少年/青年漫画

「葬送のフリーレン」11話あらすじ・ネタバレシュタルクの強さ

まんが王国で読むことができる「葬送のフリーレン」の11話のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話のあらすじ

竜を倒すため、アイゼンの弟子シュタルクに会いに行った二人は、シュタルクが戦闘経験0だと知ります。

臆病で怯えているシュタルクですが、フリーレンは彼ならちゃんとできるはずだと時間を与えました。

大きな割れ目の入った谷は、シュタルクの修行の跡だったのです。

【無料で試し読み!】
2021年人気アダルト漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

マゾ狩り西野さん
青年
拘束具
言葉責め
クラスの同級生の西野さんは、美人で人当たりもよく浮いた噂など全く聞かない。……のだが、その本性は人を支配することに喜びを覚える狩人だった。「やっぱり、マゾだよね?」そう尋ねる彼女になすすべもなく屈服し、地面に頭をつけて忠誠を誓ってしまったが最後……彼女のおもちゃとしてあらゆる自由を奪われ、絶対服従の下僕にされてしまう。
71236

66347


図書館で勉強していたらいつも来るギャルJKに・・・
青年
ギャル
中出し
受験を控えた高校3年の夏休み。受験まで一年を切り、夏休みは毎日図書館にこもり勉強していた。最近、そこによくあらわれる謎のギャルJKが気になって気になって、悶々としていた。制服ミニスカ巨乳で受験生の僕には当然刺激が強すぎる…。
41182

38784


ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない
青年
フルカラー
ゾンビ
無事就職が決まり、春には県外に出ることが決まっていた主人公。いつものように寂れた神社に報告に行くと、倒れていた青年を発見する。体が弱く療養しに来たという青年の介抱をしながら、なんとなく放っておけない主人公は春まで青年のご飯を作りに来ることを約束する。
39124

24341

葬送のフリーレン11話あらすじ・ネタバレ

あと必要なのは覚悟だけ

フェルンはシュタルクに、竜と戦う気が無いのに修行を続けている理由を聞きます。

この村に来た時の村人は皆辛気臭い顔をして竜に怯えていました。

それが今では自分がいるからと幸せそうに笑うのです。

自分は何もしていないし、また村を襲っても戦うのは本当は嫌なのです。

でもここの人達にとってシュタルクは英雄なので、自分が守らなきゃいけないんだと話します。

でも実際は逃げてしまうかもとも話します。

額の傷は魔物と戦いたくないと言ったシュタルクをアイゼンが殴ってできた後でした。

殴られたのはこの時が初めてで、きっと師匠は失望したんだろうと話します。

師匠に一度も褒められたことがないとシュタルクは自信なさげに話しました。

フェルンはそんな彼の手を見ました。

傷だらけの努力の手です。

シュタルクは逃げないとフェルンは伝えました。

シュタルクのことを何もわからないけど、初めて魔物と戦った時十分修行をしたのに怖くて逃げだしたことをフェルンは伝えます。

どこまでも追ってくる魔物に助けてくれないフリーレンという状況で覚悟を決めた時、体が動いたのだと話します。

だから、必要なものは覚悟だけだと、村を守りたいという覚悟だけは本物だとフェルンは伝えました。

震えるのは師匠と一緒

翌日現れたシュタルクは、自分がたとえ死んでも竜を倒してほしいとフリーレンにお願いしました。

約束するとフリーレンは答え、同時に村の人達に何故そこまでするのか質問します。

この村に三年もいたからとシュタルクは答え、フリーレンは短いねと答えました。

人間にとっては長いです。手が震えるシュタルクを見て、フリーレンは思わず笑いだしました。

アイゼンと同じだったからです。

とても強い魔物を前にした時、アイゼンは震えていました。

でもその恐怖が自分をここまで連れてきたのだとアイゼンは言っていたのです。

師匠も怖かったんだと理解し、あとは覚悟だけだとシュタルクは竜に立ち向かっていきました。

シュタルクの強さ

攻撃してこない竜を見てフリーレンは村が襲われなかった理由を確信しました。

竜は賢い生き物です。強い相手に喧嘩を売りに行ったりはしません。

そしてアイゼンがシュタルクを殴ったのも、失望したからではありません。

怖くて反射で体が動いてしまったのです。

師匠を怖がらせるほどシュタルクは強かったのです。

アイゼンは喧嘩別れをしたことを後悔していました。

シュタルクの攻撃が竜に入ります。

大きな技が入り、足止めに成功したので、今だ撃ちまくれと振り向くシュタルクですが、フリーレンは一切魔法を撃とうとしていません。

一人で戦えってことかクソババァと涙目になった所で、フリーレンが竜がもう死んでいることを教えてくれました。

シュタルクは呆然としながら、自分が竜を倒したことを実感していました。

期待以上だ、偉いぞとフリーレンにも褒められます。

くだらない旅を一緒に

フリーレンは竜の巣へ行きテンションがとても上がっています。

3つまでにしなさいとフェルンに忠告されていました。

巣の中を見て本当にくだらないと話すシュタインは、師匠がフリーレンがいたから、くだらなくて楽しい旅になったと言っていたことを伝えました。

フリーレンはそれを優しい表情で聞いていました。

旅の初期、かき氷の魔法で寄り道をしている一行にアイゼンは最初くだらないと否定的でした。

ですがヒンメルが、辛く苦しい旅よりも終わった後にくだらないと笑い飛ばせる楽しい旅がしたいと話していたのです。

くだらんと答えるアイゼンでしたが、終わった後はヒンメルの言っていた通りになりました。

村人に別れを告げ、一行は旅立ちます。

アイゼンの元に戻ってもいいと伝えますが、師匠が連れてけって言ったならと旅にちゃんと付いてくるようです。

それに、自分もくだらない旅がしたくなったのだとシュタインは皆に伝えました。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

葬送のフリーレンを無料で読めるか調査した結果

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

葬送のフリーレン11話を読んだ感想

フェルンとシュタルクの会話を聞いていると、シュタルクは臆病だけど思いやりがあって優しい人なんだなと感じました。

村を離れられないのも、雰囲気が云々ではなく、村人が心配で放っておけないからでしょう。

ちゃんと師匠の言うように育っていてよかったです。

軽蔑した目で最初見ていたフェルンも、ちゃんと努力してることがわかる手を見て谷を見て、ちゃんと出来るはずだと言ってくれたのがよかったですね。

自分の時も同じだったと話すフェルンいい子です。

どんなに修行をしていても、初めてのことはなんでも怖くて不安ですよね。

やってしまえば何てことは無いのですが、その行動を起こす為に覚悟が必要なんだと思います。

しかし手助けしたら意味ないのはわかりますが、何故か助けてくれないと愚痴を言われているフリーレンいいですね。

アイゼンも同じようなものだと話していて、師匠というのはちゃんと出来る子には見守ることができる存在なのでしょう。

翌日最初はシュタルクの姿が見えなくて、また竜と追いかけっこだと言われ木にしがみ付いて拒否するフェルンが可愛かったです。

相当怖くて疲れたのでしょうね。

竜に立ち向かう時に手が震えるのが師匠と同じとわかってよかったですね。

臆病だから誰よりも修行してきっと誰よりも強くなれるんだと思います。

アイゼンかっこいいですね。

そして村が襲われなかった理由もわかりました。

竜の気まぐれなどではなく、ちゃんとシュタルクは視線で勝ち、その強さで村を守っていたのです。

竜は本当に頭いいんですね。

そして師匠にまで恐怖を感じさせる強さとは凄いものです。

今後の成長も期待できますね。

足止めをしたのに攻撃が来なくて泣きべそかきながら悪態をついているシュタインが可愛かったです。

でもクソババァは駄目ですよ。

何かお仕置きされたんでしょうか。

しかしあんなにすぐに一人で退治してしまうとは、シュタインは本当に強いのですね。

褒めてもらえたし、この経験はきっと自信につながるはずです。

弟子がまた一緒にかつての友とくだらない旅に出るとは、なんとも素敵な話ですね。

その内アイゼンともちゃんと仲直りしてほしいです。

葬送のフリーレン11話まとめ

こちらでは11話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

葬送のフリーレン11話まとめ
  • シュタルクは修行を続けている理由について自分がこの村を守らないといけないと話します。フェルンは必要なものは覚悟だけだとシュタルクに伝えます。
  • シュタルクは自分がたとえ死んでも竜を倒してほしいとフリーレンと約束します。
  • シュタルクの攻撃が竜に入り、足止めに成功しますが、フリーレンは一切攻撃をしませんでした。何故なら、もう竜を倒していたからでした。シュタルクは一人で倒したことを実感し、フリーレンにも褒められます。
  • そして、村人に別れを告げ、一行は旅立ちます。

 

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法