少年/青年漫画

「葬送のフリーレン」14話あらすじ・ネタバレ声真似をするだけの猛獣

まんが王国で読むことができる「葬送のフリーレン」の14話のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話のあらすじ

千年も昔を生きた師匠はおとぎ話のような存在になり、顔を覚えているのももうフリーレンだけです。

それを聞いていたヒンメルは、フリーレンが未来で一人ぼっちにならないよう、各地に自分達の銅像を建てていました。

【無料で試し読み!】
2021年人気アダルト漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

マゾ狩り西野さん
青年
拘束具
言葉責め
クラスの同級生の西野さんは、美人で人当たりもよく浮いた噂など全く聞かない。……のだが、その本性は人を支配することに喜びを覚える狩人だった。「やっぱり、マゾだよね?」そう尋ねる彼女になすすべもなく屈服し、地面に頭をつけて忠誠を誓ってしまったが最後……彼女のおもちゃとしてあらゆる自由を奪われ、絶対服従の下僕にされてしまう。
71236

66347


図書館で勉強していたらいつも来るギャルJKに・・・
青年
ギャル
中出し
受験を控えた高校3年の夏休み。受験まで一年を切り、夏休みは毎日図書館にこもり勉強していた。最近、そこによくあらわれる謎のギャルJKが気になって気になって、悶々としていた。制服ミニスカ巨乳で受験生の僕には当然刺激が強すぎる…。
41182

38784


ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない
青年
フルカラー
ゾンビ
無事就職が決まり、春には県外に出ることが決まっていた主人公。いつものように寂れた神社に報告に行くと、倒れていた青年を発見する。体が弱く療養しに来たという青年の介抱をしながら、なんとなく放っておけない主人公は春まで青年のご飯を作りに来ることを約束する。
39124

24341

葬送のフリーレン14話あらすじ・ネタバレ

声真似をするだけの猛獣

勇者ヒンメルの死から28年後。北側諸国のグラナト伯爵領に3人はいました。

町中には衛兵がたくさんいます。

そしてフリーレンは何かを察知し、急に魔法で使う杖を構えました。

街中だと止めようとするフェルンですが、魔族がいるとフリーレンは話します。

そこには、人間の伯爵と人型の魔族が並んで歩いていました。

杖を出したのに衛兵が気付いてフリーレンは取り押さえられてしまいます。

魔族はグラナト伯爵と呼ばれたその人に、貴方の差し金かと問いました。

伯爵は、魔族を殺したいほど憎んでいるが、街中で堂々と和睦の使者を手にかけるほど馬鹿ではないとそれを否定しました。

その魔族の使者リュグナーは、フリーレンに近づきました。

冷静で殺意の籠った冷たい目だと話します。

自分達を憎んでいるこの街の住人でさえ、リュグナーを見る時は人を見る目をしているのに、フリーレンの目は猛獣でも見ているような目でした。

フリーレンは実際にそうだと話します。

魔族は人の声真似をするだけの、言葉の通じない猛獣だと言い放ったのです。

グラナト伯爵は、フリーレンを地下牢に入れるよう命じました。

和睦は魔族からの申し出

地下牢でフリーレンは暇そうにしていました。

そこへフェルンとシュタルクが面会にやってきます。

2,3年は反省しろとの伝言を伝えると、思ってたより短いから魔導書の差し入れを持ってきてほしいと二人にお願いしました。

フェルンは時間を無駄にするのが好きだとフリーレンに文句を言います。

面会ついでに、和睦の使者のことについてフリーレンは聞きました。

なんでも、行方不明だった魔王直下の大魔族アウラという魔族が28年前に力を取り戻し、この街の軍勢と今まで戦ってきたというのです。

しかし、無益な殺し合いに疲弊したアウラ側が和睦の申し出をしてきたのだと話します。

それを聞いたフリーレンは、その使者の受け入れを悪手だと断言しました。

魔族との対話は無駄な行為だと言うのです。

話し合いで解決するならとシュタルクは言いますが、フリーレンはそれを否定します。

そして魔族が人類と同じ言葉を使う理由を教えてくれました。

ある日の勇者一行と魔族の対峙

勇者一行である子供の魔族と対峙した時、ヒンメルはその手をとめました。

その魔族は痛いと何度も言い、お母さんと呟いたのです。

動こうとしないヒンメルにしびれを切らし、フリーレンは攻撃をしようとしますが、村長の待ったが入りました。

これでは魔族と同じだと話すのです。

償う機会を与えてあげてもいいと、村長は慈悲深く話します。

その魔族に子供を殺された母親は怒り、娘を返してと泣きました。

村長は自分の子供と一緒にその手負いの魔族の元へ近づき、手当と畑の手伝いをお願いすることにします。

フリーレンは、今殺さないと後悔すると話します。

だってと理由を説明しようとして、ヒンメルに途中で遮られました。

僕達には言葉があるのだから、もう少し滞在して様子を見ようと話すのです。

フリーレンは渋々了承しました。

欺くための言葉

それからしばらくは平穏に過ごしていました。

でもある日、村長が殺されその家は燃やされたのです。

魔族の手には村長の子供が抱えられています。

娘を殺された母親からは毎日殺意を感じていたと魔族は話します。

自分は平穏に暮らしたいから、自分が食べた娘の代わりを用意したと村長の娘を差し出したのです。

子供をヒンメルが奪い、フリーレンが魔族に攻撃をします。

魔族はまたお母さんと呟きました。

フリーレンは、魔族は子育ての習慣がなく多くの時間を天涯孤独に過ごし、家族という概念もないのだと話します。

お母さんと呟く理由は、自分を殺せなくさせる魔法のような言葉だからでした。

魔族にとって、言葉は人類を欺く術でした。

フランメは言葉を話す魔物を魔族と定義づけたのです。

会談の場で、リュグナーはフリーレンを気にしていました。

フリーレンの言葉は実に的確な表現で、この街で彼女だけが魔族の本質を理解していたからです。

わかり合うためではなく欺くための言葉。

フリーレンはこの街が長くないことを悟り、どさくさに紛れて脱獄しようと決めました。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

葬送のフリーレンを無料で読めるか調査した結果

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

葬送のフリーレン14話を読んだ感想

早々から割と不穏な空気が流れています。

魔族を殺したいほど憎んでいると話す伯爵も凄いですが、それでも和睦の使者として来たのならば丁重に扱わなければいけません。

人の言葉が話せれば話し合いによる解決は可能だと、人間と同じように考えるからです。

人の姿をしていれば、恐れていても人を見るのと同じように見るのは当然かもしれません。

でもフリーレンは魔族についてよく知っています。

ただ冷たい殺気を放って見ているフリーレンはかっこいいですね。

人ではなく声真似をする猛獣と言い放てば、当然牢屋に入れられるでしょう。

ですがそれは間違いなく本質のはずです。

牢に入れられたフリーレンは呑気なものです。

2年を短いと言えるのがさすがエルフという感じですが、フェルンは膨れてしまいますよね。

対話は可能だと話すシュタルクもフェルンも、魔族の本質を理解してはいません。

まず魔族側から和睦の申し出があるなど、それだけで怪しさ満点だとも思います。

フリーレンの話した過去はなんだかやるせないですね。

確かに人ならば、これでは相手と同じだと人間と同じ尺度で魔族をはかります。

後悔すると話しても、まだ対話が可能だと人は信じます。

村長の判断は、相手が人であったなら、正しい恩情となったでしょうが、魔族に対しては全て裏目に出ました。

子を殺された母親の殺意を解消するために魔族が取ったのは、村長の娘を殺して代わりに渡すというものでした。

家族という概念が無いのなら、他から当てればいいと考えるのは当然かもしれません。

でもそれは人間の尺度とは明らかに違います。

ヒンメルもこの件はきっと後悔したことでしょう。

フリーレンの言った通りになりました。

お母さんと言えば殺せなくなるからと話す姿は本当に恐ろしかったですね。

無表情で、その言葉の意味はなく、言葉を交わすことにも意味がないのだと実感できました。

だから声真似をする猛獣なのでしょう。

さてリュグナーは、おそらくフリーレンを見たことがありそうです。

彼女だけが本質を見抜いていると笑う姿を見れば、この和睦も欺くための行動だとよくわかります。

見切りをつけて脱獄する気満々のフリーレンですが、結局助けるための行動をすることになりそうですね。

次回がとても気になります。

葬送のフリーレン14話まとめ

こちらでは14話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

葬送のフリーレン14話まとめ
  • フリーレンは街中で魔族がいると話し杖を構えます。衛兵が気付いてフリーレンは取り押さえられます。魔族は人の声真似をするだけの、猛獣だと言うと地下牢に入れられてしまいます。
  • フェルンとシュタルクが面会にやってきます。魔導書の差し入れを持ってきてほしいと二人にお願いします。魔族との対話は無駄な行為だと言い、魔族が人類と同じ言葉を使う理由を教えてくれました。
  • フリーレンの話した過去は、子供を殺した魔族に村長は手当と畑の手伝いをお願いすることにします。フリーレンは、今殺さないと後悔すると話しますが、ヒンメルは様子を見ようと話します。
  • しかし平穏な日々は続かず、村長が殺されます。魔族から村長の娘をヒンメルが奪い、フリーレンが攻撃をします。魔族はお母さんと言えば殺せなくなるからと呟きます。魔族にとって、言葉は人類を欺く術でした。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法