少年/青年漫画

葬送のフリーレン22話あらすじ・ネタバレ・千年以上生きた魔法使い

まんが王国で読むことができる「葬送のフリーレン」の22話のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話あらすじ

魔族に自身の集落を襲われたフリーレンは、その集落のたった一人の生き残りでした。

フランメに救われ、彼女は魔力制限で魔族を油断させ返り討ちにしました。

フリーレンはフランメに、魔力制限をずっと行うことで、一生をかけて魔族を欺くのだと教えられました。

【無料で試し読み!】
2021年人気アダルト漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

マゾ狩り西野さん
青年
拘束具
言葉責め
クラスの同級生の西野さんは、美人で人当たりもよく浮いた噂など全く聞かない。……のだが、その本性は人を支配することに喜びを覚える狩人だった。「やっぱり、マゾだよね?」そう尋ねる彼女になすすべもなく屈服し、地面に頭をつけて忠誠を誓ってしまったが最後……彼女のおもちゃとしてあらゆる自由を奪われ、絶対服従の下僕にされてしまう。
71236

66347


図書館で勉強していたらいつも来るギャルJKに・・・
青年
ギャル
中出し
受験を控えた高校3年の夏休み。受験まで一年を切り、夏休みは毎日図書館にこもり勉強していた。最近、そこによくあらわれる謎のギャルJKが気になって気になって、悶々としていた。制服ミニスカ巨乳で受験生の僕には当然刺激が強すぎる…。
41182

38784


ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない
青年
フルカラー
ゾンビ
無事就職が決まり、春には県外に出ることが決まっていた主人公。いつものように寂れた神社に報告に行くと、倒れていた青年を発見する。体が弱く療養しに来たという青年の介抱をしながら、なんとなく放っておけない主人公は春まで青年のご飯を作りに来ることを約束する。
39124

24341

葬送のフリーレン22話あらすじ・ネタバレ

ついに服従の天秤が発動される

不死の軍勢を大量に解放させたフリーレンに、アウラはそんなに多くの魔力を消費して大丈夫なのかと不敵に笑います。

その手には服従の天秤が握られています。

魔力の大きい方が相手を服従させるというリスクの高い魔法を平然と使えるのは、アウラが絶大な魔力を持っているからです。

基本的に魔力は鍛錬を積み重ねた年月に比例して増加していきます。

アウラの魔力量は、500年以上生きた大魔族であることを物語っていました。

これは魔族の中でもかなり長寿で、今まで敵なしだったのだろうとフリーレンは考えます。

魔族は魔力を包み隠さないし包み隠せないのです。

それを哀れだとフリーレンは口にしました。

アウラはそんなことは気にせず、服従の天秤を発動させます。

魔族の権力は魔力の強さで決まる

フリーレンはフランメに、魔族はずる賢いのになぜ常に魔力制限をしないのか聞きました。

出来ないからだとフランメは答えます。

魔族も人類と戦うために最低限の組織的な繋がりを持っています。

そこで必要になるものは秩序です。組織をまとめる偉い奴が必要なのです。

人の場合は地位や財産でそれが決まることが多く、その場合着飾って見た目で偉いとわかるようにします。

対して魔族は、強い奴が偉いのです。

それは魔力を見ればわかります。

また、魔力の低い者に尊厳が与えられるほど甘くはなく、だからこそ強い魔族ほど魔力を誇示するのです。

彼らにとって魔力制限のメリットはなく、そんな発想にすらならないのです。

フランメは哀れだと話します。

魔族は誰よりも魔法を愛し誇るからこそ、自身の魔力さえ自由に出来ないのです。

魔族じゃなくてよかったなと話すフランメに、フリーレンはお陰で魔族を欺けると答えました。

魔力制限を初めてから、すでに3年の月日が経っていました。

魔法を託してよかった

それから50年が経ち、老いたフランメがフリーレンの元を尋ねてきました。

まだ魔法は好きかとの問いに、ほどほどだとフリーレンは答えます。

ずっと昔に魔法が好きだとはっきり答えたことを伝えると、たった50年前だとフリーレンは話しました。

フランメは復讐のために戦う魔法しか教えなかったと続けます。

後悔しているのか問いますが、後悔はしていないそうです。

フリーレンに魔法を託してよかったとフランメは思っていました。

長い寿命を持つフリーレンなら、いつか魔王を倒せるだろうと話します。

フランメは一つ頼み事をしました。

自分の墓の周りは花畑にしてほしいと言うのです。

両親が教えてくれた、魔法が好きになったきっかけの一番大好きな魔法なのだそうです。

フランメはフリーレンに、目立たず生きて魔王をぶっ殺した時に歴史に名を遺せと伝えました。

フランメの墓の周りは花畑になりました。

それからいくつもの月日が流れ、ある日森にやってきたのはヒンメル一行でした。

長く生きた魔法使いがいるとの噂を聞いてきたのです。

魔力は自分の5分の1くらいだと言うハイターですが、ヒンメルは出会ったどの魔法使いよりも強いとフリーレンを評します。

その理由はなんとなくでした。

千年以上生きた魔法使い

服従の天秤が発動し、両者の魂が乗ります。

アウラにとってフリーレンは、80年程前に初めて表舞台に姿を出し魔王を倒した、謎に満ちた年齢不詳の魔法使いでした。

でもフリーレンの魔力を見て、自分には遠く及ばないと勝利を確信しています。

警戒しすぎたとアウラは思いますが、天秤の傾きが変わっていきます。

フリーレンは魔力を制限していたことを告げ、アウラが見誤ったと伝えました。

ですがアウラは信じません。フリーレンの魔力には制限特有のぶれも不安定さも無かったからです。

しかしフリーレンは、制限するのが自然になるほどの時を過ごしてきました。

馬鹿みたいだと言いますが、これで魔族に勝てるとフリーレンは話します。

自分は500年以上生きた大魔族だと強がるアウラですが、目の前にいるのは1000年以上生きた魔法使いです。

フリーレンの本来の魔力は想像を絶する程大きなものでした。

完全に天秤がフリーレンの方へ傾きます。

フリーレンはアウラに自害しろと淡々と命じました。

ありえないと涙を流しながら、アウラは自身の首を剣で切り落としました。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

葬送のフリーレンを無料で読めるか調査した結果

「葬送のフリーレン」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

葬送のフリーレン22話を読んだ感想

表に出ている魔力を読み取るだけでも多くの情報を読み取れるフリーレンは凄いですね。

そして、アウラが500年以上生きた大魔族であることもわかりました。

月日と魔力研鑽に比例して魔力が大きくなるのなら、確かにアウラは今まで敵なしで驕り高ぶるのも当然かもしれません。

服従の天秤を発動させるのは、フリーレンの狙い通りでした。

まんまと騙されたわけです。

なぜ魔族は魔力を制限したりしないのかとの疑問は、フランメが答えてくれました。

確かに強さを誇示するために魔力を見るのは当然のことで、それをあえて隠したりする発想は魔族にはないでしょう。

それが権力の象徴なら尚更ですね。

動物でも強さを隠したりはしないわけですから、魔族の行動は普通に考えれば当然かもしれません。

でも愛する魔法に、そして魔力に欺かれて負けるとは、確かにとても哀れですね。

フランメは最期までフリーレンを気遣っていますね。

やはりここでも時の流れが違うのだと実感しますが、フランメがフリーレンに魔法を託してよかったと思っているのはとても素敵でした。

自分の墓の周りは花畑にしてほしいというのも、フランメにとってそれが大切な思い出や魔法を好きになったきっかけだからで、それをちゃんと話してくれるのもよかったです。

フリーレンはここで初めて花畑の魔法を教えて貰ったのですね。

そして後々にヒンメル達に凄く喜んで褒めて貰えたなんて、なんだか喜びが受け継がれているようで素敵でした。

目立たず驕らず生きてきて、見つけてくれた人達がヒンメルだったなんて、それだけでもう特別ですよね。

だらだら生きて来ただけだと言っても、ヒンメルはちゃんとフリーレンの本質を見抜いています。

なんとなくと、以前フランメにフリーレンが向けた言葉と同じことを言っているので、なんだかジーンとしました。

あとハイターの反応が昔から変わっていなくてなんだか和みました。

アウラの言葉から考えると、本当にフリーレンは80年前の勇者一行と旅に出るまでは目立たず生きて来たのですね。

魔族がフリーレンを詳しくは知らないはずです。

そして、フリーレンが魔族を欺くために行ってきたことはちゃんと実を結びました。

天秤が傾き、自分が千年以上生きた魔法使いだと告げた時のかっこよさはたまりません。

驕ったものの最期というのは、なんとも哀れなものでしたね。

葬送のフリーレン22話まとめ

こちらでは22話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

葬送のフリーレン22話まとめ
  • アウラはついに服従の天秤が発動させます。それはフリーレンの狙い通りでアウラは騙されます。
  • フリーレンはフランメに、魔族はなぜ魔力制限をしないのかと聞くと、魔族は、強い奴が偉いので、強さを誇示するために魔力をあえて隠したりする発想は魔族にはないと答えます。
  • 50年が経ち、フランメがフリーレンに魔法を託してよかったと思います。フランメは自分の墓の周りは花畑にしてほしいと頼みごとをします。
  • 服従の天秤が発動し、アウラに魔力を制限していたことを告げますが信じません。アウラは500年以上生きた大魔族だと強がりますが、フリーレンは1000年以上生きた魔法使いです。
  • 完全に天秤がフリーレンの方へ傾き、フリーレンは自害しろと命じ、アウラは自身の首を剣で切り落としました。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法