少女/女性漫画

「エンドレス離婚」ネタバレ8話!あらすじ・感想を紹介!息子の異変

広告で大人気の「エンドレス離婚~もしも結婚生活をやり直せたなら~」。

「続きが気になる!」
「主人公はどうなる?!」

こちらでは「エンドレス離婚8話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

エンドレス離婚の前回のあらすじ

家庭崩壊を食い止めるためにタイムリープを繰り返す主人公の奮闘を描いた人気コミック「エンドレス離婚~もしも結婚生活をやり直せたなら~」の8話のあらすじと感想を紹介します。

前回は、3周目のタイムリープに突入した聡が、紀子の家事を積極的に手伝うようになります。

買物が終わっても休む事なくすぐに次の家事をこなす紀子の姿を初めて目の当たりにした聡は、妻の事を何も分かっていなかった自分の不甲斐なさに打ちのめされました。

プレゼン資料のミスを直し、誕生日会にも酔っぱらうことなく参加する聡。

3周目は全てが完璧に進んでいましたが、2周目の最後に紀子に言われた「上から目線の共感なんていらない」という言葉が気になり、虎太郎の進路のことで何と返答すれば良いのか分からず言葉に詰まってしまいます。

どれだけ「正解」を目指しても、聡は自分の胸の内の不安を拭うことが出来ずにいました。

エンドレス離婚8話のあらすじネタバレ

ウキウキの保護者面談

虎太郎の担任教師との保護者面談に初めて臨んだ聡は、「虎太郎くんはとても優秀です」という言葉を聞いて有頂天になりました。

「成績はクラスで一番なので、勉強面では全く問題ありません」

太鼓判を押された聡は顔を輝かせ、それは紀子の教育の賜物に違いないと言い出しました。

「昔から紀子は子育てが上手くて、虎太郎の興味に合わせて彼を伸ばす方向に導いてあげることが出来るんですよ」

聡は席から立ち上がり、自分の妻の凄さを得意気に語り出します。

これは紀子を喜ばせるチャンスだ……!

もっと紀子を誉めてやろう……!

勢いづいた聡は、この前虎太郎がリニアに興味を持っていた時、紀子がすぐにリニアの資料をプリントアウトして用意してくれたという逸話を誇らしげに話し始めました。

「仕事ばっかりで要領の悪い俺も、もっと妻を見習わなきゃなーって思ってますよ」

息子の進路に関する保護者面談なのに、何故か延々と妻のことを語り続ける聡。

虎太郎の担任教師と紀子は、あぜんとした表情で彼の笑顔を眺めていました。

参観日を知らなかった父親

岩井夫婦の保護者面談が終わった時には、学校の外は日が落ちて真っ暗になっていました。

「本日は貴重なお話ありがとうございました」

深々とお辞儀をした教師は、「虎太郎くんの家庭はとても家族仲が良いって分かりましたよ」と言って笑います。

「今週の参観日、ぜひお父様もいらしてください」

聡は教師から一枚のプリントを受け取りながら、明るい笑顔で「はい!」と返事しました。

学校からの帰り道、聡は街灯の明かりを頼りに、教師からもらったプリントに目を通していました。

「参観日のお知らせ」と書かれた文字を見て、聡は今週の土曜日に虎太郎の参観日が予定されていることを初めて知ります。

きっと紀子は俺に伝えても来てくれないだろうと思ってたから、虎太郎の参観日のことを黙ってたんだろうな……。

聡は隣を歩く妻の横顔を見ながら、無性に寂しい思いに駆られていました。

だから今度こそは、絶対に参観日に行く……!
今までの俺はダメな父親だったけど、今度こそ変わるんだ……!

聡は自宅に着くと、真っ先に虎太郎の部屋に駆け込んで息子に向かって叫びます。

「虎太郎!今度の参観日、俺も行くからな!」

その言葉を後ろで聞いていた紀子は、仕事の方は大丈夫なのかと心配そうに尋ねました。

有給休暇を使って都合をつけると聡が約束すると、紀子は満面の笑顔で喜びます。

「いいだろ?虎太郎 息子が活躍する姿、楽しみにしてるからな!」

ニコニコと明るく笑う父親とは対照的に、当の虎太郎は何故か暗い表情でずっとうつむいていました。

虎太郎の異変

6月12日の土曜日。
今日は虎太郎の授業参観日です。

朝6時前に起きた聡は、気合を入れて朝の支度を整えていました。

リビングルームで服を着替えていると、ひどく顔色の悪い紀子が聡の前にやって来て弱々しく口を開きました。

「ごめんなさい……貴方……虎太郎が頭痛いから今日学校行かないって……」

紀子の沈痛な面持ちには、せっかく有給を取ってまで授業参観に行こうとしてくれた夫への申し訳ない気持ちがにじみ出ています。

聡は虎太郎の部屋に向かうと、ドアを2回ノックしてノブを回しました。

中に入ると、真っ暗な室内のベッドの上でうずくまっている虎太郎の姿が目に飛び込んできます。

「虎太郎……まだ頭痛いのか?大丈夫か?」

聡が呼びかけても、虎太郎はうつむいたまま一言も口をききません。

「お前は頭良いから、昔からよく知恵熱出してたもんな……」

虎太郎の隣に座った聡は、いたわるような眼差しを向けて息子の身を案じ続けました。

父子の語らい

すると、それまで黙っていた虎太郎がゆっくり口を開き、「もしも周りの奴らが全員低俗でバカばかりだったら、パパならどうする?」と奇妙なことを言い出しました。

虎太郎の奴、何か悩みでもあるのだろうか……?

苦笑いを浮かべた聡は、息子の頭を優しく撫でながら彼の質問に答えます。

「お前は確かに頭が良い でも他の人にも他の人なりの考え方があるんだ 自分は間違ってないと思っていても、お前の知らない所で想像もつかないようなことをしてくれている事だってあるんだ」

聡の脳裏に、自分の事を献身的に支え続けてくれている紀子の姿が浮かびます。

「自分の目に映るものだけが全てじゃない 人それぞれの立場を尊重し、思いやることが大事なんだよ」

虎太郎は神妙な顔でうつむいたまま、聡の話にずっと耳を傾けていました。

「ごめん……もう少し寝るね……」

聡の話が終わると、虎太郎は再びベッドの上で横になりました。

どこまで伝わったか分からないけど、虎太郎たちのためにもまずは俺自身が実行しなきゃな……。

聡はベッドから立ち上がると、穏やかな微笑みをたたえながら退室し、部屋のドアを静かに閉めました。

<前話 全話一覧 次話>

エンドレス離婚を無料で読めるか調査した結果

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

8話を読んだ感想

プレゼン資料を訂正し、ようやく保護者面談の場に辿り着いた聡。

紀子からの好感度を上げようと、虎太郎の担任教師の前でポイ活に躍起になる聡の姿を見て、思わず笑ってしまいました。

聡は一度心に決めたら、周りが見えなくなってとことん突っ走るタイプなのでしょう。

方向性さえ間違えなければ、この情熱で紀子との関係を改善できるチャンスは十分にある気がします。

そんな中、週末に予定されていた虎太郎の授業参観を切っ掛けに、今後のストーリー展開が大きく左右されそうな様相を呈してきました。

頭が痛いと言って、突然学校を休んでしまった虎太郎。

彼の行動は、聡に授業参観に来てほしくなかったからのように見えます。

学校の友達に父親の姿を見られたくなかったのか、あるいは学校での自分の姿を父親に見せたくなかったのか……。

虎太郎は家の中でも割と淡々と行動している子供なので、傍目にはその胸中をうかがい知れないのが厄介な所です。

聡と虎太郎が父子で語り合うシーンはグッときましたね。

おそらく、2周目までの聡だったら、ここまで柔軟な発想を息子に伝えることは出来なかったでしょう。

ずっと仕事一筋だった聡が家族と正面から向き合えるようになったのは、大きな成長だと思いました。

はたして、虎太郎は学校でどんな悩みを抱えているのでしょうか?

第9話の展開がとても気になります。

<前話 全話一覧 次話>

エンドレス離婚8話!まとめ

こちらでは8話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

エンドレス離婚8話のまとめ
  • プレゼン資料の訂正が終わり、虎太郎の保護者面談に向かう聡。終わり間際今週末に参観日があることを知る。
  • 参観日当日、聡は有給休暇を取得して参加しようとしますが、虎太郎は体調不良のため欠席するとのこと。
  • 聡と虎太郎が語り合う中、聡の頭の中に献身的な紀子の姿が浮かんだ。