざす少年

翌日の昼下がり。
午後休を取った聡は、汗だくになりながら自宅に戻ってきました。

紀子に出迎えられた聡がリビングルームに行くと、そこにはテレビを見ているきららしかいません。

平日とはいえ、時刻はすでに15時を回っています。

気になった聡は、「まだ虎太郎は学校から帰ってきてないのか?」と紀子に尋ねました。

すると紀子は気まずそうな表情に変わり、虎太郎は旅行の疲れが残っていて朝からずっと部屋で休んでいると答えます。

「まさか……あいつ学校行ってないのか!?」

ディズニーランドでの出来事は単なる突発的な親子喧嘩だと思っていたのに、登校拒否にまで発展してしまった事に驚きを隠せない聡。

薄暗い室内でうずくまっている息子の姿を想像すると、聡はショックのあまり二の句を継げなくなってしまいました。

<前話 全話一覧 次話>

エンドレス離婚を無料で読めるか調査した結果

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

11話を読んだ感想

虎太郎の問題は、予想以上に長期化しそうな様相を呈してきましたね。

息子に思いきり胸をどつかれて倒れてしまった紀子の容態は、とりあえず大事に至らなくて何よりでした。

「はじめの一歩」というボクシング漫画には、相手の心臓を攻撃して動きを止める「ハートブレイクショット」なる技が登場します。

人間にとって心臓は急所中の急所であり、無防備な人間の心臓をいきなり攻撃すれば、女子供の力でも相手を死に至らしめてしまう恐れがあります。

わざとやったわけではないでしょうが、何のためらいもなく母親を攻撃した所を見る限り、虎太郎は普段から紀子相手に癇癪を起こしているのではないでしょうか?

知らない所で紀子が息子からDVを受けていたとすれば、再び離婚の原因になってしまう可能性がありますね。

一番の問題は、虎太郎が突然キレる要因は何なのかという点です。

両親との関係がうまくいっていないなら、家にいるのが嫌で家出の一つでもしそうなものです。

しかし虎太郎は自室の中に引きこもっていて、登校拒否を始めてしまいました。

おそらく、虎太郎の悩みの原因は学校生活にあるのでしょう。

以前、聡相手に「周りの人間が皆バカに見えたらどうする?」と相談したことがあったように、虎太郎はクラスメイトとの人間関係がうまくいっていないのだと思います。

優秀過ぎる人間は、得てして周りのやっかみの標的にされるもの。

紀子が虎太郎をやたらと私立の学校に転入させようとしていたのは、この事を知っていたからなのかもしれませんね。

はたして、聡は虎太郎の悩みを解決してあげることが出来るのでしょうか?

第12話の展開も要チェックです!

<前話 全話一覧 次話>

エンドレス離婚11話!まとめ

こちらでは11話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

エンドレス離婚11話のまとめ
  • 虎太郎がキャストに反発。聡はビンタをして制裁をするが周囲から冷たい目で見られる一家。
  • 9歳になった虎太郎に対して、甘やかし過ぎていたと反省する聡。
  • 聡は午後休みを取って家へ戻ると、登校拒否をして部屋に閉じこもる虎太郎。