少年/青年漫画

「葬送のフリーレン」6話あらすじ・ネタバレ一緒に過ごすから楽しい

まんが王国で読むことができる「葬送のフリーレン」の6話のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話あらすじ

勇者一行で封印した魔族を退治しに来たフリーレンとフェルン。

その直前に行っていた防御魔法の応用をフェルンは使い対応します。

そしてさらに巨大な力でその魔族が開発した魔法をフリーレンが繰り出し、魔族は退治されたのでした。

【無料で試し読み!】
2021年人気アダルト漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

マゾ狩り西野さん
青年
拘束具
言葉責め
クラスの同級生の西野さんは、美人で人当たりもよく浮いた噂など全く聞かない。……のだが、その本性は人を支配することに喜びを覚える狩人だった。「やっぱり、マゾだよね?」そう尋ねる彼女になすすべもなく屈服し、地面に頭をつけて忠誠を誓ってしまったが最後……彼女のおもちゃとしてあらゆる自由を奪われ、絶対服従の下僕にされてしまう。
71236

66347


図書館で勉強していたらいつも来るギャルJKに・・・
青年
ギャル
中出し
受験を控えた高校3年の夏休み。受験まで一年を切り、夏休みは毎日図書館にこもり勉強していた。最近、そこによくあらわれる謎のギャルJKが気になって気になって、悶々としていた。制服ミニスカ巨乳で受験生の僕には当然刺激が強すぎる…。
41182

38784


ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない
青年
フルカラー
ゾンビ
無事就職が決まり、春には県外に出ることが決まっていた主人公。いつものように寂れた神社に報告に行くと、倒れていた青年を発見する。体が弱く療養しに来たという青年の介抱をしながら、なんとなく放っておけない主人公は春まで青年のご飯を作りに来ることを約束する。
39124

24341

葬送のフリーレン6話あらすじ・ネタバレ

次の依頼は荒れ果てた海岸の清掃

勇者ヒンメルの死から28年後。

フリーレンとフェルンは中央諸国のグランツ海峡という場所にいました。

以前は透き通るような綺麗な海と浜辺があったこの海岸も、今は漂流物で埋まってしまっています。

報酬はこちらでと渡されたのは、大魔法使いフランメの著書でした。

清掃の依頼を引き受けた二人。しかしフェルンは、報酬として渡された魔導書が偽物だと指摘しました。

フリーレンもそれがわかっています。

そもそもフランメの著書は本物無しと言われるほど偽物しか世の中に流通していないものなのです。

どうして引き受けたのか問うフェルンですが、困っているみたいだったし、自分のために引き受けたとフリーレンは答えました。

だらしないフリーレンとお母さん役なフェルン

村に来て3か月がたち、すっかり雪が降る季節になりました。

朝の買い出しから戻ってきても、フリーレンはまだ寝ています。

仕方なくフリーレンを起こし、髪をとき、ご飯を食べるサポートをして服を強制的に着替えさせ、海岸へ連れて行きます。

フェルンはその様子を見てふと思いました。フリーレンはもしかして、すごくだらしがない人なのではないかと。

フェルンがやっていることはまるでお母さんです。

起こさなければ少なくとも昼までは寝ています。

勇者一行との旅はどうしていたのかフェルンが問うと、寝坊はしょっちゅうだったとフリーレンは答えました。

怒られたりはしなかったのか重ねて聞くと、一度だけ怒られたと答えます。

それ以外ではハイターが舌打ちしたくらいだと話すフリーレンですが、それは普通にブチ切れている反応です。

勇者一行も大変だったようですね。

日の出を見て確かめたい

清掃は残り3分の1のところまで来ました。

新年祭には間に合いそうか聞く依頼主に、なんとかねと答えるフリーレン。

依頼主は、今回は日の出を見てほしいと伝えてその場を後にしました。

この村の新年祭は、初日の出を海岸で見る習慣があります。

以前訪れた際フリーレンは朝起きれず日の出は見なかったのです。

その後も急ピッチで作業は進み、なんとか新年祭の前日には清掃が全て終わりました。

今回は徹夜をして日の出を見ると話すフリーレンに、なぜそこまでして日の出が見たいのかフェルンは尋ねました。

フリーレンは正直興味はないと答えます。

だからこそ、直接見て確かめたいことがありました。

勇者一行でこの村を訪れた時、新年祭に来なかったことをヒンメルは聞きました。

ショックのあまりハイターは寝込んでしまう程です。本当の理由は酒の飲みすぎですが。

皆は行けたんだからいいじゃんとフリーレンは答えますが、ヒンメルは君にも楽しんでほしかったのだとフリーレンに伝えました。

楽しめるとは思えないと答えるフリーレンですが、それを否定したヒンメルは楽しめるとフリーレンに話します。

君はそういう奴だからと。

一緒に過ごすから楽しい

フェルンが目覚めると、フリーレンは普通に寝落ちしていました。

無理矢理起こして手を引き日の出の見える場所まで行きました。

日の出を見てフリーレンは思います。綺麗だけど早起きまでする程のものじゃないと。

ヒンメルは私のことわかってないなと呟いて、二度寝をしに戻ろうとします。

しかしフェルンが、とても綺麗だと優しく笑った様子を見て、微笑みながらただの日の出だとフリーレンは答えました。

でも少し楽しそうだとフリーレンの様子を指摘すると、それはフェルンが笑っていたからだと答えます。

その自分の答えを聞いて、フリーレンは何か分かったように少し驚いた表情を見せました。

そして優しく微笑みながら、この日のでは一人じゃ見れなかったなとフリーレンは呟きました。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

葬送のフリーレンを無料で読めるか調査した結果

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

葬送のフリーレン6話を読んだ感想

荒れ果てた海岸にいる二人。

今回の依頼はこの海岸を綺麗にすることですが、報酬は偽物とわかっている魔導書です。

ただ働きと同義なので普通なら引き受けないでしょうが、フリーレンはこの依頼を引き受けました。

フェルンと同じようになんでだろうと疑問に思いましたが、ここも勇者一行との思い出の場所だったのですね。

ヒンメル達が一緒に楽しんでほしかったと言った場所がどんなものなのかちゃんと確認したかったのでしょう。

しかし物凄い量の漂流物です。

魔法を使っても3か月以上かかってしまうのも納得の荒れ果て具合です。

そしてフリーレンが異常にだらしがないことをようやくフェルンが理解しました。

以前の旅を見ていてもだらしなさそうだったので、逆にここまで気づかなかったフェルンも凄いです。

フェルンのやっていることはお母さん以外の何者でもないので、なんだかんだ世話焼きなのでしょう。

フリーレンも、長い時を生きていればそんな規則正しい生活をする必要もないのでしょう。

のんびりゆったり好きなだけという時間の過ごし方がエルフっぽいなと思いました。

勇者一行もさぞかし大変だったでしょうね。

一度だけ怒られたと言いますが、それ以外でも普通にブチ切れされているのに気付いていないのはフリーレンだからこそでしょう。

寛大というよりも諦めに近いような気がします。

清掃は新年祭までに無事終了しました。

新年祭に参加する気のフリーレンに、太陽が昇る前にフリーレンが起きるのは不可能だと話しかけるフェルンが面白かったです。

毎朝大変な思いをして起こしているフェルンにしてみたら当然でしょう。

ヒンメルの言葉は、やはりフリーレンの中にとても残っていますね。

君にも楽しんでほしかったと言うヒンメルは優しいですし、君はそういう奴だとフリーレンの性質をわかっている所も素敵です。

あと酒の飲みすぎ…ショックで寝込んでいるハイターも可愛いですね。

日の出自体はやはりあまり興味のないフリーレンですが、一緒に過ごしたフェルンの楽しそうな姿を見て微笑むフリーレンはとてもよかったですね。

楽しそうだとフェルンに指摘されて答えた言葉で、ヒンメルの真意が伝わったのもとても素敵でした。

一人ではなく二人だから、こんなに楽しい日の出が見れたのです。

誰かと一緒に何かを楽しむことができれば、きっとどんな興味の無い物や場所でも楽しく思えるのでしょう。

少しだけ人の気持ちがフリーレンは理解できたはずです。

葬送のフリーレン6話まとめ

こちらでは6話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

葬送のフリーレン6話まとめ
  • 清掃の依頼を引き受けた二人の報酬は偽物とわかっている魔導書でした。フリーレンは自分のために引き受けたと答えました。
  • フェルンはフリーレンを起こし、身支度をさせて、海岸へ連れて行きます。フリーレンが異常にだらしがないことをようやくフェルンが気が付きます。
  • 依頼主は、今回は日の出を見てほしいと伝えると、新年祭の前日には清掃が全て終わりました。
  • フェルンはリーレンを無理矢理起こして日の出の見える場所まで連れて行きました。二度寝をしに戻ろうとしますが、一緒に過ごしたフェルンの楽しそうな姿を見て微笑むフリーレンでした。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法