少年/青年漫画

「葬送のフリーレン」21話あらすじ・ネタバレ・一生をかけて魔族を欺く

まんが王国で読むことができる「葬送のフリーレン」の21話のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話あらすじ

戦闘が始まる魔族とフェルン達はそれぞれ魔族を相手にしています。

フェルンの早打ちに押されるリュグナーに、何度も立ち上がり攻撃をするシュタルク。

フリーレン以外目に入っていなかった魔族は、二人の攻撃に両者とも敗北しました。

【無料で試し読み!】
2021年人気アダルト漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

マゾ狩り西野さん
青年
拘束具
言葉責め
クラスの同級生の西野さんは、美人で人当たりもよく浮いた噂など全く聞かない。……のだが、その本性は人を支配することに喜びを覚える狩人だった。「やっぱり、マゾだよね?」そう尋ねる彼女になすすべもなく屈服し、地面に頭をつけて忠誠を誓ってしまったが最後……彼女のおもちゃとしてあらゆる自由を奪われ、絶対服従の下僕にされてしまう。
71236

66347


図書館で勉強していたらいつも来るギャルJKに・・・
青年
ギャル
中出し
受験を控えた高校3年の夏休み。受験まで一年を切り、夏休みは毎日図書館にこもり勉強していた。最近、そこによくあらわれる謎のギャルJKが気になって気になって、悶々としていた。制服ミニスカ巨乳で受験生の僕には当然刺激が強すぎる…。
41182

38784


ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない
青年
フルカラー
ゾンビ
無事就職が決まり、春には県外に出ることが決まっていた主人公。いつものように寂れた神社に報告に行くと、倒れていた青年を発見する。体が弱く療養しに来たという青年の介抱をしながら、なんとなく放っておけない主人公は春まで青年のご飯を作りに来ることを約束する。
39124

24341

葬送のフリーレン21話あらすじ・ネタバレ

最期にやっとその強さの理由を知る

出血が止まらないリュグナーは自分の死期を悟りました。

しかし自分は死んでも、フリーレンは無事では済まないと語ります。

前回と違いフリーレンを守る勇者一行は一緒におらず、アウラと正面から戦えば必ず負けると言うのです。

フリーレンの魔力はアウラに遠く及ばないと続けますが、フェルンはそれを聞いてフリーレンの勝利を確信しました。

フリーレンが魔族を欺いて殺すだろうと告げますが、リュグナーは信じようとしません。

フリーレンはいつも正面から攻撃を仕掛けていたからです。

しかしここでリュグナーは違和感を覚えました。

自分に致命傷を与えたフェルンの魔力が脆弱なものであるのに、なぜか迅速な魔法の物量に押し切られたのです。

魔力切れを起こさずに。

そしてリュグナーは、フェルンもフリーレンも同じなのだと気付きました。

卑怯者めとフェルンを睨みつけるリュグナーは、フェルン達を魔法使いの風上にも置けないと告げました。

ですがフェルンは、フリーレンがそれを一番よくわかっていると答えてリュグナーに止めを刺しました。

襲われたエルフの集落の生き残り

フランメはボロボロになったある集落に来ていました。

そこはエルフの集落で、魔王軍の将軍の一人が粒子になって消えかかっている所でした。

軍勢を率いて集落を潰しにきたのです。

その将軍を殺したのは生き残ったフリーレンでした。

フランメと比べてもかなりの魔力があるフリーレンを見て、お前強いだろとフランメは話しかけます。

同時に、正面から戦ったことを馬鹿だとも話しました。

正面から戦わずとも、逃げたり隠れたり不意打ちをしたり、方法はいくらでもあるからです。

強い魔法使い

強い魔法使いの気持ちはわからないと話すフランメですが、フリーレンはわかるはずだと口にしました。

フランメの方が遥かに強い魔法使いだとフリーレンは一目でわかっていたからです。

出ている魔力量はフリーレンの方が多く見えるのにも関わらずです。

それを聞いて不敵に笑うフランメは、理由を尋ねました。

なんとなくと答えたフリーレンは、そのままフランメにおぶられて集落を離れます。

自分が一番強かったのに集落を全滅させてしまったことを悔やむフリーレンですが、フランメは才能があるから自分の弟子にすると告げました。

クソみたいな驕りと油断

そこへ魔族の追手がやってきました。

フランメはその姿を見て魔族を面白いと言います。

こちらが魔法使いとわかれば堂々と姿を現す、くだらない魔法への誇りを持っているからです。

フランメはおぶっていたフリーレンを下すと、強い魔法使いの気持ちが痛い程よくわかると話し始めました。

今まで研鑽してきた魔法に対する自信と信頼が、クソみたいな驕りと油断を生むことをフランメはわかっていました。

一瞬で、フランメは追手を全て焼き払います。

それはフランメの魔力量を見て、雑魚だと判断した魔族の油断があったからです。

フランメは、体外に放出する魔力量を制限していました。

それが強さの誤認に繋がったのです。

フランメの魔力量は、先程とは比べ物にならないほど大きなものでした。

相手の認識を欺き殺す、誇り高き魔法を愚弄した卑怯で最低な戦い方だとフランメは自身を評しました。

一生をかけて魔族を欺く

魔族を全て奪われ、根絶やしにしたいほど憎いと話すフリーレンに、私もだとフランメは同意します。

けれど魔法が好きだと語るフリーレンに、私も好きだとフランメは返しました。

だから、魔法を愚弄するような卑怯者は自分達だけでいいのだと伝えます。

修行はまず、魔力放出を10分の1以下にするところから始まりました。

フリーレンは、あまり長いと疲れるから、いつまでこの魔力制限を続ければいいのか問いました。

フランメは一生だと告げます。

一生をかけて魔族を欺くのだと、笑ってフランメは伝えました。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

葬送のフリーレンを無料で読めるか調査した結果

「葬送のフリーレン」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

葬送のフリーレン21話を読んだ感想

アウラがフリーレンに魔力量で負けることはないと、フリーレンがただでは済まないだろうことを告げますが、逆にフェルンがそれを聞いて勝利を確信していました。

最初は意味がわからないリュグナーでしたが、最期にようやく魔力量を騙されていたのだと気付きました。

フェルンも魔力制限を行っていたのですね。魔力切れを起こさないはずです。

魔族はまんまと騙されていました。卑怯者だと告げるリュグナーですが、そんなのは承知の上で二人は魔力制限をしているのですから、特に何も思わないでしょうね。

フリーレンの過去は悲しいものでしたね。

襲ってきた魔族の将軍を倒せても、集落の皆を助けられなければ後悔するでしょう。

魔族を心底恨んでいるというのは本当でしたね。こんなことされれば誰だって恨むでしょう。

フリーレンはフランメに助けられていました。

魔力量が少なく見えても、フリーレンはフランメが強いことを直感で感じています。

それを聞いて、弟子にすると決めたのでしょうね。

追手が来ても動じず魔族を面白いと揶揄するフランメは相当余裕そうです。

魔族は体外に放出される魔力量を見て相手を図るのですね。

だから制限しているフランメは弱いと判断し油断して返り討ちに遭いました。

本当に一瞬で焼き払われたので、フランメがどんなに強いかよくわかります。

そして制限を解除した魔力量も相当なものでした。

魔法を愚弄している卑怯な戦い方だと話しますが、それも戦略ですからいいと思います。

何より、自分達がちゃんとそれを分かった上で納得して使っているので、ちゃんとした覚悟が見えます。

魔族を根絶やしにしたいほど憎いと語るフリーレン。

その表情はいつも通りの無表情ですが、やはりフリーレンは色んなことをちゃんと感じているのだなとこの言葉でわかります。

同時に魔法が好きだということも改めてわかりました。

いつもそこそこだと話しますが、やってることは魔法好きのそれでしたからね。

フランメもフリーレンと同じ思いを抱えていて、だからこそ自分の魔法をフリーレンに伝えようと思ったのでしょうね。

魔力制限をずっと行うというのは想像以上に疲れて大変そうです。

それを一生行うというのは簡単な覚悟じゃできません。

一生をかけて魔族を欺くんだという師匠の言葉がとても響きますね。

葬送のフリーレン21話まとめ

こちらでは21話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

葬送のフリーレン21話まとめ
  • アウラがフリーレンに魔力量で負けることはないと、フリーレンがただでは済まないだろうことを告げますが、逆にフェルンがそれを聞いて勝利を確信していました。
  • フランメはボロボロになったエルフの集落に来ていました。そこは魔王軍の将軍が軍勢を率いて集落を潰しにきたところをフリーレンがその将軍を殺しました。
  • 魔力量が少なく見えても、フリーレンはフランメが強いことを直感で感じています。それを聞いて、フランメは自分の弟子にすると決めます。
  • そこへ魔族の追手がやってきますが、一瞬でフランメは全て焼き払います。フランメは、体外に放出する魔力量を制限していました。それが強さの誤認に繋がったのです。
  • 修行はまず、魔力放出を10分の1以下にするところから始まりました。フランメは魔力制限を続けて一生をかけて魔族を欺くのだと伝えました。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法