少女/女性漫画

「エンドレス離婚」ネタバレ16話!あらすじ・感想を紹介!5周目の世界

広告で大人気の「エンドレス離婚~もしも結婚生活をやり直せたなら~」。

「続きが気になる!」
「主人公はどうなる?!」

こちらでは「エンドレス離婚16話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

エンドレス離婚の前回のあらすじ

前回は、岩井家にやって来た3人のいじめっ子たちが、ずっと学校を休んでいる虎太郎の身を心配する内容の手紙を届けに来ました。

感激した聡は彼らの手紙を虎太郎に手渡し、「あいつらだって本当はお前と仲良くしたいのさ」と勇気づけます。

意外な手紙を貰って最初は嬉しそうな表情を浮かべていた虎太郎でしたが、やがてある事に気付くと表情が凍りつきます。

その翌朝、いじめっ子達とのわだかまりが解け、息子の問題がようやく解決したと思った聡が虎太郎の部屋に行くと、そこには首を吊って動かなくなった虎太郎の無残な姿がありました。

彼の足元に落ちている手紙には、行頭の一文字を縦読みすると「死ね虎太郎」という暗号が浮かび上がる細工が施されていたのでした。

【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

エンドレス離婚16話のあらすじネタバレ

5周目の地獄へ

虎太郎が亡くなった翌日の夜。
とある葬儀場で、虎太郎の通夜が執り行われていました。

聡が神妙な顔つきで弔問客と向かい合う中、息子の死を受け入れられない紀子は、虎太郎の遺体を納めた棺から離れられずに泣き続けていました。

そして、その無念な気持ちは聡も同じ。

暗号のメッセージを見て追い詰められた虎太郎が悲しそうな表情を浮かべてSOSを発信していたのに、どうして息子の気持ちに気付いてやることが出来なかったのか。

聡は葬儀場でうつむきながら、ずっと自分を責め続けていました。

すると、見覚えのある長い黒髪の人物が会場からゆっくりと出て行く姿が、聡の視界の片隅に入ります。

鬼の形相に変わった聡は全速力で駆け出し、「待てよ!」と叫びながらそいつの肩を思い切り掴みました。

「お前なら……お前なら『出来る』だろ……!」

号泣する聡に時間逆行をせがまれた本性寺は、無表情のまま彼の顔をジッと見つめます。

これ以上繰り返しても深みにはまるだけ。
次はもっとひどい事になるかもしれない。

本性寺が淡々とした口調で忠告すると、聡は大声を張り上げてその言葉を制します。

「俺には選択肢なんてねぇんだよ!あんな結末、納得できるわけないだろ!俺の命ならいくらでも差し出してやる!俺は家族を愛してるんだ!」

その言葉を聞いてニヤッと笑った本性寺は、「その意気ですよ」とつぶやいて指を鳴らしました。

その瞬間、突然空中から出現したロープが聡の首に絡まり、彼の身体が空中に引っ張り上げられます。

首吊り状態になった聡が手足をばたつかせて苦しみもがくと、辺りはたちまち煉獄の炎に包まれ、4周目の世界が跡形もなく焼失していきました。

困惑する息子

意識を取り戻した聡が飛び起きると、自宅のソファーの上にいました。

全身に嫌な汗をかきながら、全力疾走した後のように激しく呼吸を乱す聡。

すると、傍らから「どうしたの?パパ」という子供の声が聞こえてきました。

「さっきから奇声あげてうるさいんだけど……」

聡の隣には、一人でポータブルゲームをして遊んでいる虎太郎の姿がありました。

ついさっきまで通夜の会場にいた聡は、息子の生きている姿を見ただけで感動の涙が溢れ出します。

号泣しながら虎太郎を思い切り抱き締めると、「夢の中でお前がすごく傷つくのを見たんだ……」と打ち明けました。

「はぁ?夢で泣くとかキモいんだけど……」

困惑した虎太郎は、苦笑いしながら父親の慟哭に身を委ねます。

物事を論理的に考えるタイプの虎太郎にとって、ありもしない夢の中の出来事に心をかき乱す聡の行動は全く意味不明でした。

しかし、力強く抱き締めてくる彼の温もりから、自分のことを本当に大切に想ってくれる父親の真心が伝わってきます。

虎太郎はそんな状況に、喜びにも似た戸惑いを覚えていました。

教えてくれ

ある日の朝。
虎太郎ときららの登校を見送った聡がリビングルームに戻ると、眉をひそめた紀子が虎太郎の進路の話題を切り出しました。

作り笑いを浮かべ、虎太郎は頭が良いから私立の学校に転入させるのはどうかと提案する紀子。

聡はこれまで何度も聞かされてきた妻の話に耳を傾けながら、別の学校に転校させるだけで虎太郎のいじめ問題が全て解決するのだろうかと自問します。

4周目までのループで俺が犯した過ちは、虎太郎の問題を夫婦間でしっかり共有せず、自分一人で解決しようとしてしまったことなのではないだろうか……?

そう思った聡は真剣な表情で紀子の前に立ち、虎太郎の抱えている悩みについて知っている事があれば全て教えてくれ、とはっきり伝えました。

紀子はその言葉を聞いて非常に驚いたものの、息子が学校でどんな目に遭わされているか、この機会に正直に話すことにしました。

テーブル席に座った聡と紀子を、重い沈黙が包みます。

虎太郎が家庭内でも強がった態度をとるのは、必死に虚勢を張って辛い境遇に耐えている気持ちの表れだろう。

このまま今の学校に通わせていたら、間違いなく虎太郎の心は壊れて再び悲惨な結末を迎えてしまう。

しかしだからといって、このまま逃がすことが本当に正しい選択なのだろうか?

他人を見下し、生意気な言動を見せる虎太郎自身にも、わだかまりの原因がある事は否めない。

別の学校に行っても、また同じことの繰り返しになるのではないだろうか……?

聡は自分の気持ちを余すところなく妻に打ち明けながら、苦悶の表情で頭を抱えました。

二人の視点

「一家の長なのに、決断力が無くてすまない……」

真剣な顔つきで謝る聡を見て、紀子は優しい微笑みを浮かべて言いました。

「貴方……一緒に悩んでくれてありがとう」

これまで家庭内の問題に全く目を向けることの無かった夫が、きちんと息子の悩みと向き合ってくれることが、紀子にとっては嬉しくてたまりませんでした。

「確かにあの子の性格は今後の課題だと思うわ でも、周りに敵しかいない、誰も自分の長所を認めてくれない、今のそんな過酷な状況でやらなければならない事ではないと思うの」

妻ではなく母としての立場の率直な意見を紀子から聞いた聡は、「やっぱり紀子には敵わないな……」とつぶやいて苦笑しました。

「貴方が働いてくれてるから、私はいつも子供を傍で見守られるのよ」

二人はテーブル席に座ったまま、どちらからともなく手を取り合います。

一人だけでは解決できない問題も、二人の視点を合わせれば違う答えが見えてくるかもしれない。

聡はそれまで真っ暗だった未来に、一筋の光が差し込んだような気がしていました。

聡と紀子は互いの手を取り合いながら、二人で力を合わせて虎太郎の問題を解決しようと誓い合いました。

<前話 全話一覧 次話>

エンドレス離婚を無料で読めるか調査した結果

「エンドレス離婚」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

16話を読んだ感想

前回のラストがあまりにも悲惨すぎて心がズタズタになりましたが、少しずつ希望が見えてきたのは何よりです。

4周目のループが過去最悪の結末を迎え、ついに始まった5周目のループ。

今にして思えば、単なる離婚で済んでいた初めの頃は平和で良かったですね。

いじめられている息子が命を絶つ凄惨な現場を見せられたら、どんなことをしてでもやり直したいと思うのが親心。

「俺の命ならいくらでも差し出してやる」という聡の決意を聞いて、胸が熱くなりました。

しかし、虎太郎のいじめ問題はあまりにも根が深く、一筋縄ではいかないのが厄介な所です。

聡に抱き締められた虎太郎が困惑しながらも嬉しそうな反応を示していた所を見るに、やはり虎太郎も内心では親の庇護を求めている模様。

子供ながらのプライドが邪魔をして、自分の気持ちを素直に表現できないのでしょう。

自分の弱さを認めるのは、とても勇気がいる行為です。

あまりにも繊細過ぎる性格の虎太郎にはその度胸が無く、無意識のうちに他者より優位に立とうとして周りに敵を作ってしまうタイプのように見受けられます。

「もっと図々しくなれば良い」と言葉で言うのは簡単ですが、人間がそんなにすぐに変われれば苦労はしません。

やはり、親や教師が介入して、虎太郎といじめっ子たち双方が互いの理解を深め合えるような場を設けて手助けしてやる必要があるのではないでしょうか。

今度こそ虎太郎の未来が明るいものに変わることを願わずにいられません。

はたして、聡たちは虎太郎のいじめ問題を無事に解決できるのでしょうか?

第17話の展開も要チェックですね!

<前話 全話一覧 次話>

エンドレス離婚16話!まとめ

こちらでは16話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

エンドレス離婚16話のまとめ
  • 虎太郎の通夜。本性寺が再び現れ、これ以上繰り返しても深みにはまるだけと言われるが、5週目のタイムリープをする聡。
  • 4周目までのループで俺が犯した過ちは、虎太郎の問題を夫婦間でしっかり共有せず、自分一人で解決しようとしてしまったことなのではないだろうかと思い、紀子に全て教えてくれと頼み込む。
  • 聡と紀子は互いの手を取り合いながら、二人で力を合わせて虎太郎の問題を解決しようと誓い合った。