少年/青年漫画

「葬送のフリーレン」25話あらすじ・ネタバレ・偽物の勇者

まんが王国で読むことができる「葬送のフリーレン」の25話のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話あらすじ

猛吹雪で遭難しかけたフリーレン一行は、避難小屋でエルフの武道僧と出会います。

自分の軌跡を覚えている人が誰もいない彼は、死後女神様に褒めて貰う為に頑張っています。

自分を褒めてくれた友達も天国にいると話すフリーレン。二人はまた数百年後の再会を話し別れました。

【無料で試し読み!】
2021年人気アダルト漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

マゾ狩り西野さん
青年
拘束具
言葉責め
クラスの同級生の西野さんは、美人で人当たりもよく浮いた噂など全く聞かない。……のだが、その本性は人を支配することに喜びを覚える狩人だった。「やっぱり、マゾだよね?」そう尋ねる彼女になすすべもなく屈服し、地面に頭をつけて忠誠を誓ってしまったが最後……彼女のおもちゃとしてあらゆる自由を奪われ、絶対服従の下僕にされてしまう。
71236

66347


図書館で勉強していたらいつも来るギャルJKに・・・
青年
ギャル
中出し
受験を控えた高校3年の夏休み。受験まで一年を切り、夏休みは毎日図書館にこもり勉強していた。最近、そこによくあらわれる謎のギャルJKが気になって気になって、悶々としていた。制服ミニスカ巨乳で受験生の僕には当然刺激が強すぎる…。
41182

38784


ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない
青年
フルカラー
ゾンビ
無事就職が決まり、春には県外に出ることが決まっていた主人公。いつものように寂れた神社に報告に行くと、倒れていた青年を発見する。体が弱く療養しに来たという青年の介抱をしながら、なんとなく放っておけない主人公は春まで青年のご飯を作りに来ることを約束する。
39124

24341

葬送のフリーレン25話あらすじ・ネタバレ

いつか本物になってみせる

勇者一行が旅を始める際、王様は銅貨10枚しかくれませんでした。

今まで多くの勇者が魔王討伐に失敗しているからです。

しかしヒンメルは、地道に依頼を熟して路銀を稼ぐのも冒険らしくていいと前向きでした。

ヒンメルが持っていた剣を勇者の剣だと話すフリーレンに、偽物だとハイターが説明します。

ヒンメルが子供の頃に村に来た行商人を助けたお礼で貰ったのだそうです。

しかし勇者になったきっかけは、未来の勇者にと渡された剣と言葉ではありませんでした。

同じ孤児院にいたハイターというムカつく奴が、偽物の剣しか持っていないから偽物の勇者にしかなれないのだと言ったそうです。

それで火が付いたヒンメルは、本物になってやろうと心に決めたのでした。

いつか本物の剣も手に入れ魔王を倒すのだと話します。

ついでにあんなことを言っていたハイターも今や酒ばかり飲んでいる偽物の僧侶だと仕返しの言葉を返しました。

剣の里とお役目

フェルンにおぶられていたフリーレンは、そんな懐かしい夢を見ていました。

勇者ヒンメルの死から29年後。北側諸国のシュヴェア山脈で吹雪に遭いながら、一行は目的の集落へと向かいます。

吹雪もだいぶ落ち着き、目的の集落へ着きました。

幼い少女のような姿の里長が出迎えます。ここは剣の里でした。

里の外に壊れた小屋があったことを話すと、それは山の主の仕業だと里長は話します。

主なんていたかと疑問を浮かべるフリーレン。

一方シュタルクは、この里を知っていました。

勇者の剣を守っていた里だからです。

この近くの聖域に女神様が授けたとされる勇者の剣が刺さっており、歴史上のどんな英雄達も引き抜くことはできませんでした。

言い伝えでは、この世界を滅ぼす大いなる災いを撃ち払う勇者のみが引き抜けるのだそうです。

それを引き抜いたのがヒンメルなのだと話すシュタルクですが、フェルンはハイターから何も聞かされていなかったのでその話を知りませんでした。

たくさんの魔物と主を討伐

家に案内された一行は里長と話をします。

半世紀後に来てもらう約束だったのにとブチ切れた先々代の遺言を伝える里長ですが、フリーレンは80年後でも大丈夫だと言ったのにと話します。

この里は自衛が余裕だからと話しますが、お役目はきちんとしてと里長は注意します。

お役目とは魔物退治のことで、この周辺には定期的に魔物が湧くのだそうです。

面倒事は早い方がいいと、フリーレンは明日から仕事を始めることにしました。

3人で魔物退治していきますが、こんなに魔物だらけでどうして討伐依頼を出さなかったのかフェルン達は不思議に思います。

しかし里長とフリーレンは、ヒンメルは英雄だから出せなかったのだと話しました。

魔物は洞窟の前に集まっています。その前へ行くシュタルクが山の主に潰されます。

フリーレンにとってその主は新顔でした。

80年で主面かと呟き、潰され倒れているシュタルクにまだ動けるだろうと話します。

一瞬で主の腕を切り落としたシュタルクは、人使いが荒すぎると文句を言いました。

フェルンが防御魔法を使い、フリーレンが魔法で主を攻撃し撃退します。

魔物は消え去り、今回のお役目は終わりました。

偽物の勇者

シュタルクは洞窟の中にまだ刺さっている剣のことを問います。

魔物は勇者の剣を破壊する衝動を抑えられずにここへ集まってくるのだそうです。

剣が刺さったままということは、ヒンメルが剣を抜けなかったことを示しています。

フリーレンは本当のことを教えてくれました。

今回の勇者も本物ではなかったかと話す前の里長ですが、ヒンメルは別に気にしません。

偽物の勇者でいいと話します。

魔王を打倒して平和を取り戻せば偽物だろうが本物だろうが関係ないからです。

そしてヒンメルは勇者の剣を使わずに世界を救った本物の勇者でした。

しかしこの事実が隠されているのは、ヒンメルを英雄にしたかった連中が、この格好悪いエピソードを隠したからです。

英雄というのは勝手に美化され、いずれ原型もなくなるのだとフリーレンは話しました。

里を去る一行に、里長はマジ感謝と遺言を伝えます。

半世紀後にと話すフリーレンに、今度は遅れないでと注意をして里長は一行を見送りました。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

葬送のフリーレンを無料で読めるか調査した結果

「葬送のフリーレン」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

葬送のフリーレン25話を読んだ感想

回想から始まった今回ですが、やはりヒンメルは前向きでいいですね。

路銀を稼いで旅路を進むのは確かに冒険っぽいですね。

そして旅の最初に持っているヒンメルの剣はレプリカの勇者の剣でした。

レプリカが出回ってるんですね。

普通なら未来の勇者にという言葉で目指しそうなものですが、やっぱり普通の人とは少し違いましたね。

偽物の剣だから偽物にしかなれないなんて、なんとも子供らしい馬鹿にした言い方でいいですね。

ハイターが言いそうです。

そしてそれに反撃して、今や偽物の僧侶だと話すヒンメルも面白かったです。

なんでも言い合える仲ですよね。

そして、ヒンメルとハイターが同じ孤児院出身なのも判明しましたね。

二人とも一緒に魔王討伐に向かうなんてとても仲良しですよね。

幼少期の話もいつか見てみたいです。

また吹雪に遭っている一行ですが、今度はちゃんと村に着けそうでよかったです。

フェルンがまたおぶっていて偉いなと思いました。

シュタルクがおぶるのを代ろうとしてもエッチと言って渡そうとしなかったフェルンが面白かったです。

力持ちのシュタルクにおぶってもらった方が楽だと思うんですけどね。

なんだか一行らしいです。

さて、着いた場所は剣の里でした。ここの里長が可愛いです。

そして先々代の遺言がなんだか若者言葉で軽いですね。

気さくな面白い里長だったのかもしれません。

お役目に普通に大遅刻してくるのがフリーレンらしいですよね。

フリーレンにとって30年なんて些細な時間なんでしょうから仕方のないことかもしれません。

魔物退治は大量にいてもフリーレン達にかかれば余裕でした。

潰されたのにピンピンしているシュタルクの身体はおかしいと思います。

そして魔物が集まってきた場所に真実がありました。

ヒンメルの勇者の剣の逸話は有名な話なのにフェルンが知らないのは何故だろうと思いましたが、ハイターが嘘の逸話を伝える訳がありませんでしたね。

確かに勇者なのに剣を抜けなかったなんてエピソードはなんだか物語として締まらないですよね。

里長の、今回も本物の勇者じゃなかったという言葉はなんだか抉られそうな言葉なんですが、気にしていないヒンメルが格好良かったですね。

確かに剣が無くたって魔王を倒せればそれは本物の勇者なわけです。

そして本当にそれを実現したヒンメルはやっぱり凄いです。

フリーレンが言っていた美化されて原型が無くなるというのは、もしかしたら師匠のフランメのこともあるのかもしれませんね。

なんだか複雑な表情をしていたので気になりました。

葬送のフリーレン25話まとめ

こちらでは25話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

葬送のフリーレン25話まとめ
  • ハイターに剣が偽物だから偽物の勇者にしかなれないのだと言われ、ヒンメルは、本物になってやろうと心に決めたのでした。
  • フリーレンたちは目的の集落へ着きました。シュタルクは、この里を知っていました。女神様が授けたとされる勇者の剣が刺さっており、それを引き抜いたのがヒンメルなのだと話すシュタルクですが、フェルンは知りませんでした。
  • フリーレンたちは里長と話をします。お役目とは魔物退治のことで、フリーレンは明日から仕事を始めることにしました。洞窟の前に集まっていた魔物はフリーレンたちが撃退し、消え去りました。
  • 洞窟の中には剣が刺さったままで、ヒンメルは勇者の剣を使わずに世界を救った本物の勇者でした。里を去るフリーレンたちに、里長は感謝と遺言を伝えます。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法