少年/青年漫画

「葬送のフリーレン」35話あらすじ・ネタバレ・仲裁は僧侶の仕事です

まんが王国で読むことができる「葬送のフリーレン」の35話のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話あらすじ

親友の行方をザインは旅路の中でしっかり聞き込みしていました。

立ち寄った集落で、忘れ去られた英雄の石像に出会います。

それはザインと親友がそれぞれ名前を名乗るようになったきっかけの像でした。

親友が向かった先とフリーレン達が向かう場所は反対方向にあり、ザインはどうしようかと悩みます。

【無料で試し読み!】
2021年人気アダルト漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

マゾ狩り西野さん
青年
拘束具
言葉責め
クラスの同級生の西野さんは、美人で人当たりもよく浮いた噂など全く聞かない。……のだが、その本性は人を支配することに喜びを覚える狩人だった。「やっぱり、マゾだよね?」そう尋ねる彼女になすすべもなく屈服し、地面に頭をつけて忠誠を誓ってしまったが最後……彼女のおもちゃとしてあらゆる自由を奪われ、絶対服従の下僕にされてしまう。
71236

66347


図書館で勉強していたらいつも来るギャルJKに・・・
青年
ギャル
中出し
受験を控えた高校3年の夏休み。受験まで一年を切り、夏休みは毎日図書館にこもり勉強していた。最近、そこによくあらわれる謎のギャルJKが気になって気になって、悶々としていた。制服ミニスカ巨乳で受験生の僕には当然刺激が強すぎる…。
41182

38784


ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない
青年
フルカラー
ゾンビ
無事就職が決まり、春には県外に出ることが決まっていた主人公。いつものように寂れた神社に報告に行くと、倒れていた青年を発見する。体が弱く療養しに来たという青年の介抱をしながら、なんとなく放っておけない主人公は春まで青年のご飯を作りに来ることを約束する。
39124

24341

葬送のフリーレン35話あらすじ・ネタバレ

冷たい手で反撃

ザインの探し人である勇者ゴリラが向かった先はテューアという町であり、フリーレン達が目指すオイサーストとは反対方向です。

ゴリラを追いかけるために旅に出たと話すザインですが、すぐに決断できません。

日が暮れて来たので結論は明日にすることになりました。

集落の小屋を自由に使っていいとのことで、一行はその小屋へ向かいます。

フェルンが買い出しをし、ザインは薪集めをしました。

手が冷たいと話すフェルンの手を掴み、これは新記録かもとフリーレンが話します。

気になったシュタルクは、どれどれと遠慮なくフェルンの手を掴みました。

一瞬何か考えてから、フェルンは無言で冷たい自分の手をシュタルクの頬に擦り付けました。

続・山籠もり

外では雪が降り始めています。

また冬越えが必要になるのかと心配するフェルンですが、険しい山脈を越えるわけではないから猛吹雪にならない限りは大丈夫だとフリーレンは話します。

しかし翌日、辺り一面猛吹雪です。

村人によればこの地方の寒波は一月は続くそうで、遠出はしない方がいいと忠告を受けました。

寒波が去るまで動けなくなった一行ですが、前の山籠もりとは違いお店もあるし小屋も広いので快適そうです。

加えてこの集落には怪しい老人がやっている魔法店があります。

フリーレンの経験上では伝説級の魔法があることが多いそうで、ゆっくり漁る気満々です。

ちなみに伝説級とは、カビを消滅させる魔法やしつこい油汚れを取る魔法などです。

寒波が終わるまでの自由時間

とにかく一行は寒波が終わるのを待つことにしました。

もうしばらくは一緒にいることになりそうだと少し安堵したような表情をザインは見せます。

そろそろ寒波の時期も終わる頃になりました。

相変わらず酒場に入り浸っているザインの元へフリーレンがやってきます。

フェルンとシュタルクが喧嘩しているそうで、仲裁してほしいとのことでした。

仲裁は僧侶の仕事なんだそうです。

ザインが小屋へ帰ってみると、ツーンとそっぽを向いているフェルンと、めそめそしているシュタルクの姿がありました。

何があったか聞いてもフェルンはシュタルクが悪いと言い、シュタルクも自分が全部悪いといってそれ以上話そうとしません。

話にならないと、一人ずつザインが話をすることにしました。

仲裁は僧侶の仕事です

シュタルクに話を聞くと、小屋に来たばかりの時にフェルンが冷たい手をシュタルクの頬に当てたことを今日フェルンにやり返したのだそうです。

そのせいでフェルンはキレてしまいました。

ガキかよとうんざりするザインは、女の子がペタペタ触られたらいい気はしないと話します。

仲直りしたいと話すシュタルクに、正直にその気持ちを話せばいいと伝えました。

フリーレンは喧嘩の仲裁などしてくれないのだからとも付け加えます。

続いてフェルンと話しますが、自分が意地になってしまったので謝りたいと素直に言いました。

フェルンは触られたことより、肩を押さえた力が強くてちょっと怖いと思ってしまったのだそうです。

ザインは一行とは別々の旅路へ

二人はちゃんと仲直りすることができました。

ザインとフリーレンは二人で酒場にいました。

ザインは酒を片手に、もう付き合っちゃえよと本音をぶちまけます。

それがよくわからないフリーレンですが、ザインは頑張っていると伝えました。

ザインは改めて何故自分に構ってくれるのか聞きます。

フリーレンは変わらず同族嫌悪だと話しました。

魔王討伐の前の自分とザインが重なり、ヒンメルならそうしただろうと、自分もきっかけを与えたかったのだと話します。

フリーレンはヒンメル達に旅立つ勇気と仲間と過ごす楽しさを教えてもらいました。

ザインにも、楽しかったでしょとフリーレンは言いました。

楽しかったと答えるザインは、翌日一行とは別れてゴリラを探すことを選択しました。

またなと短い挨拶を交わして一行は違う道を進みます。

ザインは二人と違って大人だからきっとうまくやるだろうとフリーレンは笑って言いました。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

葬送のフリーレンを無料で読めるか調査した結果

「葬送のフリーレン」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

葬送のフリーレン35話を読んだ感想

即決できないザインを見ていると、一行との旅が楽しかったんだなとよく伝わります。

とりあえず小屋で持ち越しになりますが、フェルンが手を冷やして弱っていて可愛かったですね。

そして遠慮なく許可もなく急に手を触るシュタルクですが、これはフェルンに反撃されても仕方ありません。

やめて!とすぐ涙目になるのがシュタルクらしいですね。

案の定猛吹雪で出発できなくなった一行ですが、前回と比べて本当に快適そうですね。

何よりフリーレンが魔法店を漁ろうとしているのが笑いました。カビや油汚れの魔法は確かに伝説級の魔法ですね。

これが使えるようになりたい人はきっと大勢いるでしょう。

しかしもう少し一緒にいられるとわかって安堵しているザインがなんだか印象的でした。

本当に迷っているのでしょうね。

各々好き勝手に過ごしていますが、確かにほとんど一緒にいないのでおかしかったです。

そして明らかに喧嘩しているのに、なんだか様子が変だと喧嘩していることに自信が持てないフリーレンを見ていると、やはりエルフなんだなと感じます。

フリーレンの発言を見ると、勇者一行との旅路でもハイターが仲裁をしていたのでしょうね。

ザインが強制的に一人ずつちゃんと話を聞いてあげるのが頼れるお兄さんって感じでよかったですね。

しかしシュタルクは精神年齢が本当にガキなんですね。

素直さはシュタルクの美徳でもあるのですが、行動がガキすぎて養護できません。

フェルンもザインに対してはちゃんと素直に話せるのを見ると、信頼されているんだなと感じます。

触られたことは気にしていないとか、シュタルクに対して凄く好意的ですよね。

そしてシュタルクも戦士ですから、想像以上に力が強くてガキだけどガキじゃないなって感じてしまったんでしょうね。

謝る時もフェルンはもっと優しくしてと言ってるので相変わらず強めです。

そしてザインの叫びには、本当に同感でしかないですね!もう付き合っちゃえよって今までも何度も思ったしこれからも何度も思うのでしょう。

フリーレンが昔の自分と重ねて、ヒンメルのようにきっかけを与えたかったなんて、とても素敵ですね。

勇者一行の行動原理が、ヒンメルならこうしただろうって皆が言っていて、その偉大さがよくわかります。

楽しかったでしょという言葉は、以前の自分へ向けた言葉でもあるのかもしれませんね。

しかしザインと本当にここで別れてしまうとは驚きました。

でもまた一行と違う地で合流しそうな気もします。

ゴリラも見つかるといいですね。

そして、ザインに対しては子供だと言うのに、シュタルク達にはザインを大人だと言っていて、フリーレンの気づかいが見えました。

葬送のフリーレン35話まとめ

こちらでは35話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

葬送のフリーレン35話まとめ
  • 即決できないザインは結論は明日にすることになり、小屋へ向かいます。手が冷たいと話すフェルンの手を触るシュタルクですが、フェルンに反撃されます。
  • しかし翌日、辺り一面猛吹雪です。村人によれば一月は続くと言われ、動けなくなった一行ですが、この集落には魔法店がありフリーレンがを漁る気満々です。
  • ザインの元へフリーレンがやってきます。フェルンとシュタルクが喧嘩しているそうで、仲裁してほしいとのことでした。一人ずつザインが話をすることにしました。
  • ザインの仲裁でちゃんと仲直りすることができました。
  • ザインとフリーレンは酒場にいました。ザインは、翌日一行とは別れてゴリラを探すことを選択しました。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法