少年/青年漫画

「葬送のフリーレン」7話あらすじ・ネタバレフリーレンの手助けがしたい

まんが王国で読むことができる「葬送のフリーレン」の7話のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話あらすじ

今回の依頼である海岸の清掃が終わり見ることが出来るのは、新年祭での日の出です。

以前勇者一行でフリーレンだけ日の出を見ず、一緒に楽しめたはずだと言われたフリーレンはそれを確かめたかったのです。

フェルンと日の出を見て、ヒンメルの言っていたことをフリーレンは理解することができました。

【無料で試し読み!】
2021年人気アダルト漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

マゾ狩り西野さん
青年
拘束具
言葉責め
クラスの同級生の西野さんは、美人で人当たりもよく浮いた噂など全く聞かない。……のだが、その本性は人を支配することに喜びを覚える狩人だった。「やっぱり、マゾだよね?」そう尋ねる彼女になすすべもなく屈服し、地面に頭をつけて忠誠を誓ってしまったが最後……彼女のおもちゃとしてあらゆる自由を奪われ、絶対服従の下僕にされてしまう。
71236

66347


図書館で勉強していたらいつも来るギャルJKに・・・
青年
ギャル
中出し
受験を控えた高校3年の夏休み。受験まで一年を切り、夏休みは毎日図書館にこもり勉強していた。最近、そこによくあらわれる謎のギャルJKが気になって気になって、悶々としていた。制服ミニスカ巨乳で受験生の僕には当然刺激が強すぎる…。
41182

38784


ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない
青年
フルカラー
ゾンビ
無事就職が決まり、春には県外に出ることが決まっていた主人公。いつものように寂れた神社に報告に行くと、倒れていた青年を発見する。体が弱く療養しに来たという青年の介抱をしながら、なんとなく放っておけない主人公は春まで青年のご飯を作りに来ることを約束する。
39124

24341

葬送のフリーレン7話あらすじ・ネタバレ

天国があった方が都合がいい

その森には、アイゼンがかつて住んでいた家族の眠る墓と家がありました。

勇者一行もこの場所に来たことがあります。

ずっと昔に、アイゼンが住んでいた村は魔族に襲われ、その時に家族も亡くなったようです。

ハイターはアイゼンの家族の墓前で祈りを捧げます。

アイゼンが人は死んだら無に還ると話しますが、天国に行くのだと優しくハイターは答えました。

数年前までは無に還るという考えが主流でした。

フリーレンも、天国には懐疑的です。

死後の魂を観測する術はないので実在も証明できません。

ヒンメルは、どっちでもいいと思うと話します。

ハイターも実在するかどうかはどっちでもいいそうです。

ただハイターは、実在しなくとも天国はあるべきものだと話します。

天国で贅沢三昧していると思った方が必死に生きてきた人の行きつく先としては都合がいいと考えているからです。

確かに都合がいいと笑い、4人は墓に祈りを捧げました。

フランメの手記を探そう

勇者ヒンメルの死から28年後。

中央諸国のブレット地方にアイゼンの家はありました。

そこに久しぶりにフリーレンが訪ねてきます。

弟子を取るとはとアイゼンが感慨にふけっていると、何か手伝ってほしいことはあるかとフリーレンに問われました。

ハイターと文通をしていたアイゼンは、同じ質問をハイターにしたことを知っていました。

アイゼンの手伝ってほしいことは、フォル盆地にあるという大魔法使いフランメの手記の捜索です。

フランメの手記はほぼ偽物しかありませんが、生前ハイターが記録を頼りに割り出した場所がこのフォル盆地でした。

ここなら本物の手記があるはずだと特定していたのです。

そして、フリーレンならばその場所を知っているはずだとアイゼンは話します。

そこまで調べていたことに驚きつつ、フリーレン達はまず大きな木を探すことになりました。

フリーレンの手助けがしたい

大きな木だらけですが、フリーレンやアイゼンにとって時間は有り余っているものです。

しかし時間がかかりそうだと察知したフェルンは不機嫌です。

フリーレンはフェルンが嫌がるから早めに終わらせようとアイゼンに伝えました。

その言葉にアイゼンは意外そうにしました。

フリーレンは人の時間を気にするタイプではなかったからです。

フェルンが怒ると怖いからと答えたフリーレンを優しくアイゼンは見つめました。

木を探しながらフリーレンはアイゼンになぜ手記を探すのか聞きました。

フリーレンとヒンメルが可哀相だと思ったからだとアイゼンは話します。

ヒンメルの葬儀の時に口にしたフリーレンの言葉は、直接ヒンメルに伝えるべきものだとアイゼンは考えました。

フランメの手記には死者と対話したという記録が残っているそうです。

ハイターとも相談し、後悔しているであろうフリーレンの手助けがしたかったとアイゼンは続けました。

フランメの一番弟子

とうとう見つけた大樹は、家を飲み込むような形で成長していました。

強力な結界で守られていますが、木を見つめながらフリーレンは呟きます。

千年も前のことなのに結局師匠の掌の上かと。

フリーレンはフランメの一番弟子でした。

千年前ここの木を植えたフランメは、自分が死んでもこの場を守り続ける魔法をかけました。

フリーレンがいつか大きな過ちを犯し人を知りたいと考えるようになった時、ここに帰ってくれば手助けしてやると言葉を残していたのです。

家の中には本物のフランメの手記がありました。

大陸の遥か北の果てに魂の眠る地があり、そこでかつての戦友達と対話したと手記には書かれていました。

真実かどうかはわかりません。

でもアイゼンが言います。天国はある。その方が都合がいいと。

その言葉を聞いて、フリーレンもたまには信じてみることにしました。

場所は大陸北部のエンデという場所で、今は魔王城がある場所です。

その地でヒンメルと話すようにアイゼンは言います。

自分を手伝ってくれるんだろうと投げかけられ、悪知恵をつけたねとフリーレンは笑いました。

一向は、魔王城を目指して旅立つことになりました。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

葬送のフリーレンを無料で読めるか調査した結果

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

葬送のフリーレン7話を読んだ感想

アイゼンの家族の墓前で祈りを捧げる勇者一行がとても素敵でした。

僧侶ですから当然祈りますが、天国が実在するかはどっちでもいいと話すハイターはとてもらしいですね。

天国があった方が都合がいいからと話すハイターと、確かにとそれを受け入れる皆が祈りを捧げる時間は尊いものです。

そして、アイゼンもドワーフなのでとても長命です。

たった30年と言えてしまうのが、人間との時間の流れの違いを感じさせてくれます。

ハイターとアイゼンが文通していたのはなんとも可愛らしいですね。

以前お花畑でも花冠を作ってはしゃいでいたのでそういうのが好きなのかもしれません。

手伝ってほしいことを聞くフリーレンにお願いしたのはフランメの手記の捜索です。

やっぱり昔の仲間はフリーレンをよくわかっていますね。

ハイターがちゃんと割り出したという手記の場所を聞いて、そこまで調べていたのかとまるであることを知っているかのような口ぶりです。

仕方なしに探すフリーレンのゆったりさが相変わらずですね。

そして膨れるフェルンが可愛いです。

フリーレンもフェルンのおかげで時間というものを少し気にするようになりました。

人間を理解してきている第一歩ですね。

あと道中同じような姿でぐっすり寝ているフリーレンとアイゼンが可愛かったです。

アイゼンの目的はフリーレンとヒンメルが対話できるようにとハイターと考えて行ったものでした。

なんとも愛情深い話ですね。

二人は後悔しているであろうフリーレンの手助けがしたかったのです。

自分の手助けだからという理由でその本質はフリーレンのためのもので、なんだかとても優しい気持ちになりました。

そして千年も前の大魔法使いフランメの一番弟子だったとは、フリーレンは一体何年前から生きているのでしょうか。

少なくとも千年は生きているのですから、エルフというのは物凄く長命なのですね。

そして千年も前から、いつかこんな日が来ると予想していたフランメも凄いです。

フリーレンの師匠なだけはあります。

フランメが師匠と聞いてもあまり驚いていないフェルンも大物ですね。

さて、一行は手記に書かれていた魂の眠ると言われる地へ向かうことになりました。

一度は魔王討伐で行っているのでここにも勇者一行との思い出がたくさんあることでしょう。

ヒンメルと無事対話できるといいですね。

葬送のフリーレン7話まとめ

こちらでは7話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

葬送のフリーレン7話まとめ
  • アイゼンの家族の墓前で祈りを捧げる勇者一行、アイゼンが住んでいた村は魔族に襲われ、その時に家族も亡くなりました。
  • アイゼンの家に久しぶりにフリーレンが訪ねてきます。そして、アイゼンに大魔法使いフランメの手記の捜索を頼まれます。フリーレン達はまず大きな木を探すことになりました。
  • ヒンメルの葬儀の時に口にしたフリーレンの言葉は、直接ヒンメルに伝えるべきものだとアイゼンは考え、フリーレンとヒンメルが対話できるようにとハイターと考えて行ったものでした。二人は後悔しているであろうフリーレンの手助けがしたかったのです。
  • とうとう大樹を見つけます。千年前ここの木を植えたフランメはいつかこんな日が来ると予想しており、家の中には本物のフランメの手記がありました。今は魔王城がある場所で一向は、そこへ旅立つことになりました。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法