少女/女性漫画

「エンドレス離婚」ネタバレ13話!あらすじ・感想を紹介!知った真相

広告で大人気の「エンドレス離婚~もしも結婚生活をやり直せたなら~」。

「続きが気になる!」
「主人公はどうなる?!」

こちらでは「エンドレス離婚13話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

エンドレス離婚の前回のあらすじ

前回は、登校拒否になった虎太郎が紀子に暴力を振るうようになり、妻の身体のアザに気づいた聡が鬼の形相で息子の部屋に向かいます。

紀子が必死に止めるのも聞かず、「出て来い!」と叫びながら息子の部屋のドアを叩き続ける聡。

虎太郎が登校拒否になってしまった理由を知りもしないで息子を一方的に責める夫を見て、愛想をつかした紀子はとうとう離婚届を突き付けてしまいました。

3周目のループも失敗に終わり、またもや聡の前に姿を現した本性寺は、もう諦めたらどうかと聡に提案します。

しかし、虎太郎がグレてしまった真相を知らずに諦めるわけにはいかない聡は、自らの意思で4周目のループに挑む道を選択しました。

エンドレス離婚13話のあらすじネタバレ

心の壁

3周目のループでコツを掴んだ聡は、6月4日の誕生日会を迎える所まで順調に行動し続けます。

家事を手伝えば心を開いてくれる紀子とは対照的に、肝心の虎太郎はそう簡単にいきません。

家で一緒に食事している時に自分から学校生活のことを話す機会は無く、息子が何を考えているのか父親の聡にも全く分からないのです。

家族で一緒にテレビで野球観戦していた聡は、思い切って虎太郎に「今週末、二人でキャッチボールしないか?」と誘ってみました。

すると虎太郎は見るからに面倒くさそうな顔をして、「やだよ 犬じゃないんだから」とあっさり拒否しました。

家族みんなで何かをしている時、いつもポータブルゲームを持ち出して一人で遊んでいる虎太郎。

何をしても全く心を開いてくれない息子を見て、聡は強い不安に駆られていました。

真相

このままじゃ埒が明かない……!

そう思った聡はある日、早出だと紀子に嘘をついて先に家を出て、学校に行く虎太郎をこっそり尾行してみることにします。

「行ってきまーす」

ランドセルを背負った虎太郎ときららが岩井家の玄関を出る所を確認した聡は、物陰に隠れながら二人の後を追い続けます。

しばらくすると、虎太郎がいきなり方向転換して通学路とは違う道を一人で歩き出しました。

何故わざわざ遠回りするんだ……?
どこかに寄り道でもするのか……?

不思議に思った聡は、電柱に隠れながら虎太郎の尾行を続けました。

その時、虎太郎の前に立ちはだかった3人の小学生が、ニヤニヤ笑いながら彼に話しかけ始めます。

「よぉ虎太郎~ 今日はこっちだと思ってたぜ お前、俺らから逃げられるとでも思ってんのか?」

顔面蒼白になった虎太郎は、すかさず来た道を引き返そうとしました。

ところが、全速力で駆け出した瞬間、足元に落ちていた石につまずき、地面の上に思いきり倒れ込んでしまいます。

その様子を眺めていた3人の小学生達は、「キモい走り方してっからそうなるんだよ!」と言ってゲラゲラ笑い出します。

さらに3人は自分たちの背負っていたランドセルを虎太郎の前に置き、「早く持てよ」と急かし始めました。

「俺らはガリ勉の体力作りに付き合ってやってんだぞ!感謝しろよ!」

虎太郎は瞳に悔し涙を溜めながら、彼らの罵詈雑言にジッと耐え続けます。

物陰から一部始終を見ていた聡は、あまりにも衝撃的な光景に言葉を失ってしまいました。

紀子の親心

再び自宅に戻ってきた聡に気づいた紀子は、「あれ?今日は早出じゃなかったの?」と声をかけます。

「え?あ、ああ……ごめん、勘違いしてたみたいなんだ」

聡はスーツの上着を脱いでソファーに座ると、遅出の出勤時間まで家でゆっくり過ごすことにしたと紀子に伝えました。

スマホを取り出した聡は、「男の子 いじめ」というキーワードを入力してGoogle検索を行います。

すると、台所で洗い物をしていた紀子が出し抜けに虎太郎の進路の話題を切り出してきました。

虎太郎は頭が良いから、今の学校じゃ物足りないかもしれない。

紀子は引きつった笑顔を見せながら、虎太郎を私立の学校に転入させるのはどうかと提案します。

その言葉を聞いた聡の脳裏に、ついさっき目撃してしまった虎太郎のいじめ現場の光景が浮かびました。

もしかして紀子は、虎太郎をいじめっ子たちから逃がすために転入を勧めてたのか……?

聡は4周目のループにして、紀子の痛切な親心を初めて理解しました。

「紀子……お前、虎太郎のことで何か思うことがあるのか?クラスでうまくいってないとか……」

夫に図星を突かれた紀子は顔面蒼白になり、洗っていたお皿を落として割ってしまいました。

「気づいたのね……貴方……」

紀子はうつむいたままブルブルと震え、「とても繊細な子だから直接は言わないであげて……」と悲しそうにつぶやきます。

俺に出来ること

静まり返るリビングルームの中、聡は虎太郎のために何が出来るのだろうかと必死に考えていました。

スマホでしばらくGoogle検索を続けていた聡は、「戦え、男の子」というエントリー記事のイクメンブログを発見し、気になってタップしてみます。

そのブログは、自分と同じ境遇の父親が綴った子育て日記のようでした。

学校でいじめられて泣いて帰って来た息子に対し、「お前の好きなヒーローのように戦え!」とアドバイスしたというブログ主。

その言葉を糧に元気を取り戻した息子さんは、今では元気に学校に通えるようになったとブログに書かれています。

「パパ、僕ヒーローになれたよ!」

満面の笑顔の息子さんの写真が掲載されているブログ記事を見た聡は、この話に猛烈な感動を覚えました。

そうだ……!俺にも出来ることがあるじゃないか……!

自分のなすべき役割に気づいた聡は、瞳に強い決意をみなぎらせました。

<前話 全話一覧 次話>

エンドレス離婚を無料で読めるか調査した結果

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

13話を読んだ感想

今回は読んでいて非常に胸が痛くなるエピソードでしたね……。

薄々そんな気はしていましたが、虎太郎は学校でいじめの標的にされていたようです。

わざわざ通学路で待ち伏せしてまで3人がかりでちょっかいを出してくるとは、やることが陰湿でドン引きしてしまいました。

普段一緒に学校に通っているきららもこの事を知っている可能性が高く、きっと紀子は虎太郎がいじめられていることを娘から聞かされたのでしょうね。

その話を知った時の母親の絶望感を思うと言葉がありません。

お腹を痛めて産んだ自分の子供が理不尽な理由で傷つけられるのは、自分が傷つくことよりも遥かに辛いことです。

ディズニーランドで胸部を殴られたり、アザができるほど自宅で叩かれたりしても、紀子が必死に虎太郎をかばい続けていた理由がようやく分かりました。

いじめのストレスで歪んでしまった虎太郎の内向的な性格は、いじめの問題を解決しない限り絶対に直りません。

紀子の言うように私立の学校に転入させるのも一つの解決策ではありますが、虎太郎の性格ならまたそこでも他のクラスメイトと衝突しそうな気がします。

そんな中、偶然発見した子育てブログの記事を見て、虎太郎を応援する作戦を思い付いた聡。

しかし、自分の弱さを家族に知られることを極度に嫌う虎太郎には、むしろ逆効果になってしまうのではないでしょうか。

そもそも、いじめられて泣いている自分の子供の写真をインターネット上にアップロードする父親って、どういう神経しているのでしょうか……?

怪しさ満点のブログ記事に感化された聡がどんな行動に出るか、今後の展開が非常に気になりますね。

はたして、聡は岩井家を苦しめる最大の難問を無事に解決できるのでしょうか?

第14話の続きを早く読みたくてたまりません!

<前話 全話一覧 次話>

エンドレス離婚13話!まとめ

こちらでは13話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

エンドレス離婚13話のまとめ
  • 4回目のタイムリープ。学校に向かう虎太郎の後をつけた聡は3人からいじめを受けている息子の姿を目にしてしまう。
  • 紀子は虎太郎がいじめを知って、別の学校へ転入することをすすめていることを知った。
  • 聡は自分がなすべきことを自覚し瞳に強い決意をみなぎらせていた。