少年/青年漫画

葬送のフリーレン33話あらすじ・ネタバレ・フリーレンの長寿友達

まんが王国で読むことができる「葬送のフリーレン」の33話のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話あらすじ

要塞都市で三大騎士の家の息子の代わりに社交会に出ることになったシュタルクは、3か月地獄の練習をします。

息子を大切にするオルデン卿を、本来欲しかった父親に重ね、オルデン卿も亡き息子にシュタルクを重ねます。

依頼は無事終わり、オルデン卿ともう一人の息子を見て、ここは大丈夫だとシュタルクは思いました。

【無料で試し読み!】
2021年人気アダルト漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

マゾ狩り西野さん
青年
拘束具
言葉責め
クラスの同級生の西野さんは、美人で人当たりもよく浮いた噂など全く聞かない。……のだが、その本性は人を支配することに喜びを覚える狩人だった。「やっぱり、マゾだよね?」そう尋ねる彼女になすすべもなく屈服し、地面に頭をつけて忠誠を誓ってしまったが最後……彼女のおもちゃとしてあらゆる自由を奪われ、絶対服従の下僕にされてしまう。
71236

66347


図書館で勉強していたらいつも来るギャルJKに・・・
青年
ギャル
中出し
受験を控えた高校3年の夏休み。受験まで一年を切り、夏休みは毎日図書館にこもり勉強していた。最近、そこによくあらわれる謎のギャルJKが気になって気になって、悶々としていた。制服ミニスカ巨乳で受験生の僕には当然刺激が強すぎる…。
41182

38784


ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない
青年
フルカラー
ゾンビ
無事就職が決まり、春には県外に出ることが決まっていた主人公。いつものように寂れた神社に報告に行くと、倒れていた青年を発見する。体が弱く療養しに来たという青年の介抱をしながら、なんとなく放っておけない主人公は春まで青年のご飯を作りに来ることを約束する。
39124

24341

葬送のフリーレン33話あらすじ・ネタバレ

フリーレンの長寿友達

勇者ヒンメルの死から29年後。

北側諸国のクラー地方のある村を一行は訪れていました。

そこには400年近くこの村を守っている戦士のドワーフがいます。

その戦士はフォル爺といい、フリーレンの長寿友達です。

死ぬ前にゆっくり話がしたいからと立ち寄ったのでした。

10年くらい滞在しちゃおうかしらとウキウキするフリーレンですが、フェルンに1週間までだと釘を刺されました。

村の入り口にいたフォル爺は見るからにヨボヨボのおじいちゃんです。

まだボケたフリを続けているのと話すフリーレン。

シュタルクはそんな一瞬に、フォル爺に足を取られ倒れてしまいました。

油断大敵

戦闘での死因の多くは油断だと話すフォル爺は、魔族にも人にもこれが一番効くのだと話します。

熟達した戦士でも防御を意識していなければ致命傷を負うのです。

相変わらず卑怯な戦法だと話すフリーレンに、ゆっくりしていってくれとフォル爺は伝えました。

立ち上がることが出来ないシュタルクを見て、ついでに稽古を付けてもらうように話します。

フリーレン意外は村の小さな頼み事を聞いて過ごしていました。

フリーレンはフォル爺と楽しそうに話しています。

村人はそんな姿を見て、あんなに楽しそうにしているのは初めて見ると話しました。

普段は会話すらままならず、昔から村を守ってくれる守り神のような存在なのだとフォル爺を評します。

それを聞いたフェルンは、ずっと孤独だったんだなと呟きました。

ヒンメル達を知る機会をくれた人

皆で様々なことをして過ごし、1週間はあっという間にきてしまいました。

シュタルクの様子を聞くと、人間は成長が早いとシュタルクを評します。

楽しい時間だったと話すフリーレンは、フォル爺に感謝しているのだと伝えました。

自分がヒンメル達を知る機会をくれたのだと話します。

勇者一行でこの村を訪れた時、ヒンメルはフォル爺に何故この村を守っているのか聞いていました。

昔の話だからどうでもいいと話すフォル爺ですが、人はどうでもいいことに命を懸けないとヒンメルは伝えます。

妻が愛した村を守る

それを聞いて、フォル爺は人間だった妻が愛した村を守っているだけだと伝えました。

でも詳しくは話さないと言います。妻の顔も声も眼差しも伝えることは出来ないからです。

死者との約束をずっと守っている自分を滑稽だろうと話すフォル爺ですが、ヒンメルは奥さんが約束を守ってくれていて嬉しいと思っているはずだと伝えました。

ヒンメルはきっと魔王を倒すフォル爺は、偉大な勇者の記憶を未来に連れて行ってやると話しました。

でもヒンメルはそれを断ります。

自分にはフリーレンがいるから、自分達の記憶は彼女が未来に連れて行ってくれると伝えました。

フォル爺はそれを聞いて、仲間に恵まれたなと話しました。

フォル爺の記憶も未来へ連れて行く

その勇者の顔や声を覚えているかと問うフォル爺に、当たり前だとフリーレンは答えます。

ヒンメルは人間を知ろうとしたきっかけで、フォル爺が村を守ろうとしたのと同じ大切なことだと話しました。

フォル爺は、自分はもう妻を思い出せないと話します。それでも大切な何かの為に村を守っているのです。

フォル爺は一行の旅の目的を聞きました。

魂の眠る地を目指していると話し、魔王城がある場所だと説明します。

ついに魔王を倒しに行くのかと話すフォル爺は、平和な時代が訪れるといいなと話しました。

魔王はもう、と言おうとしますが、フリーレンは途中で言葉を止めました。

笑うフリーレンは、フォル爺の記憶も自分が未来に連れていってあげると伝えました。

人生の最期に会えてよかったと話すフォル爺ですが、同じことを80年前も言われたフリーレンなのでした。

翌朝旅立つ際に、フォル爺はフリーレンに久しぶりに妻の夢を見たと伝えます。

昔話をしたお陰かもと話すフォル爺はどこか嬉しそうでした。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

葬送のフリーレンを無料で読めるか調査した結果

「葬送のフリーレン」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

葬送のフリーレン33話を読んだ感想

長寿仲間がフリーレンにもいたのですね。

しかしフォル爺ですらフリーレンの半分も生きていないとは、エルフの長寿さが凄いことがよくわかります。

目に見えてウキウキしているフリーレンは久しぶりに見ましたね。

よぼよぼに見えてもめちゃくちゃ強いフォル爺はまさに守り神のようです。

確かに油断することによって多くの英傑も命を落としているでしょうから、フォル爺の戦法は間違っていませんね。

そうでなくても余裕で勝てそうですけどね。

一瞬で倒されてしかも立ち上がれないシュタルク。

やっぱり戦士の年季が違うので、シュタルクはフォル爺に稽古を付けて貰えてよかったと思います。

フェルンに釘を刺されていたのに、村の宿で10年普通に滞在するつもりでいて可笑しかったです。

フェルンがすかさず釘を刺し、結局それに渋々了承するのでフリーレンも成長しましたね。

1週間とても楽しそうに過ごしていますが、普通に自分の背よりも高い岩を持ち上げてるシュタルクは超人じゃないですか?

戦士ってそういうものなのでしょうか。

あっという間に1週間が過ぎ、お礼を言うフリーレンがよかったですね。

そしてヒンメルがいつだって言うことがかっこよくて素敵です。

あの人の姿を知っているのは自分だけだからと話すフォル爺はとても切なかったです。

滑稽だと言うフォル爺に、きっと嬉しく思っていると伝えるヒンメルはとても勇者っぽくていいですよね。

本当に優しい人だったんだなとよくわかります。

そしてヒンメル達の記憶をフリーレンが未来へ連れて行ってくれるからと話すのも素敵でした。

別にいいけどととても冷めた返答をするフリーレンですが、今やこうして人を知る為の旅に出る程にまでなりましたからね。

本当に仲間に恵まれたと思います。

しかしヒンメルがすぐイケメンポーズを見せたがるのは面白いですよね。

記憶の無駄遣いだと話すフリーレンにそればっかりは同意してしまいます。

顔や声を覚えているかと聞かれて、バカにしないでと話すフリーレンがよかったです。

それほどにヒンメルのことを大切にしているとわかってジーンとなります。

長年生きたフォル爺にはもう思い出せなくなってしまった最愛の人ですが、夢でまた会えたようでよかったですね。

少しだけ老化で本当に耄碌していることもありますが、フリーレンがフォル爺の記憶も未来へ連れて行ってあげると言っていてとても素敵でした。

葬送のフリーレン33話まとめ

こちらでは33話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

葬送のフリーレン33話まとめ
  • フリーレンは長寿友達に会いに来ていました。ドワーフの戦士でフォル爺と言います。見るからにヨボヨボですが、シュタルクは一瞬に、足を取られ倒れてしまいました。
  • フォル爺は戦闘での死因の多くは油断だと話します。戦士の年季を見せつけられたシュタルクはフォル爺に稽古を付けてもらう事になります。
  • 1週間が過ぎ、楽しい時間だったと話すフリーレンは、フォル爺に感謝します。
  • フォル爺に何故この村を守っているのかヒンメルは聞いていました。人間だった妻が愛した村を守っているだけだと伝えました。
  • フォル爺にはもう思い出せなくなってしまった最愛の人ですが、旅立つ際に、夢でまた会えたとフリーレンに伝えました。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法