少年/青年漫画

「葬送のフリーレン」15話あらすじ・ネタバレ 決着は一瞬で

まんが王国で読むことができる「葬送のフリーレン」の15話のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話あらすじ

新たな町に来た3人は、その領地の伯爵と魔族が歩いている現場に居合わせます。

魔族がいると臨戦態勢に入り投獄されてしまうフリーレンですが、魔族は人の声真似をする猛獣で話し合いなど無駄だと話します。

魔族の言葉は、わかり合う為ではなく欺く為の言葉だからです。

【無料で試し読み!】
2021年人気アダルト漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

マゾ狩り西野さん
青年
拘束具
言葉責め
クラスの同級生の西野さんは、美人で人当たりもよく浮いた噂など全く聞かない。……のだが、その本性は人を支配することに喜びを覚える狩人だった。「やっぱり、マゾだよね?」そう尋ねる彼女になすすべもなく屈服し、地面に頭をつけて忠誠を誓ってしまったが最後……彼女のおもちゃとしてあらゆる自由を奪われ、絶対服従の下僕にされてしまう。
71236

66347


図書館で勉強していたらいつも来るギャルJKに・・・
青年
ギャル
中出し
受験を控えた高校3年の夏休み。受験まで一年を切り、夏休みは毎日図書館にこもり勉強していた。最近、そこによくあらわれる謎のギャルJKが気になって気になって、悶々としていた。制服ミニスカ巨乳で受験生の僕には当然刺激が強すぎる…。
41182

38784


ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない
青年
フルカラー
ゾンビ
無事就職が決まり、春には県外に出ることが決まっていた主人公。いつものように寂れた神社に報告に行くと、倒れていた青年を発見する。体が弱く療養しに来たという青年の介抱をしながら、なんとなく放っておけない主人公は春まで青年のご飯を作りに来ることを約束する。
39124

24341

葬送のフリーレン15話あらすじ・ネタバレ

亡くした息子の部屋は今もそのままに

グラナト伯爵に呼ばれ魔族の使者リュグナーが案内された先は、グラナト伯爵の息子の部屋でした。

出来のいい息子で、早く家督を継いで親を楽にさせるのだと言っていたそうです。

その息子は、10年前にアウラとの戦いで死んでいました。

息子の剣を抜き、グラナト伯爵はリュグナーへ剣を向けます。

他の衛兵もリュグナーを取り囲みました。闘いから返ってきたのはこの剣だけだと伯爵は怒りを露わにしました。

使者を招き入れたのも、息子の無念を晴らすためです。

和睦なんてクソ食らえだと、伯爵は使者を全員殺そうとします。

しかしリュグナーは落ち着いていました。

部屋の中を見ると、掃除がよく行き届いていることを伝えます。

きっと10年前と同じままなのだろうと語り掛け、リュグナーは続けました。

自分も人間達に殺された父上の部屋はそのままにしていると。

剣を向けられながらも一切ひるまず、リュグナーはもうやめにしようと話します。

互いに血を流し誰かを悲しませるのではなく、言葉があるのだからどうか話し合いの機会をと続けました。

言葉で欺き結界解除の為に動く

伯爵は剣を収め、客室にリュグナーを案内させました。

客室でリュグナーの従者は、父上とは何かと問いますが、リュグナーはなんだろうねと返しました。

テラス席に座りゆっくり食事を楽しむリュグナーは、伯爵が恨みはあっても人情に厚い人間だと話します。

取り入れば和睦と称して防護結界を解除させるのも可能だと続け、その後はアウラの軍勢が街を滅ぼしてくれると告げました。

結局彼らの目的は、和睦ではなく滅亡でした。

リーニエという従者に、もう一人の従者ドラートがいないことを問いました。

邪魔者を消しに行くと言っていたことを伝えます。

若い奴は血の気が多くて困るとリュグナーは呆れた様子です。

フリーレンは唯一の障害

ドラートはフリーレンの牢の前へ来ていました。

衛兵を瞬時に殺し、フリーレンの元へ行きます。

面会時間ではないはずだけど、とフリーレンは誰なのか問いました。

断頭台アウラの配下である首切り役人の一人だと自己紹介をするドラートは、フリーレンを殺しに来たと伝えました。

リュグナーの見立てでは、フリーレンが唯一の障害だとのことでした。

フリーレンさえ殺せば、後はグラナト伯爵を懐柔するだけでこの街を落とせると踏んでドラートはリュグナーにも告げず先走ってフリーレンの元へ来たのです。

フリーレンは無表情のまま、外交ごっこは終わりかと聞きました。

これからだと答えますが、自分はアウラより強いとドラートに伝えました。

決着は一瞬で

アウラより強いと話すフリーレンを、そうは思えないとドラートは話します。

もう決着はついたと確信しているからです。

ドラートの左指先から、魔力の糸がフリーレンの首に巻き付いていたのです。

フリーレンの表情は一切変わらず、面白い魔法だと淡々と話します。

フリーレンは魔力を首に集中させ、糸による切断を防いでいました。

それを冷静だと言った上で、糸の強度が魔族の魔法の中でも随一であることを話し、人類の魔法ではどうにもならないとドラートは告げました。

この程度で勝利を確信したドラートに対し、今の魔族は実戦経験が少なすぎて駄目だとフリーレンは評します。

その瞬間、ドラートの糸を操る方の腕が切り落とされました。

反撃しようにも、すぐにもう片方の腕も落とされます。

一瞬で間合いを詰め、ドラートの首を掴みました。

焦ったドラートは話をと言いかけますが、フリーレンは容赦なくその首を切り落とします。

まずは一匹とフリーレンは冷たい目で呟きました。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

葬送のフリーレンを無料で読めるか調査した結果

「葬送のフリーレン」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

葬送のフリーレン15話を読んだ感想

伯爵とようやく会談かと思いきや、招かれたのは伯爵の息子の部屋でした。

かつてのままにしてある亡くなった息子の部屋で無念を晴らそうと伯爵はしていたのですね。

最初から和睦をする気は伯爵にはなかったようです。

しかしこういう時も魔族は冷静ですね。

動じることもなく静かに周囲を見回して、隙になりそうな所をつくとはさすがです。

伯爵も、相手も自分と同じなのだと主張されては、剣を一旦は収めないわけにはいかないでしょう。

客室に案内された後、従者がリュグナーに父上って何と聞き、なんだろうねとリュグナーが答えたのが何とも魔族らしかったですね。

フリーレンの言っていたように、魔族は声真似をする猛獣で、言葉は欺くためにあるのだということがよくわかりました。

アウラの配下である彼らは、最初から和睦ではなく滅亡させるために今回の行動を起こしているわけですが、やはり魔族でも入れない結界があるから中々攻め入れないのですね。

魔族でも破れない防護結界があるとは凄いです。

そしてドラートとフリーレンの応対はとてもしびれましたね。

殺しに来たと言われても全く動じない無表情のままのフリーレンは、その戦闘経験から言っても当然でしょう。

リュグナーも思い出せてはいませんでしたが、フリーレンをどこかで見た覚えがあるようですし、警戒するのは当然です。

何よりフリーレンだけが、魔族の本質に気付いていますからね。

唯一の障害だと言われたら、若い魔族なら先走ってしまうのも当然かもしれません。

リスク管理が安易ですね。

ドラートが仕えているであろう、アウラよりも強いと簡単に当然のように言ってのけるフリーレンがかっこいいです。

首を切断する程の魔力の糸が絡みついても微動だにしないフリーレンからは余裕しか感じられません。

ドラートの発言は人類を完全に侮った発言ですが、全然わかっていませんね。

人類の魔法だって進化しているでしょうし、対応する術は色々ありそうです。

すぐに慢心しよく喋るその姿は小物感が凄いですね。

本当は強いのでしょうけど、フリーレンの前だと霞んで見えます。

さて、ドラートの魔法は腕を落とされることであっけなく終わりました。

フリーレンの攻撃スピードはとても速いです。

迷いもありません。

容赦もしません。きっと人の言葉を喋らない魔物だったなら、皆同じように出来るのでしょう。

同じ言葉を話せるというのは何とも厄介ですね。

ドラートが門番の衛兵を殺してしまったので、フリーレンに変な疑いがかからないといいのですが、これからフリーレンの反撃が始まりそうで楽しみです。

葬送のフリーレン15話まとめ

こちらでは15話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

葬送のフリーレン15話まとめ
  • 魔族の使者リュグナーが招かれたのは伯爵の息子の部屋でした。グラナト伯爵は息子の剣を抜き、リュグナーへ剣を向けます。リュグナーは落ち着いていて、どうか話し合いの機会をと続けました。
  • 伯爵は剣を収め、客室にリュグナーを案内させました。結局彼らの目的は、和睦ではなく滅亡でした。
  • ドラートはフリーレンを殺しに来たと伝えました。全く動じない無表情のままのフリーレンは、アウラより強いとドラートに伝えました。
  • ドラートの首を切断する程の魔力の糸が絡みついても微動だにしないフリーレンは、ドラートの糸を操る方の腕を切り落とし、もう片方の腕も落とします。そして、首を切り落とし決着は一瞬で着きました。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法