少年/青年漫画

「葬送のフリーレン」16話あらすじ・ネタバレ フリーレンは本丸へ

まんが王国で読むことができる「葬送のフリーレン」の16話のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話あらすじ

伯爵は使者の魔族を亡くなった自分の息子の部屋へ招き、剣を抜きました。

最初から復讐が目的だったのです。

しかし使者は、私も殺された父の部屋をそのままにしてあると、架空の父の話を平然と話します。

一方フリーレンは、自分を暗殺しに来た魔族を返り討ちにしていました。

【無料で試し読み!】
2021年人気アダルト漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

マゾ狩り西野さん
青年
拘束具
言葉責め
クラスの同級生の西野さんは、美人で人当たりもよく浮いた噂など全く聞かない。……のだが、その本性は人を支配することに喜びを覚える狩人だった。「やっぱり、マゾだよね?」そう尋ねる彼女になすすべもなく屈服し、地面に頭をつけて忠誠を誓ってしまったが最後……彼女のおもちゃとしてあらゆる自由を奪われ、絶対服従の下僕にされてしまう。
71236

66347


図書館で勉強していたらいつも来るギャルJKに・・・
青年
ギャル
中出し
受験を控えた高校3年の夏休み。受験まで一年を切り、夏休みは毎日図書館にこもり勉強していた。最近、そこによくあらわれる謎のギャルJKが気になって気になって、悶々としていた。制服ミニスカ巨乳で受験生の僕には当然刺激が強すぎる…。
41182

38784


ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない
青年
フルカラー
ゾンビ
無事就職が決まり、春には県外に出ることが決まっていた主人公。いつものように寂れた神社に報告に行くと、倒れていた青年を発見する。体が弱く療養しに来たという青年の介抱をしながら、なんとなく放っておけない主人公は春まで青年のご飯を作りに来ることを約束する。
39124

24341

葬送のフリーレン16話あらすじ・ネタバレ

作戦は変更が必要なようです

牢で魔族の使者の一人であるドラートを仕留めたフリーレンは、この襲撃を伯爵に報告し残りの使者も始末しようと考えていました。

そうすれば恩赦くらいは貰えるだろうと思ったからです。

しかし牢を出ると、自分の牢を守っていたはずの衛兵が死んでいます。

フリーレンは作戦を少し変えなければいけないようです。

その頃のフェルン達は

一方フェルンとシュタルクは二人でご飯を食べていました。

美味しいと食べるフェルンに、ご飯が美味しい街は平和でいい街だと師匠が言っていたことを伝えました。

フェルンはまだ食べているシュタルクに話しかけます。

伯爵にフリーレンを釈放してもらえるように直訴しようと持ち掛けたのです。

シュタルクはそれに同意した上で、リュグナーがフリーレンしか見ておらず、他はいつでも殺せると思っていることを伝えます。

シュタルクは、伯爵の側に魔族がいることを話し、最悪戦闘になると続けました。

それでも勇者一行なら行くだろうとフェルンが伝えると、シュタルクは震える手をギュッと握りしめました。

確かにここでビビったら師匠に会わせる顔が無いと覚悟を決めた表情をしたのでした。

行くかと言うシュタルクですが、歩いていくフェルンについてこようとしません。

なんと、腰が抜けて動けなくなっていました。

フェルンは無言でその様子を見つめます。

きな臭くなってきた伯爵邸

リュグナーの従者であるリーニエは、ドラートの魔力が探知出来ないとリュグナーに伝えます。

死んだなと話すリュグナーに、ドラートは油断しすぎだと伝えるリーニエ。

しかしリュグナーは、アウラの懐刀である首切り役人の一員であるのに、油断で死ぬことはないと考えていました。

その時、客室に伯爵がやってきました。

捕らえた魔法使いが脱獄したこと、衛兵の首が切られていたことを伝えます。

捜索を手伝おうとするリュグナー一行ですが、それを伯爵は断りました。

逆に伯爵は問います。

お連れの方が一人足りないようですが、と。

手洗いですと答えるリュグナーですが、使用人に場所も聞かずに行くことはありません。

伯爵は続けます。捕らえた魔法使いが手練れであることはわかっていました。

それが衛兵にあっさり捕らわれたということは、衛兵殺しの罪の重さを理解しての行動です。

一瞬でリュグナーに制圧される伯爵

伯爵は改めてリュグナーに連れの居場所を問いました。

衛兵達はすでにリュグナーへ剣を向けていました。

リュグナーは静かに自身の血液を出すと、その血液で衛兵を全員斬り殺しました。

全部台無しだと話しながら、伯爵にも攻撃を仕掛けます。

しかしリュグナーは、台無しだと思いながら暴力で解決するしかなくなった現状を楽しいと感じていました。

伯爵はあっけなく攻撃を受けます。しかし殺しはしません。

伯爵にはこの街の防護結界を解除させたいからでした。

街はフェルン達に任せ、フリーレンは本丸へ

伯爵家が目の前にまで来た所で、フェルン達はフリーレンとすれ違いました。

脱獄は仕方なかったのだと経緯を説明し始めます。

ドラートという魔族を殺したものの、魔族は死んだら魔力の粒子になって消えてしまいます。

ドラートは牢番の衛兵を殺していたため、状況証拠としてはフリーレンが容疑者となり衛兵殺しで極刑となってしまいます。

フリーレンは面倒だからと街を出ることを伝えました。

フェルンは残りの魔族が野放しになるため、この街を見捨てるのかとフリーレンでに問いました。

しかしフリーレンは不思議そうに、フェルン達で倒せばいいと答えます。

自分達が敵うような相手じゃないとシュタルクは話しますが、相手が強かったら戦わないのかとフリーレンは答えました。

そして二人が魔族より弱いなんで微塵も思っていないことも伝えます。

シュタルクはせめて手伝ってほしいと土下座をしますが、往生際が悪いとフェルンが引きずって連れて行きました。

フリーレンは二人の様子に笑顔を見せながら、街の外の気配を探っていました。

そこには断頭台のアウラがいます。

強い相手との戦いは大嫌いなフリーレン。

嫌なことは早めに終わらせようと笑みを浮かべました。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

葬送のフリーレンを無料で読めるか調査した結果

「葬送のフリーレン」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

葬送のフリーレン16話を読んだ感想

ドラートを始末したフリーレンは、このまま使者も始末すれば恩赦でもと考えますが、そう簡単には行きませんでした。

外にはドラートが殺した衛兵がいたからです。

このまま外へ行っても完全に容疑者にしかなりません。

それがわかったから少し固まったのでしょうね。

危害が及ぶのは時間の問題だとフリーレン釈放をお願いすることに決めた二人ですが、相変わらずシュタルクが臆病ですね。

臆病だから、しっかりと物事も見れるのだと思います。

フリーレンが捕らわれた時、リュグナーがフリーレンしか見ていなかったと話すのはやはり他の衛兵達とは違った見方をしています。

まだ震えが止まらないと隠そうともしないのがシュタルクの良いところだと思います。

そして、勇者一行なら行くと強いまなざしで答えるフェルンもかっこいいです。

いい弟子ですね。意気込みはバッチリなのに、腰が抜けて進めないシュタルクは可愛かったです。

さて、物語は一気にきな臭い方向へ進んで行きます。

伯爵がちゃんとフリーレンのことを理解出来る人でよかったです。

衛兵殺しがフリーレンのせいだと思わず、ここにいない魔族の従者が犯人だとちゃんと判断できる人で本当に良かったです。

しかし、それはよくても戦闘力はあてになりません。

衛兵は一瞬で皆殺しですし、伯爵も利用価値があるから生かされたに過ぎません。

防護結界の解除は伯爵は死んでもしなさそうですが、その前に誰か助けに来てくれるといいですね。

そして街中で再会したフリーレン達ですが、簡単なことみたいにフェルン達に魔族倒せばいいじゃんと言えるフリーレンいいですね。

二人の強さを信頼しているのでしょう。

師匠にこんな風に言ってもらえたらとても光栄だと思います。

相手が強かったら戦わないのと問うフリーレンも、二人の意識をちゃんと進める働きがあって師匠らしいですよね。

それでも土下座しちゃうシュタルクは情けなくて可愛いですね。

腹を括りましょうと引きずっていくフェルンとの相性はバッチリだと思いますよ。

そして面倒だから街を出ると言ったフリーレンも、ただ街を出るわけじゃありません。

本丸との戦闘は自らがやるのですから、やはりフリーレンはかっこいいです。

葬送のフリーレン16話まとめ

こちらでは16話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

葬送のフリーレン16話まとめ
  • ドラートを始末したフリーレンは、このまま使者も始末すれば恩赦でもと考えますが、しかし、外にはドラートが殺した衛兵がいたため、フリーレンは作戦を少し変えなければいけなくなります。
  • 一方フェルンとシュタルクは二人でご飯を食べていました。伯爵にフリーレン釈放をお願いすることに決めた二人ですが、シュタルクは、震えがとまらず、なんと、腰が抜けて動けなくなってしまいました。
  • リュグナー一行は伯爵に捕らえた魔法使いが脱獄したこと、衛兵の首が切られていたことを伝えます。
  • リュグナーは衛兵を全員斬り殺しました。しかし、伯爵にはこの街の防護結界を解除させたいため殺しませんでした。
  • フェルン達はフリーレンとすれ違いました。フリーレンは衛兵殺しで極刑となってしまうのが面倒だからと街を出ることを伝えます。残りの魔族をフェルン達で倒せばいいと言います。
  • フリーレンは断頭台のアウラを見つけます。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法