少女/女性漫画

「復讐の皇后」58話あらすじ・ネタバレ・薄れた寵愛

『復讐の皇后』の第58話のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前話のあらすじ

破滅に終わった、かつての世界の悪夢にうなされる皇后。

心を落ち着けようと真夜中の庭でうずくまっていると、同じく悪夢にうなされたという皇帝がやってきます。

お互いに言葉を重ねる中で、皇后の気持ちは次第に落ち着いてくるのでした。

復讐の皇后58話あらすじ・ネタバレ

縮まらない距離

気持ちが落ち着き、皇后宮へと戻る中、ふと皇帝について考えてしまいます。

パトリツィアがうなされた悪夢、その苦痛は、彼から与えられたものあるのです。

かつて、姉のペトロニラが皇后となった世界で、姉は斬首刑に処され、一族は破滅に追い込まれ。

唆したのは愛人・ローズモンドかもしれませんが、実行したのは、皇帝です。

憎しみが消えたわけではありません。

しかし、それはかつての世界の彼であって、この世界の彼ではないことも、気付いてしまったのです。

どちらの世界でも害を与えてくるローズと違い、この世界で、彼が皇后に危害を加えたことはありません。

チラリと、後ろをついてくる彼を見ます。

悲惨な過去に未だにうなされ、似たような境遇のローズを見捨てられない、我らが君主。

かつての世界で受けた仕打ち、未だ癒えない心の傷の、けれど責任を負うべきは、今後ろをついてくる彼では、ないのです。

皇后は小さくため息をつき、何故ついてくるのかと尋ねれば、彼は夜闇に皇后がひとりで出歩くのが危険だからだと話します。

最もな理由でしょう、しかし、ひとりになりたかったから、騎士も侍女も連れていないのです。

だからひとりで帰ると話を切り上げ、彼に背を向け歩き出します。

皇帝は、その背中を追うことができません。

婚儀や初夜に交わした酷い警告や約束を思えば、言葉を交わす機会も増え、近づいたと思われたその距離は。

それでも、縮まることなく、2人を隔てるのでした。

ベイン宮の予算

執務にあたる皇后に抗議に来たのは、戻ってきたばかりのローズモンド。

皇后を突然訪ねる不敬を指摘しますが、彼女は気にした風もなく、皇后こそが不敬だと苛つきを隠せない様子でした。

議題は、ベイン宮の予算を減らしたことについて、です。

しかしそもそも、皇帝の愛人に対する資金は、国の予算には含まれていません。

世継ぎのためにとられた公式的な愛人ならまだしも、ローズに至っては非公式な愛人です。

今までは、慣例に従って、予算が組まれていたに過ぎません。

更に、両陛下の暗殺未遂の容疑によって、彼女は女男爵という爵位を失い、今や一介の男爵令嬢です。

皇后として、無駄な予算を減らして、何が問題だというのでしょうか。

しかも、それでも一男爵令嬢に与えるには、十分すぎる予算を組んでいます。

エフレニー公女

話は終わりだとばかりに、侍女に建国祭の帳簿が欲しいと頼む皇后に、歯噛みするローズ。

しかし、小さく笑みを漏らして、教えてやるのです。

自分が最早一男爵令嬢などではないことを。

エフレニー公爵家に養子縁組する話は、順調に進み出し、男爵家から承諾のサインも貰いました。

公爵家の中でも、エフレニーは国を支える三大公爵家に数えられる名家です。

もう身分のことで、侮辱される覚えはないのです。

しかし、皇后は驚いた様子もなく、執務の手を止めずに話を聞いていました。

そして侮辱するなと話すローズに、静かに伝えてやるのです。

この国に、皇后より身分の高い女性なんて存在しないのだ、と。

相手が男爵令嬢だろうが公爵令嬢だろうが、皇后からすれば同じことです。

どころか、公爵家の後ろ盾を得られるなら、もっと予算を減らしてもいいかもと話せば、ローズの顔が歪みます。

また、公爵令嬢としての礼儀が足りていないことを指摘し、言外にお前にかまっている暇なんてないと仄めかしてやれば。

ローズは悔しげに顔を歪めながら、最早何も喚くことなく、部屋を出ていくのでした。

薄れた寵愛

ローズはそのまま、皇帝の元へ向かいました。

男爵にサインさせ、無事にデロウの名前を捨てたことを報告します。

エフレニー公爵も、まもなく公式にローズの養子縁組を発表し、そうすれば皇帝の隣に立つにもっとふさわしくなれる、と。

彼は、喜ぶでもなく否定するでもなく、静かに話を聞いていました。

しかし、先程の予算についてグチを零せば、なんと彼は皇后と同じことを言うではありませんか!

最初こそ戸惑うローズでしたが、皇后の味方を続ける様子の彼に、最早寵愛が薄れつつあることを、悟ったのでした。

ローズがベイン宮で荒れ狂い、公爵へ早く話を進めるよう、侍女にヒステリーを撒き散らす頃。

エフレニー公爵家には、皇后の姉・ペトロニラが訪れていました。

<前話 全話一覧 次話>

復讐の皇后を無料で読めるか調査した結果

「復讐の皇后」はめちゃコミ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「復讐の皇后」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

復讐の皇后58話を読んだ感想

物語が一気に動き出しましたね……!

やっぱりローズが帰ってくると、慌ただしいですねえ。

それから、同じタイミングで動き始めた、ペトロニラお姉様とエフレニー公爵家の管理。

やっぱり、エフレニーの愛人とローズに、繋がりがあるということでしょうか?

ローズが帰郷していた間も、エフレニー公爵夫人は不在だったのに、公爵家の管理の話は一切出てきませんでした。

そして、お姉様が管理を引き受けた理由は、皇后のスパイとしてであり、公爵とローズの関係を探るためです。

公爵の弱みは、婿養子であることと、それかれ年下の愛人がいること。

一男爵令嬢だったローズと、エフレニー公爵に、共通点なんて全くないはずです。

けれど、ローズと彼の愛人が、友人や知り合いの可能性は、ワンチャンあると思います。

公爵夫人の反応を見るに、ジャニュアリーは身分が高くない女性のようでしたし。

ローズが皇宮に帰ってきたタイミングで、公爵管理編が動き出すならば、グラーラとジャニュアリーのやり取りを目撃するとか?

どう動いていくのか、楽しみです。

少し脱線しますが、衣装が素敵でした。

最後に出てきたペトロニラの緑色のドレスは、彼女の赤髪を引き立て、とても似合っていました。

ローズは、えんじと黒と白を組み合わせた、フリルの目立つドレスで、可愛らしさを武器にする悪役といった雰囲気。

皇后は、着席していて上半身しか分かりませんが、上が白くて下が青いドレスでしょうか。

どちらかというと、侯爵令嬢の雰囲気の残る、上品ながら若さと愛らしさを残した服です。

皇后の服は、大人っぽさや女神感が強い日もあれば、侯爵令嬢感漂う日もあって、見ていて楽しいです。

ベイン宮の予算を減らしていたの、帰郷早々にローズを登場させる理由となるのですね。

建国祭の前だからとか関係なく、元々金遣いが荒く、不相応な予算が組まれていたみたいです。

皇后が、ローズの公爵家縁組に全く動揺せず、どころか公女ならますます予算はいらないと詰めたところ、流石でした。

非公式な愛人、の言葉が目立ちました。

おそらくこの点が、今のローズの立ち位置と、皇帝の実の母親の立ち位置の違いなのでしょう。

ローズが身籠れば話は早かったのではと思いますが、そうしないところを見ると、できなかったのでしょうか。

ローズこそが子どもを産めない可能性は、あったりするのでしょうか。

果てにその理由に、異母兄が絡んでいたりするなら—-流石にそこまで悲惨な話にはしないかなあ。

皇帝の対応パート、見事でしたねえ……まさしく、目の覚めつつある賢帝といった様。

立場強化のために帰郷したために、そもそもの皇帝の愛人—-寵愛を一身に受けている存在、という立場が危うくなります。

すぐ様そのことに気付くローズ、流石!、今後どう動いていってくれるのでしょう。

ちなみに、今の彼女の身分って、男爵令嬢でいいのですよね?

親権放棄の書類にサインは貰いましたが、まだ書類を提出して、受理されたわけではないので。

これから書類だけ受理されて、養子縁組の話だけ消えれば面白いのになあなんて、性格の悪いことを考えてしまいます。

復讐の皇后58話まとめ

こちらでは58話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

復讐の皇后58話まとめ
  • 皇后は、ひとりで帰ると話を切り上げます。近づいたと思われたその距離は縮まることなく、2人を隔てるのでした。
  • 皇后に戻ってきたばかりのローズモンドがベイン宮の予算を減らしたことについて、抗議に来ます。
  • 皇后は、ローズの公爵家縁組に全く動揺せず、公女ならますます予算を減らしてもいいかもと話します。
  • ローズは、皇帝の元へ向かいました。皇后の味方を続ける様子の彼に、最早寵愛が薄れつつあることを、悟ったのでした。
  • その頃、エフレニー公爵家には、皇后の姉・ペトロニラが訪れていました。

<前話 全話一覧 次話>